TOP >>ログブック >>2009年8月のログブック

 ■ 昼から1本     2009/08/31
オセロゲームのように政局が変わってしまった今回の選挙。 新しい総理の仕事っぷりが楽しみです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 北東
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は地元のダイバー仲間のT倉さんご夫婦がお休みと言う事で、一緒に潜って来ました。 とはいえ、お互い午前中は用事があったので、午後からの1ダイブになりました。

まずは深場で「アカオビサンゴアマダイ」をパチリ。

photo

「オキナワサンゴアマダイ」も見てきましたよ。

photo

そして、今日も「アオマスク」の場所へ。1ダイブでサンゴアマダイ3兄弟制覇です。

photo

上の3種を見て回るだけでも減圧的にかなりギリなのですが、他にも色々と面白い生物が目に入るので、所々で寄り道したりして・・・。(爆)  「ピンクダートゴビー」こと「クロユリハゼ属の一種」はヒレを広げるまで待てなかった・・・。

photo

うーん、貴方は誰? こんな風に背中に褐色の細点が入るのは、図鑑「日本のハゼ」の「ダテハゼ属の一種4」と同じ特徴ですが、 もう一つの特徴である眼の下を通る横帯がありません。誰か知っている人が居たら教えて下さい。

photo

「トサヤッコ」もパチリ。ちょっと暗いけど、撮り直してる時間は・・・ない。

photo

「スミレナガハナダイ」は寄り過ぎて尾ビレが切れてしまった・・・。 これら4種は移動中に駆け足で撮ったので、どれも1枚ずつしか撮ってません。(お陰で情けない写真に・・・) 他のものには目もくれず一球入魂だったらじっくり撮れるんですけどねー。

photo

最後は浅場でひたすら時間潰し。「クロハコフグ」の幼魚がいい遊び相手になってくれました。 ちなみに昨日と今日の写真はレンタル用のNikon D70sで撮影しました。デジイチを使ってみたいお客様が居ましたら、お問い合わせ下さいね。

photo

今日で8月も終わりです。たくさんの方にご来店頂きありがとうございました。9月、10月はヒマヒマなので遊びに来て下さいね。

 ■ 幸せな一日     2009/08/30
今日はノーゲスト。即ちお休み。でも、気分はウキウキ。 今月はもう十分に働いたので、たまには休んでいいでしょう。デジイチ持って遊びに行きました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 東のち北東
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は地元のダイバー仲間からある生物の情報を頂いていたので、その捜索ダイブに出かけてきました。 最初は見当違いのトコロを捜していたようで、「オキナワサンゴアマダイ」のコロニーに迷い込んでしまいました。 でも、一応撮っとこ。

photo

本当の目的は「オキナワサンゴアマダイ」じゃなくて「アオマスク」(下の写真)です。 日本の海水魚には載ってなくて、標準和名はなく俗称。 つまり、日本には居ない事になってるみたいです。(与那国島では見られるんですけどね)

photo

という事は、沖縄本島に居る事自体イレギュラー。非常にレアだと思います。 今日は1個体しか確認できなかったけど、個体数が増えて居付いてくれると嬉しいですね。

photo

場所を移すと、そちらにも他のダイバー仲間が集結していました。 「ニシキフウライウオ」のおチビちゃんは体がスケスケでした。

photo

今日はこれだけではありません。黄色い「ハナヒゲウツボ」までもが登場〜。もうたまりませ〜ん!

photo

教えて頂いたT田さん、T倉さん、その他の皆さんもありがとうございました。 夜は皆で飲みに行きました。またまた安くて旨い店を開拓しました。幸せな一日でした。

 ■ ワイワイ!     2009/08/29
いい天気が続いている沖縄です。この数日間潜りに来ている方達は文句なしに『当たり!』です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 北東のち東
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 15〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は1名のキャンセルがありましたが、それでも8名の大所帯。ワイワイ賑やかに潜って来ましたよ。 お客様は大学のダイビングサークル「ウエーブ」のメンバーです。 左から、チョンさん、マシノさん、コヅチさん、ヨシムラさん、イチハラさん、イイオさん、ミオさん、シラトさんです。 さすが、若いと跳躍力がいい。今川のカメラワークでは皆さんの高さに追いつけなかったです。(笑)

photo

8名中4名がダイブマスターなので、1本目は深場チームと浅場チームに分かれて潜って来ました。 「ヤシャハゼ」(下の写真)、「ヒレナガネジリンボウ」、「ヤマブキハゼ」などをじっくり撮影。 「ホタテツノハゼ」は出てなかったです・・・。

