TOP >>ログブック >>2010年3月のログブック

 ■ ビーチでじっくり     2010/03/31
今日は予報が悪い方に外れて、日中はたまーに雨がシトシト落ちたりしました。 でも、風が南から吹いてくれたお陰で、西海岸はベタベタ。お客様がリクエストしてくれた生物達をじっくり見て回る事ができました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち晴れ
 気 温 : 23度
 水 温 : 21度
 風 向 : 南東
 波 高 : 2.5のち2m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お客様はリピーターのD々さん。Ocean Blueのボートコートを着てパチリ。

photo

今日は大潮。干潮時と満潮時の潮位の差がが一番大きくなる日です。 丁度、干潮時間帯だったので、いつも泳げる場所が干上がっててサンゴも露出していました。 浜下り(はまうり)している人も見られましたね。

photo

1個目のリクエストは黄色の「ピグミーシーホース」。D々さんはビデオ派なので、じーっくり時間の許す限り録って頂きました。 今川は撮影のアシスタントをしていたので撮っていません。ごめんなさい。
2個目のリクエストはウミウシ。色んなウミウシを見てきましたよ。まずは、いつも同じ場所に居る「シンデレラウミウシ」。

photo

『和菓子みたい♪』と言っていた「チギレフシエラガイ」の白いバリエーション。

photo

ちょうど一年振り、2度目の出会いとなる「ミノウミウシ亜目の一種」。前回は3/18の慶良間でした。

photo

コチラはお初。「シロアミミドリガイ」と「チャマダラミドリガイ」を足して2で割ったようなウミウシです。 手持ちの図鑑には載っていませんでした。とりあえず「ゴクラクミドリガイ属の一種」って事で・・・。

photo

3個目のリクエスト。 『「オオモンカエルアンコウ」がエスカをブン回しているところを録りたい』と言う事で見てきましたが、 エスカはブン回していたでしょうか?

photo

そして4個目のリクエストは「バオバブカイカムリ」でした。この可愛さにメロメロでしたね。

photo

リクエスト四冠達成です。良かった、良かった。

 ■ シュノーケリング     2010/03/30
朝、ポイント調査に出かけようと思ったら、突然の予約のお電話があり、急遽シュノーケリングツアーを開催する事になりました。 今日は平日だったので、ボートも無事に確保できました。こういう飛び込みはありがたいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 22度
 水 温 : 23度
 風 向 : 東のち南東
 波 高 : 2m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は山梨からお越しのヒロユキくんとマサヒロくんの仲良し兄弟。 貸し切りボートで出かけてきましたよ。

photo

ドボンと飛び込むとそこは沖縄の海。水底まで見える透明度に感動〜♪

photo

そして、やっぱり男子。寄ってくる魚に興味津々でしたね。

photo

まるで水族館の中で泳いでいるみたい。手を出すと魚が捕まえられそうです。何と「ナポレオン」も見れましたよ。

photo

洞窟の中で記念撮影。

photo

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいましたね。 ヒロユキくんは今年から高校生。マサヒロくんは今年から中学生とそれぞれ新しいスタートを切ります。 勉強に遊びに頑張れ〜!

photo

今度は体験ダイビングで遊びに来てね。

 ■ プロの仕事     2010/03/29
消費税の確定申告を終わらせました。今回は思うところがあり、直接税務署へ行って相談しながらの申告。 ギリなので混んでるかと思いきや、意外と空いていました。 税務署の人って、お役所仕事で無愛想なイメージがあったのだけど(ゴメンナサイ、勝手な先入観です)、今回対応してくれた人はとっても親切丁寧でした。
で、色々と聞いているうちに、今まで経費の一部の計上のやり方を間違えてた事が判りました。手直しした結果、今回の税金が6万円も安くなりました。 そればかりか、『過去の分も修正申告をすれば税金が戻ってきますよ。』という事で、前年分の修正申告も実施(というか、殆どその人がちゃちゃっとやってくれました)。
かくして、2年分で12万円の減額。それ以前の分は戻って来ないけど、これは自分の無知なので仕方ない。 知ってるようでも税金に関しては全くのシロートですもんね。e-Taxなんかでやっちゃうと、これから先もずっと気付かないままだったんだろうなぁ。やっぱプロに相談して正解でした。

