ウミウシダイブ 4連チャンスタート 2019/04/15

今日からウミウシダイブ4連チャンがスタートです。
初日はナギサさんとマンツーマンで北部遠征してきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 24度
 水 温 : 23度
 風 向 : 北のち北東
 波 高 : 2.5のち2m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブリーフィングで「ここのポイントはナカモトイロワケハゼも見れますよ」と言ったら、「え?見たい!」と二つ返事で見に行くことになりました。
いいんです、この辺はマンツーなんで自由にいきましょう。
タイミング良く、一緒に潜っていたOくんから、ナカモトイロワケハゼの幼魚を見せてもらいました。

ナカモトイロワケハゼ

キホシウロコウミウシ。

キホシウロコウミウシ

ウズマキキセワタ属の一種。
クロボウズは誰も見向きもしないけど、眼が見えると途端に可愛くなりますね。

ウズマキキセワタ属の一種

「おぉぉ!」 久し振りに水中で叫んでしまった。
見つけた時は、もしかして沖縄初のアユカワウミコチョウだと二人で喜んでいましたが、内臓嚢後方にある筈の突起が見えません。
ゴスライナーの新しい図鑑に似たのが載ってました。キマダラウミコチョウ属の一種にしておきます。
いずれにしても珍しいウミウシに違いない。

キマダラウミコチョウ属の一種

で、上の写真で「おや?」と思った人はかなりのウミウシ眼を持った人です。
ウミコチョウの横にコトリガイ属の一種が!?
撮ってる時は気が付かず、ショップでのログ付け時に気づきました。
これも未記載種だな。あぁぁ・・・。

コトリガイ属の一種

更に! 上のウミコチョウを観察してたら、その3cm横にサキシマウミコチョウ!
で、このコ撮ってたら砂中からヒメダンゴイカが飛び出してきたりと、僅か10cm四方の砂地が大フィーバーしてました。

サキシマウミコチョウ

2月ぐらいは楽しかった岩捲りですが、今はもうウミウシの姿は殆ど見られず・・・。
今日は行けども行けどもオリヅルエビ地獄。何個体見たことやら。
ナギサさんには紅白のペアを撮ってもらいました。

オリヅルエビ

そして、イカのハッチアウトも見られました。
種までは分かりません。分かる方は教えてください。

イカのハッチアウト

ラストはブドウガイ科の一種。
一応、ウミウシダイブなので、ウミウシで終わりましょう。

ブドウガイ科の一種

明日は人数も増えて更に賑やかになりそうです。