photo

浅場へ戻る途中に「コウイカ」の子供(下の写真)が2個体でデート中。邪魔しちゃってごめんね。 1cmサイズの「イロブダイ」の幼魚も可愛かったですね。

photo

浅場チームと合流してすぐに、「フリソデエビ」をゲット。どうやら今年はフリソデの当たり年みたい。

photo

「ユキンコボウシガニ」(下の写真)は人気者。 「ニシキフウライウオ」や「オランウータンクラブ」にも刺さっていましたね。

photo

2本目はリクエストの「ジンベエザメ」を見に行きました。 透明度はまずまず。でも、人が多かった! ま、ウチも多いから仕方ないんだけどね。(笑)

photo

2匹の「ジンベエザメ」が並んで食事中。こうして見るとその大きさが分かりますね。

photo

ジンベエと一緒に泳いだり、写真撮ったり、思い思いに楽しんでもらいました。

photo

港に「ツバメウオ」の幼魚が浮いていました。枯れ葉みたいでしょ。でも、もうそんな季節なのですね。

photo

若さ溢れるメンバーは3本目も希望。「サラサウミウシ」の大きい個体が登場。ウミウシ大好きなミオさん、刺さってました。

photo

大きな「オオモンカエルアンコウ」が居ましたね。岩になり切ってました。

photo

青の洞窟の「ミナミハタンポ」は今がピークって思えるくらいに大爆発中。

photo

たっぷり潜ったので、上がった頃には太陽が水平線の彼方に・・・。夕日をバックに記念撮影です。

photo

夜はそのまま飲みに行きました。サンシン弾いたり、カチャーシーで踊ったり、楽しかったです。

photo

また遊びに来て下さいね〜。

 ■ ワイドもマクロも     2009/08/28
最近、スタフを入れようかどうか悩み中。 平日はヒマヒマなのですが、週末はお客様が多く(というかメニューが分かれてしまい)常連様までもお断りするケースが続いています。 とはいえ、季節はだんだんと秋から冬へ・・・。 これから先のウチの集客力を考えるとスタフなんて入れてる余裕は・・・ない。 うーむ・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 北東
 波 高 : 1のち1.5m
 透明度 : 25〜50m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は3名。連チャンのS矢さんに、常連様のO本さんご夫婦が参加。慶良間で潜って来ました。

photo

慶良間は昨日に続いてベストなコンディションが続いています。透明度もご覧の通り。どこまでも見えそーです。

photo

このポイントのメインは「コクテンカタギ」の乱舞。慶良間の普段のポイントではあまり見れません。 このコがたっくさん群れていました。大きな「イソマグロ」も居ましたよ。

photo

ワイドなポイントですが、ふと下に目をやると・・・。Ocean Blue初見となる「フトガヤミノウミウシ」とご対面。 大きさ、ボリューム感共に申し分なし。色も綺麗なウミウシです。 毎年、沖縄では初夏に見られていて、いつかウチも見てみたいなーと思っていましたが、 もう夏も終わるし、また今年も見れず終いかな?と思ってた矢先なので嬉しい。

photo

2本目もワイドなポイントですが、着底して1発目のトゲトサカで「イソコンペイトウガニ」をゲット。 おチビちゃんでしたが、皆でじっくり観察。

photo

いつも同じ岩の下に居る「フリソデエビ」。驚いた事に今日もペアで居ました。 とはいえ、ここを潜るのは1年に3〜4回なので、当然の事ながら世代交代は繰り返しているのだろうけど、 それでも、毎回同じ岩を捲ると出てきてくれる。この岩に棲み易い環境があるのでしょうね。 この岩をフリソデ岩と命名しよう。

photo

その後はサンゴを見てきました。エダサンゴに群れるスズメダイ達が綺麗でした。

photo

テーブルサンゴのエリアに行くと、8割、いや9割以上のテーブルサンゴが死滅していて悲しい雰囲気になっていました。 今川が沖縄に来た頃は殆どのサンゴが生きていて、それはそれは綺麗だったんですけどね・・・。 ここ10年でエルニーニョ、オニヒトデ、ホワイトシンドロームなどの大問題が立て続けに発生した結果です。

photo

その中でも新しい命は着実に芽生えています。小さなテーブルサンゴがひと際 輝きを放っていました。 人の手を借りず、自分の力で着床して育っていくサンゴほど美しいものはありません。

