12/1〜12/10のログ   12/11〜12/20のログ   12/21〜12/30のログ

2015年ラストダイブはやっぱりレッドビーチ 2015/12/31

2015年もたくさんの方に来て頂き、安全に楽しく潜れました。ありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇り
 気 温 : 20度
 水 温 : 22度
 風 向 : 北東
 波 高 : 1.5のち2m
 透明度 : 10m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は連チャンのS開さんご夫婦。
2015年の Ocean Blue は、お客様が結婚&出産&転勤ラッシュで、 いつも年末年始に来て頂いている常連様も親戚回りやらで来れなくなってしまい、一組だけという何ともこじんまりとしたダイビングになりました。 ま、少人数制がウチの本来の姿なので、良しとしましょう。

本日のお客様

ここ数日の北風続きで透明度はまずまず。ならば行きましょうという事で泥地を徘徊。
ツノザヤウミウシは何個体か見られました。(Photo by S開さん)

ツノザヤウミウシ

今年はウミウシで名前が変わったものが色々とありましたね。
ゴニオブランクス・プレキオーススもその一つ。(Photo by S開さん)
実際に変わったのは今年じゃないんだけどね。

ゴニオブランクス・プレキオースス

ホソスジイロウミウシはここレッドビーチの定番。(Photo by S開さん)

ホソスジイロウミウシ

1本目の帰りにミミックオクトパスが見れたので、2本目もそこを通ってみると居ました。
3人で囲んでも全然引っこまなかったので、今川も TG-3 の練習がてらパチリ。
この後、全身を出してくれたので、奥様はバッチリビデオが撮れたと思います。

ミミックオクトパス

知り合いショップさんからの情報でニシキフウライウオも見てきました。

ニシキフウライウオ

ユウグレイロウミウシも今年和名が付いた、というか、現在和名を提唱中というウミウシです。
そんなの公表しても大丈夫なのかな? 論文がリジェクトされたらどうなるんでしょうね。

ユウグレイロウミウシ

サンカクミドリガイも新称です。(Photo by S開さん)
こちらはアクセプトされているから大丈夫。

サンカクミドリガイ

他のショップさんで潜っていたOさんからの情報で、イソウミウシ属の一種も無事に見つけることができました。 これで5mmサイズ。良く見つけますね。(Photo by S開さん)

イソウミウシ属の一種

昨シーズンから多く見られているコトヒメウミウシ属の一種。このコは2mmくらい。
TG-3 の顕微鏡モードで撮ってみたけど、画質はそれなりですね。これ以上拡大すると荒れちゃう・・・。

コトヒメウミウシ属の一種

ラストはパンダツノウミウシ。これ以外も色々と見れました。

パンダツノウミウシ

夜はショップで年越し忘年会。皆で鍋をつつきながら、毎年恒例の海で出会った生物ランキングを発表して、 K-1とRIZINを掛け持ちで見る。29日の桜庭、今日のK-1の山本KID、RIZINの曙とボブ・サップ、茶番でした。魔裟斗は良かったけどね。

忘年会

そして、0時の港の汽笛を聞きながら年越し〜。2016年も Ocean Blue を宜しくお願いします!

北部遠征ツアー 2015/12/30

昨日は1日お休みを頂きました。ありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち曇り
 気 温 : 20度
 水 温 : 23度
 風 向 : 北東
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

S開さんご夫婦の2日目。北部遠征してきました。

本日のお客様

今年はウミウシの出が遅いですね。イガグリウミウシ。(Photo by S開さん)

イガグリウミウシ

謎の生物。体を前後に揺らしながら歩いていました。(Photo by S開さん)
腹足と外套膜があったからウミウシだと思ったんですけどね。どうやら違う見たいです。

謎の生物

シロウサギウミウシ。オッドアイみたいだ。(Photo by S開さん)

シロウサギウミウシ

コンペイトウウミウシとキスジカンテンウミウシ。(Photo by S開さん)

コンペイトウウミウシとキスジカンテンウミウシ

ラストはヒオドシユビウミウシ。2個体出ました。(Photo by S開さん)

ヒオドシユビウミウシ

明日はいよいよ今年最後のダイビングです。頑張ります。

レッドビーチの季節 2015/12/28

年末です、北風で海が荒れています。そうなると、レッドビーチが賑わいます。
今日もたくさんのダイバーが潜っていました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 雨のち曇り
 気 温 : 19度
 水 温 : 22度
 風 向 : 北
 波 高 : 2.5のち3m
 透明度 : 5m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