話は変わって、写真は先日撮影した「ヘビギンポ属の一種」。まだ学名も和名もなくて、ギンポマニアの間では「お洒落ヘビ」なんて呼ばれています。 いっその事、「オシャレヘビギンポ」って名前にすればいいのにと思うのですが、学名や和名を付けるのはえらく大変だって話を聞いています。 こちらもプロ(学者さん)に頑張ってもらいたいものです。

photo

明日は海に出てきます。

 ■ ポイント調査     2010/03/28
今日は飛び込みでホエールウオッチングのご予約を頂いたのですが、今日のホエール船はどこも満員御礼で乗る事ができませんでした。申し訳ありません。 飛び込みの予約もありがたいのですが、週末は込み合っており、ご希望をお受けする事ができない事もあります。 できれば早めにご連絡下さいませ。
そんな訳で、今日はノーゲスト。デジイチ持って潜りに行きました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち晴れ
 気 温 : 20度
 水 温 : 21度
 風 向 : 東のち北
 波 高 : 2のち2.5m
 透明度 : 7m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

何を撮ろうか、どこに行こうか、全くのノープランで出かけてきたのですが、 ポイントに着いた時に居た知り合いショップさんとお話ししているうちに「タンザクハゼ」エリアに行きたくなり、遠い距離を泳いできました。 たくさんの「タンザクハゼ」を見つける事ができましたよ。

photo

できれば昨年見つけた「タンザクハゼ属の一種」と言われているヤツを撮りたかったのだけど、今日は見つける事ができませんでした。 で、夜に知り合いと飲む機会があったので、今日の写真を皆に見てもらってると、『これって「タンザクハゼ」と違うんじゃないですか?』と言われました。 確かに、昨年見つけたタイプのものとは違うけど、背鰭は三角状ですね。でも、普通の「タンザクハゼ」の背鰭が切れただけという気もしないでもない。
「タンザクハゼ」には何種類か居て、海外では「ロブスト・リボンゴビー」(これが普通の「タンザクハゼ」)とか、 「セイルフィン・リボンゴビー」(前述の昨年見つけたタイプ)とか、「ブルーバンド・リボンゴビー」とかに分けられているけど、 これが「ブルーバンド・リボンゴビー」なのか、「ロブスト・リボンゴビー」なのかは分かりません。

photo

頭部のアップも撮ってるので貼っておきましょう。

photo

初めて見るエビが居ました。良く見ると複雑な模様が入っています。 偶然見つけたサイトに「シンビオテスシュリンプ」と載っているものがありましたが、和名があれば知りたいところです。 誰か分かる方が居たら教えて下さい。

photo

「コソデウミウシ」がコケムシを食べていました。

photo

先日見つけたミリサイズの「ニシキウミウシ」のおチビちゃんも居ました。

photo

こちらは「トウアカクマノミ」のおチビちゃん。ちゃんと両方の眼が正面向いているし、ヒレも左右対称に開いてくれています。 なかなかこのタイミングで撮るのは難しい、というか、殆ど運任せなのだけど、これは良く撮れていると思います。 残念なのは泥が浮いてしまっている事・・・。まぁ、こういう環境なので仕方ない。

