TOP >>ログブック >>2008年5月のログブック

 ■ 粟国が・・・(今川) & ウミウシダイブ4日目(ナギ)     2008/05/31
今日は土曜日。土曜日といえば、粟国島遠征ツアーの予定でしたが、台風による海況悪化の為中止になりました。 粟国島までは片道1時間半以上かかるので、海況が悪いとなかなか出かける事ができないのですよ。 (無理して渡っても酔っちゃ意味がないですもんね) しかしながら、慶良間までは何事もなく渡る事ができました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき雨
 気 温 : 27度
 水 温 : 25〜27度
 風 向 : 北のち北東
 波 高 : 2m
 透明度 : 15〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は昨日から引き続きの4名。T村さんと今川は慶良間へ。(写真左)  I川さんとS本さんご夫婦はナギガイドで東海岸のウミウシパラダイスに行ってきました。 今日のウミウシパラダイスは透明度が15m以上あったそうですよ。(写真右)

photo photo

慶良間はどのポイントも微妙に流れていましたね。まだ中潮だというのに・・・。次回の大潮もブン流れになりそうです。 「デバスズメダイ」が流れに負けないように泳いでいました。

photo

「ケラマハナダイ」はあくび中。向こうを向かれてしまいました。

photo

「カシワハナダイ」も居ましたよ。綺麗ですね。

photo

「ハダカハオコゼ」は黄色と白が同じ根に着いていました。

photo

大人と子供の中間的な模様の「タテジマキンチャクダイ」。

photo

大きかった「ミラーリュウグウウミウシ」。ウミウシはたくさん居たのだけど、 ウミウシチームでたくさん写真を載せるので、ここでは控えましょう。

photo

3本目はドリフトダイビング。「グルクン」の行進が途絶えませんでした。

photo

「カスミチョウチョウウオ」が『これでもかぁっっ!』ってくらい群れていましたね。

photo

ここからはウミウシチームのログ。 今日も「ナギウミウシ」こと、「トラパニア・ミルタブランカ」を2個体見つけましたが、 先日見つけた個体のように卵は付いていませんでした。(Photo by I川さん)

photo

「ツルガチゴミノウミウシ」は久し振りの出会い。(Photo by ナギ)

photo

「テディベアウミウシ」(仮称)に似ているのだけど、触角が白色なので別種でしょうね。 一応、「ドーリス科の一種」という事にしておきましょう。ここではたまに見ます。(Photo by I川さん)

photo

何でしょうか? 皆さんのログ付けの時の結論は「イソウミウシ属の一種」となっていました。ふむふむ。(Photo by ナギ)

photo

「シフォプテロン・クアドリスピノーサム」も出てきました。(Photo by ナギ)

photo

そして、今日も「フリソデミドリガイ」が登場。一昨日見たのとは違う個体です。 冬季限定のウミウシだと思ってたのですが、この季節でも居るんだという事ですね。(Photo by ナギ)

photo

「ネコジタウミウシ属の一種」。チョビヒゲが特徴です。(Photo by ナギ)

photo

地元ダイバーの方が教えてくれた「テンセンウロコウミウシ」。協力に感謝!(Photo by ナギ)

photo

「ミカドウミウシ」はちょっと大きめの個体が居ました。(Photo by I川さん)  全く関係のない話ですが、I川さんは今日でOcean Blue(だけで)100ダイブ目。 ウチはウミウシダイブの時はゆっくり長めに潜るので、2ダイブで終わる事が多いのですが、 それでもコツコツと潜ってくれてこの100本目を達成しました。ありがとうございます。

photo

「フウセンウミウシ」だと思われる個体。Ocean Blue的には初見です。(Photo by ナギ)

photo

S本さんの奥様が見つけた「コンシボリガイ」のブルーバージョン。小さくて綺麗ですね。(Photo by ナギ)

photo

皆さんは覚えていますか? 赤くて小さかった「イロカエルアンコウ」が大きくなって再登場。 色は緑色っぽくなっていますね。今までどこに行ってたんだい? (Photo by I川さん)