連チャンのナターニさんに年末恒例のS開さんご夫婦が参加。

本日のお客様

プロカモペルス・ペコソ。(Photo by ナターニさん)
丁度、ネタになっていたウミウシが出てきてくれました。

プロカモペルス・ペコソ

ネコジタウミウシ属の一種。(Photo by ナターニさん)
沖縄では毎年出る種ですが、まだ学名も和名もありません。

ネコジタウミウシ属の一種

ニシキリュウグウウミウシ属の一種。このコも毎年同じ場所で出ますね。(Photo by ナターニさん)

ニシキリュウグウウミウシ属の一種

ツノザヤウミウシも狙ってた場所で3個体出てきました。(Photo by ナターニさん)

ツノザヤウミウシ

同じ場所にはフジタウミウシ属の一種。(Photo by ナターニさん)

フジタウミウシ属の一種

パンダツノウミウシは2個体。交接直後だったようです。(Photo by ナターニさん)

パンダツノウミウシ

今日は2ダイブで22種類のウミウシが見れました。明日は1日お休みします。

今日も慶良間 2015/12/27

連チャンのチエさんにナターニさんが合流して潜ってきました。(集合写真忘れました)
もちろんウミウシダイビングです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち雨
 気 温 : 21度
 水 温 : 24度
 風 向 : 北東
 波 高 : 1.5のち2m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まずは、シロアミミドリガイから。(Photo by ナターニさん)

シロアミミドリガイ

キヌハダウミウシ属の一種。アレに隠れてるヤツ。(Photo by ナターニさん)

キヌハダウミウシ属の一種

で、上のに食べられてしまうカキシブオトメウミウシ。(Photo by ナターニさん)
左側、もしかして食べられた痕?

カキシブオトメウミウシ

キヌハダモドキの顔は独特ですね。(Photo by ナターニさん)

キヌハダモドキ

オキナワキヌハダウミウシ。(Photo by ナターニさん)
白っぽいコと黄色っぽいコが居るけど、食べてるものが違うのかな?

オキナワキヌハダウミウシ

今日はキヌハダ系のウミウシが目立ちました。アカボシウミウシ。(Photo by チエさん)

アカボシウミウシ

キャロットシードミノウミウシ。ニンジンの種っていう意味です。(Photo by ナターニさん)

キャロットシードミノウミウシ

ホウズキフシエラガイ。チエさんが美味しそうって言ってました。(Photo by ナターニさん)
不味いですよ。

ホウズキフシエラガイ

アンナウミウシ。(Photo by チエさん)

アンナウミウシ

モザイクウミウシは交接中。(Photo by ナターニさん)
モザイクは入れません。(笑)

モザイクウミウシ

オンナソンウミウシ。4mm。(Photo by チエさん)
今日はカメラを持って行かなかった上に虫眼鏡も忘れて、違うウミウシだと思って紹介してました。

オンナソンウミウシ

キャラメルウミウシのおチビちゃん。5mm。(Photo by ナターニさん)
これも違う種と思ってた・・・。老眼って怖い。

キャラメルウミウシ

今日のウミウシは26種類でした。明日は虫眼鏡持って行きます。

今日も慶良間でウミウシダイブ 2015/12/26

気が付けば12月27日。(このログを書いてるときは日を跨いでました)
世界のウミウシの立ち上げに注力していたので、生物ランキングがまだ仕上がってないという事実。
頑張って大晦日までには終わらせます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 21度
 水 温 : 24度
 風 向 : 北のち北東
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日もチエさんと潜ってきました。イルカが沖でジャンプしてたらしいですよ。

本日のお客様

まずは、モンコウミウシから。(Photo by チエさん)

モンコウミウシ

モザイクウミウシ。TG-2で頑張って撮っています。(Photo by チエさん)

モザイクウミウシ

オランウータンクラブ。来年の年賀状にどうぞ。(Photo by チエさん)

ミナミクモガニ

ルージュミノウミウシは大きい個体に出会えました。

ルージュミノウミウシ

ミレニアムマツカサウミウシ。産卵中? それともパラサイト?

