7/1〜7/10のログ   7/11〜7/20のログ   7/21〜7/31のログ

台風直前 2014/07/31

台風12号が沖縄本島に接近しています。ですが、海は昨日よりも今日の方が穏やか。
風が南東になったお蔭で、万座は完全に本島の陰になる為です。透明度も昨日よりも良く感じました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 雨ときどき曇り
 気 温 : 31度
 水 温 : 25度
 風 向 : 東のち南東
 波 高 : 5のち7m
 透明度 : 15〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

連チャンのH江さんと万座ボートへ。
港に着くと、乗る筈だったボートが無い!というハプニングがありましたが、船長さん達が連係プレーで手助けをしてくれまして、何とか無事に3本潜る事ができました。

本日のお客様

ドボンとエントリーすると、目の前に1m50cmサイズの「オニカマス」。
本島でこのサイズは珍しい。

オニカマス

今日も「イロカエルアンコウ」巡り。大きい方。

イロカエルアンコウ

「イロカエルアンコウ」。小さい方。ちゃんと居たね。台風も耐えて欲しい。

イロカエルアンコウ

でも、昨日とネタが被るのもアレなので、できるだけ違う生物も紹介してきました。
「オドリカクレエビ」。

オドリカクレエビ

「イソギンチャクエビ」。

イソギンチャクエビ

「アカホシカクレエビ」。

アカホシカクレエビ

毛むくじゃらの「オランウータンクラブ」。

オランウータンクラブ

「ツヤトサカガザミ」。と、気が付けばエビカニばかりを紹介。

ツヤトサカガザミ

「トウアカクマノミ」はたくさん居ました。

トウアカクマノミ

「ミナミゴンズイ」の幼魚が固まっていました。

ミナミゴンズイ

全然逃げない「ヤマブキハゼ」。

ヤマブキハゼ

エソの子供がイソハゼの子供を捕食していました。エソの方で3cmくらい。
こんな小さい頃から厳しい生存競争に晒されているのですね。

エソの捕食シーン

今日は3本潜ってからの遅めのランチ。久し振りにマグロの中落ち丼を頂きました。旨し!

お昼ご飯

明日は台風最接近。お客様も居ないのでお休みします!

カエルアンコウのおチビちゃん 2014/07/30

熱帯低気圧は台風に変わり、11号と12号が同時発生。
今日から風と波が強くなってきましたが、風が一定方向からなので、島影はまだまだ大丈夫。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち雨
 気 温 : 33度
 水 温 : 26〜27度
 風 向 : 北東のち東
 波 高 : 2.5のち4m
 透明度 : 10〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は岐阜県からお越しのH江さん。お客様からの紹介です。
最近、流行り?の万座ボートで3本潜ってきました。

本日のお客様

「クマノミ」が卵の世話をしていました。

卵を守るクマノミ

定位置キープの「イロカエルアンコウ」のおチビちゃん。
でも、帰りのコースで見に行ったら居なくなってた・・・。

イロカエルアンコウ

こちらの大きい方の「イロカエルアンコウ」も定位置キープらしいのだけど、意外と周りの景色に同化して見つけづらいヤツです。

イロカエルアンコウ

景色に同化と言えば「イソコンペイトウガニ」。額角に大きなトゲトサカを付けて擬態してます。
Aインストラクターから教えてもらいました。ありがとう。

イソコンペイトウガニ

「コノハガニ」も擬態名人ですね。

コノハガニ

「ウミウシカクレエビ」のペア。

ウミウシカクレエビ

そして、3本目のポイントでも「カエルアンコウ」のおチビちゃんを見つけました。

カエルアンコウ

今川の指先と比較。ち、小さい・・・。
「イロカエルアンコウ」かな? 「オオモンカエルアンコウ」かな? 小さ過ぎて分かりません。

カエルアンコウ

ミラクル9も無事に放映終了。
明日も潜ります!

完全休養 2014/07/29

長かった17連チャンが終わりました。 明日からまた2日間潜って、1日休み、その後は16連チャンの予定が入っているので、この2日間は完全休養とさせて頂きました。

明日、7月30日放送のミラクル9にまた写真を提供しました。興味のある方は見て下さいね。

写真は過去のものから、「ハナゴンベ」。

ハナゴンベ

「カクレクマノミ」。

カクレクマノミ

「シラナミイロウミウシ」。

シラナミイロウミウシ

台風と熱帯低気圧が発生しました。明日から波が高くなります・・・。

粟国島遠征ツアー! 2014/07/27

今日は粟国島遠征。風は東からで波も穏やか。これで流れがなければ言う事なし!?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 29度
 風 向 : 東
 波 高 : 1のち1.5m
 透明度 : 30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

