TOP >>ログブック >>2010年8月のログブック

 ■ 台風一過     2010/08/10
台風一家・・・。もとい、台風一過の沖縄地方。過ぎてみればたいした事ない台風でした。 とはいえ、今日も慶良間行きのボートが欠航したので、キャンセルのお客様が3名出てしまいました。残念・・・。 自然相手の遊びだからこればかりは仕方ありませんね。また遊びに来て下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 雨のち曇り
 気 温 : 31度
 水 温 : 29〜30度
 風 向 : 南
 波 高 : 5のち3m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は2名のお客様と潜ってきました。Ocean Blue 初参加となるシンジさんとチカさんのご夫婦です。 到着ダイブだったので、午後からビーチで潜ってきました。

photo

まずは「ニチリンダテハゼ」にご挨拶。 先週ここで潜ったお客様から『背ビレが破れている』と写真を見せてもらったのですが、今日見た限りでは再生していますね。 今日はチカさんがデジイチをレンタルしてくれたので、終始お二人だけで突き刺さって頂きました。(Photo by チカさん)

photo

ニチリンを見に行く時の水面移動中に見つけた「オオモンカエルアンコウ」。顔の赤いシミから7/24に見つけた個体だと思います。 その時の場所から30m近くを移動したのですね。 行きは岩の上に居たのに、後で見に行ったら岩の裏にぶら下がっていました。よく落ちないなぁ。

photo

浅場はご覧のように穏やかそのもの。透明度もそれほど悪くなく、まったり過ごす事ができました。

photo

チカさんはウミウシも見たいという事だったので捜してみました。 「ブドウガイ属の一種」。5〜6個体居ました。

photo

知り合いのSインストラクターが手招きするので行ってみると、 おぉぉ・・・! 「ドゥルウィレドーリス・レムニスカータ」ではないですか!  今まで見たかったけど、何故か見つけられなかったウミウシです。 こんな所で会えるなんて・・・。Sイントラに感謝!  チカさんに『1枚撮らせて!』ってお願いしてデジイチで撮らせて頂きました。チカさんにも感謝!

photo

2本目は「ヤクシマカクレエビ」からスタート。 このメスは立派なサイズに成長しました。コンデジでもノートリミングでここまで行けます。

photo

「オキナワベニハゼ」なども綺麗に撮れるのがデジイチの良いところ。(Photo by チカさん)

photo

綺麗な「フチベニイロウミウシ」も見つけましたよ。刺さっていました。

photo

「ハダカハオコゼ」はベストポジションに。(Photo by チカさん)

photo

あれ?真栄田に「デバスズメダイ」って居たっけなー?と思いながら紹介。(Photo by チカさん)

photo

ラストは「バオバブカイカムリ」でした。誰かが見た後だったのか、ポリプが引っ込んで大仏ヘアーになってました。(笑)

photo

明日は天気が回復するといいな。

 ■ 台風来襲     2010/08/09
まさかの台風4号発生? 波の高さ5m〜! マジでぇ〜!?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 雨
 気 温 : 31度
 水 温 : 29〜30度
 風 向 : 南東のち南
 波 高 : 5m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そんな時でも穏やかに潜れる場所があるのが沖縄本島の底力。今日は3名のお客様と潜って来ました。 連チャンの匿名希望さんとA奈さんご夫婦です。 生憎の天候でしたが、休憩時間と着替える時間は雨が上がってくれましたよ。

photo

そうそう、不思議とこんな日に限って透明度が良かったりするんですよね。 「ツバメウオ」もたくさん群れていました。

photo

洞窟の中の「ミナミハタンポ」の幼魚は刻々と形を変えます。何だかハートマークに見えますね。

photo

そう言えば、これが今日の午後3時の波予報。波の高いところ(ピンクの部分)がハートに見える・・・。(笑) しっかし、こんな状況でも潜れるのが沖縄本島のすごいところですね。(真栄田岬は丁度、本島の影になってるのですよ)

photo

大きな「ハマフエフキ」が間近を泳いでいました。初めて見る人はその大きさに驚くハズ。

photo

「トウアカクマノミ」の後ろの魚網で皆が捜しているものは・・・?

