2011年海で出会えた生物ランキング

 月日が経つのは早いもので、この企画を始めてから6年が過ぎました。 今年も例年以上に忙しく、充実させて頂いた一年でした。潜りに来てくれた皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 しかし、忙しいという事は、ポイント調査や、お目当ての生物を撮影する機会はそれなりに減少するという事でもあります。 ガイド中、カメラを持って入る事も少なかったので、いざ珍しい生物に出会っても、記録に残せなかったという事も多々ありました。
 ま、自分の趣味を優先するよりも、お客様に写真を撮って楽しんでもらうという正統派のガイディングスタイルで行きたいと思っているし、 その結果、たくさんのお客様に来て頂いていると思っているので、それも良し。 撮れなかった生物は、また来年の楽しい目標にしていけばいいのです。

 今年はどんな生物が楽しませてくれたかな・・・? そんな事を考えつつ、1年分のログを読み返しています。

矢印 それでは第10位から!

以下の生物達はピックアップされたものの惜しくもランクインを逃した生物達です。

タイワンダイの幼魚
Argyrops bleekeri

タイワンダイの幼魚

ピン!と立った背鰭がユニークな魚です。沖縄名ヨナバルマジク。

パイプウニエビ
Levicaris mammillata

パイプウニエビ

日中の観察は難しいですが、ナイトでは結構な数が見つかります。

オガサワラコブシ
Leucosia insularis

オガサワラコブシ

コブシのようなずんぐり体型。お相撲さんみたい。

ヒメヒラタカエルアンコウ
Antennarius Randalli

ヒメヒラタカエルアンコウ

平べったい体のカエルアンコウの仲間。オカちゃんゲットです。

テングヘビギンポ
Helcogramma rhinoceros

テングヘビギンポ

天狗のように鼻先がピンと立ったところがいいですね。

イラモツノテッポウエビ
Synalpheus sp.

イラモツノテッポウエビ

その名の通り、触ると痛いイラモに隠れています。観察は注意。

オオマルモンダコ
Hapalochlaena lunulata

オオマルモンダコ

綺麗なタコですが、大人でも死んでしまうほどの猛毒を持っています。

ヒメメンコヒシガニ
Aethra edentata

ヒメメンコヒシガニ

どうしてお腹が減るのかな?お腹と背中がくっつくぞ!

カエルアンコウ
Antennarius striatus

カエルアンコウ

ヘアリーチックなカエルアンコウ。同じ場所に3個体居ました。

ホプロドーリス・エストレリアド
Hoplodoris estrelyado

ホプロドーリス・エストレリアド

一見地味ですが、良く見ると綺麗という地味派手なウミウシです。

ヨコフエダイ
Lutjanus malabaricus

ヨコフエダイ

ヨコフエダイの幼魚らしいです。沖縄では珍しいと思います。

エダウミウシ属の一種
Kaloplocamus sp.

エダウミウシ属の一種

詳細は分かりません。多分、エダウミウシ属かと・・・。

シリキルリスズメダイ
Chrysiptera parasema

シリキルリスズメダイ

本島では少ないスズメダイ。以前は慶良間で見れてたんですけどね。

セホシテンジクダイ
Apogon moluccensis

セホシテンジクダイ

縦にも横にもラインが入っている珍しいテンジクダイです。

ノアルダ属の一種
Noalda sp.

ノアルダ属の一種

変わった形のウミウシです。ノアルダ2種制覇。あと1種!

フィロデスミウム・リザードエンシス
Phyllodesmium lizerdensis

フィロデスミウム・リザードエンシス

ウミアザミというソフトコーラルに擬態して隠れています。

プレウロブランクス・グランディス
Pleurobranchus grandis

プレウロブランクス・グランディス

手のひらより大きなウミウシでインパクトありました。

モロックニシキウミウシ
Ceratosoma moloch

モロックニシキウミウシ

大きくてゴツゴツした怪獣みたいなウミウシです。

バライロマツカサウミウシ
Doto rosecea

バライロマツカサウミウシ

どちらかというと本州のウミウシです。沖縄では珍しいと思います。

コミドリリュウグウウミウシ
Tambja amakusana

コミドリリュウグウウミウシ

鮮やかな若草色が目を引きますね。とっても綺麗でした。

ボンボリカエルアンコウ
Antennarius hispidus

ボンボリカエルアンコウ

今年も出ました!ヘアリーちゃん!

シロシキブイロウミウシ
Glossodoris sp.

シロシキブイロウミウシ

中野理枝さんにより、今年、和名の新称が登録されました。

イトヒキウミウシ
Pseudobornella orientalis

イトヒキウミウシ

イトヒキウミウシが沖縄で見れるなんて感激。初記録かも?

ニシキリュウグウウミウシ属の一種
Tambja sp

ニシキリュウグウウミウシ属の一種

真っ赤な体色が目を引きました。浅い場所に居てビックリです。

クモガクレウミウシ
Hallaxa paulinae

クモガクレウミウシ

白いカイメンに着くとどこに居るか分かりません。

アエギレス・フロレス
Aegires flores

アエギレス・フロレス

二次鰓と触角の周りが王冠みたいなゴージャスなウミウシです。

ターコイズミノウミウシ
Cuthona sp.

ターコイズミノウミウシ

小さい、小さい、自分でも良く見つけたと感動です。

トルンナ・プニケア
Thorunna punicea

トルンナ・プニケア

シンデレラやゾウゲに似ていますが別種だそうです。

マガタマエビ
Gnathophylloides mineri

マガタマエビ

シラヒゲウニの裏側に着く小さなエビちゃんです。

アオウミウシ属の一種
Hypselodoris sp.

アオウミウシ属の一種

2度目の出会いですが、なかなか珍しいと思うので再掲載。

マリオニア・ルブラ
Marionia rubra

マリオニア・ルブラ

怪獣のようなウミウシ。大きいのと小さいの2個体見つけました。

ホワイトハンド
Odontozona sp.

ホワイトハンド

白い手袋をはめたエビちゃん。ミッキーのように人気が出るか?

ニセイガグリウミウシ
Cadlinella subornatissima

ニセイガグリウミウシ

イガグリとする説もありますが、どう見てもイガグリとは違いますよね?

マルミカクレモエビ
Alcyonohippolyte dossena

マルミカクレモエビ

今年、学名と和名が提唱されたエビ。可愛いけど、小さすぎる!

オトメウミウシ属の一種
Dermatobranchus sp.

オトメウミウシ属の一種

白い体にピンクのモコモコ。手持ちの図鑑には載っていませんでした。

フチドリハナダイ
Pseudanthias randalli

フチドリハナダイ

大物三昧のシパダンでマクロの楽しさを教えてくれる魚です。

イナズマヤッコ
Pomacanthus navarchus

イナズマヤッコ

こんなのがビーチで見れるなんて、マブール恐るべし。

ゴディバ属の一種
Godiva sp

ゴディバ属の一種

なかなかゴージャスなミノウミウシ。これもマブールにて。

チャイロアワツブガイ
Colpodaspis sp

チャイロアワツブガイ

局所的に大量発生していたので見つける事ができました。

イロウミウシ科の一種
CHROMODORIDIDAE sp

イロウミウシ科の一種

沖縄のウミウシのP199のと同じだという事です。

ホンヤドカリ属の一種
Pagurus sp

ホンヤドカリ属の一種

赤い綺麗な体が目を引きました。素敵な名前が付くといいな。

トラフザメ
Stegostoma fasciatum

トラフザメ

カメラを忘れて自分では撮れず。リベンジあるのみ!

矢印 第10位!
このページのトップへ