連チャンのデジャヴさまと行ってきました。
今回はレディースツアーなのですね。

本日のお客様

入ってみると、流れは全くナッシング!
1本目から「ギンガメアジ」の群れに遭遇でしました。(Photo by 原インストラクター)

ギンガメアジ

「ギンガメアジ」のトルネード。(Photo by 原インストラクター)
台風は嫌だけど、こっちのトルネードは大好きです。

ギンガメアジのトルネード

トゥージにも入ってきました。(Photo by 原インストラクター)

トゥージ

「カンムリブダイ」。間合いを詰めて・・・。(Photo by 原インストラクター)
これ以外に、バラクーダ、ロウニンアジ、ナポレオンも見れましたよ。

カンムリブダイ

ラストは安全停止用のフロート。(Photo by 原インストラクター)
水温が29度もあったので、3本ともロングジョンで潜りました。

フロート

ログ付け時には、昨日50本を迎えたハナエさんにケーキのプレゼント。

記念ダイブ

そして、誕生日のユキエさんもお祝いでーす! おめでとうございまーす!

記念ダイブ

夜は打ち上げに行ってきました。

打ち上げ

お手伝いに来てくれたジローも参加してワイワイ楽しい打ち上げでした。

打ち上げ

また遊びに来て下さいね。

ショップツアー! 2014/07/26

いい天気が続いています。海況も文句なしでしょう。こんな日に潜れるのは幸せです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南東のち東
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お馴染みのデジャヴさまのショップツアー。 今回で19回目になるのかな? 毎度ありがとうございます。
原インストラクター率いる総勢10名の皆様と万座の海で潜ってきました。

本日のお客様

まずは、万座の名前を冠した万座ドリームホールからご案内。
ピカチューの穴。久し振りです。

ドリームホール

ディープSPの講習もあったので、ちょいと深場へ。「スミレナガハナダイ」。

スミレナガハナダイ

「ナカモトイロワケハゼ」も見てきました。(Photo by ユイさん)

ナカモトイロワケハゼ

「イロカエルアンコウ」。大きい方。(Photo by 原インストラクター)

イロカエルアンコウ

「ハダカハオコゼ」。(Photo by サキコさん)

ハダカハオコゼ

「イロカエルアンコウ」。小さい方。(Photo by サキコさん)

イロカエルアンコウ

ひょんなところで「アオウミガメ」も出てきました。

アオウミガメ

今日はハナエさんの50本記念。皆さんでお祝いしてきましたよ。おめでとうございます!

記念ダイブ

明日は粟国島遠征に行ってきまーす!

3度目の正直 2014/07/25

本島もやっと透明度が回復しました。今日の透明度は久し振りの30m台でした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 25〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はK村さんご夫婦。まずはビーチで潜ってきました。

本日のお客様

「ヒレナガネジリンボウ」の「チンアナゴ」抜き。

ヒレナガネジリンボウ

「ホタテツノハゼ」。ヒレ全開まで待てませんでした。

ホタテツノハゼ

「ティサノゾーン・ニグロパピローサム」。手前に「ヤイトギンポ」が・・・。

ヒラムシ

「ハダカハオコゼ」。台風を耐えたんだね。

ハダカハオコゼ

午後からは「ジンベエザメ」と泳いできました。
K村さん達、数年前からジンベエツアーを申し込んでいたのだけど、毎年 台風でキャンセルになってしまい今回が3度目の正直でした。 潜れて良かったですね。

ジンベエザメ

レイナさん、恐る恐る「ジンベエザメ」にタッチ!

ジンベエザメ

大きく口を開けて捕食するシーンは迫力があります。

ジンベエザメ

動画でも撮ってみました。ご覧下さい。

明日と明後日はショップツアー。天気も海況も良さそうなので楽しみです。

今日も万座で 2014/07/24

最近、ずっと良いお天気が続いています。暑くて体が溶けそうだ・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 32度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南
 波 高 : 4のち2.5m
 透明度 : 15〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は沖縄在住のチエさん。万座ボートで3本行ってきました。

本日のお客様

まずは「ハナゴンベ」。なかなか寄らせてくれません。

ハナゴンベ

「コンペイトウウミウシ」は一年中見られます。コペ付き。

コンペイトウウミウシ

夏なのに「ユキヤマウミウシ」とはこれ如何に。

ユキヤマウミウシ

魚影の濃いポイントにも行ってきました。気持ちいいですね。

魚の群れ

穴の中には「カノコイセエビ」。

カノコイセエビ

「ナカモトイロワケハゼ」。正面顔が可愛い。

ナカモトイロワケハゼ

「キヌハダウミウシ属の一種」。7月にも居るんだねー。

キヌハダウミウシ属の一種

ちょこまかと動き回る「ウミウシカクレエビ」。

ウミウシカクレエビ

「アジアコショウダイの幼魚」がいたるところで見られました。

アジアコショウダイの幼魚

ラストは「イロカエルアンコウ」のおチビちゃん。

イロカエルアンコウ

夏は短し、潜れよダイバー!