photo

「ピカチュー」こと「ウデフリツノザヤウミウシ」でした。今日も2個体居ましたよ。 A奈さんはこのポイントが気に入ったみたいですね。 匿名希望さんは一昨日と同じポイントになってしまいましたが、波も穏やかで透明度も良く喜んで頂けました。ありがとうございました!

photo

A奈さん、日焼け止めはしっかり塗りましょうね。(笑)

photo

今日で61連チャン連続勤務。 『台風が来たら休めるかな〜』なんて甘い考えを持っていたのですが、 皆さん『潜れる所があれば潜りたい』と元気ハツラツ! お客様に負けないように頑張ります!

 ■ カメな一日     2010/08/08
沖縄の真下に熱低が・・・。今晩中にでも台風4号になりそうです。(と、書いてる最中になっちゃった)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき雨
 気 温 : 31度
 水 温 : 29〜30度
 風 向 : 東のち南東
 波 高 : 3m
 透明度 : 20〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そんな訳で波は少しだけ高かったですが、4名のお客様と慶良間に行ってきました。 昨日から連チャンの匿名希望さんと大分のダイビングショップレインボーさんの紹介でA奈さんご夫婦。(イマジンありがと〜!) そして、もう一人、Ocean Blue 初参加のアカネさんはリフレッシュダイビングで申し込んで頂きました。

photo

アカネさんはトモカが担当。スキルをキッチリと思い出して下さいね。

photo

ファンダイブチームはカメを見に行きました。

photo

ゆっくりペースの「アオウミガメ」だったので、ずーっと一緒に泳いでいました。3枚の「アオウミガメ」が居ましたよ。

photo

2本目は2チーム合同でドリフトダイビング。「デバスズメダイ」の乱舞が見事でした。

photo

「ハナゴイ」の群れも綺麗でしたね。

photo

と、ここでも「アオウミガメ」が登場〜。アカネさんと一緒にパチリ。

photo

「タイマイ」も出てきてくれました。違いは分かったでしょうか?

photo

3本目は砂地のポイントでまったりダイビング。「スカシテンジクダイ」が大爆発していました。 「アカシマシラヒゲエビ」にもクリーニングされてきました。

photo

皆さん、見た事がないという事だったので、飛行機の羽根も見に行きました。もう少し魚が着いてもいいと思うのだけど・・・。

photo

猛毒を持った「ヒメオニオコゼ」。 何日か前に「オニダルマオコゼ」に刺されてインストラクターが死亡する事件がありましたが、このコの毒もキケンです。 気をつけましょう。

photo

明日はボートが出せるかな?

 ■ 初沖縄! & 沖縄初!     2010/08/07
東からの強いうねりが入っていて東向きの海はチャプチャプしています。でも、穏やかに潜れる場所があるのが沖縄の良いところ。 安全に楽しく潜って頂きましょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち雨
 気 温 : 32度
 水 温 : 29〜30度
 風 向 : 東
 波 高 : 3m
 透明度 : 10〜15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は大分のタムタムダイビングスクールさんからの紹介で、匿名希望さんが遊びに来てくれました。 (首藤店長ありがとう!)午前便での来沖だったので、午後から恩納村の海を2本潜ってきました。

photo

今日の真栄田は大きなうねりが入っていて、透明度も若干ダウン・・・。 でも、匿名希望さんは初来沖という事で、目の前にやってくる色んな魚を珍しそうに観賞していました。