photo

今日はテンジクダイ系の魚がどれも口内保育を行なっているシーンに出会えました。写真は「フウライイシモチ」。

photo

良く見ると、口の中に卵があり、眼が見えています。

photo

こちらは「ミヤコイシモチ」。口いっぱいに卵をほお張っているので、頭でっかちに見えます。

photo

このコも口の中の卵が透けて見えますね。これ以外では「キンセンイシモチ」などの口内保育も見られました。

photo

これからこういう魚達の生態シーンもピークを迎えます。

 ■ 今日もウミウシ     2010/03/27
昨日、レッドビーチで潜っていた時に米兵が集まって来ていたので、 『明日はボートが入るのか?ダイビングはできるのか?』とつたない英語で聞いたら、『できません。』とつたない日本語で答えられた。 なので、知り合い連中に『明日はダメそうだよー。』と連絡をして、お客様とも相談。 『ならば慶良間に行きましょう。』という事になり、急遽、慶良間行きが決定しました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 20度
 水 温 : 23度
 風 向 : 北東
 波 高 : 3のち2.5m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日もウミウシLOVEなH間さんです。何も言わなくても背中で分かります。 やはり慶良間は水温が高い。快適に潜れました。

photo

ウミウシダイブと言いながら、黄色の「カエルアンコウ」からスタート。色も綺麗なまま健在しています。ロングラン記録ですね。

photo

去年は大量発生していた「アユカワウミコチョウ」ですが、今日は1個体しか見つけられませんでした。

photo

フォトジェニックな「キヌハダウミウシ属の一種」。いつかデジイチで綺麗に撮ってあげたい。

photo

「トサカリュウグウウミウシ」。このフォルム、カッコいいと思います。

photo

『変わった色の岩があるなぁ。』と思っていたら、「ニライカサゴ」でした。しかもでかい。 ウミウシ捜しでマクロ眼になっている時に目の前に現れるとビックリします。 それにしても、何でこんな色になっちゃったの?

photo

H間さんが見つけてくれた「ネコジタウミウシ属の一種」。普段見るものよりも黄色味が強かったです。

photo

これもH間さんが見つけた「オレンジウミコチョウ」。「キイロウミコチョウ」や「ムラサキウミコチョウ」も居ました。 ウミコチョウ系も確実に出てきてはいるのですが、例年に比べて少ないです。

photo

「ケラトソーマ・シヌアータム」は出てくると嬉しいウミウシです。

photo

ウミウシが少ない感があるので、ラストダイブはカメラを置いて捜す事に専念しました。 「ゼニガタフシエラガイ」でしょうか? 綺麗な個体でした。(Photo by H間さん)

photo

こちらはOcean Blue初となる「シロスジミドリガイ」。H間さんもお初だそうです。 でも「沖縄のウミウシ」を見てみると、普通種と書いていました。あれれ?  まぁ、何はともあれ初物が見れて良かったです。(Photo by H間さん)
昨日27種。本日37種。だぶりを除いて2日間(6ダイブ)で55種でした。まだまだですね・・・。

photo

ログ付けの時に、那覇に来ていた中野理枝さんが遊びに来てくれる。ウミウシゆんたくで楽しい時間を過ごせました。

 ■ ウミウシLOVE     2010/03/26
今日もカジマーイが続いています。気温は一気に下がって17度。車のエアコンが冷房から暖房に変わりました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち晴れ
 気 温 : 17度
 水 温 : 21度
 風 向 : 北
 波 高 : 4のち3m
 透明度 : 6m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はウミウシ大好きH間さん。いつも登場写真で笑わせてくれるH間さんですが、今回も例外なく・・・。(笑)

photo

西海岸や慶良間では23度近くあった水温も、東海岸は21度。やっぱ、黒潮の当たり方が違うんでしょうね。 ちょっぴり寒かったですが、水中ではあちこちでウミウシ達がラブラブでした。 「ムカデミノウミウシ」の交接。モザイク無しで掲載します。(笑)

photo

今年は「カメキオトメウミウシ」が大量発生ですね。こちらも組んず解れつ激しく求愛中。

photo

『おーい!待てよー!』 『オホホ、私をつかまえてごらんなさい』。追いかけっこ中の「マダライロウミウシ」。

photo

「イガグリウミウシ」は大人しい感じで・・・。

photo

水面休息中は「ウミウシ勉強会」を実施。 時間を有効に使えるし、ウミウシダイブには最強の組み合わせ。 H間さんからは『テキストだけでも十分に価値がある』と言って頂きました。 これからウミウシダイブを行なうお客様も是非受講してみて下さいね。

