5/1~5/10のログ   5/11~5/20のログ   5/21~5/31のログ

今日からカメラ男子 2019/05/31

昨日までカメラ女子でしたが、今日からはカメラ男子です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇り
 気 温 : 28度
 水 温 : 24度
 風 向 : 南のち南西
 波 高 : 1のち1.5m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

リピーターのO崎さんが、「デジイチ買っちゃいましたー」と来沖。
見ると、トレンドのフルサイズミラーレス一眼、ニコンZ7!
でも、マクロレンズ買ってないという事で、標準のズームレンズを付けての参戦。
「とりあえず、ハゼが撮ってみたい」という事で深場へ・・・。
ホタテツノハゼの小さいのが居ましたが、大人と模様が変わらないので可愛さは伝わらない。

ホタテツノハゼ

カグヤヒメハゼも小さいコが居ましたが、これも見た目は成魚と変わらないね。

カグヤヒメハゼ

まだ深場の水温が低いせいか、ハゼたちの活性はイマイチのような気がします。
そんな中、スミゾメハナハゼは鰭全開で雌にアピールしていました。

スミゾメハナハゼ

1本目を上がってモニターチェック。
ハゼは大きさ的に厳しい(寄れてもマクロレンズではないのでピントが合わない)という事で、後半は手のひらサイズより大きい被写体を中心に撮影。
スジブダイ。
標準レンズにはもってこいのサイズです。

スジブダイ

バリ島ツアーまでにはマクロレンズ買ってねー。

頑張れカメラ女子 2019/05/30

エリコさんとアツコさんの3日目。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇り
 気 温 : 26度
 水 温 : 24度
 風 向 : 北東のち東
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

昨日のジョーフィッシュを撮った後、「明日は黄色いコを撮りに行こう」、「で、あくびが撮れたらいいね」なんて話していたのですが、 千載一遇のチャンスが巡ってきました。(Photo by エリコさん)
F2.8なので、ピン甘ですが、興奮が伝わってきますね。
ちなみに、ノートリミング。

ジョーフィッシュ

腹びれの長ーーーーいクマノミ。(Photo by エリコさん)
イソギンチャクが小さいと、体が成長できず、ヒレだけが長くなります。

クマノミ

イリオモテモウミウシ。(Photo by アツコさん)
アツコさんもTG-5で頑張る。

イリオモテモウミウシ

トゲトゲウミウシ。(Photo by アツコさん)
両方とも眼にジャスピンです。

トゲトゲウミウシ

イッサイウミコチョウ。
最後はパタパタ泳いで行きました。

イッサイウミコチョウ

オオコノハミノウミウシ。
大きすぎて、皆さん画角からはみ出してました。(笑)

オオコノハミノウミウシ

ユビノウハナガサウミウシ。
サンゴの産卵が終わると良く見るようになるウミウシです。

ユビノウハナガサウミウシ

ヒポカンパス・セベルンスイ。
お腹パンパンでした。

ヒポカンパス・セベルンスイ

初日の写真に比べると、この3日間で飛躍的に良くなりましたね。
カメラ女子さんは一旦退院ですが、まだ通院が必要です。
間を空けずに来てくださいね。^^

カメラ女子治療中 2019/05/29

エリコさんとアツコさんの2日目。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 雨のち曇り
 気 温 : 25度
 水 温 : 25度
 風 向 : 北東
 波 高 : 2m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カメラの設定、ストロボの当て方を治療して、1本目はまるまるジョーフィッシュに捧げました。(Photo by エリコさん)
ピントも来てるし、ストロボも当たってる。
とりあえず、青カブリは完治。

ジョーフィッシュ

ミナミハコフグ。(Photo by エリコさん)
寄生虫にやられていますが、しっかり撮れるようになったならそれで良し。
いつかパチ玉サイズを捜すので、その時、ちゃんと撮ってね。

ミナミハコフグ幼魚

ナガサキスズメダイの幼魚。
動き回る被写体はムズいけど、相手の動きを読むことも大事です。

ナガサキスズメダイ

明日は更にいい写真が撮れるように頑張りましょう。

カメラ女子?来沖 2019/05/28

カメラ女子のエリコさんとアツコさんに、T澤さんが合流して潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき雨
 気 温 : 28度
 水 温 : 25度
 風 向 : 南のち南西
 波 高 : 1.5のち2m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ハラックサウミウシ。(Photo by エリコさん)
エリコさん、カメラの設定が合ってない、ストロボが当たってない、構図を考えてない、粘らないの多発性ないない症候群の兆候が見られます。

ハラックサウミウシ

サフランイロウミウシ。(Photo by エリコさん)
せっかくの被写体も、ないない症候群なので奇麗に写せない・・・。

サフランイロウミウシ

カクレクマノミ。(Photo by エリコさん)
こういう写真が「奇跡の一枚」と呼ばれないように、狙って撮れるようになりましょう。

カクレクマノミ

お薬出しときまーす。
明日は特訓ですね。^^

撮影のお仕事 2019/05/27

この時期恒例の撮影のお仕事に出かけてきました。
長期に渡って、定点で撮影を続けているサンゴが、今ではこんなに大きく成長しました。

サンゴ

撮影を始めた当時のサンゴはこんな感じ。(2011年撮影)
まだ数ミリでした。
この頃は、このサイズのサンゴを数百個撮影してました。

サンゴ

年月とともに、あるものはテーブル状のサンゴになったり、あるものは枝サンゴになったり・・・。
もちろん、あるものは途中で朽ちてしまったりもしました。
今では、その中で成長の良い数十株を中心に撮影している感じです。