photo

「ハナヒゲウツボ」の幼魚はいつもの場所に居ました。大人になると居なくなっちゃうんだよなぁ。

photo

洞窟にも入ってきました。「ミナミハタンポ」の幼魚が爆発していていました。刻々と形を変える群れを見ているだけでも楽しいです。

photo

2本目はクマノミ6種類コースで行ってきました。「トウアカクマノミ」は卵を守っていました。

photo

卵には目が見えていてハッチアウト寸前。虫眼鏡でも見て頂きました。

photo

「ピカチュー」も難なくゲットでチュー。

photo

『こんな所にイソギンチャクが?』と、側に寄ってみると「サガミツノメエビ」がたくさん居ました。 今までイソギンチャクなんてなかった場所なのに、このコたちはいち早くそれを見つけてホストにしているのですね。

photo

ちなみに「サガミツノメエビ」の大きさはこんな感じです。指示棒と比べると大きさが分かると思います。
明日は透明度の良い海で楽しんで下さいね。

photo

ここからは本日のオマケです。 今日のお客様が到着するまでの時間、トモカとポイント調査で1本潜ってきました。 捜していたのはこの魚。「スジチガイ」(俗称)です。知り合いのKインストラクターに情報を頂きました。(ありがとうございます!)
「スジハナダイ」とラインの入り方が違うので「スジチガイ」と呼ばれています。 沖縄での観測はこの個体が初かもしれないという事です。 標準和名はないのですが、「Pseudanthias rubrolineatus」(シュードアンティアス・ルブロリネアトゥス)という学名が付いています。 尾鰭のフィラメントが伸びるのも特徴です。

photo

同じ根には「ベニハナダイ」の幼魚も居ましたよ。

photo

「スジチガイ」と「ベニハナダイ」のツーショット。

photo

浅場では「テングカワハギ」の幼魚が大爆発。5〜6個体の集団で泳いでいるのを見かけます。 サンゴが活き活きしている証拠ですね。

photo

明日からまた忙しくなりそうです。頑張ります!

 ■ ウミウシダイブ最終日     2010/08/06
今年は台風が発生しません。昨年のログを見てみると、この時期で既に9個の台風が発生しているのだけど、今年はまだ3号。 毎年20個以上の台風が発生している事を考えると、今年も帳尻合わせでこれからバタバタと発生するのかな?  できるだけ沖縄を避けて欲しいのだけど、浅場の水温は30度を越えてサンゴ達の白化も心配なのでそんなことも言ってられません。 そろそろ一発大きいのが来て水温を下げてもらわねば・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 29〜30度
 風 向 : 東
 波 高 : 3のち4m
 透明度 : 15〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日はウミウシダイブ最終日となる匿名希望さん達と潜ってきました。 潜ってる間にスコールが降ったみたいですが、陸上に居る間は晴れて快適な1日でした。

photo

男性の匿名希望さんが見つけた「パンダツノウミウシ」。刺さっていました。

photo

猫みたいな「ノトドーリス・ガーディナーイ」。昨日の写真とは違うコを・・・。

photo

触角の色が違うのが気になるけど「サンカクウミウシ」にしておきましょう。

photo

女性の匿名希望さんが見つけてくれた「シロタエイロウミウシ」。8月にも居るのですね。

photo

「エンビキセワタ」の赤色タイプ。

photo

途中、スコールが降って水中が真っ暗になったら、どこからともなく「シマハギ」が大量に集まってきました。 ワイドレンズを持ち込んでなかったので全体像は撮れなかったけど、すごい大きな群れでした。

photo

今回、ウミウシ以外に唯一リクエストされたのが「バオバブカイカムリ」。ちゃんと紹介できました。

photo

その近くには「フリソデエビ」が居付いているので、2人にそれぞれ交互に撮影して頂く事ができました。 ウミウシダイブなのに、ここだけで30分近くも粘っていました。(笑)

