ログブック

 以前のログを見る

今日からまたまたウミウシダイブ 2017/02/23

4日間のお休みを頂いていました。
この4日間はいい天気でポカポカ陽気だったのに今日から天気は下り坂。
しばらく太陽は拝めそうにありません・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇り
 気 温 : 22度
 水 温 : 20度
 風 向 : 北西のち北
 波 高 : 3のち4m
 透明度 : 10m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お客様はUGOさん。今年初の Ocean Blue でしたが、すぐにリピートしてくれました。
リクエストはもちろんウミウシです。
トモエミノウミウシ属の一種。

トモエミノウミウシ属の一種

ハラックサウミウシ属の一種。小さくてコロンとしていました。

ハラックサウミウシ属の一種

ホシゾラウミウシは交接中。

ホシゾラウミウシ

ウミウシイーターのキイボキヌハダウミウシ。

キイボキヌハダウミウシ

個人的に好きなクチナシイロウミウシ。

クチナシイロウミウシ

今年はユウグレイロウミウシが多い気がします。

ユウグレイロウミウシ

コモンウミウシのおチビちゃん。

コモンウミウシ

ミナミムカデミノウミウシの若齢個体。小さい頃はミノはカールしてないのね。

ミナミムカデミノウミウシ

リクエストだったカベイロ・ファスミダ。

カベイロ・ファスミダ

ゴクラクミドリガイ属の一種。側足が3カ所伸長するタイプ。

ゴクラクミドリガイ属の一種

タスジミドリガイ。
普通種ですが、水色の斑紋が入るタイプは珍しい。(と思う)

タスジミドリガイ

夜は明日のお客様も合流して飲んできました。

本日のお客様

明日はもっと寒くなりそうです。ブルブル。

ウミウシダイブ5日目 2017/02/18

ウミウシダイブも今日が最終日。頑張ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇り
 気 温 : 22度
 水 温 : 19度
 風 向 : 北
 波 高 : 1.5のち3m
 透明度 : 10m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ナターニさんと泥地巡り。
触角の後ろから毛のようなものが生えるゴクラクミドリガイ属の一種。
何タイプか居るようです。

ゴクラクミドリガイ属の一種

キヌハダウミウシ属の一種。今日も色んなキヌハダが出ました。

キヌハダウミウシ属の一種

クロスジアメフラシ。目が可愛い。(Photo by ナターニさん)

クロスジアメフラシ

リクエストだったウスバネウミコチョウもゲットできて一安心。

ウスバネウミコチョウ

体の特徴はオオアリモウミウシなんだけど、触角が長くて、常に上に振りながら歩いていました。

オオアリモウミウシ

カンムリキセワタの小ささには驚いていました。(Photo by ナターニさん)

カンムリキセワタ

これもリクエストだったカベイロ・ファスミダ。(Photo by ナターニさん)
産卵中です。

カベイロ・ファスミダ

久し振りに見つけたバエオリディア・ハリエットアエ。

バエオリディア・ハリエットアエ

バエオリディア・ハリエットアエ。
バエオリディア・ランソンイとの違いは触角に突起がある事です。
ちなみに触角の後ろにある黒い点は眼です。

バエオリディア・ハリエットアエ

コクテンタマゴガイ。(Photo by ナターニさん)
貴方も黒バックの虜に・・・。(笑)

コクテンタマゴガイ

今日のウミウシは2ダイブで33種類でしたっけ?(良く覚えてません)
2日間で70種類以上のウミウシが見れました。

ウミウシダイブ4日目 2017/02/17

ウミウシダイブも今日から後半戦。頑張ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち雨
 気 温 : 24度
 水 温 : 20〜21度
 風 向 : 南のち南西
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 7〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ナターニさんと潜ってきました。
昨日まで潜ってくれたK川さんとはバリ島で一緒になったそうですが、今回はニアミスでしたね。

本日のお客様

1本目は西海岸。クジラの鳴き声がビンビンに聞こえてくる中でのウミウシダイブ。
センテンイロウミウシ。

センテンイロウミウシ

センテンイロウミウシかなー? アオウミウシ属の一種かなー?
ここ最近、このタイプのウミウシが大量に発生していて毎日目にしています。
更に、上の個体との中間的な模様の個体も居るからややこしい。

