TOP >>ログブック >>2008年6月のログブック

 ■ 今日もいい天気(今川) & 体験ダイビング(徳ちゃん)     2008/06/30
昨晩、お客様から頂いた薬を飲んで寝たら、ぐっすり眠れて、朝には熱が下がりました。(嬉)  普段、薬なんてものは滅多な事では飲まないので、たまに服用すると効果覿面ですね。 しかしながら、ここ数日、あまり食べれてなかったせいもあり、体力は落ちています。 無理をしない程度に、でも、頑張って潜りましょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 31度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南西のち西
 波 高 : 1.5mのち1m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は4名。昨日から連チャンのゆぅゆさんとプッチさんに、リピーターのT本さんが遊びに来てくれました。 そして、T本さんの紹介で、I井さんが体験ダイビングで参加してくれました。 T本さんとI井さんは、ネット繋がりで、本日初めて会ったそうです。全員で本島ボートで潜ってきましたよ。

photo photo

1本目は夢の穴。ホールの中では「カノコイセエビ」が全身丸出しで歩いていました。ジュル・・・。

photo

穴から差し込むOcean Blueの幻想的な光。 今が旬とばかりに「リュウキュウハタンポ」が大爆発していました。いつまで眺めていても飽ない光景です。 今日のホールはOcean Blueチームだけの貸切でした。

photo

実は、1本目は激流れで、体験ダイビングにはキツイかな?と思ってたのだけど、 ボートに戻ってくると、I井さんがニコニコ笑いながら泳いでいました。 『全然、怖くなかったし、楽しかったです!』と将来有望なお言葉。 正直、我々ファンチームの方がへこたれていましたね。(笑)

photo

ならば、2本目はゆっくりまったり潜りましょうという事で、砂地の癒し系ポイントをチョイス。 ここはたくさんの「ツバメウオ」が出迎えてくれます。

photo

今日も「オオモンカエルアンコウ」を見てきましたよ。(Photo by プッチさん)

photo

見つけた瞬間に、ビビッ!と来て、プッチさんに『これ撮って〜!』とお願いしたチョウチョウウオ。 帰って調べてみたら、やっぱり「ツキチョウチョウウオ」でした。 「日本の海水魚」には伊豆や高知県(柏島)での報告はあるものの、国内での発見例は極めて少ないと書いていますね。 『2日連続で珍しいものが見れた』とプッチさんも満足。(Photo by プッチさん)

photo

体験のI井さんも、ゆっくりまったり潜って、ファンチームと同じ時間潜ってましたね。 T本さんと手を繋いで泳いでいるところをパチリ。今度はCカード取りに来て下さいね。

photo

突然の陸上写真ですが、徳ちゃんがこんなものを発見しました。「キノボリトカゲ」(沖縄方言では「アタクー」)です。 カメレオンみたいに体色を変えます。外来種かと思いきや、沖縄固有種なのですね。

photo

海にも陸にもまだまだ色んな生物が居ますね。

 ■ 見つけた (今川)     2008/06/29
風邪の具合は良くなるどころかますます悪い方向に向かっています。 夜中に汗をびっしょりかいて目が覚めてしまい、『あぁ、明日は潜れないかも・・・』と思いながら朝を迎えるのですが、 お客様をお迎えする準備をしている頃になると、少しずつ具合が良くなっていくから不思議。 今日も頑張って潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 31度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南西
 波 高 : 2m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は、ゆぅゆさんとプッチさんのデジイチユーザーのお二人です。 じっくり写真を撮りたいという事で、のんびりビーチで潜ってきましたよ。 今日も100分×2のロングダイブでした。(写真はレンズが濡れていたのでボケてますね。ゴメンナサイ)