photo

今日のヒットはOcean Blue 初見となる「コハクニシキウミウシ」。こんな場所に居るのね。

photo

ウミウシダイブ5日間、11ダイブで89種になりました。目標の100種には届かなかったけど、色々見れて楽しめました。

     ●.タテヒダイボウミウシ-----2個体
     78.パンダツノウミウシ-----1個体
     79.ノトドーリス・ガーディナーイ(学名読み)-----1個体
     ●.サンカクウミウシ-----1個体
     80.シャクトリミドリガイ-----1個体
     81.キッカミノウミウシ-----1個体
     ●.シライトウミウシ-----2個体
     82.コナフキウミウシ-----2個体
     83.リュウグウウミウシ-----1個体
     84.シロタエイロウミウシ-----1個体
     ●.ムカデミノウミウシ-----1個体
     ●.サキシマミノウミウシ-----1個体
     85.エンビキセワタ-----1個体
     ●.ゾウゲイロウミウシ-----1個体
     86.アカボシウミウシ-----2個体
     87.コハクニシキウミウシ-----1個体
     ●.ソライロイボウミウシ-----2個体
     88.ブドウガイ属の一種-----1個体
     ●.ツノキイボウミウシ-----1個体
     89.ノウメア・ワリアンス(学名読み)-----1個体

また冬にお待ちしています。

 ■ ベタベタ〜     2010/08/05
今日は波の高さ3mの予報でしたが、南東の風だったので西海岸は湖のように穏やか。 全員のリクエストのポイントに入る事ができました。良かった。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき雨
 気 温 : 30度
 水 温 : 29〜30度
 風 向 : 南東
 波 高 : 1.5のち3m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は3名。ウミウシダイブ4日目となる匿名希望さんと、先月初めてご来店頂いたI礼さんがリピートしてくれました。 今川とトモカの2チームに分けて潜ってきました。

photo

I礼さんは今川と「クメジマオトヒメエビ」を捜しに行きました。今日は2個体見つける事ができました。(1個体はI礼さんが発見) 今川は写真を撮ってないのでI礼さんから頂こうと思ってたのですが、貰い忘れたので以前撮った写真を使います。

photo

浅場では「テングカワハギ」の幼魚が大爆発。全員で10個体以上見てきました。珊瑚が増えてきた証拠かな?

photo

「ヤイトギンポ」のおチビちゃん。埋もれてます。(笑)

photo

今川とI礼さんも後半はウミウシチームに合流してウミウシを捜しました。「アカミミブドウギヌ」はOcean Blue 2回目の出会い。

photo

「ヤマブキウミウシ」も出てきました。

photo

「ムラサキウミコチョウ」ですが、尾の部分に白いラインが入るバリエーションは珍しいと思います。

photo

女性の匿名希望さんが見つけた「ノトドーリス・ガーディナーイ」。ナイスです。

photo

「ミガキブドウガイ」はパチンコ玉サイズのが出てきてビックリしました。ちょっと大袈裟?

photo

やはりこのポイントはウミウシが多いですね。2ダイブで30種。4日間トータルで78種になりました。

     55.シロウネイボウミウシ-----1個体
     56.ハイイロイボウミウシ-----1個体
     ●.イガグリウミウシ-----2個体
     57.シンデレラウミウシ-----4個体
     58.ミゾレウミウシ-----2個体
     59.シライトウミウシ-----1個体
     60.ムラサキウミコチョウ-----1個体
     ●.センテンイロウミウシ-----3個体
     61.ヤマブキウミウシ-----1個体
     ●.オハグロツバメガイ-----2個体
     ●.サキシマミノウミウシ-----4個体
     62.ソライロイボウミウシ-----1個体
     63.ノトドーリス・ガーディナーイ(学名読み)-----2個体
     64.ハラックサウミウシ-----1個体
     65.ミガキブドウガイ-----6個体
     66.オキナワキヌハダウミウシ-----2個体
     ●.ムカデミノウミウシ-----1個体
     67.チゴミドリガイ-----1個体
     68.セトイロウミウシ-----1個体
     69.モザイクウミウシ-----6個体
     70.ゴクラクミドリガイ属の一種(全身毛だらけのタイプ)-----4個体
     71.アカミミブドウギヌ-----1個体
     72.モンコウミウシ-----1個体
     73.ツノキイボウミウシ-----1個体
     74.サラサウミウシ-----1個体
     75.サンカクウミウシ-----1個体
     76.ヨゾラミドリガイ-----1個体
     77.シロハナガサウミウシ-----1個体
     78.キャラメルウミウシ-----1個体
     ●.コイボウミウシ-----1個体

明日は最終日。100種目指して頑張りましょう!