photo

今日は2ダイブで36種のウミウシが見れました。昨日までのだぶり(●印)を除いて、4日間トータルで88種です。

     ●.イボヤギミノウミウシ-----3個体
     ●.ハナビラミノウミウシ-----多数
     ●.セトイロウミウシ-----多数
     ●.センテンイロウミウシ-----多数
     ●.クロモドーリス・プレキオーサ-----多数
     70.ツルガチゴミノウミウシ-----1個体
     ●.ナギウミウシ-----2個体
     71.ドーリス科の一種-----1個体
     72.ネコジタウミウシSP-----1個体
     ●.パスタチゴミノウミウシ-----1個体
     73.イソウミウシ属の一種-----1個体
     74.シフォプテロン・クアドリスピノーサム-----1個体
     ●.イチゴミルクウミウシ-----1個体
     ●.モンジャウミウシ-----2個体
     75.シロミノウミウシ-----1個体
     76.スミゾメミノウミウシ-----1個体
     77.ヒョウモンウミウシ-----1個体
     ●.フリソデミドリガイ-----1個体
     78.キカモヨウウミウシ-----1個体
     79.ネコジタウミウシ属の一種-----2個体
     ●.ゴクラクミドリガイ属の一種-----1個体
     80.チドリミドリガイ-----1個体
     81.シロアミミドリガイ-----多数
     ●.トウヨウキセワタ-----1個体
     ●.コナユキツバメガイ-----多数
     82.テンセンウロコウミウシ-----1個体
     83.ホンクロシタナシウミウシ-----1個体
     84.キホシウロコウミウシ-----1個体
     85.ミヤコウミウシ-----2個体
     86.トンプソンアワツブガイ-----1個体
     ●.ミカドウミウシ-----1個体
     ●.マダライロウミウシ-----3個体
     ●.シロウサギウミウシ-----1個体
     87.フウセンウミウシ-----1個体
     88.コンシボリガイ-----1個体
     ●.ヒラミルミドリガイ-----1個体

ここでお知らせです。ナギが本日付でOcean Blueを辞める事になりました。 今まで可愛がって下さった皆様、本当にありがとうございました。以下、ナギからのご挨拶です。

ナギです。
突然ですが、今月いっぱいでオーシャンブルーを退職することになりました。 短い間でしたが、たくさんのお客様と出会い、ダイビングが出来たことを嬉しく思います。 また、何処かで会った時は、気軽に声をかけて下さい! 今後ともオーシャンブルーを宜しくお願い致します。 ありがとうございました。

あ、でも、これから先の予約のたくさん入っている日はヘルプで来てくれるので、またHPには登場します。


 ■ カパライへ向けて(今川) & ウミウシダイブ3日目(ナギ)     2008/05/30
台風5号の影響で徐々に波が高くなってきています。 台風に引き寄せられる風は北寄りになり、台風自体のうねりは南から入ってくるので、 このままでは潜る所がなくなってしまうのですが、今日は西海岸も東海岸も無事に潜る事ができました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 雨のち曇り
 気 温 : 28度
 水 温 : 24〜25度
 風 向 : 南西のち北
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 7〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は4名。常連様のT村さんは今川と西海岸の真栄田岬へ。(写真左)  ウミウシダイブチームは、I川さんと、今日から参加のS本さんご夫婦。ナギと一緒に東海岸のNEWポイントへ行ってきました。(写真右)

photo photo

まずは、西海岸の様子から。 毎年、この時期になると決まって「ハナヒゲウツボ」の幼魚が出現します。今日も新顔の「ハナヒゲウツボ」が登場。 できるだけ長いこと居着いて欲しい。