photo

ゆぅゆさんとプッチさんは、1つの被写体に時間をかける方なので、お二人が色々と撮っている間に、今川は「あるもの」を捜索。 そして、ついに見つけましたよ! ジャジャ〜ン! 「ユキンコボウシガニ」です!  「チャツボボヤ」を帽子のように被ったカニです。可愛いでしょ?  海外ではパラオやセブ島からの報告はあるものの、国内での発見は稀です。

photo

せっかくなので、もう1枚・・・。 『今日はこのコを見つけるので、撮って下さいね』と宣言していただけに、かなりのプレッシャーがありましたが、見つけられて一安心。 普通はホヤをすっぽり被って顔を見る事はできないのですが、たまーに、帽子を持ち上げてトコトコと歩きます。 「だるまさんが転んだ」みたいです。お二人もこの可愛さにメロメロ。 1本目のダイブで見つけてたので、2本目は丸ごと一本、ずーっとこのコに突き刺さってました。

photo

今日はゆぅゆさんが風邪薬やら座薬やらをたくさんお土産に持ってきてくれました。 試せるものは全部試して、今日も早く寝るのだ。

 ■ ビーチでまったり(今川)     2008/06/28
風邪の状況は一向に良くならず、今日は咳が止まらなくなってしまった。 昨日の夜は悪寒がして、汗をびっしょりかいたけど、冷房器具は使わず、毛布を被って寝たら、朝方にはだいぶ回復。 今日は何とか潜れそうです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち曇り
 気 温 : 31度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南のち南西
 波 高 : 2m
 透明度 : 10〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は2組3名。いずれもOcean Blue初参加のお客様です。 東京からはN廣さんとH川さん、そして、埼玉からお越しのS藤さんです。 皆さん、小さいもの(特にウミウシ)が好きという事で、じっくりビーチで潜ってきましたよ。

photo

1本目は砂辺。「ナカモトイロワケハゼ」は、またまた家を変えていましたが、今日もちゃんと見てきましたよ。 皆さんに写真を撮ってもらってたので、今川は撮ってません。今度、休みの日に撮りたいですね。(って、休みって、あるの?)
「シラナミイロウミウシ」が外套膜をバッサバッサと翻しながら歩いていました。

photo

ウミウシ以外も色々と紹介。大きな「ナガレモエビ属の一種」が居ると思ってパチリ。 『でも、何だか模様もホストも違うな〜』と、調べてみたら「エビ・カニガイドブック2」に「ヒッポリテ・コメンサリス」という学名で出ていました。 変な名前〜。ログ付けの時に、皆で何回も連呼したけど、覚えられそうにありません。

photo

大きな「オオコノハミノウミウシ」も登場。皆さんは最初、『この中にウミウシが隠れているに違いない』と思ったそうですが、 これがウミウシだと分かると歓喜の声をあげていました。

photo

引っ込まない「ヒレナガネジリンボウ」は、もはや伝説。

photo

「ネアカミノウミウシ」の小ささにも驚いてましたね。今川の指の上に乗せて撮影。

photo

2本目は風が南西に回ってくる予報だったので、真栄田に移動。「ハナヒゲウツボ」は、幼魚を紹介。

photo

「ニシキフウライウオ」は少し移動して元の場所へ・・・。

photo

1本目も2本目も見た「メレンゲウミウシ」。この時期、本島では多く発生するウミウシですね。

photo

ここのところ良く登場する「イロブダイの幼魚」。 『ちょっと見ない間に大きくなった』と、成長スピードの著しい事を書きましたが、今日、良く見てみると、同じ場所に大きいのと小さいのが2個体居ました。 どうやら見間違えてたようです。

photo

この「オドリハゼ」も引っ込まない事では伝説レベル。 4人で囲んで見ても「オドリテッポウエビ」が怯む事もなく、せっせと砂を掻き出していました。

photo

そして、名前の分からないウミウシが登場。 ぱっと見、「フジムスメウミウシ」ですが、外套膜の周囲に白い点がある事と、 体の表面がカイメンのように、小さな穴が無数に開いているのです。ちょっと調べてみますね。 (6/29追記:中野理枝さんよりメールを頂き、このウミウシは「フジムスメウミウシ」であろうというコメントを頂きました。理枝さん、ありがとうございます!)

