2018年海で出会えた生物ランキング

海で出会った生物を今川の独断と偏見でランク付けする毎年恒例の企画です。
この企画を始めてもう13年経ちますが、まだまだ海の中には見たことも聞いたこともない生物がたくさん居るんだというのを実感した一年でした。
たくさんの生物と、たくさんの人たちとの出会いに感謝しながら一年を振り返ってみましょう。

矢印 それでは第10位から!

以下の生物達はピックアップされたものの惜しくもランクインを逃した生物達です。(きっと50音順)

アカブダイの若魚
Scarus xanthopleura

アカブダイの若魚

ブダイって青いものばかりじゃないんです。赤い雌の個体を見てみたい!

アミメビロウドウミウシ
Thordisa tahala

アミメビロウドウミウシ

地味なウミウシですが、珍しいみたいなのでノミネート。

イリオモテモウミウシ
Costasiella sp.

イリオモテモウミウシ

奄美や西表の方では良く見られているみたいです。沖縄本島ではレア?

ウミコチョウ科の一種
Gastropterid sp.

ウミコチョウ科の一種

何度か見たことのあるウミコチョウですが、未だ正体不明。

ケーラーミノウミウシ
Phyllodesmium koehleri

ケーラーミノウミウシ

ホストのソフトコーラルがあったので捜したらビンゴでした。

サンゴの産卵
Spawning of coral

サンゴの産卵

今年も何とか当てることができました。お客様に見せられて良かった。

シコンハタタテハゼ
Nemateleotris helfrichi

シコンハタタテハゼ

ホーシューでは3度目の出会いですが、お客様には響かない・・・。

スジグロガラスハゼ
Bryaninops tigris

スジグロガラスハゼ

沖縄本島初記録だと思います。でも、地味なので流行らないかな?

スミレハナハゼ
Ptereleotris uroditaenia

スミレハナハゼ

ビーチエントリーでひたすら泳ぎます。同じ場所に辿り着ける自信なし。

タテガミカエルウオ属の一種
Cirripectes sp.

タテガミカエルウオ属の一種

シャア専用カエルウオ。この時以来出会っていません。

ツノダシ
Zanclus cornutus

ツノダシ

普通のツノダシじゃありません。背鰭が3本伸びてるのです。

テンスモドキ
Xyrichtys sciistius

テンスモドキ

急に目の前に現れて、じっとしていたのでパチリ。

テンスモドキ
Xyrichtys sciistius

テンスモドキ

同じポイントでまたまたテンスモドキに遭遇。赤いラインもいいね。

ナミフエダイ
Lutjanus rivulatus

ナミフエダイ

70cmサイズでした。こんな魚が居るなんて勉強不足でしたね。

ニヨリセンリョウウミウシ
Carminodoris flammea

ニヨリセンリョウウミウシ

数年前ならランクインしてたと思うけど、今年はレベルが高いのでコチラへ。

ヒオドシベラの幼魚
Bodianus anthioides

ヒオドシベラの幼魚

今年は幼魚だけでなく、立派な成魚にも会う事ができました。

ブドウガイ科の一種
Haminoeidae sp.

ブドウガイ科の一種

数年ぶりの出会いです。風鈴のような模様がGOOD!

マメツブウミコチョウ
Gastropteron minutum

マメツブウミコチョウ

このウミウシを撮るにはそれなりのシステムが必要。挑戦者求む!

マリアナウミウシ
Ilbia mariana

マリアナウミウシ

すっごい小さいウミウシです。普通の捜し方じゃまず見つかりません。

ミジンベニハゼ属の一種
Lubricogobius sp.

ミジンベニハゼ属の一種

眼の周りだけが白色でした。ミジンの幼魚かな?(お客様撮影)

ミナミハナダイ属の一種
Luzonichthys sp.

ミナミハナダイ属の一種

うーん、もう少し奇麗に撮りたいなー。2019年の宿題です。

モンガラキセワタ(Var)
Philine orca

モンガラキセワタ(Var)

Qooのキャラクターに似てると思うのは自分だけではないハズ。

ヤマトウミコチョウ属の一種
Gastropteron sp.

ヤマトウミコチョウ属の一種

来年はもう少しウミコチョウ捜しに力を入れてみます。

ローズミノウミウシ
Trinchesia sp.

ローズミノウミウシ

奇麗なウミウシですが、あまり小さすぎると感動が薄い・・・。

矢印 それでは第10位から行ってみましょう!