TOP >>ログブック >>2010年9月のログブック

 ■ がっつり3本     2010/09/30
9月も今日で終わりです。今月は台風7号や11号の影響で潜れなかった日もありました。 それでも、大学のサークルさんや常連様などが団体で来て頂いてワイワイ楽しく潜れました。 新規のお客様も多かったです。ありがとうございました。
10月は穏やかに潜りたいなー。10月もまだまだ空いている日があるので遊びに来て下さいね。よろしくお願いします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち雨
 気 温 : 31度
 水 温 : 28度
 風 向 : 東のち北東
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 15〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は連チャンのM里さんと潜ってきました。 朝のうちは東風だったので、真栄田は楽勝で入れると思って「ニチリンダテハゼ」のリベンジに向かったのですが、まさかのクローズ・・・。 急遽、2本目に予定していたポイントに向かいました。

photo

ここではリクエストの「ピグミーシーホース」こと「ヒポカンパス・バージバンティ」を見てきました。まずは黄色の個体。(Photo by M里さん)

photo

ピンクちゃんも撮り比べ。(Photo by M里さん)

photo

「スミレナガハナダイ」。「サロンパス」と呼ばれる理由が分かりますね。(Photo by M里さん)

photo

近くには「ヤイトヤッコ」が群れていました。

photo

ウミウシもこのポイントならまだまだ見られます。「シンデレラウミウシ」。(Photo by M里さん)

photo

「モザイクウミウシ」。流れが・・・。(Photo by M里さん)

photo

「ミゾレウミウシ」は立ち上がっていました。(Photo by M里さん)

photo

「ミガキブドウガイ」。大きかったです。(Photo by M里さん)

photo

M里さんがウミウシに刺さっている間、今川は「アカヒゲカクレエビ」を撮っていました。

photo

浅場には相変わらず「テングカワハギ」が多い。このコは3cm足らずの幼魚でした。(Photo by M里さん)

photo

3本目はポイントを変えて潜りました。 今川はカメラを置いていったので、写真はお任せします! まずは、稀種の「チンヨウジウオ」。(Photo by M里さん)

photo

「アオヤガラ」の目に自分が映るかチャレンジしてみました。(笑)(Photo by M里さん)

photo

「キンチャクガニ」も見つけましたよ。(Photo by M里さん)

photo

3本目の目的はこのコ、「ホムラハゼ」。結果から言うと、写真に撮るには難しかったようです。 写真は先日撮ったボツ写真を使っています。また行きましょう!

photo

明日もがっつり潜ってきます!

 ■ じっくりフォトダイブ     2010/09/29
最近、朝晩が涼しくなって過ごし易くなりました。これから来沖される方は長袖のTシャツか軽く羽織るものが1枚あった方がいいと思います。 とはいえ、日中は晴れればまだまだ夏の陽気です。日焼け止めも持って来て下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき雨
 気 温 : 30度
 水 温 : 28度
 風 向 : 北東のち東
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日はOcean Blue 初参加のM里さんが遊びに来てくれました。 EOS 5D Mark2にYS-250 PROの組み合わせでじっくりフォトダイブしてきました。

photo

M里さんはダイブマスターなので深い所も大丈夫。 「ニチリンダテハゼ」をリクエストされていたので、サクッと深場に降りてきましたが、穴から出ていません・・・。 仕方がないので、横に居る「ヤマブキハゼ」を撮りながら出待ち。(Photo by M里さん)
でも、今日は1度も顔を出してくれませんでした。まぁ、3日間あるのでもう一度リベンジしましょう。

photo

オレンジ色の「オオモンカエルアンコウ」は撮り易い位置に出てきてくれていました。

photo

「コブシメ」もグングン大きくなっています。もう少ししたら冬なのだなぁ。新しいウエット作らなきゃ。

photo

「ユキンコボウシガニ」こと「オガサワラカムリ」。小さくて撮るのが大変だったそうです。(Photo by M里さん)

photo

その後に出てきた「オオカイカムリ」と思われる個体。大きすぎてフレームに入りません。(Photo by M里さん)

photo

「ニセクロスジギンポ」が素敵なお家に棲んでいました。(Photo by M里さん)

photo

2本目は赤い「オオモンカエルアンコウ」のオチビちゃんからスタート。(Photo by M里さん)

photo

「アカネハゼ」には『ハマった!』と言っていました。綺麗な茜色ですね。(Photo by M里さん)

photo

「バブルコーラルシュリンプ」はペアで。「ミズタマサンゴ」が萎んでいたのは残念。(Photo by M里さん)

photo

ここの「オドリハゼ」と「オドリテッポウエビ」は相変わらずグイグイ出てきてくれます。(Photo by M里さん)

photo

「テングカワハギ」もずーっと同じ場所に居付いています。(Photo by M里さん)

photo

一度居なくなってしまった「ヤクシマカクレエビ」も、新しい個体が着きました。しかもメスっぽい。大きくなるのを待ちましょう。

photo

今日はM里さんから写真をたくさん提供して頂きました。ありがとうございます。明日もたくさん撮って下さい!