photo

風邪をひいてると言う割りに80分も潜ってしまった・・・。今日も早く寝るのだ。

 ■ アドバンスダイバー誕生(今川) & 体験ダイビング(サヤカ)     2008/06/27
うむむ・・・。ハイシーズンが始まったばかりというのに、不覚にも風邪をひいてしまいました。 幸いにも喉が痛いだけで、他の症状は出ていないので、潜れるには潜れるのだけど、無理は禁物。 これから先は、ちゃんと食べて、お酒もひかえて、たっぷり睡眠をとって、摂生に努めましょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき雨
 気 温 : 31度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南西
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は3名。Nさんは昨日から引き続き、アドバンス講習の2日目です。 そして、リピーターのI田さんが、バディのI藤さんを連れて遊びに来てくれました。 I藤さんは体験ダイビングなのでサヤカが担当です。

photo

アドバンス講習はナビゲーションスキルの実習から・・・。コンパスを使ってみたり・・・。

photo

ナチュラルとコンパスを併用して、コースを廻りながら水中マップを書いたりしました。

photo

飛行機のコクピットや胴体部分も見てきましたよ。

photo

「キヌハダウミウシ属の一種」が砂地を歩いていました。まだまだウミウシも多い。

photo

ボートに戻ると、I藤さんの体験ダイビングにI田さんも付き合って3人で潜ってました。I藤さんピースサイン。余裕ですね。

photo

2本目は講習をお休みして、Nさん、I田さんとファンダイビングモードで潜りました。 手持ちの図鑑に「ミゾレウツボ」が載ってなかったので、『「ナミウツボ」の黄化個体かな?』と言っていたのですが、ネットで調べたらやっぱり「ミゾレウツボ」でした。 Nさん、I田さん、ログを書き直しておいて下さいませ。

photo

大きくて撮り易かった「バサラカクレエビ」。この位置から全然動かないいい子でした。

photo

穴を覗くと大きな「アラレフグ」がクリーニングされていました。向こうから覗いているのはだ〜れ?

photo

I藤さんも2本目の体験となると更に余裕ですね。自分でスイスイ泳いでいました。 そして、I藤さん『あまりにも楽しいので、3本潜りたい!』と言って、3本目に突入〜。

photo

3本目はNさんのボートダイビング講習を兼ねて潜りました。水中では「アオウミガメ」や「タイマイ」(下の写真)が登場。 I藤さんもしっかりカメと泳いできましたよ。(写真はサヤカが撮ったので、後日掲載しますね)

photo

今日は天気が崩れる予報でしたが、結局、一日中晴れて良かったですね。気持ちよく潜れました。 I藤さん、次回はCカード講習ですね! お待ちしていま〜す!

photo

ショップに帰って、Nさんのアドバンス認定〜。晴れてアドバンスダイバーの誕生です。おめでとうございま〜す!

photo

明日も頑張って潜るのだ。

 ■ アドバンス講習1日目(今川)     2008/06/26
今日は南西からのうねりが強く、西側に面している海岸はどこもザバザバ。 しかも、午後からスコールのような雨が断続的に降り出しました。 もし、台風6号が東寄りの最悪なコースを辿っていたら、今日が最接近の日だったので、きっとどのポイントも潜れなかったでしょう。 そう考えると、潜れる所があるだけ幸せですね。真栄田岬は島影になっているので奇跡的にベタベタでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち雨
 気 温 : 31度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南西
 波 高 : 2m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はOcean Blue初参加のNさん。『インストラクターになりたい!』という目標を掲げて沖縄に移住してきた、やる気満々の女性です。 千里の道も一歩から。着実にステップアップしていきましょう。今日はアドバンス講習で潜ってきました。