 ■ 家族で体験 & ウミウシダイブ & ジンベエダイブ     2010/08/04
最近、GoogleやYahooの検索でOcean Blueを見つけて潜りに来てくれる方が増えてきました。ありがたい事です。 それにしても皆さん色んなワードで検索しているのですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち雨
 気 温 : 32度
 水 温 : 29〜30度
 風 向 : 北東のち東
 波 高 : 1.5のち1m
 透明度 : 10〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は6名。慶良間チームはウミウシダイブ3日目の匿名希望さん。体験ダイビングはご家族でのご来店のM田さん。 予報が外れて一日中晴れ〜! 快適に過ごせました。

photo

体験チーム! 皆さん体験ダイビングは初めてという事でドキドキ、ワクワク。

photo

お父さんなんてずーっと手を離して一人で泳いでいました。余裕ですね。

photo

皆さん初めてのダイビングを楽しまれていたご様子。 ダイビングが終わってもずーっとシュノーケリングで遊んでいました。カメも見れたらしいですよ。 リコちゃん、また遊びに来てね。(Photo by 徳ちゃん)

photo

ここからはウミウシチーム。Ocean Blue初見となる「マダラウミコチョウ」を匿名希望さんが見つけてくれました。しかも2個体。

photo

こちらは「アユカワウミコチョウ」。大きさは・・・2mm!

photo

綺麗なヒラムシが居たので紹介しました。

photo

ウミウシポイントでは「ミラーリュウグウウミウシ」や「トサカリュウグウウミウシ」がこんなに。すごい事になってます。(笑)

photo

「アカヒゲカクレエビ」の大きい個体が居たのでパチリ。お腹の卵には目も見えています。

photo

「トウモンウミコチョウ」もまだ出ています。8月に見たのは初めて。

photo

「キスマークミドリガイ」。これを見つけた時、お二人は別のウミウシを撮影してたので、 1枚撮ってからお見せしようと思っていたら、撮った直後にスーッと流れて行って痛恨のロスト・・・。(ごめんなさい) 今日のリストには加えていません。

photo

今日は以下のウミウシが見れました。3日間トータルで54種。まだ頑張らねば。

     37.ヒョウモンツバメガイ-----多数
     38.オオクロネズミ-----1個体
     39.マダラウミコチョウ-----2個体
     40.アユカワウミコチョウ-----1個体
     41.ブドウガイ科の一種(尻尾が糸状の長いタイプ)-----1個体
     42.ミラーリュウグウウミウシ-----7個体
     43.トサカリュウグウウミウシ-----多数
     ●.フリエリイボウミウシ-----1個体
     44.ゾウゲイロウミウシ-----1個体
     45.オハグロツバメガイ-----1個体
     46.コンペイトウウミウシ-----1個体
     47.アカフチリュウグウウミウシ-----1個体
     48.コナユキツバメガイ-----1個体
     49.トウモンウミコチョウ-----1個体
     50.エレガントヒオドシウミウシ-----1個体
     ●.タテヒダイボウミウシ-----1個体
     ●.サキシマミノウミウシ-----1個体
     ●.ツノクロミドリガイ-----1個体
     51.イシガキリュウグウウミウシ-----1個体
     52.ニシキツバメガイ-----1個体
     53.クロスジリュウグウウミウシ-----1個体
     ●.モンジャウミウシ-----1個体
     ●.ハナミドリガイ-----1個体
     54.クチナシイロウミウシ-----1個体

