TOP >>ログブック >>2009年9月のログブック

 ■ めでたい♪     2009/09/30
季節は秋。ダイコンの水温が27度を表示するようになりました。 これからだんだんと下がっていき、一ヵ月後の10月末には26度になります。 26度というと『暖かいじゃん!』と思う方も居るかもしれませんが、ついこの前まで30度近い水温で潜ってた我々にとっては堪え難い変化です。 去年のログ見てたら10月にはフードベスト着てるし・・・。
そんな訳で、ロクハン&フードベストを作りたい方は今がチャンスですよ〜。お早めにお申し込み下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 27〜28度
 風 向 : 南東のち東
 波 高 : 2.5m
 透明度 : 15〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は沖縄在住のO田さんとM下さんが潜りに来てくれました。(M下さん、沖縄在住でいいよね?(笑)) O田さんは今月CPRを受講してくれましたが、ダイビングは約半年振りなので、まったり系を希望。 本島ボートとビーチを組み合わせてまったり潜ってきました。

photo

1本目はオーバーヘッドロック。リーゼント頭の地形が名前の由来です。

photo

ウミウシ枯れの季節だというのにウミウシが目に付きましたね。「ミゾレウミウシ」は一年中見られる普通種。

photo

「ババイボウミウシ」はちょっと珍しい。

photo

「キスジカンテンウミウシ」はラブラブ交接中。交接器官も触角や二次鰓と同じ模様なのですね。

photo

2本目は砂地でまったり。ヨスジの根の「ヨスジフエダイ」が増えてきました。

photo

「トウアカクマノミ」は卵を産んでいました。

photo

「ミナミホタテウミヘビ」もパチリ。

photo

昨日の「ウシバナトビエイ」との遭遇を期待して、ナカモトもカメもカエルアンコウも捨てて、ひたすら砂地を散策したのですが、今日は会う事ができず・・・。 「ヒラツノモエビ属の一種」かなー?(Photo by M下さん) これ以外では「バイオレット・ボクサーシュリンプ」や「ベンケイハゼ」を見てきましたよ。

photo

3本目はビーチに移動して潜ってきました。まずは「モンツキカエルウオ」にご挨拶。意味はないけど写真を縦にしてみました。

photo

O田さんからリクエストを頂いていた「グルクマ」の群れも見る事ができました。

photo

「ピグミーシードラゴン」はお腹が大きくなっていました。M下さん粘ってましたね。

photo

「アカメハゼ」もまだまだたくさん。

photo

この時期の定番「アカクセニアウミウシ」はO田さんが見つけてくれました。

photo

「イロブダイの幼魚」も可愛かったですね。(Photo by M下さん)  本当は「アカククリの幼魚」や「黄色のジョーフィッシュ」、「ヒレナガネジリンボウ」というコースを回りたかったのですが、 1本のタンクでじっくり写真を撮ってると、なかなか予定したコース通りに進みません。また今度って事で・・・。

photo

そして、今日はめでたい事にO田さんが200本記念を迎えられました! これからもたくさん潜って下さいね!

photo

遠く離れたサモアで発生したM8の地震で、ベタベタな筈の西海岸にも影響が出ました。 津波到達時刻の13:30よりも我々が帰る16:00くらいの時の方が波が打ち寄せてました。海は繋がっているんだなぁ。

photo

9月も今日で終わり。たくさんの方と潜る事ができました。ありがとうございました。 10月も平日は空いていますので、遊びに来て下さいね。

 ■ 地形と砂地     2009/09/29
地形も好きですが、砂地はもっと好きな今川です。貴方はどっち派?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 27〜28度
 風 向 : 南東
 波 高 : 2.5m
 透明度 : 15〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は超お久し振りのリズムさん。 ウチに来ていない間に、オーストラリア→ニュージーランド→バリ→シンガポールを渡り歩いていたそうです。 日本では、沖縄から徐々に北上して実家の北海道まで数ヶ月をかけて全国を巡るそうです。行動派なのですね。 記念写真を撮り忘れていたので水中でパチリ。

photo

地形好きというリズムさんを連れて行くにはここしかないでしょう。 今日の夢の穴は貸し切りでした。しかも、朝一番なので透明度バツグン!  穴の門番が多すぎてピカチューのシルエットが見えません。

photo

門番の正体は「ミナミハタンポ」でした。すごい数ですね。

photo

『はぁ〜、肩凝りにはサロンパスだねぇ〜。』と言ってるみたいな「スミレナガハナダイ」。 ところで、魚の肩ってそこなの?

