2008年 カパライツアー報告

5/15 移動日 |  5/16 初日 |  5/17 2日目 |  5/18 3日目 |  5/19 最終日 |  番外編 東京飲み会

マレーシアへの移動日 2008/05/15

「そうだ、カパライ、行こう」と銘打って企画されたこのツアー。 そのタイトル通り、急に思い立っての企画でしたが、僅か一ヶ月前の告知にもかかわらず5名のお客様が集まってくれました。 まずは、出発地の成田空港で全員が集合したところで記念撮影。 手前からT近さんご夫婦、N島さん改めアッキーナ、ルーシーさん、ナギ、M下さんです。楽しいツアーにしましょうね。

カパライツアーの写真

今回使った航空会社はマレーシア航空。 マレーシアは戒律の厳しいイスラム教国ですが、観光客に対しての飲酒の制限はありません。 なので、飛行機に乗った瞬間からビールやワインが飲み放題。 (早速、いつもの食う・寝る・潜るのパターンになりつつあります) 料理はとっても美味しい。辛い料理は殆ど無く、日本人好みの味付けになっています。

カパライツアーの写真

各シートにはオンデマンドのモニターが付いていて、映画やテレビ、ゲームなどを楽しむ事ができます。 この飛行機だけで6時間も乗っているので、こういった設備があるのは嬉しい。 サービス体制はシンガポール航空とほぼ同じと考えていいでしょう。

カパライツアーの写真

飛行機は1番目の経由地、コタキナバル空港に到着。そこから車で15分ほどのホテルシャングリラに移動。 目的地のカパライまでは1日で行けないので、今日はこのホテルに宿泊です。

カパライツアーの写真

部屋はこんな感じ。そんなに広くはありませんが、かと言って狭くはない。(写真左)  バスルームは広々で清潔感は抜群。三ツ星ホテルだというのも頷ける。(写真右)

カパライツアーの写真 カパライツアーの写真

今回のツアーは殆どの料金がインクルードされているので、自分でお金を使うことはありません。 しかし、今晩の食事代だけが含まれていないので、外に食べに行く為にマレーシアの通貨に両替をしました。 マレーシアは「リンギット」という通貨単位で、我々がツアーを行った時のレートは、1リンギット=37エンでした。 ちなみに、マレーシアはチップの習慣もないので、これくらい持っておけば十分でしょ。

カパライツアーの写真

向かった先はホテルから徒歩5分の巨大シーフード屋台。 たくさんのテーブルがあり、空いた席に案内されると、 それぞれのお店のウエイターが自分のお店のメニューを持ってきて、その中から気に入った料理をオーダーするシステム。 清算は注文した料理が揃うと、それぞれの店に支払う様になっています。 メニューにはちゃんと価格が明示されていて、観光客だからと高い料金を請求されることもないので安心。(写真左)  各屋台の前には水槽があり、その中に入っている食材を指差して調理してもらう事も可能。(写真右)

カパライツアーの写真 カパライツアーの写真

料理は刺身やお寿司がメイン。(日本人だから勧められたのかもしれないけど) その他、魚介類を中心としたメニューに、焼き鳥などの屋台もありました。(写真左)  何はともあれコタキナバルの夜にカンパーイ!(写真右)

カパライツアーの写真 カパライツアーの写真

屋台の中央のステージでは、民族衣装を着たダンサー達がリズミカルな音楽に合わせバンブーダンスなどを披露。 南国に来たってイメージを演出してくれます。 このダンサーは目隠しをして踊っています。良く引っ掛からないなぁ。(感心)

カパライツアーの写真

と、ここでサプライズが! 昨日(5/14)はT近さんの奥様、そして、今日はナギの誕生日なのです。 シャングリラホテルの方からバースディケーキのプレゼントがありました。(しかも、1人1コずつ!) 更に、屋台の人が気を利かせてバースディソングまで流してくれて、遙か遠い異国の地で、思い出に残る演出をしてくれました。 おめでとうございま〜す!

カパライツアーの写真

明日はいよいよカパライです!

 5/16のログへ 

5/15 移動日 |  5/16 初日 |  5/17 2日目 |  5/18 3日目 |  5/19 最終日 |  番外編 東京飲み会
このページのトップへ