「ニンジンヒカリウミウシ」は体の横に発光瘤という器官があって光るのです。

photo

「ホソスジイロウミウシ」をパチリ。あれ?横に何か写ってる?

photo

何と、小さな「ニシキウミウシ」のおチビちゃんじゃないですか!  「ホソスジイロウミウシ」が1cmくらいだったので、このコはミリ単位の大きさでした。こんな小さいの初めて見ました。可愛かったです。 ちなみに、20cm級のヤツも居ましたよ。

photo

たくさんのウミウシを見たけど、写真はあまり撮ってないのです。明日はもう少し頑張ります。

 ■ 荒れてます     2010/03/25
今日はまたまたニンガチカジマーイがやってきました。外ではゴーゴーと風が音を立てています。 しかも、南の海上では台風1号が発生しました。こっちに来なきゃいいけど。

写真は昨日撮ったものです。ダイビング始めた頃は「クマノミ」をずーっと見ているだけで幸せだったなぁ・・・。 なんて事を思い出しました。今はあんまり観察する事もなくなっちゃいました。何故なんだろ? 可愛いんですけどねー。

photo

撮った写真を何枚か見てみると、この「クマノミ」、ずーっと口を開けている事に気がつきました。どうやら口の中に寄生虫が入っているみたい。 じっくり観察すれば、水中で気がついて、もっとたくさん撮っていたかもしれないのだけど、この時は「クマノミ」を狙っていた訳ではないのです。

photo

メインはイソギンチャク。このイソギンチャクは「チクビイソギンチャク」と言います。 なーんか赤面しそうな名前ですねぇ。女のコとマンツーの時はスレートに書けません。(笑)  でも、色白で、先端だけ淡い紫色が入ってて、綺麗なイソギンチャクなんですよ。沖縄ではそれほど多く見ないので、見つけたらやっぱ紹介しちゃうかも。

photo

明日は一気に気温が7度も下がるそうです。風邪ひかないようにしなきゃ。

 ■ ポイント調査     2010/03/24
今日は気温27度の夏日。Tシャツ1枚でも汗がダラダラ流れるくらいの暑さです。 まさに絶好のダイビング日和。居ても立ってもおられず、デジイチ持って飛び出してきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 27度
 水 温 : 23度
 風 向 : 南
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 20〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

狙ってた生物が居たので深場へ直行。でも、今日は出会えませんでした。トホホ・・・。 ここまで落ちて何も撮らないで戻るのも淋しいので、途中で黄色の「ピグミーシーホース」をパチリ。(2個体写ってるので良く見てね)

photo

大きな「タヌキイロウミウシ」が居ました。ダイビングベルを置いて大きさを比較してみました。

photo

「カノコウロコウミウシ」はこのポイントの定番ですね。

photo

知り合いイントラのSさんから教えてもらっていたウミウシ。分かり易い場所に居たのですぐに見つける事ができました。 しかし、図鑑で調べてみても、これだ!というのがありません。 触角の形状から「スギノハウミウシ亜目の一種」と思うのですが、背中がこんなフリフリしてるやつは思いつきません。

photo

3個体居ました。小さい個体は赤味が強かったです。 今川の直感では「ロマノータス属の一種」のような気がするんですが・・・。 ちょっと調べてみますね。お時間下さいませ。

photo

最近はヒラムシを見つけてもあまり撮らないようにしています。(だって名前が分かんないんだもん) でも、綺麗なヤツはちょっと撮ってみたくなりますね。

photo

こちらは「タイヘイヨウイロウミウシ」に似た個体です。

photo

真栄田に移動したら、水中でイントラのKさんと遭遇。その時に教えてもらったエビ。これも名前が分からんちん。

photo

「クマノミ」が卵の世話をしていました。 沖縄の「クマノミ」は、ほぼ一年中産卵活動をしていますが、これからますますペースが早くなります。頑張れー。

photo

「ハダカハオコゼ」は覗いている感じで。

photo

「アオウミガメ」とも遭遇。真栄田のビーチエントリーでは久し振りの出会い。100mmマクロなので顔だけ・・・。

photo

ようやく見つけた「バオバブカイカムリ」(仮称)。 昨年、石垣島の仲良しショップさんが見つけて、それから気にはしていたんですが・・・って、いつも「ツヤトサカガザミ」見てたホストじゃん!  灯台下暗しとはまさにこの事。

photo

バオバブって言うより、インディアンですね。(笑)