photo

大きなウチワとパチリ。

photo

ここの「ヤマブキハゼ」は引っ込まないです。

photo

2本目は砂地のポイントでしたが、『あれが見れるなら。』という事で潜ってきました。 まずは、「ムレハタタテダイ」がお出迎え。

photo

「ツチホゼリ」。地味な魚ですが、ついつい紹介してしまうくらいフレンドリーでした。

photo

そして、ようやく「あれ」と遭遇。

photo

ダイビングエリアでは珍しい「ウシバナトビエイ」が登場。ここ最近同じ場所に居付いているそうです。 しかも、全然逃げなくて寄り放題。後半はずーっとこのコ達の優雅な泳ぎを眺めていました。

photo

3本目はもう一つのリクエストだった青の洞窟で潜ってきました。2つの穴を潜り比べです。

photo

この穴の奥にも「ミナミハタンポ」が群れていました。

photo

「ピグミーシードラゴン」を見たり、「オランウータンクラブ」や「オドリハゼ」(下の写真)なども見てきました。

photo

台風17号が発生! 西に抜けろ! 西に抜けるんだぁ〜! エコエコアザラク! エコエコザメラク!

 ■ 旬を求めて     2009/09/28
台風16号は意外と大きく成長していて、その勢力は960hPa。 その影響かどうかは分からないけど、遠く離れた沖縄本島も若干強めの風が吹いています。 でも、東からの風なので、西海岸は絶好のコンディションが続いています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち雨
 気 温 : 32度
 水 温 : 27〜28度
 風 向 : 東のち南東
 波 高 : 2のち2.5m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はお久し振りのM下さん。何と沖縄に移住しちゃいました! めんそ〜れ〜!  これからOcean Blueのログにも頻繁に登場してくれる事でしょう。期待してます。

photo

M下さんも今の旬には敏感。『今、話題のアイツが見たい。』とリクエストしてくれました。 『おっしゃー!出て来いやー!』『逆に食ってやるー!』と気合い十分にエントリー。ちなみにエントリー口はこんな感じ。

photo

しかーし、気合いとは裏腹に今日も敢え無く撃沈・・・。最近、大物運がないのかな?  「マツカサウオ」も今の旬ネタなのですが、地元、富山ではたくさん居るそうで、チラ見してスルー。

photo

「ヤッコエイ」・・・。へんじがない、ただのしかばねのようだ。

photo

この時期から出てくる「シロウサギウミウシ」。カレンダー通りの登場です。今日は2個体見つけました。

photo

2本目は調査ダイブ的に潜って来ました。 M下さん、今まで「ピグミーシーホース」を見た事がなかったのに、自分で見つけてくれました。 越前でガイドをしているだけあって目は確かです。

photo

「タテスジイボウミウシ」も居ましたが、これ以外にあまり大きな収穫はありませんでした。

photo

3本目は再び旬を求めてポイント移動。「ハナヒゲウツボ」の青色の個体は・・・。

photo

2個体居ましたよ。2匹の距離は3m。カップリングして欲しいですね〜。

photo

そして、今日一番の旬ネタ。黄色の「ハナヒゲウツボ」も見る事ができました。 前回見た時より更に真っ黄色になっていますね。 (Photo by M下さん)

photo

明日も潜るのだ。

 ■ ワイワイ♪     2009/09/27
毎日潜って、毎晩飲んでの生活が続いていますが、まだまだ全然疲れません。今年は夏バテってなかったなー。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 28度
 風 向 : 東
 波 高 : 2m
 透明度 : 25〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は7名。昨日から連チャンのA蔵さんにチームJDC沖縄支部のS利さんとM藤さんが参加。 お久し振りのK嶋さんとK藤さんは、体験ダイビングのM平さんとS納さんを連れて来てくれました。 全員で慶良間に行ってきました。

photo

1本目はカメ。マニフェストで3カメをお約束。カメさんの寝床では「アオウミガメ」が2枚並んで寝ていました。よしよし。

photo

その後、1枚のカメがテイクオフ。泳いでいるカメは画になりますね。S利さんと。

photo

その後はクマノミやタコなどと戯れつつ・・・。

photo

「タイマイ」も見てきました。マニフェスト通り3カメゲットでした。

photo

こちらは体験チーム。K嶋さんとK藤さんは付き添いで潜ってもらいました。 体験チームも無事に「アオウミガメ」を見る事ができました。(下に写ってるのが分かる?)

