6/1〜6/10のログ   6/11〜6/20のログ   6/21〜6/30のログ

一日一種 シボリイロウミウシ 2015/06/30

6月も今日で終わり。お客様からのお問い合わせはありましたが、今日は Ocean Blue 号の車検の為お休みにさせて頂きました。申し訳ありません。

明日から7月。2015年の折り返しです。22連チャンで予約を頂いているので頑張ります。
6月のお疲れさん会&7月も頑張ろうという事で美味しいお肉を戴いてきました。
その後はカラオケへ。今のコ達は知らないであろうオジサン世代の歌を謳ってきました。(笑)

シボリイロウミウシ
Chromodoris strigata Rudman, 1982
後鰓目 裸鰓亜目 ドーリス上科 イロウミウシ科 コモンウミウシ属

シボリイロウミウシ

分布:インド洋、西太平洋

外套膜最外周は白色の細線で縁取られ、その内側に黄色の幅の広い色帯がある。 その内側は淡青色で暗色の絞り染めのような模様が入る。 背面に入る黒色の縦線は基本3本だが、途切れたり、枝分かれしたり、太さが変わったりと不規則。この縦線は前後で交わる事はない。 触角と二次鰓は橙色。 25mmに達する。

観察地:南アフリカ、マダガスカル、オーストラリア、パプアニューギニア、ソロモン諸島、インドネシア、フィリピン、ニューカレドニア、パラオ、日本

カーチベー 2015/06/29

カーチベー(夏至南風)が吹いています。お蔭で寒くなくていいんだけどポイント的には辛い・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 32度
 水 温 : 29度
 風 向 : 南西
 波 高 : 2m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は連チャンのエミコさんとチエさん。

本日のお客様

そして、Ocean Blue 初参加のナツコさんミユキさんです。
リクエストはウミウシとキンチャクガニ。見つかるかな?

本日のお客様

まずは「オレンジウミコチョウ」。
ナチュラルな状態だと分かり辛かったようなので、スレートの上に乗せての観察。スレートのハニカムのマス目が3mmだからこのウミウシの大きさは4mmくらい。 お二人は出てくるウミウシの小ささに驚いていましたが、だいたいのウミウシは小さいのですよ。

オレンジウミコチョウ

後半は大きめのウミウシに的を絞って捜しました。「ドリプリスマティカ属の一種」。

ドリプリスマティカ属の一種

「ゾウゲイロウミウシ」は交接していました。

ゾウゲイロウミウシ

「キンチャクガニ」もお見せする事ができて一安心。

キンチャクガニ

明日は Ocean Blue 号の車検の為、お休みさせて頂きます。

ダブルヘッダー 2015/06/28

今日はダブルヘッダー。昼間は慶良間、夜は真栄田で潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 29度
 風 向 : 南西
 波 高 : 2.5m
 透明度 : 30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

昼のお客様は5名。フミコさんとカナコさんに久し振りのエミコさんは娘さんのチエさんと参加。 そして、昨日から連チャンのO島さんです。(O島さんは写真パス)2チームに分けて潜りました。

本日のお客様

慶良間はポイントによってウミウシの出具合に差が激しいけど、そこは乗り合いの宿命。居ないポイントでも黙々と捜すしかないのだ。 「アカテンイロウミウシ」は2個体。(Photo by フミコさん)

アカテンイロウミウシ

「シロタエイロウミウシ」。交接中かと思ったけど、同じ方向を向いていますね。

シロタエイロウミウシ

「アデヤカミノウミウシ」。

アデヤカミノウミウシ

「ツルガチゴミノウミウシ」。(Photo by フミコさん)

ツルガチゴミノウミウシ

「ノウメア・ワリアンス」。

ノウメア・ワリアンス

今日はカナコさんの300本記念。ケーキでお祝いさせて頂きました。
200本の時も今川と潜ってるんですね。これからもたくさん潜って下さいね。

記念ダイブ

夜は常連様のショウコさんと潜ってきました。ナイトが気に入ってしまったようです。

ナイトダイブのお客様

「アミメウロコウミウシ」。10mm越えの大きな個体でした。

アミメウロコウミウシ

今年は「オオマルモンダコ」の当たり年なのかな?