 ■ 今日もクジラ     2010/03/23
3連休が無事に終わりました。この間、お受けできなかったお客様は申し訳ありませんでした。 GWも既にお断りしているお客様が出てきてますが、できる限りヘルプスタッフを増やしたり、他のショップさんを紹介したりして対応して行きたいと思います。 予定表が赤マークになっている日でもお気軽に問い合わせてみて下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 25度
 水 温 : --度
 風 向 : 南東のち南
 波 高 : 1.5m
 透明度 : --m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日はOcean Blue 2回目のご来店となるI江さんとI崎さんが遊びに来てくれました。 昨日まで伊江島で潜ってきたという事で今日が最終日。ホエールウオッチングに行ってきました。

photo

今日のクジラはブリーチングスタートでした。 跳んでる「ザトウクジラ」を発見してボートを近付けてからウオッチング。写真は撮れてないです。ゴメンナサイ。

photo

その後はボートの近くで突然出てきたりと、ドキドキのホエールウオッチングでした。

photo

お腹が空いたので、沖縄そばのお店にご案内しました。今川のオススメは軟骨ソーキそば。トロトロの軟骨がGOOD。

photo

もう一つ、最近ハマってるサイドメニューが大東寿司。サワラを砂糖醤油に漬けてるので甘みがあって美味しいです。

photo

明日もいい天気みたいなので潜りに行きたいな。明後日はまたカジマーイみたいだし・・・。

 ■ クジラとジンベエとウミウシと     2010/03/22
昨日はカジマーイでドンブラコ状態だった海も、今日は南風で波も下がり穏やかになりました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち曇り
 気 温 : 24度
 水 温 : 21〜22度
 風 向 : 東のち南東
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 10m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日はO山田さんとK木さんの最終日。リクエストのホエールウオッチングツアーに行ってきました。(Photo by 徳ちゃん)

photo

黄砂で視界が悪く、クジラが捜しにくい状況だったのですが、特大の「ザトウクジラ」ゲットです。(Photo by 徳ちゃん)

photo

大きなテールを上げてのフルークアップでしたが、前のボートに邪魔されました・・・。でも、その大きさが分かりますね。 今日は「カジキマグロ」のジャンプも見れたらしいですよ。写真はないけど・・・。(Photo by 徳ちゃん)

photo

午後からは美ら海水族館ツアーにも行ってきました。(Photo by 徳ちゃん)

photo

「ジンベエザメ」や「マンタ」に見とれてましたね。今日は大物三昧でした。(Photo by 徳ちゃん)

photo

匿名希望のお二人はウミウシダイブ。今日のレッドビーチは透明度が良かったです。コンパス要らずの快適ダイビングでした。

photo

前回レッドに潜ったのが2/13だから一ヶ月以上空いています。『ウミウシ増えてるかなー?』と心配しながらエントリー。 すると、幸先良く「レンゲウミウシ」が登場。

photo

普通種のマダライロ、ヒョウモン、コイボ、ムカデミノ、ホシゾラ、センテンイロ、イガグリ、キカモヨウ、ハナビラミノ、コモン、プレキオーサ、ホソスジイロ・・・etc、はたくさん居ました。 久し振りのウミウシ回転寿司状態でした。ウミウシ喰いの「キイボキヌハダウミウシ」も出てきました。

photo

ウミウシ以外に一つだけ、とあるエビのリクエストを頂いていたので、それを撮ってもらっている間、「カイカムリ科の一種」を確認。 ここで一番最初に見つけた個体はいまだに定位置をキープしています。帽子がナポレオンの二角帽子みたい。(笑)