ミレニアムマツカサウミウシ

ヒブサミノウミウシ属の一種。小さい・・・。

ヒブサミノウミウシ属の一種

最後は砂地でクロボウズ。小さい上に地味だ・・・。

クロボウズ

一日一種番外編 イシガキギュウギュウウミウシ
分布:沖縄の居酒屋さん
体地色は鮮やかな赤色。 背面は石垣牛。腹足はコシヒカリ。二次鰓はワサビ。 軽くあぶり、醤油をつけて食べると美味。 50mmに達する。
観察地:那覇市松山

イシガキギュウギュウウミウシ

明日も慶良間に行ってきます。

慶良間でウミウシダイブ 2015/12/25

今日の気温は21度。21度って十分に暖かいはずなんですけど、昨日までの夏日から一気に急降下したので、何だか寒く感じました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき雨
 気 温 : 21度
 水 温 : 24度
 風 向 : 北
 波 高 : 2のち2.5m
 透明度 : 30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

連チャンのK脇さんご夫婦に今年のバリツアーに参加してくれたチエさんが合流。
慶良間でウミウシダイブしてきましたよ。

本日のお客様

バリツアーですっかりウミウシにハマったチエさん。
キスジカンテンウミウシの美しさに感動です。

キスジカンテンウミウシ

ミスジアオイロウミウシ
図鑑的に撮りたかったのですが、なかなか二次鰓を出してくれませんでした。

ミスジアオイロウミウシ

ウミウシ不明種。何? その触角。(Photo by K脇さん)
答:ヒラムシです。

ウミウシ不明種

キイロイボウミウシの交接。こんなにサイズが違ってても成立するんですね。(Photo by K脇さん)

キイロイボウミウシの交接

クロスジリュウグウウミウシ属の一種。ゴスさんの図鑑では独立種になっています。

クロスジリュウグウウミウシ属の一種

このポイントの定番、アズキウミウシ。
普通種ですが、地味過ぎてあまりブログで紹介していませんでした。
これからはこういうものも積極的に載せていきます。

アズキウミウシ

で、これも触角の特徴が同じなのでアズキウミウシのカラーバリエーションとして紹介してきましたが、どうやら分けた方が良さそうです。 ゴクラクミドリガイ属の一種って事で。

ゴクラクミドリガイ属の一種

これらをチエさんに紹介していたら、突然、キクゾノウミウシが砂から出てきて、そこらじゅうに居るゴクラクミドリガイ属の一種を食い始めました。

キクゾノウミウシ

そうしたら、ゴクラクミドリガイ属の一種は一斉に砂に潜り始めました。
この種って砂に潜るんですね。(Photo by K脇さん)

ゴクラクミドリガイ属の一種

ハゴロモに着いていたこのウミウシも上のと同じでしょうか?
ルリイロの部分が少ないですが、もしかしたらルリイロミドリガイの可能性もあります。
この冬はちょっと観察を続けてみましょう。

ルリイロミドリガイ

ラストはアオウミガメを見てきました・・・って、誰も見てくれないし。(笑)

アオウミガメ

広島のお客様からお歳暮でカキがダンボール一箱分送られてきました。
しばらくカキ尽くしの毎日になりそうです。I野さん、ありがとうございました。

広島産カキ

明日も慶良間に行ってきます。

今日はウミウシ 2015/12/24

今日は色々と書きたいことがありますが、とりあえず世界のウミウシ公開に乾杯!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち雨
 気 温 : 25度
 水 温 : 22度
 風 向 : 北
 波 高 : 1.5のち2m
 透明度 : 5m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お客様は連チャンのK脇さんご夫婦。今日はがっつりウミウシで行ってきました。

本日のお客様

プロカモペルス・ペコソ
今までニンジンヒカリウミウシとしてきましたが、ゴスライナーの図鑑に載っていました。
書かれている特徴が合致する(それ以前に、ニンジンヒカリウミウシとは特徴が合致しない)ので、こちらに同定します。

プロカモペルス・ペコソ

コモンウミウシ。少しずつウミウシが増えています。

コモンウミウシ

ボンボリイロウミウシ。可愛いコ出ました。

ボンボリイロウミウシ

シャクトリミドリガイ。K脇さんがいい写真を撮っていました。世界のウミウシに投稿して下さいね。

シャクトリミドリガイ

ホソスジイロウミウシ。このコ、デジイチで撮った写真を持ってないんですよね。
今年の冬は、この辺の普通種を全部撮り直してやろうと思っています。

ホソスジイロウミウシ

ここからはサナエさんが見つけたウミウシ2連発。ユウグレイロウミウシ。

ユウグレイロウミウシ

ミドリリュウグウウミウシのおチビちゃん。小さいころは色が奇麗ですね。

ミドリリュウグウウミウシ

ラストはツマグロモウミウシ属の一種。

ツマグロモウミウシ属の一種

夜はオカちゃんとちょっとお洒落してディナーに出かけてきました。
キリスト教徒じゃないので、七面鳥は食べなかったです。かと言ってケンタッキーも食べないのだ。(笑)

世界のウミウシ公開! 2015/12/24

世界のウミウシを公開しました。パスワード制限なしに誰でもご覧になる事ができます。
以下のurlをクリックしてください。
http://seaslug.world/

