TOP >>ログブック >>2009年1月のログブック

1/1〜1/10のログ   1/11〜1/20のログ   1/21〜1/31のログ
 ■ ビーチでじっくり     2009/01/20
今日は大寒。一年の中で一番寒いと言われています。 しかしながら、今日はポカポカ暖かかった。太陽に感謝・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき晴れ
 気 温 : 22度
 水 温 : 21度
 風 向 : 東
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は沖縄在住のD々さんが潜りに来てくれました。 『ウミウシを中心にビデオを撮りたい』というリクエストだったので、東海岸のウミウシパラダイスを選択。 今日はOcean Blueだけの貸切でした。

photo

東風なので、多少の濁りは覚悟していましたが、そんな心配はどこ吹く風。 今年一番の透明度にビックリ!

photo

まずは、「ニシキフウライウオ」の居る場所へ・・・。 ここまでコンパスなしで来れるんですから、ここを知ってる人はどれだけ透明度が良いかが分かるでしょう。 まだ、2個体居てくれますよ。

photo

ひょんな所で「トゲトゲウミウシ」とご対面。 D々さんに紹介すると、スレートに『これ大好物!』と書いて喜んでくれました。 今日、一番時間を掛けて撮影してたんじゃないかな? ウミウシ好きな人に見せられて良かった。

photo

その後は出来るだけビデオに撮り易いウミウシを中心に紹介。 「モンジャウミウシ」(下の写真)は動かないので面白くないと思われがちなのですが、二次鰓の動きが面白いのですよ。 「ヒョウモンウミウシ」は外套膜をバッサバッサと翻していましたね。

photo

「イボヤギミノウミウシ」は卵を産んでいました。ちなみにこの写真には2個体が写っています。

photo

今日、一番小さかったのは「フジナミウミウシ」でした。これ以外にもたくさんのウミウシを見てきました。

photo

珍種も発見してきましたよ。これなーんだ?

photo

名前は「ヒナヨウジ」と言います。珍しいものが見れて良かったですね。

photo

まだまだ色んな生物が出てきますねー。

 ■ ついに!     2009/01/18
風が南に回り、とても暖かい一日になりました。日中はTシャツ1枚で過ごせるくらいでしたよ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 22度
 水 温 : 21度
 風 向 : 南東のち南西
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日はNさんのダイブマスター講習でナイトを潜ってきました。 お友達のOさんがゲスト役を買って出てくれました。 ポイントは奇跡的にベタ凪&無風で全然寒くなく、他にも多くのダイバーがナイトを行っていました。

photo

ブリーフィングは身振り手振りを交えて大きな声で。回数を重ねるごとに上手になってきました。

photo

日没を待ってからエントリー。慶良間に沈む夕日があまりにも綺麗だったのでパチリ。

photo

カメラを持って行かなかったので、水中での写真はありませんが、Nさんのこの笑顔を見れば結果はお分かりでしょう。 ついにダイブマスター認定です! おめでとうございまーす!  人より時間がかかった分、人より苦労した分、得たものは大きかったはずです。 まだまだインストラクターへの道のりは長いですが、目標を見失わず頑張って下さい。

photo

夜は打ち上げでした。Nさん、Oさん、お疲れ様でした!

 ■ 海が青い〜     2009/01/17
久し振りの好天。そして、波も落ち着いて、絶好のダイビング日和。 タイミング良く予約を頂いていたので、慶良間に行って潜ってきました。 慶良間の水温は本島に比べて1〜2度暖かく、快適に潜れましたよ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 20度
 水 温 : 21度
 風 向 : 東
 波 高 : 1.5のち2m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は埼玉のK俣さん。今年の目標は毎月沖縄でダイビングをすることだそうです。皆勤賞目指して頑張って下さい。

photo

1本目はプチ地形コース。差し込む光のシャワーが綺麗でした。

photo

「キンチャクガニ」が見たいというリクエストがあったので、捜していたら「ホウズキフシエラガイ」が出てきました。

photo

2本目は「アオウミガメ」2枚と戯れてきました。2枚ともゆっくり泳いでくれました。

photo

3本目は珊瑚ポイント。ペアリングの為、「コブシメ」が浅い所に集まってきています。たくさん居ましたね。

photo

リクエストだった「キンチャクガニ」も無事にお見せする事ができました。ずーっと見とれてました。

photo

今日は本当に天気が良く、気持ちよく潜れましたね。久し振りにバブルリングなんか作ってみたりして。

photo

夜はお食事会。霜降牛の炙り寿司が美味しかったです。4軒もハシゴしちゃいました〜。(笑)

