9/1〜9/10のログ   9/11〜9/20のログ   9/21〜9/30のログ

シャークアタック! 2014/09/30

台風18号が沖縄に向かって来ています。今週末から来週頭が注意です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 31度
 水 温 : 28度
 風 向 : 北東
 波 高 : 3のち2.5m
 透明度 : 20〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日はノーゲストなので、昨日見た「カマストガリザメ」をもう一度見に出かけてきました。

カマストガリザメ

「カマストガリザメ」。
上ばかり見ていると真下に現れてビックリする事もあります。

カマストガリザメ

「カマストガリザメ」。
他にも撮りたいものがあったので100mmマクロで強引に撮ってますが、フレームからはみ出しそうです。

カマストガリザメ

最大4匹の「カマストガリザメ」を同時に見る事ができました。満足、満足。

カマストガリザメ

で、ここでお知らせです。
万座のポイントでずっと見れていたこのカエルアンコウですが、人によって「イロカエルアンコウ」と言ったり「クマドリカエルアンコウ」と言ったりしてました。
今川もある時から「クマドリカエルアンコウ」なのかなー?と思っていましたが、ちょっと気になる所があって瀬能宏さんに聞いてみました。
すると帰ってきた答えは「オオモンカエルアンコウ」だそうです。
決め手は背鰭第2、第3棘とそれを覆う皮膚の形状。クマドリは最大10cm程度にしかならず、大きくなったものは体表のコブが発達します。 クマドリ模様はあてにならないそうです。
今までこのコを見た方はログブックを書き直しておいて下さいね。

オオモンカエルアンコウ

明日はお休みします。(多分)

今日も万座 2014/09/29

あれ? 北東3mの予報の割には海はベタベタでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 31度
 水 温 : 28度
 風 向 : 北東
 波 高 : 3m
 透明度 : 20〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お客様は夏休み期間中のU木さんご夫婦。今日も万座リクエストで潜ってきました。

本日のお客様

1本目は地形コースでドリフトダイビング。

地形ポイント

最近話題(もう古い?)の「カマストガリザメ」も見てきました。
合計4匹の「カマストガリザメ」が何度も見れました。(これは動画からのキャプチャーです)

カマストガリザメ

「バオバブカイカムリ」も健在。

バオバブカイカムリ

そうそう、水中で2回ほど『「シイラ」を釣り上げられるのを見た』と船長さんに言ったら、戻りのボートでトローリング。 そして、見事ゲットしてました。アタックする瞬間も見れました。

シイラ

ドリームホールにも入ってきました。

ドリームホール

「スカシテンジクダイ」がわんさか群れていました。

スカシテンジクダイ

「シンデレラウミウシ」は産卵中。

産卵中のシンデレラウミウシ

お客様は午前中で終了したので、午後はポイント調査で潜ってきました。
「イロカエルアンコウ」でいいのかな? 良く分かんなくなってきた。(Photo by オカちゃん)
明日のログでは衝撃的な発表をしますね。

イロカエルアンコウの幼魚

「カエルアンコウの幼魚」。こんなに小さいのにエスカをブンブン振り回してました。
もちろん肉眼では分からないけどね。

カエルアンコウの幼魚

海草に紛れている「ヨソギの幼魚」。

ヨソギの幼魚

海草になりきっている「カミソリウオ」。

カミソリウオ

「イレズミウミヘビ」。(Photo by オカちゃん)
毎日少しずつ移動していますが追跡できています。
そして、知り合いからの情報では2個体居るという話も・・・。

イレズミウミヘビ

ラストは熊に見えると話題のサンゴ。皆さんは熊に見えますか?

熊

明日もポイント調査で潜ってきます。

アイドル巡り & ジンベエザメツアー 2014/09/27

台風17号の影響で波が高くなってきました。でも何とか潜る事はできました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 30度
 水 温 : 28度
 風 向 : 北東
 波 高 : 1.5のち2.5m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は連チャンのA蔵さんと Ocean Blue 初参加のエリさんです。

本日のお客様

今日もアイドル巡り。まずは「ナカモトイロワケハゼ」行っときましょう。

ナカモトイロワケハゼ

「クマドリカエルアンコウ」。

クマドリカエルアンコウ

思わぬところで「セミホウボウ」とご対面。

セミホウボウ

2本目。「ヨソギの幼魚」はたくさん居ます。

ヨソギの幼魚

背鰭基底部が隆起しているので「タツノイトコ」ですね。

タツノイトコ

定位置をキープした感のある「イレズミウミヘビ」。
激レアな魚がこんなに簡単に見れちゃっていいのだろうか。

イレズミウミヘビ

今の万座はカエルアンコウ祭り。毎日どこかで新しいコが見つかっています。
タカシくんが見つけた3mmサイズの「カエルアンコウの幼魚」。

カエルアンコウの幼魚

脱走してた「イロカエルアンコウの幼魚」も少し離れた場所でヨウコちゃんが見つけてくれました。
眼の良いガイドさん達に感謝!