photo

2本目は砂地のポイント。ボートのすぐ近くには「ミナミホタテウミヘビ」。

photo

ウミウシもたくさん見る事ができました。「アカフチリュウグウウミウシ」のビビッドな色使いには皆さん関心しきり。

photo

怪獣のような「ヒメオニオコゼ」に・・・。

photo

トコトコ歩く「ウミテング」など、砂地の定番生物を観察しつつ・・・。

photo

ディープな世界にも行ってきました。

photo

S利さんは中国拳法をマスターしたようです。アチョー!(笑)

photo

2本目の体験チームの写真はないのだけど、すっかりダイビングにハマったM平さんとS納さんは3本目も希望。 しかも、体験なのにドリフトしちゃいました。将来有望です。

photo

大きなイソバナがあったのでパチリ。

photo

このサメはお腹がポッコリ膨れていたけど、何を食べたのでしょうか?

photo

サンゴに群れる「キンギョハナダイ」など、多くの魚の中をひたすらゆっくりと流されてきました。気持ち良かったです。

photo

S利さんとM藤さんは今日でアドバンス認定で〜す! おめでとうございま〜す! パチパチ。 お陰様で沖縄限定アドバンスカードのクマノミバージョン絶好調です。

photo photo

夜は焼肉。伝説のレバ刺しが美味しかった♪

 ■ 慶良間と本島     2009/09/26
トップページに本日の誕生日のお客様の名前を掲載させて頂いていますが、今日は2名の亜紀さんが誕生日を迎えられました。 同じ名前で、同じ日に生まれて、更にOcean Blueに潜りに来るなんて、すごい偶然ですね。おめでとうございます!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 28度
 風 向 : 東
 波 高 : 2m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は5名。慶良間チームと本島チームに分けて潜ってきました。 慶良間チームは連チャンのK上さんご夫婦と常連様のK俣さん。そして、今月だけで6回も参加してくれているスーパー常連のU木さんです。(Photo by 徳ちゃん)

photo

地形のポイントを潜ったり・・・。(Photo by 徳ちゃん)

photo

サンゴの綺麗なところで「テングカワハギ」と出会ったり・・・。(Photo by 徳ちゃん)

photo

透明度の良い海をバビューンと泳いできたり、全員でがっつり3本潜ったそうです。(Photo by 徳ちゃん)

photo

本島チームは本日到着のA蔵さん。今川とビーチに出かけてきました。

photo

今の旬に敏感な天蔵さん。今日も昨日までのログをチェックして、色々と見たいものをリクエストしてくれました。 見せられた物もあれば、見せられなかった物も当然ありますが、そこは一つ寛大な心でお許し下さいませ。 「オオモンカエルアンコウ」はこの場所がお気に入り。

photo

「マツカサウオ」はじっくり見て頂きました。

photo

喜んでくれた「アケボノハゼ」。コンデジでは一番弱い構図ですが、ジャスピンで今川も嬉しい。

photo

ヌメッとした質感の「オキナワサンゴアマダイ」。

photo

「ピグミーシーホース」も見つけましたが、小さくてピントが・・・。

photo

更に小さかった「アカボシウミウシ」のおチビちゃん。スレートの鉛筆の上に乗っけて撮影しました。 大きさは1mmあったかなー?って感じ。でも、はっきりと目が見えています。

photo

「ミガキブドウガイ」の綺麗な個体を見つけました。背中の貝殻がビー玉みたい。

photo

「マルミカイカムリモドキ」。その被り物大き過ぎやしませんか? ヨロヨロしてました。(笑)

photo

今日は嬉しい事にK上さんの奥様が700本を迎えられました。(旦那様は前回のOcean Blueで700本でした) 夫婦合わせて、何と1,400本! すごいです! これからもたくさん潜って下さいね〜。

photo photo

熱低は予報通り16号になりました。そして、予報通り大陸方面へ・・・。よしっ!