今日はもう1チーム。Ocean Blue初参加のS井さんです。トモカが担当しました。到着ダイブでまずは恩納村の海からスタート。 (Photo by トモカ)

photo

1本目は真栄田岬の洞窟に入ってきました。「ヘリシロイロウミウシ」が居ました。(Photo by トモカ)

photo

2本目は「ジンベエザメ」に会って来ましたよ。(Photo by トモカ)

photo

透明度も良くて楽しめました。S井さんもバシバシ写真を撮っていましたね。(Photo by トモカ)

photo

3本目はまたまた恩納村でボートダイビング。最後のボートは貸し切りでした。「トウアカクマノミ」は卵を守っています。(Photo by トモカ)

photo

「ピカチュー」も無事発見。(Photo by トモカ)

photo

最後は「セジロクマノミ」を見てきました。(Photo by トモカ)

photo

明日も頑張りまーす!

 ■ ウミウシダイブの筈が・・・     2010/08/03
今日もいい天気の沖縄です。暑いので夜のビールが進みます。(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち曇り
 気 温 : 32度
 水 温 : 29〜30度
 風 向 : 北西のち北東
 波 高 : 1m
 透明度 : 1〜15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はウミウシダイブ2日目となる匿名希望さん。 風が北に回ったので、ウミウシの聖地レッドビーチへ行ってきました。 今日のレッドビーチは透明度最高で15mは抜けていました。しかも貸し切り!楽しめそうです。

photo

あれほどたくさん居た「ホシゾラウミウシ」は姿を消し、今は世代交代した小さな個体が出てきています。このコは5mmサイズのおチビちゃん。

photo

「モンジャウミウシ」の正面顔。今回のフォト魂のテーマは正面顔。皆さんもいい写真を撮って応募して下さいね。

photo

「ノウメア・ウエルコニフォルマ」(Noumea verconiforma)。体表がスポンジのようになっているのが特徴です。

photo

お二人はウミウシ以外も興味があるので何でも撮ってくれます。「カイカムリ科の一種」。お髭にベレー帽がお似合いです。

photo

久し振りに見た「オナガウツボ」。 途中、沖の方から強烈なニゴリがやってきて透明度は1m!? 徐々に浅場の方に追いやられてしまいました。

photo

浅場では今日も「オオウミウマ」のおチビちゃんが居ました。

photo

水深2mの世界は幼魚の楽園。「スミツキトノサマダイ」の幼魚。

photo

「セグロチョウチョウウオ」の幼魚。

photo

「ウミヅキチョウチョウウオ」の幼魚。子供の頃からしっかり模様が入っているのですね。 コンデジではタイムラグがあり、真横の写真は難しいのだけど、デジイチ持って来たら絶対に楽しい筈。

photo

水深50cm。「コガネシマアジ」の幼魚がついて来てフィンにずーっと寄り添ってました。 『これ捕まえられるんじゃない?』 この言葉が引き金になり、ここから「コガネシマアジ」捕獲作戦をスタート。 皆で囲んでみたり、最後にはメッシュバックを網代わりにしてみたりと小1時間・・・。なかなか捕まらないのね。(笑) でも、ワーワーキャーキャー言って楽しかったです。

photo

お二人は「ヨコシマエビ」も初めて見るという事で結構刺さっていました。

photo

今日見たウミウシは2ダイブでこれだけ。まぁお二人が楽しかったと言ってくれているからいいんですけどね・・・。

     32.フリエリイボウミウシ-----1個体
     ●.ニシキウミウシ-----3個体
     33.ノウメア・ウエルコニフォルマ(学名読み)-----1個体
     34.ハナビラミノウミウシ-----3個体
     35.モンジャウミウシ-----2個体
     ●.ホシゾラウミウシ-----2個体
     ●.ヒブサミノウミウシ-----1個体
     36.イガグリウミウシ-----1個体
     ●.クロモドーリス・プレキオーサ(学名読み)-----2個体
     ●.コイボウミウシ-----1個体
     ●.ヒョウモンウミウシ-----4個体
     ●.ホソスジイロウミウシ-----2個体
     ●.コモンウミウシ-----1個体
     ●.マダライロウミウシ-----5個体