イロカエルアンコウの幼魚

3本目、リエさんはジンベエザメツアーへ。(写真がないのだごめんなさい)
今年は例年に比べて多い気がする「モンガラカワハギの幼魚」。

モンガラカワハギの幼魚

「トサカイボウミウシ」。珍しいウミウシなので貼っておこう。触角がピンクなのね。

パイペックイボウミウシ

安全停止中には「フリソデエビ」と、最後の最後までアイドル尽くしでした。

フリソデエビ

明日は更に波が高くなる予報です。ウチはノーゲストなのでお休みします。

アイドル巡り & 保全活動 2014/09/26

早くも年末年始のご予約を頂いています。今年は(も)ウミウシ祭り的な年末になりそうです。
ウミウシファンの方は早めに予約して下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 31度
 水 温 : 28度
 風 向 : 北
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は常連様のA蔵さん。万座ボートで出かけてきました。

本日のお客様

今日もアイドル巡り。「ウミシダヤドリエビ」は過去最小サイズ。

ウミシダヤドリエビ

「スミレナガハナダイの幼魚」が居ました。

スミレナガハナダイの幼魚

「イソギンチャクモドキカクレエビ」。

イソギンチャクモドキカクレエビ

「ウミショウブハゼ属の一種」。

ウミショウブハゼ属の一種

「トウアカクマノミ」。 あっちのがハッチアウトすれば こっちのが卵を産んでるという具合に、いつもどこかのトウアカが卵を持っています。

トウアカクマノミ

「クマドリカエルアンコウ」。コペ付きなのね。

クマドリカエルアンコウ

「イレズミウミヘビ」。現在定位置キープ中。

イレズミウミヘビ

オカちゃんは保全活動。今月もせっせと活動しています。(Photo by オカちゃん)

保全活動

夜は保全活動に参加したイントラさん達とショップで飲み会でした。

プライベートダイブ 2014/09/24

22連チャンが終わり、久し振りのオフ潜りを楽しんできました。
9月に入ってまだ窒素を抜いていないけど、プライベートは別腹なのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 31度
 水 温 : 28度
 風 向 : 南のち南西
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 20〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

朝イチでエントリーすると太陽光線が綺麗でした。

太陽光線

眼状班の残る「ニシキヤッコの幼魚」。
このテのコはすぐに岩の隙間に逃げ込むのだけど、このコは比較的撮り易かった。
リクエストしたい方はお早目に。

ニシキヤッコの幼魚

枝毛のようになっている尾鰭の先端がチャームポイントの「マルスズメダイの幼魚」。
枝毛が可愛いなんて人間ではありえない。

マルスズメダイの幼魚

初めてのポイントもあり、それこそポイント調査的にも潜ってきた。
もう幼魚とは呼べなくなった「イロブダイ」。
このステージになると誰からも見向きもされないのだけど、そこを敢えて撮ってみる。
でも、深追いして撮るほどの被写体でもないので、やはりこの程度の写真になってしまう。

イロブダイの若魚

「レッドフィン・エンペラー」と呼ばれる「ヨコシマクロダイ属の一種」。
その名の通り尾鰭や尻鰭の後端が赤く染まる事が見分けるポイントです。

レッドフィン・エンペラー

少し水深を落とすと「タキゲンロクダイ」が居た。
チョウチョウウオの中では比較的深場に居る種です。

タキゲンロクダイ

最近のアイドル達にも会ってきた。「イロカエルアンコウの幼魚」。

イロカエルアンコウの幼魚

「イレズミウミヘビ」。今現在、日本で見られるのはここだけかも?
デジイチで撮る事ができて大満足。

イレズミウミヘビ

明日はお休みします。

今日も万座で 2014/09/23

台風16号の影響もだんだんとなくなってきて、また穏やかな海が戻ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき雨
 気 温 : 31度
 水 温 : 28度
 風 向 : 南東
 波 高 : 2.5のち2m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は常連様のU木さんご夫婦。ユウナちゃんを連れて遊びに来てくれました。

本日のお客様

連日の万座詣でが続いています。まずは「ヒポカンパス・バージバンティ」。

ヒポカンパス・バージバンティ

そして「ビシャモンエビ」。
などなど、お客様には定番ネタを撮ってもらいながら今川は新しいネタ捜し。
最近、万座率が高いとはいえ、頻繁に潜りだしたのはここ1カ月の話。 ネタやコースのバリエーションは まだまだ地元ガイドさんたちの足元にも及びません。

ビシャモンエビ

すると、思わぬところで「イソギンチャクモドキカクレエビ」を見つけました。
ふむふむ、こうして少しずつガイディングのボリュームを増していこう。

イソギンチャクモドキカクレエビ

2本目。今日も夢の穴へ。「ハタンポ」は相変わらずびっちり群れていて楽しめます。
昨日と同じポイントだけどお客様は入れ替わっているのでOK。

ハタンポの群れ

穴の中の魚にも目を向けてみる。「ベニマツカサ」。

ベニマツカサ

「ホウセキキントキ」。この辺は撮り易いけどイマイチ人気が出ないのは普通種だから?

ホウセキキントキ

3本目は砂地へ。「ナマコマルガザミ」の正面顔。

ナマコマルガザミ

「ミナミゴンズイ」。こっち向いて〜はいチーズ!