 ■ ディープな世界     2009/09/25
石垣ツアーまで一週間を切りました。16号になりそうな熱低もどうやら大陸に抜けて行きそうなルートです。 天気が良いのを祈るばかりです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち晴れ
 気 温 : 31度
 水 温 : 27〜28度
 風 向 : 東
 波 高 : 2.5m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は昨日から連チャンのK上さんご夫婦と潜って来ました。リクエストの万座へ出かけてきましたよ。

photo

1本目は夢の穴へ。穴の出口には門番の「ミナミハタンポ」がこれでもか!ってくらいに群れています。

photo

「スミレナガハナダイ」にはそっぽを向かれました・・・。

photo

クリーニングステーションでは「アカハタ」が気持ち良さそうにクリーニングされてました。

photo

「ユキンコボウシガニ」は2個体を発見。

photo

2本目は本日のリクエストの「ナカモトイロワケハゼ」を見に行きました。 今がナカモトさんのピークと思えるくらい、どのビンにもたわわにナカモトさんが着いていました。 しかも、今日は貸し切りで、どのナカモトさんに張り付いてもオッケー状態。贅沢〜。

photo

石垣で「ナカモトイロワケハゼ」を見た事があるというK上さんでしたが、その時は1個体だけだったそうです。 この場所での「ナカモトイロワケハゼ」の多さに驚いていましたね。

photo

「オオモンカエルアンコウ」は定位置。もはや置き物。

photo

「トウアカクマノミ」にも会ってきました。

photo

ラストは「イソギンチャクモドキカクレエビ」の白い個体をパチリ。

photo

今日は2本ともディープだったので午前中で終了。(でも、減圧は出していませんよ) 早めに終わったのでショップで寛いでいると、中野理枝さんがミスタードーナツを持って遊びに来てくれました。 『明日の朝食の分も』って事で、たくさん置いて行ってくれたのだけど、お腹が空いていたのでその場で全部食べちゃいました。 理枝さん、ありがとう!

 ■ ベタベタ     2009/09/24
風の強い沖縄ですが、東からの風なので西海岸はベタベタ。絶好のコンディションになっています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 雨のち晴れ
 気 温 : 31度
 水 温 : 28度
 風 向 : 東
 波 高 : 2m
 透明度 : 15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は7月に来てくれたばかりのK上さんご夫婦が早くもリピートしてくれました。 Ocean Blueを気に入ってくれて、こうして何回も来てくれるお客様が居るのは嬉しい事です。 今日は到着ダイブだったので、近場のビーチに行ってきました。

photo

「グルクマ」の口を開いて泳ぐシーンは圧巻! もう秋だなぁ・・・。

photo

お二人からのリクエストだった「キオネミクティス・ルメンガニィ」こと、「ピグミーシードラゴン」。 いつもログには大きな写真を載せてるので、実物を見るとその小ささには驚かされるようです。

photo

「アカメハゼ」はお腹の大きい個体が増えてきました。単なる食べ過ぎ?

photo

「ニセアカホシカクレエビ」は虫眼鏡でじっくり観察して頂きました。

photo

変わった色のブダイが居るなーと思って撮影。帰って図鑑で調べてみるけど、こんな色のブダイは載っていません。 もしや?と思ってベラのページを見ると、「タキベラ」の若いステージの写真と合致します。 ベラかぁ。あんまり見た記憶がないですね。

photo

伝説の引っ込まない「ヒレナガネジリンボウ」。 今日見た3個体とも度胸満点でした。どうしてここの個体だけこんなに寄れるんでしょうか? 不思議。

photo

「キヌハダウミウシ」でしょう。

photo

こんな場所に!?ってトコロに居た「ウミテング」。

photo

最後は定番の「モンツキカエルウオ」を見てきました。

photo

下の方に熱帯低気圧がいっぱい・・・。

 ■ SW終了     2009/09/23
今日はお客様から突然のキャンセルが入り、一足先にSWが終了してしまいました。 他のショップさんが忙しそうに潜ってる時にトホホな気分なのだけど、気持ちを入れ替える為にポイント調査で潜って来ました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 31度
 水 温 : 28度
 風 向 : 東
 波 高 : 2.5のち2m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1本目。とある情報があったので、ドカーン!と深場へGO!  人生史上最大深度の○○mまで行ってきましたが、お目当ての生物は発見できず。 まぁ、見つけたとしてもそうそうお客様を連れて行けない深度ですけどね・・・。 「アカオビサンゴアマダイ」はウジャウジャ居ました。

photo

「ズグロダテハゼ」。エビが出てきそうでしたが、粘って撮るのをダイコンが許してくれません。

photo

ゆっくり深度を上げながら「シンデレラウミウシ」をパチリ。

photo

「ハミノエア・オワリス」かなー?

