2014年海で出会えた生物ランキング

 この企画も今年で9年目。人知れずコツコツと続けております。

 それにしても1年の経つのは早い事よ!
ついこの前まで2013年のランキングを書いていたかと思ったのに、もう2014年を考えなければならないなんて・・・。
そして、明日からは2015年のスタートだ!
1年1年、1本1本を大事に潜っていきたいと思う今日この頃です。

 毎年言っておりますが、この企画は今川の独断と偏見で作られています。
クレームは一切お受けできませんので悪しからずご了承ください。

矢印 それでは第10位から!

以下の生物達はピックアップされたものの惜しくもランクインを逃した生物達です。

モヨウキカイウツボ
Scuticaria tigrina

モヨウキカイウツボ

初めて見ました存在感アリです。(Photo by ケイコさん)

スベスベオトヒメエビ属の一種
Odontozona sp

スベスベオトヒメエビ属の一種

ハサミ脚と尾の先端が白くなってるタイプです。

シマアラシウツボ
Echidna polyzona

シマアラシウツボ

老成するとこんなになっちゃうのね。(Photo by ユカさん)

ザトウクジラ
Megaptera novaeangliae

ザトウクジラ

久米島ツアー今年もバッチリ!
(Photo by カッピーさん)

ヒポカンパス・セベルンスイ
Hippocampus Severnsi

ヒポカンパス・セベルンスイ

同じ場所で長い間見れていいネタになってくれました。

イロウミウシ科の一種
CHROMODORIDIDAE sp

イロウミウシ科の一種

過去最大サイズの個体でした。(Photo by ノブさん)

シロハナガサウミウシ
Tritoniopsis alba

シロハナガサウミウシ

希少種のシロハナガサウミウシ。大きい個体に出会えました。

フェスティラ・ミノル
Phestilla minor

フェスティラ・ミノル

サンゴに着くウミウシですが、こんな所に?って場所に居ました。

キセワタ科の一種
PHILINIDAE sp

キセワタ科の一種

うーん、初めて見たような、以前にも見たようなという感じ。

ナンヨウマンタ
Manta alfredi

ナンヨウマンタ

狙って見た訳ではなく偶然の出会い。こういうの嬉しい。

グルクン玉
Pterocaesio tile

グルクン玉

普通種のグルクンもここまで密集していると迫力モノです。

サンゴの産卵
Acropora digitifera

サンゴの産卵

毎年良い確率で当てています。2015年は見れるかな?

デンドロドーリス・ベーレンスイ
Dendrodoris sp.cf.behrensi

デンドロドーリス・ベーレンスイ

2年連続の出会い。これってまぐれじゃないよね。

ケブカガニ科の一種
Pilumnidae sp

ケブカガニ科の一種

キンチャクガニに似せる理由が分かりません。

コンゴウフグのクリーニングシーン
Lactoria cornuta

コンゴウフグのクリーニングシーン

エビにクリーニングされているというシーンに遭遇。可愛い!

ヒョウタンヨウジ
Micrognathus brevirostris

ヒョウタンヨウジ

ヒョウタンヨウジと言うらしいです。色々居るんですね。

ワモンダコの交接
Octopus cyanea

ワモンダコの交接

右のオスが交接腕を伸ばして交接をしているシーンを激写。

ケブカガニ科の一種
Pilumnidae sp

ケブカガニ科の一種

紅白模様でめでたい感じのカニさんでした。

ホムラダマシ
GOBIIDAE sp

ホムラダマシ

久し振りの出会い。ホムラダマシと呼ばれているようです。

オハグロベラ属の一種
Pteragogus sp

オハグロベラ属の一種

綺麗なオハグロベラでした。泳ぎはあまり得意ではないみたい。

フカミスズメダイ
Chromis leucura

フカミスズメダイ

深いとこに行けば普通に見られるけどリクエストがありません。

ヒメホソウミヤッコ
Halicampus dunckeri

ヒメホソウミヤッコ

意外にも初見でした。ま、狙って見るものでもないですが・・・。

ケリドヌラ・フルウィプンクタータ
Chelidonura fulvipunctata

ケリドヌラ・フルウィプンクタータ

あまり見ません。珍しいウミウシだと思います。

謎の生物
???

謎の生物

結局何なのか分かりませんでした。分かる人は教えて下さい。

矢印 それでは第10位から行ってみましょう!
このページのトップへ