オオマルモンダコ

「オオマルモンダコ」の舞。今日も5個体くらい見ました。

オオマルモンダコ

「キンチャクガニ」。夜はその辺を普通に歩いています。

キンチャクガニ

「オガサワラコブシ」。ナイトの定番。

オガサワラコブシ

「ユウゼンウミウシ」。これも今年は 100%見れています。

ユウゼンウミウシ

明日も朝から頑張ります。

ウミウシダイブ 2015/06/27

昨日から連チャンのミホコさんとT梨さんにリピーターのO島さんが参加してのウミウシダイブ。
ボート2本とビーチ1本を組み合わせて潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 27〜28度
 風 向 : 南西
 波 高 : 2m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1本目は初めて潜るポイント。
手つかずの自然を期待していましたが、そこはフツーでした。
ホヤが動いている!?
これに触角が2本出てれば完璧でしたが、どうやら「ハナヅトガイ」という貝の仲間のようです。

ハナヅトガイ

出てくるものもフツーな感じ。「キスジカンテンウミウシ」。

キスジカンテンウミウシ

2本目は砂地のポイントへ。
「クサイロモウミウシ」が3個体。卵も産んでいますね。

クサイロモウミウシ

「ヒメオニオコゼ」の幼魚が居ました。1cmを若干切るサイズ。

ヒメオニオコゼ

3本目は穏やかで我々だけの貸し切りポイントへ。
定点観測中の「シラユキウミウシ属の一種」は産卵を終え、その横のカイメンを食っていました。
それにしてもすごい勢いで食うんだなぁ。

シラユキウミウシ属の一種

「ゾウゲイロウミウシ」と、やや? その横に居るのは「トルンナ・プニケア」じゃないですか?
同じ餌を食べているのかな? これで××なんてしてたらヤバイ事になりますね。

ゾウゲイロウミウシ

「セトイロウミウシ」が交接をしていました。

セトイロウミウシ

「イソウミウシ属の一種」。上にあるのはこのコの卵塊です。
白いのを産むのと紫色のを産むのが居るみたいです。

イソウミウシ属の一種

「ゴマフビロードウミウシ属の一種」としている個体ですが、もしかしたら「ミナミヒョウモンウミウシ」の可能性がありますね。 卵塊が上の「イソウミウシ属の一種」と同じ形なんだよなぁ。

ゴマフビロードウミウシ属の一種

ラストはO島さんが見つけてくれた「パンダツノウミウシ」。

パンダツノウミウシ

ウミウシダイブも明日までです。頑張ります。

慶良間でウミウシダイブ 2015/06/26

今日は慶良間に行ってきました。やっぱ慶良間の透明度は別格ですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南西
 波 高 : 2.5m
 透明度 : 30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はミホコさんとT梨さん。お二人ともリピーターさんです。

本日のお客様

「アオウミウシ属の一種」。センテンとは分けられたようです。

アオウミウシ属の一種

交接中の「サビウライロウミウシ」はミホコさんが見つけてくれました。

サビウライロウミウシ

派手な色彩の「ニシキツバメガイ」。

ニシキツバメガイ

「エレガントヒオドシウミウシ」の小ささにはびっくりですよね。

エレガントヒオドシウミウシ

ふと、頭上を見上げると「アオウミガメ」。でも、誰もカメには反応しない。(笑)

アオウミガメ

「キンメモドキ」の群れる穴にも入ってきました。

キンメモドキ

でも、その穴は大渋滞だったので、別の穴で「テンテンウミウシ」。

テンテンウミウシ

「セトイロウミウシ」の背中に紫色の斑紋が入るタイプ。

セトイロウミウシ

ラストは「クロフチウミコチョウ」。

クロフチウミコチョウ

明日も楽しみましょう。

がっつりウミウシダイブ 2015/06/25

ジリジリと肌を刺すような太陽光線。陸上はどこに居ても暑いです。
水温は28度で寒くないので、必然的に水の中に居る時間が長くなります。
今日は3本、ロングダイブで行ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 32度
 水 温 : 28度
 風 向 : 南西
 波 高 : 2m
 透明度 : 15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日はナターニさんとマンツーマンで潜ってきました。

本日のお客様

体長20cmの「ブッシュドノエルウミウシ」。でかかったー。(Photo by ナターニさん)