photo

2本目。初めてお会いする地元ダイバーさんから情報を頂き「オオモンカエルアンコウ」をゲット。

photo

これも教えて頂いた「マツカサウオ」の小さい個体。 このコの10cm下を黄色のチビカエルアンコウがトコトコ歩いていたのだけど、写真は撮れず。情け無し・・・。 そして、もう一つの情報、『大きくて危なそうなサメが3匹徘徊してるよ〜。』というのも見れませんでした。 その代わり、大きな「マダラトビエイ」は見れたんですけどね・・・。どのみち100mmマクロでは写真に撮れず・・・。

photo

「トゲミズヒキガニ」は「カイメンソウ」を背負ってました。

photo

3本目。今年のマブールツアーで見た「マッシュルームコーラルシュリンプ」にソックリなエビ。 いや、ソックリというより、ズバリそのものと言っても良いのかもしれません。(ホストは違うけど)  海外のショップさんはこれを「ヒメイソギンチャクエビ」としている所もありますが、とりあえず別種扱いにしておきましょう。

photo

「ピグミー・シードラゴン」のおチビちゃん。

photo

「ワライヤドリエビ」は最近見る機会が少なくなってきた・・・。たくさん居るんですけどねー。目が緑色の個体デス。

photo

久し振りに「アナモリチュウコシオリエビ」なんかも撮ってみる。

photo

「オオハシカルパガザミ」は最近良く見ます。

photo

「リュウグウモエビ」も相変わらず多い。

photo

そして、このSW期間中に存在を知ったこの生物。穴の中からじっと覗いています。 知ってる人は『半年前から居るよー。』って言ってるけど、全然気が付かなかった。 いつも行く場所なのに、灯台下暗しとはこの事。 多分、「クロアナゴ」だと思います。太さはビール瓶くらいあって、かなーり大きく感じます。この穴から出られるのかなー?

photo

SWで餌付けするダイバーやシュノーケラーが多かったからでしょうか?  「ツバメウオ」が少し増えてきたような気がします。また以前のような群れを見せて欲しいですね。

photo

さて、1日ゆっくりとリセットできたので、明日からまた頑張って潜ってきます。

 ■ 今日も慶良間で     2009/09/22
シルバーウイーク4日目。 いつも慶良間に行くボートは全便出航。更には普段は見た事もないボートも出てきてポイントはごった返し。 当然、見た事もないインストラクターも駆り出されて来ている訳で、水中ではゲスト以上に砂をモウモウと巻き上げたり、サンゴを折ったりするスキルのないイントラが居たり、 前を見てなくて他のゲストとぶつかったり(このイントラは謝りもせず逆にガンをとばしてた)、 あるポイントの有名な生物の居るトコにドカッと着底して周囲で観察している人達から大ヒンシュクを買ったり、 デジイチ持って撮影に没頭してゲストを見てなかったり、etc・・・。 こんなインチキラクターとは潜りたくはないなぁ・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 28度
 風 向 : 東
 波 高 : 2.5のち2m
 透明度 : 20〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は常連様のU木さん。今月5回目のご来店です。 そして、U木さんのお友達で、長崎から今月2回目のユカリさんとOcean Blue初参加のI田さんが来てくれました。 ユカリさんは今日はシュノーケルで参加です。 今日のボートは空いていて快適に過ごせました。

photo

1本目。冒頭にも書いたように水中は芋洗い状態。なので、できるだけ人ごみを避けるように泳いできました。 晴れていると、水底に自分達の影が写ります。

photo

「ジョーフィッシュ」もたくさんの人に見られてお疲れモード?