photo

3本目はマンタ祭りが開催されているあのポイントへ・・・。 でも、結果から言うと今日も出遅れてしまったようです。エントリーする時は水面に居たんですけどね。トホホ・・・。 「ウミウサギガイ」がソフトコーラルを食事中。このコはサンゴを食べても駆除されないんだな。

photo

その後はいつもの「アジアコショウダイ」。

photo

「イッテンチョウチョウウオ」。

photo

「ネムリブカ」などを見てきました。今年はまだマンタ見てないです・・・。

photo

S矢さん3日間ありがとうございました。 O本さん達は明日は別のショップさんで潜って頂く事になりました。お受けできずにごめんなさい。 楽しんで来て下さいねー。

 ■ 透明度サイコー!     2009/08/27
今日の慶良間の透明度は最高でした。イントラ連中でさえ『こんなの1年に数えるほどしかないよ!』って口々に言ってました。 ログ付けの時に『一応50mくらいでしょうか?』と言ったけど、実際にはもっとあったと思います。潜ってるだけで気持ちよくなれる。そんな一日でした。 今度、メジャーを持って行って測ってみたい・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 東のち北東
 波 高 : 1m
 透明度 : 30〜50m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は昨日から連チャンのS矢さん。お天気&海況共に絶好のコンディションの中、慶良間まで行ってきました。 太陽が眩しーです。(笑)

photo

今日の1本目はカメスタートでした。ショップロゴを入れると下手な写真もそれなりに見えるから不思議。(笑)

photo

この「アオウミガメ」は、しばらく一緒に泳いでくれたので楽しめましたね。

photo

「アカヒメジ」もいい感じで群れていました。

photo

2本目のポイントでは「デバスズメダイ」が群れていました。オスの婚姻色が綺麗でした。

photo

「ピグミーシードラゴン」こと「キオネミクティス・ルメンガニィ」は4個体確認。

photo

3本目は「スカシテンジクダイ」が爆発中の根に行ってみました。 太陽光線がサンサンで「スカシテンジクダイ」がキラキラ輝いて見えました。

photo

「チョウチョウコショウダイ」の幼魚は蝶々のようにヒラヒラと泳いでいました。 でも、その泳ぎは決して優雅では・・・ない。(笑)

photo

こんなに小さい「ヒョウモンツバメガイ」に眼がある事を知って驚いていましたね。

photo

「チンアナゴ」は寄り過ぎました。もう少しで頭が切れるところだった。

photo

今日もまったりと潜る事ができましたね。バブルリングも絶好調です。

photo

明日も海況良さそうです。楽しみ〜。

 ■ まったりと潜ってきました     2009/08/26
今年は夏バテを感じる事がありません。食欲旺盛、快眠快便。ビールも毎日美味しく頂いています。 まぁ、元気に越した事はないけれど、裏を返せばそれだけヒマヒマだという事か?  今川をクタクタにさせるくらいたくさん遊びに来て下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 北東のち東
 波 高 : 1m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は北海道からリピーターのS矢さん。 『10ヶ月振りのダイビングになるので、リフレッシュも兼ねて穏やかにエントリーできるビーチがいい』という事で 砂辺に出かけてきました。

photo

1本目の前半はホバリングの練習でプカプカ浮いていました。 「ロクセンスズメダイ」や「クロスズメダイ」がたくさん集まってきてくれましたね。

photo

勘を取り戻したところで、じっくり生物を見に行きました。 見たいもののリクエストはないので、何かを捜す訳ではなく、目に入るものを片っ端から紹介。 「クサハゼ」は4個体確認しました。

photo

伝説の、引っ込まない「ヒレナガネジリンボウ」は健在でした。20cmくらいまで寄ってもまだホバリング。

photo

「アカクセニアウミウシ」はこの時期の方が目にする事が多いですね。ホストが多いからかな?

photo

「カクレクマノミ」は相変わらず元気にしていました。

photo

エキジットの時、フィンを脱ぐあたりの水深の所に居たスズメダイ。 適当にシャッターを押したら撮れていました。 丁度、知り合いのスズメダイに強いイントラさんが来てたので、名前を聞くと「ネズスズメダイ」の若い個体だと教えてくれました。(Tさんサンキュ!)  大人になると白っぽくなるけど、この頃は青い色が綺麗ですね。

photo

2本目。これもそのTさんから教えてもらった「ハナヒゲウツボ」の幼魚。 S矢さんと2人で見てたら、すぐに引っ込んだので、『ちょっと待ちましょう』と待機してたら、その1m横からも「ハナヒゲウツボ」の幼魚がニョロニョロ〜と!?  2個体居るの? それとも同じ個体? 地下トンネルで繋がってるとか? うーむ・・・。

