3/1〜3/10のログ   3/11〜3/20のログ   3/21〜3/31のログ

ラストダイブ 2016/03/31

朝の気温が暖かくなって布団から出るのが楽になってきました。春ですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち雨
 気 温 : 24度
 水 温 : 21度
 風 向 : 南のち南西
 波 高 : 1のち1.5m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日も糸満ボートへ。知り合いショップのトモカちゃんが4月の結婚を機に今日でお店を辞めるというので、お招きされて潜ってきました。 トモカちゃんは Ocean Blue で3か月間の研修を行っていた事もあるのです。(Photo by オカちゃん)

糸満ボート

送別ダイブと言いながら、水中に入ったら皆、ちりじりバラバラで一緒に泳ぐことはなかったです。
ま、らしいといえばそうなんですけどね。
オレンジウミコチョウ。

オレンジウミコチョウ

泳ぐウミウシの代表格? ヒオドシユビウミウシ。まぁ、とにかくよく泳ぎます。

ヒオドシユビウミウシ

写真を撮ってモニターを確認したら、パネルに大きな影が反射して見えたので、驚いて振り返ると、背後から巨大なアカウミガメが覗いていました。 繁殖期のオスにもう少しで襲われるところだった・・・。
こちらが気づくと、カメも方向転換して猛ダッシュで逃げ始めました。
慌ててマクロレンズ外して、100mmのレンズで強引に撮影したのが下の写真。

アカウミガメ

ハナヒゲウツボの幼魚も定位置をキープ。

ハナヒゲウツボ

タヌキイロウミウシ。この黄色のカイメンを食べています。(表面が黒っぽく見えるやつね)
モンジャウミウシも同じカイメンに着いていました。

タヌキイロウミウシ

ムラサキウミコチョウ。眼を意識して撮ってみました。

ムラサキウミコチョウ

ラストはコナフキウミウシ。このジュズツナギコケムシを食べてます。

コナフキウミウシ

夜はトモカちゃんの婚約者も合流して打ち上げてきました。
トモカちゃんお疲れ様でした! お幸せに!

トモカちゃん

と、言いながら、沖縄にいる間はヘルプで潜ってもらいまーす。

保全活動 2016/03/30

今日は保全活動に出かけてきました。
ここ数回の活動ではレイシガイ類が少なくなっていると書きましたが、まだまだ居るところには居るようで、大きめの個体をたくさん駆除してきました。 1人平均150個は採ったと思います。

レイシガイ類

帰りは3頭のザトウクジラを間近で見ました。^^

海の生き物からの贈り物 2016/03/29

名古屋市立大学の名誉教授である塩入孝之教授から「海の生き物からの贈り物」という本を頂きました。
以前、Ocean Blue のHPを見て、イワスナギンチャクの写真を使いたいという事で連絡を頂き、写真を提供したのがきっかけです。 ありがとうございました。

ここ1年の間に、3名の教授や准教授から、本や論文への写真の貸し出し依頼があり、都度協力してきましたが、 皆さん、とても人当たりの良い方で、「○○の事で分からない事があったら何でも聞いてください」などと言って頂き、心強く感じています。

気持ちの良い仕事ができて嬉しく思います。

海の生き物からの贈り物

明日は保全活動に出かけてきます。

ケラマでワイワイ ウミウシダイブ 2016/03/27

今日は慶良間で潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき晴れ
 気 温 : 17度
 水 温 : 22度
 風 向 : 北
 波 高 : 2.5のち2m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お客様は6名。連チャンのO栗さん、ヒロヨさん、フミコさんに、もう1人のフミコさんとノリコさん。そして、写真には写ってないけど、匿名希望さんです。 フミコさんとノリコさんは姉妹で、ショップツアーでも何度か来て頂いた事がありますが、何と、ノリコさんとO栗さんは同じ会社という事です。 ここでも繋がっているんだなぁ。

本日のお客様

今日は砂地攻め〜。大きかったカラスキセワタ。(Photo by O栗さん)

カラスキセワタ

一見、何も居ないような砂地でも目を凝らすといろいろ見えてきます。
ウスバネウミコチョウ。(Photo by O栗さん)

ウスバネウミコチョウ

オショロミノウミウシ属の一種。(Photo by O栗さん)
ハナザカリミノウミウシとかいう和名になるらしい。
けど、和名よりも学名付けるほうが先なんではないかい?

オショロミノウミウシ属の一種

ツノウミフクロウ。この後、痛恨のロスト・・・。(Photo by 匿名希望さん)

ツノウミフクロウ

クロスジアメフラシ。(Photo by O栗さん)

クロスジアメフラシ

2本目はちょっと岩場へ。シモフリカメサンウミウシ。(Photo by O栗さん)

シモフリカメサンウミウシ

ニイニイミノウミウシ。(Photo by O栗さん)

ニイニイミノウミウシ

3本目はまたまた砂地へ。アユカワウミコチョウは相変わらず大量発生中。(Photo by O栗さん)

アユカワウミコチョウ

うーん、特徴があるので簡単に分かると思ったけど、分かりません。
ハダカモウミウシ上科の一種って事で。(Photo by O栗さん)