 ■ 慶良間で体験ダイビング & 今夜も・・・     2010/09/28
昨日のナイトでのカニですが、知り合いのイントラさんから「ウエノコブシ」だと教えて頂きました。

photo

Sインストラクターありがとう!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき雨
 気 温 : 29度
 水 温 : 27〜29度
 風 向 : 北のち北東
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は2名のお客様が遊びに来てくれました。 Ocean Blue的には珍しい鹿児島からダイジさんとアヤカさんです。 一日中穏やかな天候&海況で快適に過ごせました。

photo

お二人で体験ダイブの予定でしたが、ダイジさんが体調不良の為シュノーケリングに変更。 水中はアヤカさんと楽しんできました。アヤカさん耳抜きもサクサクで泳ぎもご覧の通り。 初めての体験とは思えません。

photo

魚影が濃く、魚の中を掻き分けて泳いでいるみたいでしたね。

photo

休み時間はダイジさんと一緒にシュノーケリング。

photo

シュノーケリングでもカメを見る事ができましたよ。水面に映っているシルエットはダイジさんとアヤカさんです。

photo

もちろん、水中でもカメを見てきましたよ。アヤカさん、ずーっとカメと泳いでいました。2枚の「タイマイ」が見れました。 ダイジさんは潜れなくて残念だったけど、また次回リベンジに来て下さいね。

photo

今日も飽きずに調査ナイト。楽しい事には時間と労力を注ぎ込みましょう。 ブダイが膜を張ってグーグー寝ていました。

photo

「ハナカエルウオ」もお休みモード? 起こしちゃってゴメンナサイ。

photo

ナイトはベラなどの捕食者が居ないので、エビやらカニやらがわんさか出てきています。 このコは「エンヤサラサエビ」かな?

photo

「スベスベオトヒメエビ属の一種」。何度か見ていますが、スタコラ逃げ足が速く写真が撮れません。今日も証拠写真です。

photo

何でしょうか? 同じ場所でクルクル回る不思議な行動をしていました。

photo

「フシウデサンゴモエビ」のオチビちゃん。

photo

タコのオチビちゃん。

photo

良く分かりません。触角が長いのです。

photo

ヒラムシも居ました。「プセウドケロス・パララティクラバス」。

photo

ウミウシもかなーり少なくなったけど、まだ見られます。「シライトウミウシ」。

photo

「フタスジハゼ」。「オキナワハゼ」に混ざって出てくるので良く見ないと見逃してしまいます。

photo

うーん、こちらのハゼは良く分かりません。調べてみます。

photo

「コブヒシガニ」でいいのかな? いかつい感じです。

photo

おきなわ図鑑を充実させる為に、いままであまり撮らなかったカニも撮って行きましょう。 でも、名前がサクッと出てこない・・・。とりあえず「オウギガニ科の一種」という事で。

photo

このコも「オウギガニ科の一種」でいいのかな?

photo

綺麗なカニでした。

photo

背中の模様に特徴がありますね。

photo

どどーん!と大きかった「クダメツノガニ」。脱皮直後だったのか? 体に付着物のない綺麗な個体でした。

photo

このコは横に飛び出した目が特徴的です。アップの写真も貼っておきますね。

photo

それにしても、ナイトは楽しいなー。ハマリそうです。

 ■ 調査ダイビング     2010/09/27
今日は調査ダイビングに行ってきました。とはいえ、日中はあれこれ用事があったので、サンセットとナイトを潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 31度
 水 温 : 27〜29度
 風 向 : 北東のち北西
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 10m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まずは「ホムラハゼ」。この場所が気に入ったようです。相変わらず光が入らない・・・。

photo

「シマヒメヤマノカミ」の1.5cmサイズの幼魚。コペ付き。

photo

さすがはナイト。名前の分からないものばかり出てきます。 歩脚が3対なので「カニダマシ科の一種」という事で・・・。

photo

うー、どっかで見たんだけど、思い出せない・・・。とりあえず「ハゼ科の一種」という事で・・・。

photo

貝もお手上げです。後日調べます。

photo

「イットウダイ」の幼魚らしきコが岩陰で寝ぼけていました。

photo

「ボウヨウジ」かな?