photo

中層を見上げると「グルクマ」の群れ。アゴが外れんばかりに大口を開けてエサを食べていました。食への執念ってスゴイ。

photo

「アカメハゼ」は20個体くらい居ました。近くに同じようなサンゴはあるのだけど、何故このサンゴだけに群れるのでしょうか?  ちなみに昨年は他のサンゴにも着いていました。

photo

チビの「キンチャクガニ」が恥ずかしそうに見ていました。S矢さん、このコの可愛さにメロメロでした。

photo

綺麗な模様の「ベニワモンヤドカリ」。

photo

それにしても、天気&海況の良い日が続いていますね。「モンツキカエルウオ」も全身出して日光浴していました。

photo

今日はまったりと潜る事ができました。

 ■ 体験×2     2009/08/25
週間天気予報を見ると、この先一週間はずっと太陽マークが出ています。しばらく穏やかに潜れそうです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 32度
 水 温 : 28度
 風 向 : 北東のち北
 波 高 : 1m
 透明度 : 15〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は4名。本島ボートチームと慶良間チームに分かれて潜ってきました。 本島ボートチームは沖縄の大学に通うアサヒさんと本日沖縄入りしたお友達のミョンスさん。貸し切りのボートでラッキーでしたね。

photo

ミョンスさんは体験ダイビングで、アサヒさんは付き添いで潜って頂きました。 ミョンスさん、初の体験ダイブと言う事で、最初はちょっとドキドキでしたが、一旦水に入ってしまえば慣れたもの。 落ち着いてました。

photo

たくさんの魚達が寄ってきてくれました。この魚群は慶良間にも負けないと思います。

photo

アサヒさんはナマコがお気に入り!? 抱き枕にしていました。(笑)

photo

2本目はシュノーケリングで遊んできました。こちらのボートも貸し切りでしたよ。 勢い良く海へと飛び込むアサヒさん。男らしくてカッコいいです。(注:女性です。(笑))

photo

水面はちょっとチャプチャプしていましたが、透明度も良く、水中も綺麗に見えました。

photo

青の洞窟にも入ってきました。

photo

天気も良くて楽しめましたね。また遊びに来て下さいね〜。

photo

慶良間チームは東京からお越しのH野さんとH本さん。こちらも体験ダイビング。(Photo by ユミ)

photo

難なく潜る事ができました。2回もカメを見たという事で喜んで頂きました。(Photo by ユミ)

photo

今度はCカード取りに来て下さいね!

 ■ ポイント調査     2009/08/24
本当なら今日は4名のお客様と潜る予定でしたが、先週のうちに予約がキャンセル。 原因は新型インフルエンザという事です。 でも、ニュースで報道されている程ではなくて、沖縄の人たちは普段通りの生活をしています。 要は、旅行に来ても自宅で過ごしても、かかる時はかかります。 普段から、手荒い、うがい(心配な時はマスク)などの対策さえしておけば、防ぐ事は可能だと思います。 そんな訳で、皆さん遊びに来て下さいね。

さて、暇になってしまった一日。 天気も良かったので、買ったままになっていたNikon D70sのテストも兼ねて、久し振りのポイント調査に出かけてきました。 良く考えたら今月初のポイント調査です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 28度
 風 向 : 東のち北東
 波 高 : 1.5のち1m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まずは深場で「アケボノハゼ」狙い。EOS 40Dと同じ設定(絞り・シャッタースピード・ISO感度)で撮っても仕上がりに差が出ますね。 この辺は今後慣らして行きましょう。

photo

深度を上げながら、「スミレナガハナダイ」をパチリ。

photo

「コガネスズメダイ」がたくさん群れているドロップオフがありました。本島でこれだけ見れるのは珍しいと思います。 シパダンではドロップの壁一面に「コガネスズメダイ」が群れていて、その風景がオーバーラップしました。