世界のウミウシは皆さんと一緒に作り上げていくウミウシ図鑑です。
素敵なウミウシの写真をお持ちの方は投稿してください。
宜しくお願いします。

今日のダイビングログは後ほどアップします。イブの夜を楽しんできましょうね。

3日連続の夏日 2015/12/23

来年の年賀状は300枚。今晩中に一気に終わらせたい・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち雨
 気 温 : 27度
 水 温 : 23度
 風 向 : 南のち南西
 波 高 : 1.5のち2m
 透明度 : 2m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3日連続の夏日になって、今日はシャツ1枚で過ごしました。
お客様はK脇さんご夫婦。「ドライスーツは失敗だった〜」と嘆いていました。

本日のお客様

「ウ」の日でしたが、ウミウシには拘らないという事で、とりあえずリクエストだったサンタクロースピグミーシーホースを見に行きました。 (今川は写真を撮ってないので未公開写真から)

サンタクロースピグミーシーホース

背中に独特の模様のあるシロフシエラガイ。
でも、実際には、模様が乱れている個体の方が多いです。

シロフシエラガイ

このポイントでアオウミガメは珍しいと思う。

アオウミガメ

奥様が見つけたノウメア・ワリアンス。
旦那さんは初見だという事で、いっぱい写真を撮っていました。

ノウメア・ワリアンアス

アナタカラ。ワレカラ。
周りの小さいのは全てワレカラの子供です。

ワレカラ

ホシゾラワラエビ。

ホシゾラワラエビ

クダヤギクモエビ。このコはいつも大人しいですね。

クダヤギクモエビ

風が回っていますね。明日はどこに行こうかな?

世界のウミウシブログ 2015/12/22

世界のウミウシ公開に先立ち、ブログを作成しました。
まだちょっとしか投稿していませんが、見て下さい。
http://blog.seaslug.world/

今まで Ocean Blue のログでアップしていた一日一種などは、今後こちらで公開する事にします。
デザインなどは今後変わる可能性があります。
世界のウミウシへのリンクも貼っていますが、パスワード認証がありますので、パスワードを知っている一部の方しか入れません。ご了承ください。 (12月24日現在 解除しています)

このブログでは100% ウミウシの情報しかアップしませんので、ウミウシ好きな方は要チェック!

世界のウミウシブログ

明日からしばらく海が続きます。

プライベートダイブ 2015/12/21

今年もあと10日程度になりました。
去年も、一昨年も、この12月21日は大寒波が来ていたのですが、今日はポカポカ暖かい。
なーんか、もうすぐ正月が来るって実感が沸かないです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち曇り
 気 温 : 25度
 水 温 : 23度
 風 向 : 南東のち東
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

西海岸の海況がベタベタになったので潜りに出かけてきました。
でっかいサイズのパイナップルウミウシが交接中でした。

パイナップルウミウシ

シンデレラウミウシも100mmサイズ越えの個体が交接中。

シンデレラウミウシ

その横を歩く単体のシンデレラウミウシ。
ウミウシシーズンが始まったばかりなのに、いきなり大きいウミウシのオンパレードでした。

シンデレラウミウシ

サンタクロースピグミーシーホースもガンデジで撮る事ができて満足。

サンタクロースピグミーシーホース

このポイントでは多いと感じるウィランイボウミウシ。今日は3個体見つけました。

ウィランイボウミウシ

テンテンウミウシ。そんなに大きい種ではありませんが、このコは特に小さかった。

テンテンウミウシ

アデヤカミノウミウシ。もう少し粘れば、もうちょっといい写真が撮れていたと思う。

アデヤカミノウミウシ

コールマンウミウシ。普通種だけど、このコはしっかり撮ってやった。
普通すぎて図鑑用写真というのをあまり持っていなかったのですよ。

コールマンウミウシ

えーっと、センテンイロウミウシでしょうね。

センテンイロウミウシ

これもセンテンイロウミウシになるのかな?
二次鰓の後ろの外套膜の長さが気になるところではあります。

センテンイロウミウシ

で、ここまでがギリでセンテンイロウミウシ???

センテンイロウミウシ

今日撮った写真ではありませんが、以前はセンテンイロウミウシとされていたアオウミウシ属の一種。
こうして並べて見ても、線引きが難しい・・・。これと上のとの中間っぽいのも居るもんね。

アオウミウシ属の一種

ラストは分かり易いモンコウミウシで締め。

モンコウミウシ

明日もお休みだけど、潜りには行けなさそうです。
12/1〜12/10のログ   12/11〜12/20のログ   12/21〜12/30のログ
このページのトップへ