photo

顔のアップ。

photo

紅白のめでたいエビが居ました。

photo

正面から見ると、口裂け女のような口をしています。あ、今の若い人達は口裂け女なんて知らないか。(笑)

photo

「コブシガニ科の一種」。手が長〜いのです。(追記:「ウエノコブシ」と判明しました)

photo

これ以外にも良く分からないものをたくさん見てきましたよ。ナイトも面白いですね。

 ■ SD講習最終日     2010/09/26
昨日はお休みを頂きました。丁度、海況も悪かったのでグッドタイミングです。 窒素も抜けたし、気合い十分! 今日も張り切って潜りま〜す!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 27〜29度
 風 向 : 北東
 波 高 : 2.5のち1.5m
 透明度 : 30〜40m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日はキヨフミさんのSD講習最終日。既にCカードを持っている奥様のヒロエさんも一緒に慶良間に行ってきましたよ。

photo

今日は何処に行ってもスッコ抜け〜の透明度でした。どこまでも見えそうです。

photo

こんな透明度の中を泳ぐのは気持ちいいですね。

photo

生物の名前も覚えて行きましょう。何でも初めてだと思うので、とりあえず目の前に居た「シチセンベラ」を紹介。 派手なのか地味なのか、綺麗なのかきちゃないのか、よく分からないお魚です。

photo

慶良間の青の洞窟にも入って来ました。本家のものより綺麗です。ここがシュノーケルのメッカになったら大変だなぁ。

photo

洞窟の中には「キンメモドキ」がぐっちゃり群れていました。

photo

講習は2本で終わりましたが、キヨフミさんとヒロエさんは3本目も希望。 とはいえ、ここは慶良間を代表するビッグポイント。流れが速く、お二人には多少キツかったと思います。 終始、岩に掴まったままのダイビングになりました。

photo

「ナンヨウハギ」は100匹くらいで泳いでいました。

photo

カリフラワーみたいな「ビロードトゲトサカ」。何故かこのポイントにはいっぱい。

photo

「コクテンカタギ」も目の前を行ったり来たり。

photo

最後にはこんなん出ました〜。何度も何度もグルグル回っていました。 キヨフミさん、「マ○○」運強すぎです。(笑)

photo

学科テストも終わって新しいダイバーの誕生です! おめででとうございま〜す!!  早速、器材もご購入して頂きました。これからも2人でたくさん潜って下さいね。

photo

明日もノーゲスト・・・。(泣) ポイント調査に行って来ようかな?

 ■ 慶良間でダイビング     2010/09/24
北から降りてきた低気圧の影響で、この時期には珍しく北風が吹き荒れています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 30度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 北
 波 高 : 2.5のち3m
 透明度 : 20〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は4名。名古屋のダイビングショップ Blue in Blueさんの紹介でミユキさんとイズミさん。 お久し振りのシンゴちゃんは会社のお友達のM宅さんを連れて来てくれました。 多少波はありましたが、慶良間まで行ってきましたよ。内海はご覧のように穏やかでした。

photo

2組とも1人がファンダイブ、1人が体験ダイブの組み合わせで、それぞれ付き添いダイブを希望されていたので、2チームに分けて潜りました。 今川はミユキさんとイズミさんと。多少、耳抜きに苦労していましたが、一度潜ればスイスイ泳いでいました。

photo

「デバスズメダイ」の群れる根へ。ここのデバ達のシンクロする動きはずーっと見てても飽きません。

photo

今日の「チンアナゴ」は引っ込む事なくグイグイ出てきていました。流れとエサに関係するのかな?

photo

「カクレクマノミ」は卵の世話に大忙し。

photo

2本目はファンチームと体験チームに分けて潜りました。シンゴちゃんとミユキさんで飛行機の羽根を見に行きました。

photo

「クロガシラウミヘビ」が砂地に頭を突っ込んでいました。何か嫌な事があったのでしょうか?

photo

ログ付けの時には「アカボシウミウシ」かなー?と紹介してしまいましたが、 ゴスデスレンス図鑑で調べてみると、「Gymnodoris sp.17」として分けられていました。 つまり、「キヌハダウミウシ属の一種」という事になります。ログを書き直しておいて下さい。

photo

途中、水中が真っ暗になったと思ったら、激しいスコールが降っていました。 シンゴちゃんもミユキさんも水中から雨を見たのは初めてじゃないかな?