photo

頭に何も付かない「チョウチョウウオ」。 普通種なのでいつでも撮れるだろうと思って、今まで撮った事がありませんでした。

photo

「イシガキカエルウオ」。この辺は105mmマクロで撮ると面白い。

photo

「ヤリカタギ」の幼魚が居ました。

photo

「ロクセンスズメダイ」に似ているけど、線が1本多い「シチセンスズメダイ」。浅い所にたくさん居ます。

photo

これも似ているけど、線の数が5本の「イソスズメダイ」。更に浅い波打ち際などに居ます。

photo

「ピグミーシードラゴン」を捜していたら出てきたこの個体。 多分、「ホソウミヤッコ」の幼魚でしょう。大きさは「ピグミーシードラゴン」を更に小さくした感じです。

photo

何の幼魚でしょうか? 大きさは1cmくらいでした。 コショウダイの仲間なら岩陰でフリフリ踊りながら泳いでいるのだけど、このコは中層を普通に泳いでいました。 ちょっと調べてみますね。

photo

ウミウシもちらほら見られます。「シンデレラウミウシ」は大きいのが2個体。

photo

名前が美味しそうな「キャラメルウミウシ」。でも、食べても決して美味しくないと思う。

photo

「ムラサキウミコチョウ」は一年中見られます。

photo

「ミガキブドウガイ」は久し振りの出会い。

photo

「サビウライロウミウシ」はちょっと絞りを開けて撮ってみました。でも、資料写真としては使えない。 まぁ、デジイチならこんな感じの写真も簡単に撮れますよーって事で・・・。

photo

「コガラシエビ」はこの一枚で逃げられました・・・。

photo

「ワライヤドリエビ」はすっかり定番ネタになりました。いかに大きな個体を捜すかが今後の課題です。

photo

最後は「ユキンコボウシガニ」の写真を貼っておきましょう。

photo

今日の写真は全てNikon D70sで撮影しました。 レンタルも可能ですので、デジイチを使ってみたいというお客様はお問い合わせ下さいね。 レンズは105mmのマクロです。ストロボは2灯仕様が5,000エン。1灯仕様が4,000エンです。

photo

明日からお客様と潜ります。しばらくこの天気が続くといいな。

 ■ まだまだ暑い沖縄です     2009/08/23
今日の予想最高気温は34度。沖縄でここまで気温が上がるのは珍しいです。暑い一日でした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 34度
 水 温 : 27〜28度
 風 向 : 東
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 20〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日はリピーターのOさんが遊びに来てくれました。リクエストの本島ボートで潜ってきました。暑いので海に飛び込んでいる写真を・・・。(笑)

photo

1本目は小さな夢の穴にご招待。

photo

穴の中には「カノコイセエビ」が2個体居ました。ジュル・・・。

photo

万座には「ビシャモンエビ」(下の写真)が多いです。「ムチカラマツエビ」よりも多く見かけるような気がします。 Oさんはこの時、「ハナゴンベ」の幼魚に刺さっていました。

photo

「カルイシガニ」と思われる個体が居ました。 岩の上に乗せていると何がなんだか分からない写真になるので、手の上に乗せて撮影してみました。(こうすると大きさも分かり易い)  ホント石ころみたいですね。すっごい擬態だと思います。

photo

この「ニライカサゴ」の擬態も見事だと思います。本当に岩になりきっています。英語では「Rock fish」。納得。

photo

2本目はリクエストの「ナカモトイロワケハゼ」を見に行きました。 最近、ずっと『このコを見たい』というリクエストが続いていますが、それだけ魅力ある被写体という事なのでしょう。 10月まで見られるのでどんどんリクエストして下さいね。

photo

個体数はまだまだたくさん居るので、今日もOさんとお気に入りのビンに張り付いて撮影大会でした。 ずーっと寄ってマクロレンズ付けてパチリ。

photo

「オオモンカエルアンコウ」はいつもの個体と・・・。

photo

赤色の個体も見てきました。

photo

「ヨスジの根」に「ヨスジフエダイ」が増えてきました。もっと増えて欲しいのだ。

photo

「メキシクロミス・マリーイ」でしょうか? 背中の突起に色が入ってるパターンは珍しいですね。

photo

夜は地元のダイバー仲間の誕生会にお呼ばれして行ってきました。手作りのケーキでお祝いです。たっぴー、おめでとう!

