2009年海で出会えた生物ランキング

第10位 ヨロイウオ
Centriscus scutatus
ヨロイウオ
撮影日:2009/12/17 撮影者:今川

 この魚は初見ではありません。何年も前からずーっと見てた(と思う)けど、「ヘコアユ」と勘違いして紹介していました。 名前は「ヨロイウオ」と言います。

 この魚の存在を知ったのは図鑑「日本の海水魚」。 何気なくペラペラと見ていたら「ヨロイウオ」という名前が飛び込んできました。でも、写真はどー見ても「ヘコアユ」。
 そこで、解説を読んでみる・・・。『背鰭第一棘に関節がなくて動かず、体側に黒い縦帯がないことでヘコアユとの区別は容易である。』フムフム。 更に読んでみると、『内湾性で沖縄島では東海岸の浅所に多い。』とありました。
えぇぇ? 東海岸? ホームグラウンドじゃん。

 だったら、東海岸に行って確かめてみよう・・・。あ、居た。(爆) しかもたくさん。

 今まで、ずーっと「ヘコアユ」だと信じて疑わなかったものが違う魚だったなんてかなりショック。 気がつかなかったらこの先もずっと「ヘコアユ」と紹介してたと思う・・・。知らない事は罪だ。

 という訳で、珍しい生物かと言われると、そうでもないと思うのだけど、聞き慣れない名前の生物という事でお客様の反応はそこそこ良い。 「ヨロイウオ」の知名度向上を目指して10位にランクインさせて頂きます。

 次は9位
このページのトップへ