photo

今日はチェックダイブとディープダイブの2本を潜りました。 ディープでは、圧力の変化や色の変化などを、色々な教材を使って体験してもらいました。

photo

深いトコに行ったついでに「ホホスジタルミの幼魚」を見てきました。

photo

「イロブダイの幼魚」も同じ所に居ました。もう、ずいぶん大きくなって、行動範囲も広くなってきました。

photo

Nさんが見つけた「メレンゲウミウシ」。インストラクターになったら生物の名前も覚えないとね。

photo

そして、今日はNさんの100本記念です! ショップでお祝いをしましたよ。 おめでとうございま〜す!

photo

話は変わりますが、Ocean Blue初代スタッフだった真美が無事に女の子を出産しました。 名前は優凪(ゆな)ちゃんです。可愛いなぁ〜。めでたい事が続いて今川も嬉しいのだ。

photo

明日は慶良間で潜ってきます。

 ■ カメ三昧(今川)     2008/06/25
予想通り、台風6号は中国大陸に上陸した途端に勢力を落とし、熱帯低気圧に変わりました。 これで、今週は何とか無事に潜れそうです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき晴れ
 気 温 : 31度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南西
 波 高 : 2m
 透明度 : 20〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は昨日から連チャンのU嶋さんご夫婦。リクエストの慶良間で、まったり3本潜ってきました。

photo

「トゲトサカ」を覗いて見ると、「イソコンペイトウガニ」が居ました。

photo

「ノコギリダイの群れ」が夏の日差しを浴びて、いい感じに群れていました。

photo

早速、「アオウミガメ」(下の写真)が登場〜。まだ、小さいおチビちゃんでした。「タイマイ」も居ましたよ。

photo

旦那さまがクマノミ好きなので、各種クマノミを見てきました。写真は「セジロクマノミ」。

photo

カメさんのお家には、いつものように「アオウミガメ」が寝ていました。

photo

旦那さまとのツーショットをパチリ。

photo

もちろん、奥さまとも撮ってきましたよ。

photo

U嶋さん、今日はたくさんカメが見れて良かったですね。また遊びに来て下さいね〜。

photo

慶良間から帰って、ショップに着いた途端にスコールが降り出しました。ギリギリセーフでした。

 ■ 本島ボート(今川)     2008/06/24
昨日は休みだったので、今日から海再開です! この間、予約がバタバタと埋まってきて、予定表を見てみると、今日から29連チャン!?  7月、8月と言えば、トップシーズンの中のトップシーズンなので、全日程が埋まる事も珍しくはないのですが、今年は1人で切り盛りしなければなりません。 体調管理に気を付けながら頑張りましょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南西
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はOcean Blue初参加となるU嶋さんご夫婦。 本日到着だったので、空港にお迎えに行き、午後から本島ボートで2本を潜ってきましたよ。 台風で海況が心配でしたが、水面はベタベタ、透明度スッコーン!で気持ちよく潜れました。

photo

エントリーすると、早速、「ツバメウオ」が歓迎に駆けつけてくれました。

photo

あまりの透明度の良さにお互いの写真を撮りまくるU嶋さん。分かる、分かるなぁ、その気持ち。

photo

沖の漁礁で「オオモンカエルアンコウ」をゲット! 奥様の顔ぐらいの大きさです。運良くあくびした瞬間をパチリ。

photo

しかも、驚いた事に、縦一列に「オオモンカエルアンコウ」が3個体並んでいるじゃあーりませんか!  これには、世界のナベアツも、『いち、にぃ、さぁんっ!』と叫ばずにはいられない光景でしょう。

photo

小さな岩には「タテジマキンチャクダイの幼魚」が2個体。こちらは大きい方で500円玉サイズ。証拠写真程度でゴメンナサイ。

photo

「トウアカクマノミ」は、産んだばかりの卵の世話をしていました。

photo

「ミナミホタテウミヘビ」は哲学している・・・と思う。(実は、何も考えてなかったりする)