センテンイロウミウシ

モンコウミウシが比較的深い場所に居ました。

モンコウミウシ

ヘリシロイロウミウシのおチビちゃん。

ヘリシロイロウミウシ

これも小さかったシロタエイロウミウシ。まだ模様が出ていません。

シロタエイロウミウシ

今日も出ました。イロウミウシ科の一種。

イロウミウシ科の一種

お昼ご飯はなかむらそばの3枚肉そばをゲット。胸焼けします・・・。

三枚肉そば

2本目と3本目は東海岸に移動。
ミチヨミノウミウシは例年になくたくさん居ます。

ミチヨミノウミウシ

ミナミニシキウミウシは30mmの小さいサイズ。

ミナミニシキウミウシ

ホリミノウミウシ属の一種。昨日のとは模様が違います。

ホリミノウミウシ属の一種

何気に人気のあるヒオドシユビウミウシ。

ヒオドシユビウミウシ

ミナミムカデミノウミウシとされているウミウシ。
背側突起が巻いているのは成長度合いと生息環境だと思う。

ミナミムカデミノウミウシ

ツルガウミウシかな? 完全個体と出会いたかった・・・。

ツルガウミウシ

今日は3ダイブで44種類のウミウシが見れました。

ウミウシダイブ3日目 2017/02/16

K川さんとのウミウシダイブも今日が最終日。今日もがっつり3本潜りました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 21度
 水 温 : 20度
 風 向 : 南東
 波 高 : 1m
 透明度 : 15〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まずはアカホシコヤナギウミウシ。
小さかったけど、これからがこのコのシーズン。徐々に増えてくるでしょう。

アカホシコヤナギウミウシ

ウスフジイロウミウシは初見で喜んで頂けました。(Photo by K川さん)

ウスフジイロウミウシ

珍しいアンナイボウミウシはK川さん自らの発見。(Photo by K川さん)

アンナイボウミウシ

大きかったアデヤカイボウミウシ。

アデヤカイボウミウシ

艶やか繋がりでアデヤカミノウミウシ。

アデヤカミノウミウシ

エダウミウシでいいかな?(Photo by K川さん)

エダウミウシ

シロシキブイロウミウシに似ますが、背面の突起の入り方が違います。
イロウミウシ科の一種にしておきましょう。(Photo by K川さん)

イロウミウシ科の一種

背中に発光瘤があるのでヒカリウミウシ属の一種ですね。

ヒカリウミウシ属の一種

今日も出ましたカラジシウミウシ。昨日は西海岸、今日は東海岸でゲット。

カラジシウミウシ

ホリミノウミウシ属の一種としか・・・時間のある時に調べます。

ホリミノウミウシ属の一種

アカテンミノウミウシ。小さかったな。

アカテンミノウミウシ

今日のウミウシは3ダイブで55種類。3日間トータルで102種類のウミウシが見れました。
明日からはお客様が入れ替わります。

ウミウシダイブ2日目 2017/02/15

K川さんとのウミウシダイブ2日目。頑張って3本潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 20度
 水 温 : 20〜21度
 風 向 : 北東
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

マイチョコウミウシ。昨日のバレンタインデーに出したかった・・・。

マイチョコウミウシ

レモンウミウシは同じ場所から3個体。小さい個体は触角が黒いです。

レモンウミウシ

ヒュプセロドーリス・バーチイ。
センテンとは違うのだよセンテンとは。

ヒュプセロドーリス・バーチイ

大きさ2mmのクロヒメウミウシはK川さんの写真をお借りしました。(Photo by K川さん)
TG-4の顕微鏡モードはすごい。

クロヒメウミウシ

意外な場所からミガキブドウガイも出てきました。

ミガキブドウガイ

更に意外な場所でバエオリディア・ランソンイが散歩中。

バエオリディア・ランソンイ

フウセンミノウミウシ属の一種。
触角に褶葉がなくって、背側突起にはピンクの輪がない。昨日のコとは明らかに別種ですね。
以前はこれをフウセンミノウミウシと誤同定していました。

フウセンミノウミウシ属の一種

コミドリリュウグウウミウシの黄色のバリエーション。
黄色は初めて見たかも?と思ったけど、K川さんの地元では黄色がスタンダードだそうです。

コミドリリュウグウウミウシ

ヒシモンエンビキセワタもたくさん見られるようになってきました。

ヒシモンエンビキセワタ

今日のリクエストだったカラジシウミウシも無事ゲット。(Photo by K川さん)
最近、みんな黒バックのマイステージを持参してる。(笑)

カラジシウミウシ

トンプソンアワツブガイ。大きさ3mm。

トンプソンアワツブガイ

パイナップルウミウシ。大きさ120mm!

パイナップルウミウシ

今日は3ダイブで50種類でした。まずまずの結果です。