先は長いのでこれから徐々に増やして行きましょう。

 ■ 夏でもウミウシ     2010/08/02
ピーカンのお天気に恵まれた沖縄地方。波の高さも1mと どこに行っても潜れそうなグッドコンディションでした。 こんな日に潜れるお客様は本当に幸せです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 30度
 風 向 : 西のち北西
 波 高 : 1m
 透明度 : 10m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日からしばらくウミウシダイブです。お客様は常連様の匿名希望さん。 ウエットを新調して頂きました。ありがとうございます。

photo

昨年のこの時期にウミウシダイブを行なったら、意外とウミウシが多い事が分かり、 今年は夏にも多くのウミウシダイブのご予約を頂いています。(感謝) たくさんお見せできるように頑張ります。 まずは、ガヤに着く「ミュヤ・ロンギコルニス」というウミウシ。どこに居るか分かりますか?

photo

「タマミルウミウシ」も連日の登場。手前に変なのが写り込んでしまった・・・。

photo

昨日の「ミナミヒョウモンウミウシ」をお見せしたら、その後、自分でも見つけていました。サスガ。 ウミウシ目を鍛えて下さいね。ちなみに下の写真には2個体写っています。

photo

「ニヒキウミウシ」がニシキ・・・。ではなく、「ニシキウミウシ」が2匹・・・。オヤジギャグですみません。(笑)

photo

砂地を徘徊していると「オオウミウマ」の子供が「へなっ」って感じで横たわっていました。

photo

最近良く見る「ヘコアユ」の幼魚。小さくてもちゃんと固まって泳いでいます。

photo

「コウイカの仲間」という事は分かるのだけど、その先が分かりません。今度 頭足類の研究をやっている人に聞いてみよう。

photo

このポイントの定番「ミチヨミノウミウシ」。

photo

その「ミチヨミノウミウシ」よりも多かったのが「セスジミノウミウシ」。 沖縄で「セスジミノウミウシ」って珍しいと思っていたのだけど、ここのポイントでは何故か大量発生していました。 大きさも2〜3cmあり見応え十分。いつかデジイチでじっくり撮りたいな。

photo

「セスジミノウミウシ」に次いで多かったのが「アデヤカミノウミウシ」。 このコもあるエリアでドカンと大量発生していました。今までのダイビング人生の中で見てきた「アデヤカミノウミウシ」よりも多い数を今日1日で見てしまいました。

photo

今日はじっくり2ダイブで31種類のウミウシが見れました。

     1.ホソスジイロウミウシ-----1個体
     2.タスジミドリガイ-----多数
     3.コイボウミウシ-----1個体
     4.マツカサウミウシ属の一種-----1個体
     5.マダライロウミウシ-----2個体
     6.キカモヨウウミウシ-----1個体
     7.ミュヤ・ロンギコルニス(学名読み)-----1個体
     8.ヘリシロイロウミウシ-----1個体
     9.ツノクロミドリガイ-----1個体
     10.ムカデミノウミウシ-----1個体
     11.ミナミヒョウモンウミウシ-----3個体
     12.アデヤカミノウミウシ-----多数
     13.シラナミイロウミウシ-----1個体
     14.ニシキウミウシ-----2個体
     15.タマミルウミウシ-----1個体
     16.ボンジイボウミウシ-----1個体
     17.フリエリイボウミウシ属の一種-----1個体
     18.セスジミノウミウシ-----多数
     19.フジナミウミウシ-----2個体
     20.ホシゾラウミウシ-----1個体
     21.ミチヨミノウミウシ-----多数
     22.コモンウミウシ-----1個体
     23.ヒブサミノウミウシ-----多数
     24.タテヒダイボウミウシ-----1個体
     25.ハナミドリガイ-----1個体
     26.クロモドーリス・プレキオーサ(学名読み)-----1個体
     27.ヒョウモンウミウシ-----1個体
     28.サキシマミノウミウシ-----1個体
     29.ゴクラクミドリガイ属の一種(触角が白く尖ったタイプ)-----1個体
     30.ゴクラクミドリガイ属の一種(全身毛だらけのタイプ)-----1個体
     31.センテンイロウミウシ-----1個体