photo

「ミナミホタテウミヘビ」と戯れるシンゴちゃん。優しくさするとニュ〜と出てきてくれます。

photo

3本目もファンと体験に分けて潜りました。「ウチワヒラヤギ」をシルエットにパチリ。

photo

ミユキさんリクエストの「アオウミガメ」も出てきてくれました。曇ってて暗い・・・。

photo

でも、バブルリングを上げる頃にはまた日が出てきてくれました!

photo

夜は打ち上げ〜。今日もてんこ盛りのウニを食べてきました。マイウ〜でした♪

photo photo

明日は窒素を抜きま〜す。

 ■ USS EMMONS     2010/09/23
今日は北部遠征してUSSエモンズで潜って来ました!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち曇り
 気 温 : 31度
 水 温 : 25〜29度
 風 向 : 北西のち北
 波 高 : 1.5のち2.5m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

集まってくれたお客様は7名。先日結婚されたばかりのU木さんご夫婦、 ダイビング強化週間のT田さんにセルフダイバーのT倉さん、あんちゃん、ハナエさん、匿名希望さん。 そして、トモカちゃんがヒマしてるらしく『私も行きた〜い!』と言うので飛び入り参加。今川も含めて9名の大所帯になりました。

photo

1本目は波もなく穏やか。エモンズの中央から入りました。潜降はロープを使って降りていきます。

photo

水面は透明感のあるブルーウォーターの世界でしたが、水深を徐々に下げていくと濃いブルーに変わっていきます。 10mちょっと潜降したところで大きな黒い影が見えてきました。

photo

ロープを降りるとまず目に飛び込んでくるのがこのプレート。

photo

エモンズはアメリカの駆逐艦で、第二次世界大戦中の1945年4月6日に日本軍の神風特攻隊の特攻を受けて大破。 自力航行できなくなり、武器や情報が日本軍に奪われる事を恐れたアメリカ軍が、翌日、乗組員と共に撃沈処理したと言われています。 このプレート(慰霊碑)には、その時の乗組員の名前が、戦死者18名と行方不明者42名に分けられて刻まれています。

photo

全長は106mあるという事で迫力満点。この主砲を含め、船体の大部分が朽ち果てる事なくそのままの形で残っています。

photo

横っ腹に開いた穴はゼロ戦の特攻により受けた跡らしいです。戦争を知らない世代の我々ですが、見ていて胸が詰まる思いでした。

photo

エモンズは深場のダイビングになるので休憩時間は長めにとります。 古宇利島を一周しながら食べ物屋さんに立ち寄って、古宇利島産のウニ丼を食べました。ウニが濃厚〜♪ 美味しかったです。

photo

たっぷりの休憩をとってからの2本目。船尾側を潜りました。 波と流れが出てきましたが、ロープを使って全員無事に潜降。
潜降すると大きなプロペラが見えてきます。1枚のペラが人間よりも大きいです。

photo

こんな所でもウミウシには目が反応してしまいます。稀種の「トサカイボウミウシ」。Ocean Blue初見になります。

photo

他ではあまり見られない「スジハナダイ」もここではたくさん群れています。(Photo by トモカ)

photo

周囲には砲弾みたいなものがそのまま残されています。これは砲弾ではなく掃海用の設備みたいです。

photo

船体が大きく、水深や流れもあるので、1度だけでは全てを見て回る事ができません。 今日来た皆さんは『また潜りたい!』と言っているので、機会を見てまたエモンズツアーを開催したいと思います。 興味のある方はお問い合わせ下さい。

photo

帰りはユカリさんのオススメで名護にある「ひがし食堂」に寄ってきました。店内は激混みでした。

photo

目的は「ぜんざい」。氷が粉雪のように柔らかくて美味しいのです。今川は宇治ミルク金時をチョイス。山盛り〜♪

photo

今日集まってくれたメンバーと船長さんも一緒に記念撮影。ありがとうございました!(Photo by 匿名希望さん)

photo

次回のエモンズツアーは10月上旬の予定です。

 ■ じっくりフォトダイブ     2010/09/22
今日もいい天気でした。陽射しが痛い〜!(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 東のち北
 波 高 : 1m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は連チャンのM田さん。マンツーでじっくりフォトダイブしてきました。水面はどこに行っても鏡のようでした。

photo

M田さんは銀塩一眼をお持ちなので、1ダイブで37枚をきっちり撮り切れるように 色々とコース取りを考えながら被写体を紹介してきました。 まずは「ピグミーシーホース」。今日は貸し切りだったので、たくさん撮っていました。

photo

このポイントはまだまだウミウシが多いです。「ハナイロウミウシ」。

photo

「ミガキブドウガイ」(下の写真)は気に入って頂けたようです。 これ以外では「シラナミイロウミウシ」や「テングカワハギ」、各種チョウチョウウオの幼魚やギンポなどを見て、 時間とエアが丁度いい感じになった頃に37枚を撮り切って終了。