photo

 2008年海で出会えた生物ランキングも見てね。

 ■ お久し振りです     2009/01/16
本当にこの仕事はオンとオフがはっきりしているというか・・・。1月になった途端に連チャンでお休みの日が続いています。 まぁ、シーズン中は殆ど休まず働いてたので、たまにはゆっくり休みなさいと神様が言ってるのでしょう。 なので、ここ数日は色々と趣味に走ったり、普段行けない歯医者さんに(痛くないけど)行ったりして過ごしてました。
基本的にお休みの日はこのログも休み。ログが更新されてない日は「あぁ、自由に過ごしてるんだなー」と思ってやって下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 18度
 水 温 : 19〜20度
 風 向 : 北東のち東
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は天気が良かったので、久し振りに潜りに行ってきました。 知り合いのイントラさんから「クマドリカエルアンコウ」の1cmサイズの幼魚の情報を頂いたので、そのポイントに行ってみました。
「コブシメ」が砂に埋もれてオヤスミ中。近付くと、むっくりと起き上がってしまいました。起こしてゴメンネ。

photo

のっしのっしと砂地を這っていた巨大なウミウシ。「イシガキウミウシ」と言います。15cmくらいありました。

photo

このウミウシは、背面を見ただけでは他のウミウシと間違える可能性があるので、腹面の確認も必要。 この腹足の周囲にある白色の斑紋が「イシガキウミウシ」を証明してくれます。

photo

しかし、肝心の「クマドリカエルアンコウ」のおチビちゃんは捜せど捜せど見つからず。 場所はピンポイントで教えてもらった筈なのだけど、捜す場所が違うのか、それとも居なくなったのか、空振りでした。無念・・・。 その代わりにはならないけど、「イソギンチャクモドキカクレエビ」を発見。

photo

「ハナヒゲウツボ」も見つけてきましたよ。ビーチでじっくり粘れるので、皆さんも見に来てね。

photo

 2008年海で出会えた生物ランキングも見てね。

 ■ 寒い・・・     2009/01/12
昨日は暖かいと思っていたら、今日はやたらと寒い。やはり季節は冬。雲が出て風が吹けばそれなりに寒いのだ。 潜りに行こうという気持ちが折れて、今日は一日ショップにこもっていました。

昔の写真を整理していたら、こんなのが出てきました。 4年前の1月、確か阿嘉島で潜った時の事。目の前を泳いでいた「イナセギンポ」が指にクルリと巻きついてきたのです。 振りほどいても、また寄って来てはクルリン。更に振りほどくと、お客様の指にもクルリン。 こんな行動をする魚は初めて見ました。

沖縄の魚は水温が低下すると、仮死状態になって水面に浮かんでしまう事があります。 (昨日のニュースにも出ていましたね) こいつも、よっぽど切羽詰った状態だったんだろうなぁ。分かる、分かるぞぉぉ、その気持ち。

photo

 2008年海で出会えた生物ランキングも見てね。

 ■ 暖かい     2009/01/11
やっと北風が収まりました。波は急速に穏やかになり4mのち2m。 そして、何よりも太陽が出てくれているのが有難い。気温は17度と沖縄にとっては寒い温度ですが、 昨日があまりにも寒かったので、今日は暖かく感じます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 17度
 水 温 : 19度
 風 向 : 北
 波 高 : 4のち2m
 透明度 : 7m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日もS藤さんとKさんと潜ってきました。波は穏やかになったとはいえ、西海岸に行くにはまだまだ時間がかかりそう。 連日のウミウシパラダイスに出かけてきました。 午前中は米軍が施設を使用していたので、ちょっと物々しい雰囲気でした。

photo

お二人に『「タンザクハゼ」を見に行きますか?』と聞いてみましたが、『あまり遠くに行きたくない』という事で却下。 確かに、ドライスーツで延々と泳ぐのは辛いものがあります。「タンザクハゼ」はまた次回チャレンジして下さいませ。 とはいえ、3本目の鉄塔までえっちらおっちら泳いでもらいました。 ここには昨年から「ロクセンフエダイ」が群れています。「ヨスジ」は良く見るけど、「ロクセン」って珍しくない?

photo

今年も「パスタチゴミノウミウシ」と「ウツセミミノウミウシ」の中間的な特徴を持ったウミウシが出てきました。 「コールマン1001」では、これに似た個体の写真が「Favorinus sp」と掲載されていますので、Ocean Blueでは「トモエミノウミウシ属の一種」という事にしています。 でも、「パスタ」も「sp」扱いだし、この辺はまだ良く分かってないらしいです。

photo

「トゲトゲウミウシ」も登場。ぽよんぽよんしていました。

photo

お昼休みは熱々のキムチ鍋を作りました。冷えた体の芯から温まります。 たくさん作りすぎたのでご近所さんにもお裾分け。こういう場所でワイワイ言いながら食べるのって美味しいですねー。

photo photo

とっても小さな「ミカドウミウシ」のおチビちゃんが登場。あまりにも小さすぎて背面の模様は殆ど入っていません。 毎年3月ぐらいから目に付くようになってくるのだけど、この時期はこんなに小さいのね。

photo

エビも色々と見てきましたが、その中で一番粘ってたのが「コガラシエビ」でした。

photo

だいぶ大きくなりましたが、「サラサハタ」もまだまだ人気者。喜んで撮ってもらえました。

photo

 2008年海で出会えた生物ランキングも見てね。

1/1〜1/10のログ   1/11〜1/20のログ   1/21〜1/31のログ