サンゴ

いつか、このサンゴの産卵が見てみたい・・・。

エモンズからのサンゴの産卵ナイト 2019/05/26

初 Ocean Blue のM本さんとエモンズツアーに行ってきました!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 28度
 水 温 : 25度
 風 向 : 南東
 波 高 : 2m
 透明度 : 30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は透明度も良く、流れもゆるゆる。

沈潜エモンズ

遠く離れたところからでも良く見えます。

沈潜エモンズ

掃海用のソナーと思われる物体。

沈潜エモンズ

20mm機銃とM本さん。

沈潜エモンズ

戦没者プレートとM本さん。

沈潜エモンズ

エモンズとM本さん。

沈潜エモンズ

船首に空いた大きな穴。
魚雷が当たった場所でしょうか?
今日はゆっくりエモンズを観察できました。

沈潜エモンズ

夜はサンゴの研究者、Y木さんとサンゴの産卵を見に行きました。
昨日、一斉産卵したらしいのですが、まだ残りがあるだろうと期待を込めて・・・。
卵が見えているサンゴにロックオン!

サンゴの産卵

しかし、予想の時間になっても産卵は始まらず・・・。
待ち時間でアカテンイロウミウシや、

アカテンイロウミウシ

ユビノウハナガサウミウシを撮影。

ユビノウハナガサウミウシ

産卵が始まったのは予定を30分も過ぎてからでした。
でも、昨日の残りだから小規模。

サンゴの産卵

ライトトラップもしちゃう、13,000ルーメンの明るさはえげつない。(笑)

ミノガイの仲間

ちぬまん。

ちぬまん

枝サンゴエリアに行ったら、既に水面に大量のスリックが!?
しまった! 今夜はこっちだったか!

サンゴの産卵

昼に夜に大忙しでした。

座間味ウミウシツアー大成功! 2019/05/23

座間味島から戻ってきました。
すごくいい天気と、楽しいメンバーに囲まれて、大成功のツアーでした。

ツアー参加者

ツアーログはもう少しお待ちください。

ウミウシツアーの前にウミウシダイブ 2019/05/22

明日から座間味ウミウシツアー。
今日の午後に座間味に渡るのだけど、「午前中だけでも潜りたい!」という熱烈なウミウシメンバーの婦長とBANBAさんと潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 26度
 水 温 : 24度
 風 向 : 北
 波 高 : 2m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

イリオモテモウミウシ。
遠目にもたくさん着いていたのが分かったんだけど、良く見るとウミグモが・・・。
BANBAさん、ウミグモ嫌いなの知らなくて紹介しちゃった。ごめんなさい。

イリオモテモウミウシ

イリオモテモウミウシ。
可愛いのぅ。

イリオモテモウミウシ

マツゲメリベウミウシ。
この透明感、撮り難いことこの上なし。

マツゲメリベウミウシ

トゲトゲウミウシ。
可愛いサイズでした。

トゲトゲウミウシ

キュウバンウミウシ。
くっ付きそうな名前なんだけど・・・。

キュウバンウミウシ

キホシミガキブドウガイ。
安全停止になってからが勝負です。

キホシミガキブドウガイ

ミガキブドウガイ属の一種。
アカボシミガキブドウガイってどこに行ったの?

ミガキブドウガイ属の一種

午前中2本潜って、器材を軽く乾かして、急いで座間味に向かうのであった。

マクロフォトダイブ 2019/05/21

Ocean Blue 初参加のMさんと潜ってきました。
到着の飛行機が遅かったので、ランチを食べてからの午後2ダイブでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 25度
 水 温 : 24度
 風 向 : 北
 波 高 : 3m
 透明度 : 5m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1本目、Mさんと今川のカメラの調子が絶不調。
Mさんは白とびで、今川はストロボが光らない状態。
なので、セダカカワハギは自然光での撮影。

セダカカワハギ

ソレノストムス・ハリメダ。
面白い被写体が立て続けに出てくれたのですが、空しい・・・。

ハリメダゴーストパイプフィッシュ

休憩時間中に調べたら、Mさんはカメラ側の設定の問題で、今川はストロボのモードスイッチがいつの間にか切り替わってた事が判明。
(何故、水中で気付かない!)
2本目はリカバーして、2人ともちゃんと撮れるようになりました。
タキベラの幼魚。

タキベラ幼魚

今日の写真はこれだけー。
Mさん、リベンジお待ちしてます!

さて、明日は座間味ツアーに参加されるお客様と午前中潜って、そのまま座間味に渡ります。
ツアー期間中はメールのお返事ができませんので、ご了承ください。
26日から通常営業とさせて頂きます。
5/1~5/10のログ   5/11~5/20のログ   5/21~5/31のログ