photo

2本目はポイントを移動して、「ニチリンダテハゼ」コース。今日も全身出まくりのいいコちゃん。 M田さんには最初から最後まで張り付いてもらったので、いつものように今川は写真を撮っていません。 この写真は過去のボツ写真を使っています。

photo

「オランウータンクラブ」こと「ミナミクモガニ」が小さな「ミズタマサンゴ」に乗っていました。最高に撮り易いコでした。

photo

何気なく覗いたウミシダに「ニシキフウライウオ」が居ました。 M田さんに紹介して、撮ってもらっている間にその近くのウミシダを見たらここにも「ニシキフウライウオ」が!  更にその隣のウミシダを見たらそこにも! 『えぇぇ!?』と思いながら、その横のウミシダをみたらここにも!!!  何と「ニシキフウライウオ」4連続ヒットでした。

photo

黒い「ハダカハオコゼ」が居ました。

photo

オレンジ色の「オオモンカエルアンコウ」は忍者みたいに天井からぶら下がっていました。 2本目も1時間ダイブで、エビやらカニやらウミウシやらを撮って、フィルムをきっちり使い切ってエキジット。

photo

3本目は赤い「オオモンカエルアンコウ」のオチビちゃんからスタート。

photo

「アカネハゼ」は全然逃げなくて最高の被写体になってくれました。 十分に撮り終わった村田さんからOKサインを貰ったので、今川も証拠写真程度に撮らせて頂きましたが、コンデジでもここまで寄れます。 結局最後まで引っ込みませんでした。

photo

「アカネハゼ」のすぐ近くにも「ヒレナガネジリンボウ」がたくさん居ました。 浅いし、このコ達も引っ込まないのでバシバシ写真を撮って頂きました。 ラストはフィルムを使い切る前に、カメラのバッテリーが切れて、ジ・エンドでした。

photo

M田さん、また遊びに来て下さいねー。ビーチでじっくり潜りましょう!

 ■ いい天気     2010/09/21
今日も最高のお天気になった沖縄。 台風12号が発生したけど、沖縄の上に強く張り出した高気圧のお陰で、こいつは太平洋側に逸れていきそう。 このままの天気が続くといいな。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 南東
 波 高 : 1.5のち1m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は3名のお客様と潜ってきました。昨日から連チャンのM田さん、T女さん、T田さんです。万座の海を潜ってきました。

photo

1本目。「ヤマブキスズメダイ」と「イイジマウミヘビ」がケンカをしていました。

photo

その近くの「ムチカラマツ」には「ヤマブキスズメダイ」の卵が産み付けられていました。なるほど、この卵を守ってた訳ですね。

photo

2本目。ぽっかり空いた地球の割れ目から泡がモコモコ? 海底温泉?

photo

なんてのは冗談で、このピカチューの穴に繋がる入口なのでした。しばしOcean Blueの光を堪能・・・。

photo

穴の中の「ミナミハタンポ」は今日も大爆発。この群れを掻き分けながら出て行くのが気持ちいいです。

photo

昨日は大人数だったので、マクロを封印していましたが、今日は何枚か写真を撮らせて頂きました。 この「ピグミーシーホース」は水深20mで観察し易いです。1回しかシャッターを押さなかったけど、今日はジャスピンで撮れました。

photo

「スミレナガハナダイ」もパチリ。

photo

「ヤクシマカクレエビ」はまだオスしか居ないけど、だんだんと大きくなってます。早くパートナーが見つかるといいね。

photo

長〜いお昼休憩をとってから臨んだ3本目。ブイの根元にはいつものように「アオウミガメ」がグーグー。

photo

「ナカモトイロワケハゼ」も見に行きました。 今日も我々だけの貸し切りだったので、それぞれ好きな瓶に張り付いて撮影。 ここの「ナカモトイロワケハゼ」は人馴れしているのか? マクロレンズ付けて寄っても引っ込まないので、 コンデジでもノートリミングでこんなに大きく撮れますよ。

photo

「コソデウミウシ」が登場。この暑い9月に見れるのが驚きです。

photo

黄色の「ジョーフィッシュ」は今日もグイグイ出てきていました。

photo

最後は浅場の綺麗なサンゴに癒されてきました。

photo

夜はマサくん&リナちゃんに誘われて飲み会〜。リナちゃんの弟や妹達も合流してワイワイやってきました。店長見てる〜?

photo

毎日楽しいな〜♪


TOP >>ログブック >>2010年9月のログブック