2010年海で出会えた生物ランキング

 今年でもう5回目となる自己中心的趣味嗜好企画。今年もごゆるりとお付き合い下さいませ。

 いやー、何だかんだと言いながら、もう5年にもなるのですね。月日の経つのは早いものです。 過去のランキングを見ると、生物の多く見つかった年もあれば、見つからなかった年もありましたが、 こうやってじっくり振り返ってみると、その時の事が思い出されて、見ていて楽しい。 継続は力なりという言葉があるけど、地道に続けてて良かったという感じです。

 さて、そんな2010年、たくさんの生物を見る事ができました。 年末ギリギリまで悩んで大晦日に慌てて書いています。 乱筆乱文、誤字脱字あると思いますが大目に見てやって楽しんで下さいませ。

矢印 それでは第10位から!

以下の生物達はピックアップされたものの惜しくもランクインを逃した生物達です。

ウエノコブシ
Raylilia uenoi

ウエノコブシ

長いハサミ脚を持った不思議なカニ。珍しいらしいですよ。

バオバブカイカムリ
DROMIIDAE sp.

バオバブカイカムリ

インディアンの酋長もビックリのゴージャスな被り物。被り物界の王者。

クメジマオトヒメエビ
Stenopus pyrsonotus

クメジマオトヒメエビ

大きくて貫禄十分。個人的に見たかったエビです。

ヒメツバメウオの幼魚
Monodactylus argenteus

ヒメツバメウオの幼魚

ワンコインサイズの可愛いコ。漁港内や汽水域で見られます。

シマクダリボウズギスモドキ
Pseudamia zonata

シマクダリボウズギスモドキ

体長3cm程度の幼魚。しかも水深は2mという出会いでした。

アカモンサラサエビ
Cinetorhynchus erysrostictus

アカモンサラサエビ

ネットには生態写真が殆ど載っていません。珍しいのかな?

アカネハゼ
Valenciennea bella

アカネハゼ

茜色に輝くボディが綺麗で何度も見に行かせて戴きました。

テングチョウチョウウオ
Chaetodon selene

テングチョウチョウウオ

沖縄では珍しいチョウチョウウオです。丸っこい体が可愛い。

ヨコシマニセモチノウオ
Pseudocheilinus ocellatus

ヨコシマニセモチノウオ

横縞は幼魚の頃だけの特徴で大人になると消えてしまいます。

テングヨウジ
Microphis brachyurus brachyurus

テングヨウジ

川にもヨウジウオの仲間が居るんだという驚き。川も楽しいな。

イロカエルアンコウ
Antennarius pictus

イロカエルアンコウ

カエルアンコウの仲間はいつ見てもいいですね。

ミツボシゴマハゼ
Pandaka trimaculata

ミツボシゴマハゼ

天皇陛下が記載した日本最小の脊椎動物。

ハクセンタマガシラ
Scolopsis ciliata

ハクセンタマガシラ

地味な魚ですが、何だか目立っていました。

スジハナダイ
Pseudanthias fasciatus

スジハナダイ

数の少ないハナダイの仲間ですが、居る所にはたくさん居ます。

オオテンハナゴイ
Pseudanthias smithvanizi

オオテンハナゴイ

他種と混泳しているので、良く見ないと見逃してしまいます。でも綺麗。

クダメツノガニ
Criocarcinus superciliosus

クダメツノガニ

左右にビヨーンと飛び出した目がインパクトあります。

オウギガニ科の一種
XANTHIDAE sp.

オウギガニ科の一種

キャンディのようで食べてしまいたくなるカニちゃんでした。

ボウヨウジ
Phoxocampus belcheri

ボウヨウジ

その名の通り、棒のように真っ直ぐになったまま移動します。

ヤナギハゼ
Xenisthmus clarus

ヤナギハゼ

瀬能宏さんに同定して頂きました。生態写真が殆どないらしいです。

パラオカニダマシ
Enosteoides palauensis

パラオカニダマシ

カニは良く分からないけど、モコモコして可愛かったので掲載。

ホムラハゼ
Discordipinna griessingeri

ホムラハゼ

セルフのお友達から教えて頂きました。長いこと見られています。

サンゴヒメエビ属の一種
Microprosthema sp.

サンゴヒメエビ属の一種

ウミシダに似せているのでしょうか?大きな触角が邪魔そうです。

ルリヤッコ×ヘラルドコガネヤッコ
Centropyge bispinosa × C heraldi

ルリヤッコ×ヘラルドコガネヤッコ

新種かと思ったら交雑種でした。でも、こういう出会いは嬉しい。

メシマウバウオ
Pherallodichthys meshimaensis

メシマウバウオ

あんまり名前を聞いた事のないウバウオです。

カタボシニシキベニハゼ
Trimma nomurai

カタボシニシキベニハゼ

殆ど動かなくて撮り易いハゼです。でも深い・・・。

ニンギョウベニハゼ
Trimma sheppardi

ニンギョウベニハゼ

珍しいのか分かりません。でも、あまり見ないので珍しいんだろうなぁ。

ベニハナダイ
Pseudanthias sp.1

ベニハナダイ

沖縄では深い場所に居ます。マンツーならガイドできるかも?

サザナミウシノシタの幼魚
Soleichthys heterorhinos

サザナミウシノシタの幼魚

ヒラムシに擬態しているのでしょうか?動きもリアル。

ダルマハゼ属の一種
Paragobiodon sp.

ダルマハゼ属の一種

未記載種のハゼ。体側に入った白い斑紋が特徴です。

ギンガメアジの幼魚
Caranx sexfasciatus

ギンガメアジの幼魚

ギンガメも子供の頃はこんな色なのですね。

ヤリイシモチ
Apogon doryssa

ヤリイシモチ

レントゲン要らずのスケルトンボディ。クリッとした瞳が可愛い。

ナカモトイロワケハゼ
Lubricogobius dinah

ナカモトイロワケハゼ

ようやくマイボトルに着きました。来年はもっと浅場で!

ロウニンアジの幼魚
Caranx ignobilis

ロウニンアジの幼魚

アジ界の王者も幼魚の頃はカメにくっ付いて泳いでいました。

エクボヒメセミエビ
Eduarctus mortensii

エクボヒメセミエビ

生態写真の殆どないセミエビの仲間です。ナイトで発見。

カスミオイランヨウジ
Doryrhamphus naia

カスミオイランヨウジ

今までオイランヨウジだと思ってたらこんな名前があったのね。

カエルアマダイ
Stalix histrio

カエルアマダイ

扁平した顔がとってもユニークです。ウルウルした瞳もキュート。

矢印 第10位!
このページのトップへ