photo

たこ焼き帽子も同じ場所に居付いていますね。

photo

ウミウシに戻ります。「カメキオトメウミウシ」でしょう。3個体見つける事ができました。

photo

「シラナミイロウミウシ」の大きいのがのっしのっしと歩いていました。

photo

初めて見た「ミスガイ」。

photo

「ムカデメリベ」。頭巾をバッサバッサと広げて食事をするシーンは面白くていつまで見ていても飽きません。

photo

大きな「ニシキウミウシ」はラブラブ交接中。

photo

「イチゴジャムウミウシ」も居ました。 今年のレッドはウミウシが少なかったのですが、もう完全に底を脱したと言えるくらい多くのウミウシが見れました。 本当にウミウシまみれのダイビングでしたね。

photo

ウエットスーツの注文を頂いたので、採寸をしていたら、中野理枝さんが遊びに来てくれました。お二人は突然の来店にビックリ。 「アガラサー」のお土産を頂いたので、しばしコーヒータイム。楽しいひと時を過ごせました。

photo

そろそろ新年度。皆さんも新しいウエットスーツを作りませんか? 5mmのフルオーダーウエットが2万円で作れますよ。

 ■ ニンガチカジマーイ     2010/03/21
今日は昨日とは打って変わって北風が吹き荒れました。 沖縄では旧暦の2月(今日は旧暦の2月6日)に、急に北風が強くなり海が荒れる事をニンガチカジマーイ(2月風廻り)と言っています。 相手は自然なので仕方がないのですが、何で、よりによって連休の中日にやってくるんでしょうね。意地悪ぅぅ・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち晴れ
 気 温 : 23度
 水 温 : 22〜23度
 風 向 : 北のち北東
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は8名。到着チームは恩納村へ。リピーターのO村さんと、Ocean Blue初参加の大学生のS元さんとH山さんです。お二人は、何とW稲田!(←何故伏せ字(笑)) 全員100〜200本オーバーのベテランさんです。(Photo by ユミ)

photo

午前中は荒れていた海も、午後は穏やかになって無事に潜る事ができました。「トウアカクマノミ」。(Photo by ユミ)

photo

「セミホウボウ」がヒレをシャキーン!と広げてくれました。 ヒレを閉じてると壊れた傘みたいだもんなぁ・・・。(Photo by ユミ)

photo

たくさんの魚達に囲まれてきました。(Photo by ユミ)

photo

そして、慶良間チーム。昨日から連チャンのK瀬さん、O山田さん、K木さん。そしてリピーターの匿名希望さんのお二人です。
送迎が終わって、さぁ出かけましょうかという時に、『波が高いので出港を10時に変更する』という連絡があり、ショップで足止めを食らう事に・・・。 でも、皆さんがウミウシ勉強会を受けたいという事で、急遽、講習を行い、時間を有効に使う事ができました。ありがとうございます。

photo

ボートは出港したものの、まだ波は高く、チービシ止まりでしたが、それでもしっかり3本潜って来ましたよ。 ウミウシ勉強会を行なった直後なので、皆さんも自分でウミウシを捜していました。「ミゾレウミウシ」は川の字〜。

photo

「キイロウミウシ」は何個体か見つける事ができました。

photo

「リュウグウウミウシ」は5m以上離れたところからでも見えました。自分の視力にビックリ。(遠くは良く見えるのです(笑))

photo

和菓子のような「キスジカンテンウミウシ」。

photo

そして、「テンテンウミウシ」も出てきました。ブリーフィングで『見れるかも?』って言っていたので、見つける事ができて一安心。

photo

ウミウシ以外では、赤い「オオモンカエルアンコウ」も見つける事ができました。

photo

夜はセルフダイバーのお友達の誕生会に出かけてきました。H田さん、おめでとー!

photo

明日も潜るのだ。ウミウシまみれになってきます。


TOP >>ログブック >>2010年3月のログブック