photo

そして、久し振りの出会いとなった「バイオレットボクサーシュリンプ」。2個体居ましたよ。 これ以外にもたくさんの生物を見てきました。 U嶋さんは、『初日からリクエストのものが殆ど見れてしまった』と大満足。明日は慶良間でカメが見れるといいですね。

photo

台風6号は急に勢力を落とし、中国大陸にぶつかって消えそうな雰囲気です。 今朝の予報では、ブーメランのような弧を描いて、沖縄に再接近する予報でしたが、こりゃ消える方が早そうですね。何はともあれちょっと安心。

 ■ さくらんぼ(今川)     2008/06/23
今日は地元ダイバーさんから予約を頂いていたのだけど、都合によりキャンセルになりました。(悲)

そういう訳で、急にヒマになった天気の良い一日。 潜りに行こうかとも思いましたが、昨日までたくさん働いたし、これから先のスケジュールの事も考えて、ショップでゆっくり窒素を抜きました。

この週末に潜って頂いたお客様が、器材を置いていったので、外に出して干しました。 今日は天気も良いし、少し風もあったので、あっという間に乾きました。 そうこうしているうちに、タイミング良く、先月のお客様からご注文頂いていたウエットスーツが出来上がったので、梱包して発送。 とんとん拍子に仕事が片付くのが嬉しい。

夕方になると、お客様から贈り物が届きました。開けてみると「さくらんぼ」がいっぱい! しかも「佐藤錦」。 早速、頂きました。何でこんなに甘くなるんだろう?ってくらい美味しかったです。ありがとうございました。

photo

さて、台風6号ですが、期待とは裏腹に、沖縄目がけて急カーブで戻ってきています。 勢力はどんどん落ちているので、これ以上の影響が出ない事を祈るのみです。

 ■ チービシ(徳ちゃん) & ケラマ(今川)     2008/06/22
台風の動きが気になる毎日。 昨日までは、真っ直ぐ大陸に向けて離れて行きそうでしたが、今日の予報では少〜し東にカーブしてきています。 (つまり、沖縄本島に近付いてきているって事) 海への影響も少しずつ出てきており、南西からのうねりが徐々に大きくなっています。 その為、本日予定していた粟国遠征は残念ながらキャンセルになりました。 今週はずっと予約が入っているのですが、全日程お客様のリクエスト通りという訳にはいかないかもしれません。 何かと変更が出てきそうですが、よろしくお願いします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち曇り
 気 温 : 31度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南西
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 20〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は7名。昨日から参加してくれているH瀬さんとY澤さんご夫婦はチービシへ。(写真左)  3連チャンのM田のお母さんと、本日参加のO崎さん、N川さん、D々さんは慶良間に行ってきました。(写真右)

photo photo

チービシチームはまったりダイビングで、良い透明度の中、カメを見たり、穴を抜けたりして遊んできたそうです。 カメの写真がないので「ケショウフグ」の写真を貼っておきましょう。(Photo by 徳ちゃん)

photo

そして、慶良間チーム。「ウイランイボウミウシ」(下)と「フリエリイボウミウシ」(上)がくっ付いていました。 交接中? だとしたら異種間交接なのだけど、狭い所の餌を食べてて、自然とくっ付いちゃったのかな?  いずれにしても交接器官が見えなかったので不明。

photo

頭上を見上げると、プリップリの「イソマグロ」がグルグルと渦を巻いていました。 D々さんがビデオで録ってくれたので、ショップで見せて頂きました。こういうのは動画の方がカッコいいですね。

photo

「ツバメウオ」が仲良く泳いでいました。 最近、100匹ほどの大きな群れが見られるようになってきましたが、まだまだ深い場所に居ます。 浅場で群れるとカッチョいいんですけどね。