明日も頑張って来ま〜す!

 ■ 8月スタート     2010/08/01
ハイサイ! 8月になりました。トップシーズン中のトップです。連チャン勤務が続いていますが体調管理に気を付けて頑張りたいと思います。 皆様も夏バテなどにならないようご自愛下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 30度
 風 向 : 南西
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 7〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は3名。慶良間と本島の2チーム体制で潜ってきました。 慶良間チームはリピーターのヒロエさんが旦那様のキヨフミさんを連れて来て頂きました。 キヨフミさんは体験ダイビングですが、既にCカード取得の予約も入れて頂いています。(Photo by みぃ)

photo

キヨフミさん、ヒロエさん一緒に潜ってもらいましたが、2人共仲良く3ダイブ。 『カメがじっくり見たい』というリクエストだったので、「タイマイ」とたっぷり遊んで頂きました。(Photo by みぃ)

photo

本島チームは今日が最終日のユリコさん。リクエストのポイントが沖縄総体の会場になっている為に入れず、 ポイントを転々としながら潜ってきました。総体の影響がこんなとこにも出てるのね・・・。

photo

ユリコさん、元々ウミウシ好きでOcean Blueに通い始めてくれました。そんなこんなで今日はウミウシ中心のダイビング。 「チギレフシエラガイ」は過去最大級の大きさでした。

photo

「タツナミガイ」は体を途中からスパッ!と切ったような形が特徴です。

photo

ウミウシ以外では「キサンゴカクレエビ」や・・・。

photo

「アジアコショウダイ」の極小幼魚。

photo

大きな「ヒラムシ」などを見てきました。

photo

ウミウシに戻りましょう。ガヤの中に卵塊を見つけたので、じっと見てみると中心部分に何か居ますね?  きっと「マツカサウミウシ属の一種」だろうと写真を撮ってみたのですが、どっちが頭なのかイマイチ良く分かりません。

photo

何枚か写真を撮ったので、ショップでのログ付けの時に大型モニターに映して皆で見ていたら、その横に小さなウミウシが写ってました。 こんな小さいの肉眼じゃ分かりませ〜ん。ところで貴方は誰?

photo

「ボンボリイロウミウシ」もまだまだ出ています。

photo

そして、意識して捜していた「ミナミヒョウモンウミウシ」。 前回見たのが昨年の7月なので丁度1年振りの出会い。夏のウミウシなのかな?  それにしてもこの擬態見事です。

photo

上の写真は分かり易くする為にちょっと動いてもらって撮ったのだけど、実際にはこんな形でホストのカイメンにへばり着いています。 ストロボを当てると若干色が違うのだけど、肉眼だと色も質感も全く一緒に見えて本当に分かり辛いのです。

photo

7/23に見つけた「Noumea sp」。つまり「シラユキウミウシ属の一種」。 その後、調べてみると「Noumea verconiforma」(ノウメア・ウェルコニフォルマ)に似ているんじゃないかと思いました。

photo

ここからトモカが連続ヒット。「タマミルウミウシ」を見つけてくれました。

photo

そして、もう一つ。「パンダツノウミウシ」の3個体交接。人気のあるウミウシですが、こうなると何が何だか分かりません。(笑)

photo

明日からもしばらくウミウシダイブです。


TOP >>ログブック >>2010年8月のログブック