photo

昨日も紹介したけど、最近の慶良間は「ホンカクレエビ属の一種」が多いです。昨日のはウミエラに着いていたけど、今日のはイソギンチャクに着いていました。 「アカホシカクレエビ」が出る時は、どのホストを見てもアカホシだらけで、その後、それがガラリと「ニセアカホシカクレエビ」に変わったりします。 卵の発生時期と量によるパワーゲームが行なわれているのですね。

photo

ウミウシでは「クロヘリシロツバメガイ」が居ました。

photo

2本目はマクロからスタート。「イロブダイ」の幼魚を見たり・・・。

photo

「ピグミー・シードラゴン」を見たりしました。初めて見るI田さん、ビックリした様子でした。

photo

それ以上にビックリしたのが「マダラトビエイ」。大きさはゆうに3mはあり「マンタ」かと思う程でした。 水底ギリギリのトコロをホバリングしてて、気が付いた時にはもう目の前。(心臓が止まるかと思った) あわてて振り返り、お二人に教えて、マクロモードにしていたカメラを切り替えているうちにスーッと行ってしまいました。残念。 でも、皆が見れたので良かった。

photo

U木さんが見つけてくれた「オオモンカエルアンコウ」。ナイスです。

photo

その後、U木さんがI田さんに見せてあげたかったカメも見つける事ができました。

photo

3本目はドリフトダイブ。 『さっき「タイマイ」を見たから今度は「アオウミガメ」を捜しましょう。』と言ってたら、幸先良く「アオウミガメ」が出てきてくれました。

photo

ゆっくり泳いでくれるいいコちゃんだったので、ずーっと一緒に遊んでいました。 この後も「タイマイ」を見たりしてきました。

photo

ラストはシュノーケリングのユカリさんを下からパチリ。ユカリさんは来月Cカードを取りに来てくれます。お待ちしてまーす!

photo

さて、明日はどうしましょうか・・・。

 ■ やっぱ慶良間でしょ     2009/09/21
ここ最近、ずーっとお客様との飲みが続いています。 帰ってきてからバタンキューなので、ログの更新はおろかメールのお返事も日を跨いでしまいます。ご容赦下さいませ。 さぁ!シルバーウイークも今日が中日。楽しんで潜って頂きましょ〜!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 28度
 風 向 : 東
 波 高 : 2.5のち2m
 透明度 : 30〜40m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は5名。昨日から連チャンのN澤さんご夫婦とナオコさんにOcean Blue初参加のO澤さんご夫婦が参加。 だいぶ波の下がった慶良間で潜ってきました。

photo

1本目。やっぱ慶良間は透明度がいいですね。スッコーン!と抜けてて、潜ってるだけで幸せな気分になります。

photo

そんな透明度の良い海でマクロ捜し。(爆) O澤さんの奥様がウミウシ好きという事で、ウミウシも見てきました。 「ヒョウモンツバメガイ」に目がある事を知って皆さん驚いていましたね。

photo

「クサイロモウミウシ」がたわわに・・・。

photo

「タイヘイヨウイロウミウシ」に擬態していると思われるヒラムシ・・・。

photo

エビ・カニ系も見てきました。 「アカホシカクレエビ」に似ているけど、背中の突起部分の模様が違うので、ウチでは「ホンカクレエビ属の一種」にしています。 3個体居ました。

photo

ナマコにギュッとしがみ付く「ナマコマルガザミ」。痛そうなんですけど・・・。

photo

2本目もウミウシスタート。「トサカリュウグウウミウシ」には「ウミウシカクレエビ」が着いていました。 ウミウシカクレ・・・って名前が付いている割には、ウミウシに着いている事は少ないんですよね。ラッキーでした。

photo

「カシワハナダイ」のオスはメスに積極的にアピール。 メスに体をすり寄せる時に体が青白く光って見えます。この時の色彩が一番綺麗だと思います。 メスへのアプローチを止めると、また普通の体色に戻っちゃうのです。

photo

「ウメイロモドキ」の群れも綺麗でしたね。

photo

3本目。「コブシメ」の中学生くらいのが居ました。

photo

綺麗なサンゴとそれに群れる色とりどりの魚達を眺めて泳ぎます。

photo

慶良間まで来てカメを見ない訳にはいかないでしょう。 この「アオウミガメ」は綺麗なベッドの上で寝ていました。

photo

ラスト10分で「タイマイ」と「アオウミガメ」合わせて4枚のカメがトントンと出てきてくれました。 終わり良ければ全て良しという感じでした。

photo

やっぱり慶良間は良いなーと再認識した一日。