ミナミゴンズイ

「サザナミフグ」に着いてたガーラの子供。「ヒレナガカンパチ」の幼魚だと思います。

ヒレナガカンパチの幼魚

ラストは「クマドリカエルアンコウの幼魚」。
茶色くて汚いコですが、コースの選択肢が増えるのは良い事です。

クマドリカエルアンコウの幼魚

明日は久し振りのお休みになりました。潜りに行くぜ!

台風最接近中 2014/09/22

台風最接近中の沖縄です。とはいえ、今回の台風はあまり成長しなかったし、沖縄を上手く避けて通ってくれたので、ポイントによっては連日潜る事ができています。
キャンセルされた方には申し訳ありませんが、安全を考えての事。また来て下さいね。
で、台風16号は今後カクンと進路を変えて九州から本州を直撃する予報。台風のコース付近にお住まいの方はご注意下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 28度
 風 向 : 南東
 波 高 : 4のち3m
 透明度 : 20〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一旦ノーゲストになった Ocean Blue ですが、4名のお客様が来てくれました。
連チャンのI原さん、Ocean Blue 初参加のサヤカさんとヨウコさん。そして一昨日潜ったT木さんがリピート参加。 連休らしく賑やかに過ごす事ができました。

本日のお客様

今日もまったりゆっくりアイドル巡り。「オオモンカエルアンコウの幼魚」。

オオモンカエルアンコウの幼魚

「オドリカクレエビ」にクリーニングされてきました。

オドリカクレエビ

「ウミテング」。この動きには釘付けになりますね。

ウミテング

水中結婚式にも立ち会う事ができた。
参列者宜しく多くのダイバーが集まったので、砂が舞い上がって写真に写り込んでしまったけど、これはこれで紙吹雪みたいでいいんでないかい。
おめでとうございます! 末永くお幸せに!

水中結婚式

2本目。ドリームホールにも入ってきた。この青さに感動しない人は居ないと思います。

ドリームホール

穴の出口には「ハタンポ」がびっちり。ストロボをONで撮るかOFFで撮るかはあなた次第。

ハタンポの群れ

動画でも撮ってみました。

ウミウシ好きなサヤカさん。「シンデレラウミウシ」に喜んでいました。

シンデレラウミウシ

3本目。「ヨソギの幼魚」。だいぶ大きくなってきましたね。

ヨソギの幼魚

ここには「タツノハトコ」や「タツノイトコ」がたくさん。これはイトコの方。
他のトップアイドルに押されて二流扱いだけど、可愛いので撮ってあげよう。

タツノイトコ

「イロカエルアンコウの幼魚」は連日大渋滞。行列の長さがトップアイドルの証か?

イロカエルアンコウの幼魚

打ち上げにも行ってきました。楽しいお喋りができてワイワイ盛り上がりました。
また来て下さいね。

打ち上げ

明日もご予約を頂いたので潜ってきます!

まだまだ潜れる 2014/09/21

台風16号は当初の予報より西側に逸れました。
もしかして、連日潜れるんじゃないか? という気もしてきましたが、ウチはお客様が全員キャンセルされたのでノーゲスト。気象庁のバカヤロー!!
という訳で、暇な連休になる予定でしたが、昨日突然のお問い合わせを頂き潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 33度
 水 温 : 28度
 風 向 : 南のち南東
 波 高 : 3のち4m
 透明度 : 20〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お客様は先月も来て頂いたI原さん。
この連休中は座間味に滞在予定だったのですが、フェリーが欠航するという事で一足早く島から脱出してきたそうです。 で、本島で潜りたいという事でウチに遊びに来てくれました。
捨てる神あれば拾う神あるとはこの事。

本日のお客様

「ハダカハオコゼ」は脱皮をするのでこの名前になりました。
今日は運良くその脱皮する瞬間を見る事ができました。
過去にも2回見ているので、今回で3度目になりますがいずれも朝イチのダイビングです。

ハダカハオコゼの脱皮

脱皮した抜け殻。ちゃんとヒレの形も残っています。

ハダカハオコゼの抜け殻

「オオモンカエルアンコウ」の幼魚は定位置。
I原さんと見ている時に大きな口を開けてあくびをしてくれました。

オオモンカエルアンコウの幼魚

「キオネミクティス・ルメンガニィ」には釘付けになって見入ってました。

キオネミクティス・ルメンガニィ

「ハタタテシノビハゼ」は全然引っ込みません。

ハタタテシノビハゼ

太陽がサンサンだったので浅場のサンゴが綺麗でした。

浅場のサンゴ

このポイント名の由来になった穴に入ってきました。ちなみにポイント名は顔面ホール。

顔面ホール

「アカモンガニ」。返事がない、ただの屍のようだ。

アカモンガニ

洞窟に差し込む光も綺麗でした。この光景を見ていると台風が来てるなんて思えません。

洞窟に差し込む光

明日も万座で潜ってきます。
9/1〜9/10のログ   9/11〜9/20のログ   9/21〜9/30のログ
このページのトップへ