保全活動 2014/07/23

今日はサンゴの保全活動に出かけてきました。
予報ほどの波もなく、慶良間に渡る事ができました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南
 波 高 : 4m
 透明度 : 25〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

保全活動を1年以上行っているので、メジャーなポイントはレイシガイ類がだいぶ減った感はありますが、 それでもサンゴの隙間を覗くと、このように固まって居る事があります。

レイシガイ

レイシガイ類に食べられたサンゴはその部分が白化してしまいます。
白化した部分には上の写真のような藻が付き、やがて、そのサンゴは全体が死んでしまいます。

レイシガイ

今日獲ったレイシガイの中でも比較的大きいものと小さいものを並べてみました。
大きいのは簡単に見つかるけど、小さいのを見つけて獲るのは難儀です。

レイシガイ

今日の結果。
釣り人が多いポイントなので、釣り糸やゴミも目立っていました。

今日の結果

明日はファンダイブで潜ってきます。

今日もまったり 2014/07/22

台風10号の影響で風が強くなってきました。今日の予報は 2.5mのち4m。 でも、島影になる恩納村はまだまだ大丈夫。万座のボートで潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき雨
 気 温 : 32度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南東
 波 高 : 2.5のち4m
 透明度 : 15〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お客様は連チャンのM下さんと沖縄在住のカナさんです。

本日のお客様

今日もコンデジで撮り易い被写体を選びながらのダイビング。
「ハナミノカサゴ」が『撮って!』とポーズを決めてくれました。

ハナミノカサゴ

「シライトウミウシ」。昨日のものとはカラーバリエーションが違います。

シライトウミウシ

「ミナミクモガニ」。オランウータンの方がウケが良い・・・。

ミナミクモガニ

慣れてきたところでちょっと難しい被写体にもチャレンジ。
「ナカモトイロワケハゼ」。たくさん居て、1人1つのボトルを貸し切りで撮れました。

ナカモトイロワケハゼ

3本目は明日の飛行機の時間を考慮して水深 3mの窒素の溜まらないダイビング。
浅場のサンゴが綺麗でした。

浅場のサンゴ

「ハナビラウツボ」。浅い水深でも被写体はそれなりに居て楽しめます。

ハナビラウツボ

「カイカムリ科の一種」。可愛い。

カイカムリ科の一種

ヤドカリにも挑戦。「カザリサンゴヤドカリ」。

カザリサンゴヤドカリ

「セグロサンゴヤドカリ」の2個体抜き。(Photo by M下さん)
M下さんはこの2日間で写真の撮り方がずいぶん変わってきましたね。
これからもどんどんハマって下さい。(笑)

セグロサンゴヤドカリ

明日は保全活動に出かけてきます。

まったり3本 2014/07/21

今日、とある人に『今川さん痩せた?』って言われました。

ここ数年間、順調?に成長し続けているお腹のせいで、『太った?』とは言われるけど、『痩せた?』とは言われてないので、ちょっと嬉しい。

ここ数日間の暑さと忙しさでちょっとは引き締まったのかな?
この調子でポッコリお腹が引っ込んでくれるといいな。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 27度
 風 向 : 東
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 10〜15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Ocean Blue 初参加のM下さんと恩納村でボートダイビング。3本潜ってきました。

本日のお客様

『コンデジを買ったばかりなので、練習でじっくり写真を撮りたい』というリクエストだったので、コンデジ単体で撮れる被写体に的を絞って撮って頂きました。
「トウアカクマノミ」は卵の世話をしていました。

トウアカクマノミ

「クマノミ」は大きさ、距離感などコンデジで撮るには絶好の被写体です。

クマノミ

砂地には「ヒメオニオコゼ」。背ビレの棘に毒があるので注意!

ヒメオニオコゼ

ウミウシもマクロモードの練習にはもってこい。「シライトウミウシ」。

シライトウミウシ

「アカヒメジ」。M下さんは1つの被写体にじっくり時間をかけて撮影。
『今までこんなにゆっくり撮らせてもらった事がないので嬉しい』と言っていました。
ウチは1つの被写体に1ダイブ費やしてもらっても全然OKですよ。(笑)

アカヒメジ

ラストは真栄田名物の「ツバメウオ」を撮ってきました。

ツバメウオ

明日もじっくり撮影を楽しみましょう。
7/1〜7/10のログ   7/11〜7/20のログ   7/21〜7/31のログ
このページのトップへ