ハダカモウミウシ上科

世界のウミウシでアオモウミウシ属の一種1としているコ。(Photo by O栗さん)

アオモウミウシ属の一種

アズキウミウシ。砂に潜るのだ。バイバイキーン!(Photo by O栗さん)

アズキウミウシ

夜はウミウシ勉強会(中上級編)。色々とウミウシを学べた2日間でした。

再会 2016/03/26

今日も糸満発のボートでウミウシダイブしてきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち晴れ
 気 温 : 18度
 水 温 : 21度
 風 向 : 北
 波 高 : 3のち2.5m
 透明度 : 10〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お客様を送迎に行ったら、那覇港にクイーンエリザベスが来航していました。
お客様に携帯を渡して撮って頂きました。でっかいなぁ。(Photo by O栗さん)

クイーンエリザベス

今日はカメラを持って入らなかったので、写真は全てお客様提供です。
コンシボリガイは船長からのパス。(Photo by O栗さん)

コンシボリガイ

モンジャウミウシ。(Photo by O栗さん)

モンジャウミウシ

アオセンミノウミウシ。小さい・・・。(Photo by O栗さん)

アオセンミノウミウシ

どーん!とでかかったセスジミノウミウシ。(Photo by O栗さん)

セスジミノウミウシ

イシガキリュウグウウミウシ。(Photo by O栗さん)

イシガキリュウグウウミウシ

コヤナギウミウシ。普通種ですが好きです。(Photo by O栗さん)

コヤナギウミウシ

昨日と同じポイントだったので、出るウミウシが被ります。
ソウゲンウミウシ。(Photo by O栗さん)

ソウゲンウミウシ

テンガンノツユ。(Photo by O栗さん)
まだまだ何か出そうなポテンシャルを秘めたポイントです。

テンガンノツユ

夜はウミウシ勉強会(初級編)。
O栗さんとヒロヨさんは、去年の3月の東京のウミウシセミナーでお会いしたことがあって、偶然の再会に驚いていました。 Ocean Blue 初参加のフミコさんは家でウミウシを飼っているというウミウシ好き。
ワイワイ楽しい勉強会になりました。

本日のお客様

明日は更に賑やかになりそうです。頑張ります。

糸満ボートでウミウシダイブ 2016/03/25

糸満発のボートでウミウシダイブしてきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき雨
 気 温 : 18度
 水 温 : 21度
 風 向 : 北
 波 高 : 4のち3m
 透明度 : 10〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お客様はリピーターのN口さん。(集合写真忘れました・・・)
前回(3/18)のキイッポンウミウシのログを見てご予約を頂きました。同じ場所に2個体居ましたよ。

本日のお客様

N口さんはビデオ派なので、1つの被写体の撮影に時間がかかります。上のウミウシだけでほぼ1ダイブ。
なので、今川もカメラを持ち込ませて頂き、色々と撮影。ゾウゲイロウミウシ。

ゾウゲイロウミウシ

オレンジウミコチョウ。

オレンジウミコチョウ

アデヤカミノウミウシは2個体居ました。

アデヤカミノウミウシ

お昼休みは船長からイカ墨汁のサービス。体が温まる。^^

イカ墨汁

3本目は初めてのポイント。ソウゲンウミウシ。

ソウゲンウミウシ

テンガンノツユ。こっちで先に見つけてたら「イトマンノツユ」になってたかもね。

テンガンノツユ

クロスジリュウグウウミウシ属の一種。今までだったらネムブロータ・リビングストンイにしていたところだけど、ここはきっちり分けましょう。 このホヤを食べているのかな?

クロスジリュウグウウミウシ属の一種

コナユキツバメガイ。外套後端に斑紋があるタイプ。

コナユキツバメガイ

コヤナギウミウシ。モコモコのぬいぐるみのようでした。

コヤナギウミウシ

明日も糸満ボートで潜ってきます。

戻ってきました 2016/03/24

2泊3日で地元の大分に里帰りしてました。
お天気も良くて、持って行った上着が要らないくらいの陽気でした。
温泉もグルメも観光も満喫。たくさんの友達に会えたのも嬉しかったです。

コメント

いい天気

コメント

小鹿田焼の里

コメント

日本一の吊橋

コメント

絶景かな絶景かな

コメント

大分名物とり天

コメント

天空の湯

コメント

倖せな色男

コメント

ホテルの朝食

コメント

貸切露天風呂

コメント

甘味茶屋

コメント

高崎山のサル

コメント

高崎山のサル

コメント

猿・猿・猿

コメント

サル・サル・サル

コメント

親友と

コメント

大分グルメ

コメント

湯布院観光

コメント

金鱗湖

コメント

瓦そば

コメント

楽しい旅行でした

明日からまた頑張ります。

意外と難しかった・・・ 2016/03/21

ウスバネウミコチョウの遊泳シーンにチャレンジしましたが、中層に浮く5mmほどの被写体にピントを合わせるのは難しかったです。惨敗・・・。

ウスバネウミコチョウ

さて、明日から24日まで旅に出ます。
この期間は電話やメールでのお問い合わせに対応できませんのでご了承ください。
3/1〜3/10のログ   3/11〜3/20のログ   3/21〜3/31のログ
このページのトップへ