ログブック

 以前のログを見る

アオサハギの魂 2018/04/18

今日から3日間休み! で、週末はゲストと潜って、その後も3日間休み!
も、潜りに行かねばぁぁ!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 24度
 水 温 : 22度
 風 向 : 北東
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ずーっと(仕事で)潜っていたので、撮りたいものがたくさん!
今日はアオサハギの魂に刺さりまくりました!(ちょっと魂から幼魚になりかけだけど)

アオサハギの魂

欲張らず、1日1つ撮れればそれで良し!
明日も潜ります!

ダイビング&グルメツアー 2018/04/17

この季節に気温20度!?
こんな日は早めに切り上げてグルメツアーに出かけよう!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき雨
 気 温 : 20度
 水 温 : 22度
 風 向 : 北東のち北
 波 高 : 1.5のち2m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ヤスヨさんの最終日。
前回あまり良く撮れなかったというピグミーシーホースをリベンジ。

ピグミーシーホース

オトヒメウミウシ。

オトヒメウミウシ

メレンゲウミウシ。
大きめのウミウシが目立つ季節になりました。

メレンゲウミウシ

チギレフシエラガイのカラーバリエーション。

チギレフシエラガイ

キベリアカイロウミウシ。

キベリアカイロウミウシ

ハモポントニア・コラリコーラ。

ハモポントニア・コラリコーラ

キュウバンウミウシ。

キュウバンウミウシ

グルメツアーはパンケーキを堪能しました。
でも、お食事系パンケーキはインスタ映えしない?

パンケーキ

明日から休みが続きます。
潜るぜ!

マクロフォトダイブ 2018/04/16

先週の水曜、木曜、金曜と潜って頂いたヤスヨさん。
また、今日、明日の2日間一緒に潜ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇り
 気 温 : 22度
 水 温 : 22〜23度
 風 向 : 北のち北東
 波 高 : 2.5のち1.5m
 透明度 : 8〜10m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日も北風つよし君でレッドビーチへ。
人生初ビーチというヤスヨさん。ゆっくり行きましょう。
昨日と同じネタ廻りでしたが、写真はできるだけ違うものを貼っていきます。
タテヒダイボウミウシ。
この時期はウミウシの恋の季節なのか? 同じウミウシがぐっちゃりと一箇所に集まっています。

タテヒダイボウミウシ

ホシゾラウミウシ。
一体何匹居るんでしょうか?

ホシゾラウミウシ

ホソスジイロウミウシとイガグリウミウシとコールマンウミウシは同じ餌を食べるのか?
この裏にはクチナシイロウミウシも着いていました。

ホソスジイロウミウシ

フジナミウミウシはこの紫色のカイメンが好きみたい。

フジナミウミウシ

ホシゾラウミウシの産卵シーンにも立ち会う事ができました。
どうして多くのウミウシの卵が左巻きなのか、この写真を見れば納得できますね。

ホシゾラウミウシ

アカスジカクレエビ。

アカスジカクレエビ

エビ不明種。
何でしょうか?

エビ不明種

ニュウドウダテハゼの若齢個体。

ニュウドウダテハゼ

卵を守るトンガリハゼ属の一種。
昨日とは別の個体です。

トンガリハゼ属の一種

トンガリハゼ属の一種。
周囲には消えかけていましたが、ミステリーサークルがありました。
肉眼ではもう少しそれっぽく見えてましたが、写真では陰影が出ませんねー。

ミステリーサークル

ライティングに気を使ってデジイチで再チャレンジします!

カメラ女子2日目 2018/04/15

アヤコさんとユキエさんの2日目。
昨晩から急に北風が強くなり、相談の結果レッドビーチへ行ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき雨
 気 温 : 24度
 水 温 : 22〜23度
 風 向 : 北
 波 高 : 2.5のち3m
 透明度 : 7〜10m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日はカメラを持って行かなかったので、写真はお二人から頂きました。
トラパニア・スクッラ。(Photo by ユキエさん)
捜せばまだ出てきます。

トラパニア・スクッラ

キイボキヌハダウミウシ。(Photo by ユキエさん)
本当は上からぶら下がっていたので、写真の上下を逆にしています。

キイボキヌハダウミウシ

ミカドウミウシ。30cm以上のビッグサイズ。(Photo by アヤコさん)
ばっさばっさと泳いでいました。スパニッシュダンサー!

