レッドビーチ 2019/11/08

常連様のT島さんと潜ってきました。
本日の昼に沖縄入りして、夕方早い時間にホテルに戻りたいという無茶ぶり。
レッドビーチでサクッと2本潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち晴れ
 気 温 : 26度
 水 温 : 25度
 風 向 : 北東のち北
 波 高 : 2.5m
 透明度 : 5m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日も痺れるような透明度。
でも、可能性を求めて敢えて泥地にGO!
ツノザヤウミウシは見れますが、それ以上の出会いがなく鉄塔へ立ち寄る。

ツノザヤウミウシ
ツノザヤウミウシ

ここ最近レッドビーチの劣化が酷い。
捲ったガレや岩を元に戻さないというのが大きな原因だと思います。
ま、レッドの場合、どっちが表か裏か分かりにくいってのもありますが・・・。
そんな中、白いカイメンが着いているガレがありまして、毎回行く度にチェックして、大事に元の状態に戻しておりました。
前回はイチゴミルクウミウシが着いていて、今回はハラックサウミウシ属の一種が着いていました。
環境を大事にすれば、色んな生物が見れるんですよ。

ハラックサウミウシ属の一種
ハラックサウミウシ属の一種

良いサイズのワモンキセワタが居ました。
同属の中では一番好きなウミウシです。

ワモンキセワタ
ワモンキセワタ

今日はサーシャコヤナギウミウシ祭り?
T島さん曰く「7個体見ました」らしい。
これは50mm超えの大型サイズ。

サーシャコヤナギウミウシ
サーシャコヤナギウミウシ

こちらもサーシャコヤナギウミウシとしている個体。(大きさは10mm程度)
上のとはずいぶん色が異なりますね。
若齢期は透明感があって色が薄いですが、成長とともに色が濃くなる傾向があります。
この辺は餌に由来しているものと思われます。

サーシャコヤナギウミウシ
サーシャコヤナギウミウシ

T島さんは今月末にも来てくれます。
次回はじっくり捜しましょ。
view 368
1年前の記事を見てみる

沖縄本島ボートダイビング


2018/11/08
今年来てくれたカヨさんとH柴さんがリピート。そして、常連様の・・・