photo

2本目は「イソバナ」の綺麗なポイント。ボートの真下にこんな素敵な光景が広がっています。

photo

誰が名付けた「天女の窓」。穴の中まで「イソバナ」がいっぱいで、たくさんの魚達が身を隠す場所になっています。

photo

「ウミシダ」の中には渋いカラーの「バサラカクレエビ」が居ました。

photo

そして、3本目はビッグポイントでドリフトダイビングゥ〜。皆さん岩に掴まってます。 「グルクン」、「アカモンガラ」、「カスミチョウチョウウオ」、「イソマグロ」、「ギンガメアジ」などなど、 終始魚影は濃かったですが、写真が撮れるほど優しい流れではありませんでした。次回リベンジ!

photo

さぁ!皆さんの念力で台風を遠ざけましょう!

 ■ がっつり3本(徳ちゃん) & ひたすらまったり(今川)     2008/06/21
本日の台風情報では、6号は真っ直ぐ南西の方向に進んで、台湾の西に逸れて行きそうです。 海も荒れ狂うという程でもなさそうで、どうやら今回は連日無事に潜れそう・・・かな?  まぁ、でも、予報はあくまでも予報。蓋を開けるまでは分かりません。 来週潜る予定の方は台風情報をこまめにチェックして下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 31度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南
 波 高 : 1m
 透明度 : 20〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は8名。慶良間チームは、M田のお母さん、K川さん、K俣さん、K村さんご夫婦。 全員でワイワイ行ってきました。(写真左)  ビーチチームは、Ocean Blue初参加のH瀬さんとY澤さんご夫婦の職場仲間です。 本日到着だったので、空港にお迎えに行き、午後から潜ってきました。 今日も真夏の陽気で快適に潜れました。(写真右)

photo photo

慶良間チームは、サンゴ→地形→外洋ポイントを巡り、今日も全員で3本をがっつり潜ってきました。 どのポイントも透明度が良かったみたいです。バブルリングが全てを物語ってますね。(Photo by 徳ちゃん)

photo

地形ポイントでは、降り注ぐ太陽光線が光のシャワーを描いていました。ユラユラ揺らめいて綺麗です。(Photo by 徳ちゃん)

photo

穴の中には「シモフリタナバタウオ」。漢字で書くと「霜降七夕魚」。 ちなみに、今川は先日新しく見つけたお店で「霜降り馬刺し」というのを食べましたが、なかなかグゥ〜なお味でした。 馬刺し好きな方はご案内しますよ。(Photo by 徳ちゃん)

photo

「ネムリブカ」。こっち向いてくれー! (Photo by 徳ちゃん)

photo

「ミナミハコフグの幼魚」。可愛いですね。(Photo by 徳ちゃん)

photo

ここからはビーチチームのログ。 『何かリクエストありますかー?』と聞いたら、『生物を見るよりもひたすらまったり潜りたい』という事だったので、 ゆっくり時間をかけて潜ってきました。青の洞窟で3人のシルエットをパチリ。

photo

人懐っこい「サザナミヤッコ」がずーっと付いて来ていました。 ヤッコ(キンチャクダイ)とチョウチョウウオの違いは、鰓蓋(ほっぺた)の部分にトゲがあるかないかなのですよ。 この「サザナミヤッコ」にはトゲがありますね。覚えておくと便利ですよ。

photo

意外と皆さんが注目してくれたのが「レモンウミウシ」。堅い体を変幻自在に動かして移動していました。

photo

「ハナヒゲウツボの幼魚」も見てきましたよん。

photo

ゆっくり潜って、ダイブタイムは60分を越えていました。3人とも『1時間を越えるなんて新記録だ!』って言っていました。 これからもOcean Blueでたくさん潜って、色んな記録(思い出)を作っていって下さいね。

photo

長めに潜っても全然寒くないので、潜り易い季節になりましたよ。皆様も遊びに来て下さい!