ブッシュドノエルウミウシ

「パンダツノウミウシ」。(Photo by ナターニさん)
背中の模様がいつも見るパターンとは違います。

パンダツノウミウシ

「ゴマフビロードウミウシ属の一種」。(Photo by ナターニさん)
尾の形が面白いコでした。

ゴマフビロードウミウシ属の一種

「ミナミニシキウミウシ」は2個体。(Photo by ナターニさん)

ミナミニシキウミウシ

定点観測中の「シラユキウミウシ属の一種」。(Photo by ナターニさん)
今日は産卵中でした。

シラユキウミウシ属の一種

ぱっと見「ノウメア・デクッサータ」と言ってしまいそうな個体ですが。(Photo by ナターニさん)

ノウメア・デクッサータ

歩き出すと「シロウサギウミウシ」ですね。(今川撮影:同じ個体です)
こうなるとデクッサータって本当に居るのか眉唾ものです。

シロウサギウミウシ

「パイナップルウミウシ」は2個体。

パイナップルウミウシ

ナターニさん自ら見つけた「トンプソンアワツブガイ」。(Photo by ナターニさん)

トンプソンアワツブガイ

「カンムリハラックサウミウシ」。コロンとしていて可愛いね。

カンムリハラックサウミウシ

「オハグロツバメガイ」。側足に白い細点が入るタイプ。

オハグロツバメガイ

「オハグロツバメガイ」。側足に白い細点が入って背面に橙色の円班が入るタイプ。

オハグロツバメガイ

「オハグロツバメガイ」。体表全体に橙色の円班が入るタイプ。
この3種は同じ場所に居ました。地域差とかじゃなく個体差なんだね。

オハグロツバメガイ

ナターニさん、最後はバッテリーアウトで終了。今日は53種類のウミウシが見れました。

今日もウミウシ & 保全活動 2015/06/24

水温が28度まで上がってきました。100分潜っても寒くありません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち曇り
 気 温 : 32度
 水 温 : 27〜28度
 風 向 : 南西
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

連チャンのヨウコさんにリピーターのナターニさんが参加して潜ってきました。

本日のお客様

「クチヒゲオトメウミウシ」。(Photo by ナターニさん)
乙女なのにクチヒゲなんて・・・。

クチヒゲオトメウミウシ

「キヌハダウミウシ属の一種」。(Photo by ナターニさん)
このタイプは好きです。

キヌハダウミウシ属の一種

「アカテンイロウミウシ」は縦位置で。(Photo by ナターニさん)

アカテンイロウミウシ

「コミドリリュウグウウミウシ」。可愛いね。(Photo by ナターニさん)

コミドリリュウグウウミウシ

昨日のログを見てリクエストしてくれた「シラユキウミウシ属の一種」。(Photo by ナターニさん)
このピンクのカイメンがあるうちは居てくれるでしょう。
ゴスデスレンス図鑑では「ノウメア・ヴェルコニフォルマ」とは分けられていますね。

シラユキウミウシ属の一種

最近良く見るこのウミウシ。顔のラインが特徴的。
とりあえず「オショロミノウミウシ属の一種」という事で・・・。(Photo by ナターニさん)

オショロミノウミウシ属の一種

「モウサンウミウシ」はヨウコさんの発見。(Photo by ナターニさん)

モウサンウミウシ

「ニシキツバメガイ」。(Photo by ナターニさん)
何故か今になって大量発生中。青いタイプと緑のタイプが愛し合ってました。

ニシキツバメガイ

でっぷり太った「キイボキヌハダウミウシ」。(Photo by ナターニさん)
いっぱい食べたんだね。

キイボキヌハダウミウシ

オカちゃんは保全活動。18名のイントラが参加して約1,500個のレイシガイ類を駆除しました。

保全活動

明日もがっつりウミウシまみれになってきます。

ウミウシダイブ 2015/06/23

今日からしばらくウミウシダイブが続きます。ウミウシ漬けになってくるのだ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お客様はウミウシ大好きヨウコさん。
気温33度。ブルーシールのアイスクリーム、旨し!

本日のお客様

「イソウミウシ属の一種」。二次鰓の鰓孔 開き過ぎでしょ。

イソウミウシ属の一種

「シラユキウミウシ属の一種」。ピンクのカイメンを食べてるのかな?