photo

明日は休みですがポイント調査で潜ってきます。

 ■ 遊んできました     2009/08/22
9月の平日石垣ツアーの参加者は現在4名です。まだ参加できますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。 10月の週末石垣ツアーはまだHPに告知していませんが、メールでの予約も可能です。 どんどん参加して下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき雨
 気 温 : 33度
 水 温 : 28度
 風 向 : 東
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は3名。昨日から連チャンのユミさんに、チームJDC沖縄支部のS利さんとM藤さんが遊びに来てくれました。 M藤さんは新しくオーダーしてくれたウエットのデビューです。着々とマイ器材が増えていますね。

photo

S利さんとM藤さんは今年の5月にCカードを取ってくれて、これが3回目のファンダイブですが、 フリー潜降も、中性浮力も、エアの持ちも、もう全然問題ナッシング。 成長スピードが速くて頼もしいです。

photo

1本目は皆さんのリクエストのカメを見に行きました。ボートのすぐ近くで「タイマイ」が食事中でした。 S利さんとパチリ。それにしてもすごい格好で食べていますね。(笑)

photo

「アオウミガメ」はサンゴに突き刺さるような体勢で寝ていました。

photo

そして、またまた「タイマイ」が登場〜。やっぱ泳いでるカメの方がいいですね。

photo

皆さんと一緒にパチリ。

photo

小さいものも見て行きましょう。「ナデシコカクレエビ」は紫の斑点が綺麗です。

photo

白いイソギンチャクに棲む「ハマクマノミ」の幼魚。 いつかデジイチで撮りたいと思っていたのだけど、忙しくてなかなか撮りに来れないうちに、このコもだんだん大きくなってしまいました。

photo

2本目のポイントでは、「トサカリュウグウウミウシ」(下の写真)や「ミラーリュウグウウミウシ」が増えてきました。 このポイントではこれからの時期にウミウシが増えます。エサの関係でしょうね。

photo

岩の切れ目から大きな「ニセゴイシウツボ」が顔を覗かせていました。

photo

ハーレムを作る「カシワハナダイ」のオスは、メスへのアプローチに忙しそうです。

photo

「ハダカハオコゼ」が居ました。S利さんとM藤さんは初めて見るのかな?  眼がキレイですね。

photo

3本目は砂地のポイントでフィンを脱いで砂遊び。皆さん、『こんなの初めて〜!』とキャーキャー楽しんでくれました。

photophoto

「スカシテンジクダイ」が大爆発。向こうに居る3人が見えません。

photo

ユミさんが見つけてくれた「ゾウゲイロウミウシ」。S利さんはどうやらウミウシにハマリそうですね。(嬉)

photo

今日も3本たっぷり潜ってきました。天気が良くて楽しめました。

photo

明日は何が見れるかな?

 ■ リベンジ     2009/08/21
今日は休みの筈でしたが、急遽ご予約を頂き潜って来ました。 お陰で暇な一日にならずに済みました。本当にありがたい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 雨のち曇り
 気 温 : 33度
 水 温 : 24〜29度
 風 向 : 北のち北東
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 15〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はリピーターのユミさん。 ウチの予約が空いてるのを見て、昨晩チケットを取って神戸から飛んできてくれました。 リクエストの万座の海を潜って来ました。 記念写真を撮り忘れたので、水中写真でお許し下さい。

photo

1本目は現在開発中のポイントから顔面ホールまでのロングドリフトコース。 固定ネタがないので、何かを捜しながらのダイビングになります。 イソバナには「ピグミーシーホース」。

photo

「スミレナガハナダイ」のオカマちゃんが居ました。

photo

2本目は本日のリクエストだった「ナカモトイロワケハゼ」を見に行こうとしたのですが、何故か途中からユミさんの耳が抜けなくなり深場は断念。 急遽別コースで潜ってきました。 「オオモンカエルアンコウ」は定位置。

photo

「トウアカクマノミ」には正面顔を頂きました♪

photo

「アサヒガニ」はものすごい勢いで砂に潜っていくので写真を撮るのが難しいです。

photo

「ミナミホタテウミヘビ」の若い個体が増えてきました。

photo

「イソギンチャクモドキカクレエビ」は虫眼鏡でじっくり見て頂きました。変な顔ですね。

photo

長い昼食をとった後、『3本目はもう一度「ナカモトイロワケハゼ」を見に行きたい!』という事になり、その日のうちにリベンジです。 今度はサクサクと耳抜きができてナカモトくんのトコロまで無事に辿り着く事ができました。 しかも、ボートもポイントも貸切だったのでどの個体でも選び放題。時間が許す限り撮ってもらいました。

photo

その後は2本目と別コースを通りながら色んな生物を観察。 コショウダイの仲間の極小幼魚が体をクネクネさせて泳いでいました。

photo

ウミウシもまだまだ居ますね。普通種だけど・・・。「ヒョウモンウミウシ」です。

photo

ラストはいつもボートの下に居る「ツマジロオコゼ」の赤ちゃんです。

photo

明日も楽しみましょう!