ミカドウミウシ

トラパニア・ヴィッタ。(Photo by ユキエさん)
これでもだいぶ大きくなったんですよ。

トラパニア・ヴィッタ

レンゲウミウシ。(Photo by ユキエさん)
たくさん居ました。

レンゲウミウシ

カノコウロコウミウシ。(Photo by アヤコさん)
今川的過去最大の大きさ。背中の突起がびっちりすぎて眼が見えません。

カノコウロコウミウシ

カンムリハラックサウミウシ。(Photo by アヤコさん)
コロンとして可愛い。

カンムリハラックサウミウシ

キミシグレカクレエビ。(Photo by ユキエさん)
背景が赤く抜ける場所で・・・。

キミシグレカクレエビ

シカクイソカイカムリ。(Photo by ユキエさん)
気に入ってもらえたようで良かったです。

シカクイソカイカムリ

戻りがてらハゼエリアにも侵入。
フタホシタカノハハゼ。(Photo by アヤコさん)

フタホシタカノハハゼ

フタホシタカノハハゼの黄化個体。(Photo by アヤコさん)
ギンガじゃないのよ。

フタホシタカノハハゼ

卵を守るトンガリハゼ属の一種。(Photo by アヤコさん)
ミステリーサークルを作るハゼ。
先日の大方洋二さんのブログでも紹介されていました。

トンガリハゼ属の一種

上の写真を拡大。(Photo by アヤコさん)
卵には眼が見えてます。
ハッチアウトしたら、また新しいミステリーサークルを作るのかな?
今週から来週にかけて休みがあるので見に行ってみようかな?

トンガリハゼ属の一種

昨日のログもお二人の写真を頂いて追加でアップしています。
見てね。

カメラ女子 2018/04/14

リピーターのアヤコさんがお友達のユキエさんを連れてきてくれました。
潜水本数は2人合わせて3,600本、2人ともデジイチフォト派というベテランさんです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 28度
 水 温 : 23度
 風 向 : 南
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そんなお2人のプレッシャーを背中に感じつつ、空振りしたり、神引きしたり。
ベニツケタテガミカエルウオ。
1本目は完敗。

ベニツケタテガミカエルウオ

2本目。
フィリディア・ラリーイ。
ウミウシダイブならガッツポーズですが・・・。

フィリディア・ラリーイ

3本目。
カイメンウミウシ。
その背中の線は何のためにあるの?

カイメンウミウシ

このままでは終われないと4本目。
アザミカクレモエビ。
擬態上手。

アザミカクレモエビ

ミノウミウシ小目の一種。
オレンジが奇麗。

ミノウミウシ小目の一種

オオモンカエルアンコウの幼魚。
8mmサイズのおチビちゃん。^^

オオモンカエルアンコウ幼魚

ここからはお二人に頂いた写真を貼ります。
オオモンカエルアンコウの幼魚。(Photo by ユキエさん)
同じ被写体でも撮り方でずいぶん雰囲気が変わります。

オオモンカエルアンコウ幼魚

ハナゴンベの幼魚。(Photo by ユキエさん)
お見事!

ハナゴンベ幼魚

ピグミーシーホースことヒポカンパス・バージバンテイ。(Photo by ユキエさん)
青抜きいぃ。

ピグミーシーホース

アナエビ科の一種。(Photo by アヤコさん)
ちょこまか動き回ります。

アナエビ科の一種

アオサハギの幼魚というかアオサハギの魂!(Photo by アヤコさん)
模様が出てくると可愛くなくなるそうなので、このサイズがいいそうです。

アオサハギ幼魚

最後に色々出てきてくれて良かったです。
明日もプレッシャーに負けず頑張ります。