シラユキウミウシ属の一種

ウミウシダイブでしたが「カツイロニセスズメ」のオスがバリバリの婚姻色を出して求愛ダンスをしていたので、全員でしばし観察。

カツイロニセスズメのオス

すると、「カツイロニセスズメ」のメスが引き寄せられて巣穴へ・・・。
この後、もう1個体のオスが現れて、バトルシーンも観察できました。

カツイロニセスズメのメス

「シロミノウミウシ」。ヘコヘコした動きが面白い。

シロミノウミウシ

「キスジカンテンウミウシ」のおチビちゃん。(4mm)
毎年、確実に視力は落ちている筈だけど、最近は小さいものの方が見つかります。

キスジカンテンウミウシ

「ユビウミウシ属の一種」。

ユビウミウシ属の一種

「タマノミドリガイ」。目が可愛いね。

タマノミドリガイ

まだまだウミウシ出てますよ。でも今月いっぱいがピークかな?

ワイワイ 2015/06/22

今日は慶良間でワイワイ潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち雨
 気 温 : 31度
 水 温 : 26〜27度
 風 向 : 南
 波 高 : 1のち1.5m
 透明度 : 30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お客様は連チャンのO川さん、トモミさん、ノリコさんに Ocean Blue 初参加のS藤さん。
体験チームはリピーターのメグミさんがアヤさんを連れて来てくれました。

本日のお客様

まずはマクロチームから「キイロウミウシ」。(Photo by S藤さん)

キイロウミウシ

「エンビキセワタ」を横から撮る人は珍しい。(Photo by S藤さん)

エンビキセワタ

O川さんが見つけてくれた「キマダラウミコチョウ」。(Photo by S藤さん)

キマダラウミコチョウ

「ヒャクメウミウシ」。妖怪のような名前です。(Photo by S藤さん)

ヒャクメウミウシ

「アカテンイロウミウシ」はちょっと残念な個体でした。(Photo by S藤さん)

アカテンイロウミウシ

こちらは体験チーム。アヤさんは初めての体験でしたが、1本目からサクッと潜れました。

体験ダイビング

マクロチームは「タイマイ」と「アオウミガメ」の両方と遭遇。
でも、紹介しても、皆さんチラ見するだけ・・・。
1mオーバーの「イソマグロ」が真上でグルグル回ってても殆ど無視でした。(汗)

タイマイ

体験チームはお昼休みのシュノーケリングでカメを見てきました。
息継ぎに上がった時は間近で見れました。

カメと一緒

O川さんとトモミさんは4月にハワイで挙式されました。おめでとうございます!
2人とも Ocean Blueで体験して、Cカード取って、アドバンス取ってと100% 今川チルドレンなのですが、20数本にしてマクロダイブに目覚めたようです。(笑)
これからも2人仲良く潜りに来て下さいね。

記念撮影

夜は打ち上げ。今川、撃沈。魔の23時の壁は越えられない・・・。

マクロダイブ 2015/06/21

やばいです。陽射しが殺人的です。8月になったらどうなるんだろ?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇り
 気 温 : 31度
 水 温 : 26〜27度
 風 向 : 南西
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は連チャンのO川さんとトモミさん、そして Ocean Blue 2回目のノリコさんです。
リピーターさんがどんどん増えてます。ありがたい。
万座の海で潜ってきました。

本日のお客様

1本目と2本目まではカメラを持ち込まなかったので、写真はノリコさんにお任せ。
「ピグミーシーホース」。(Photo by ノリコさん)

ピグミーシーホース

「テンテンウミウシ」。(Photo by ノリコさん)

テンテンウミウシ

「チギレフシエラガイ」。(Photo by ノリコさん)

チギレフシエラガイ

「アジアコショウダイ幼魚」。(Photo by ノリコさん)
さすがはTG-3。顕微鏡モードでこんなのも撮れる。

アジアコショウダイ幼魚

「サザナミフグ」をクリーニングする「オドリカクレエビ」。(Photo by ノリコさん)
寄れてる。^^

オドリカクレエビ

どの「トウアカクマノミ」も卵を守っていました。

トウアカクマノミ

「アオウミガメ」も出てきてくれました。

アオウミガメ

ラストはでっかい「ジョーフィッシュ」。

ジョーフィッシュ

明日はマクロダイブ&体験ダイビングで行ってきます。
6/1〜6/10のログ   6/11〜6/20のログ   6/21〜6/30のログ
このページのトップへ