photo

「ジョーフィッシュ」はいつもの場所に居ました。だいぶ人馴れしてきた感があります。よしよし。

photo

洞窟にも入ってきました。曇っていても青の洞窟でした。

photo

「クマノミ」のお父さんは卵の世話で忙しそうです。

photo

今日はじっくり2本を潜りましたが、T村さんはまだまだ1桁ダイバー。その割にはとても上手です。(体験の期間が長かったですもんね) たくさん潜って上達して、今年度はOcean Blueの海外ツアーに参加してくれるそうです。 11月にカパライツアー組んじゃおうかな? それまでたくさん潜りましょう!  「ヒナギンポ」も『頑張れー!』と応援しています。

photo

ここからは、東海岸のウミウシチームのログ。このNEWポイントはS本さんリクエストです。 まずは、「カノコウロコウミウシ」。(Photo by I川さん)

photo

初めて見た時は「ワモンキセワタ」と勘違いした「モンガラキセワタ」。小さいウミウシです。(Photo by ナギ)

photo

S本さんの奥様が見つけてくれた「オトメミドリガイ」。見つける目は多ければ多いほど良いですね。(Photo by ナギ)

photo

そして、S本さんの旦那様のリクエストだった「ナギサノツユ属の一種」も無事に発見。 今回のツアーで一番見たかったものを初日からお見せする事ができて一安心。(Photo by ナギ)

photo

「パイナップルウミウシ」も登場。こんなに浅くて砂泥っぽい環境に居るなんて驚きです。(Photo by ナギ)

photo

そして、今日のヒットはこれ、「ナンヨウウミウシ」でした。見つけたのはI川さんです。ナイス! (Photo by ナギ)

photo

今日は2ダイブで33種のウミウシが見れました。昨日とのだぶり(●印)を除いて、3日間トータルで69種です。

     ●.リュウグウウミウシ-----多数
     52.エンビキセワタ-----1個体
     53.ホシゾラウミウシ-----多数
     ●.タスジミドリガイ-----多数
     54.ツノクロミドリガイ-----多数
     ●.アカボシウミウシ-----2個体
     ●.コイボウミウシ-----多数
     55.ナンヨウウミウシ-----1個体
     56.カノコウロコウミウシ-----2個体
     ●.チゴミドリガイ-----多数
     57.ハイイロイボウミウシ-----1個体
     ●.ゴクラクミドリガイ属の一種-----3個体
     ●.ホソスジイロウミウシ-----多数
     ●.フジナミウミウシ-----多数
     ●.ゾウゲイロウミウシ-----1個体
     58.モンジャウミウシ-----1個体
     59.ヨゾラミドリガイ-----1個体
     60.クロヒメウミウシ-----1個体
     61.クロヘリアメフラシ-----1個体
     62.モンガラキセワタ-----1個体
     ●.コネコウミウシ-----1個体
     63.クチナシイロウミウシ-----2個体
     ●.ヒメコモンウミウシ-----1個体
     64.オトメミドリガイ-----1個体
     65.ナギサノツユ属の一種-----1個体
     66.パイナップルウミウシ-----1個体
     67.ソライロイボウミウシ-----1個体
     68.ハナミドリガイ-----1個体
     ●.センテンイロウミウシ-----1個体
     ●.セトイロウミウシ-----1個体
     ●.クロモドーリス・プレキオーサ-----1個体
     69.タテヒダイボウミウシ-----1個体

明日も潜りまーす。

 ■ ウミウシダイブ2日目(今川)     2008/05/29
今回は6日間連続でのウミウシダイブになります。 今川的にはこの季節が一番ウミウシが多いと思っているのですが、どうも今年はインパクトに欠ける気がします。 今年の冬にウミウシが少なかったので、それが影響しているのでしょう。 でも、弱音を吐いてはいられません。今日も頑張って潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ(夜は雷雨)
 気 温 : 29度
 水 温 : 23〜27度
 風 向 : 南西
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 7m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は昨日から連チャンのI川さんと、本州のウミウシの著者、中野理枝さんと潜ってきましたよ。 I川さん、今日はマイ器材で潜れるので嬉しそうです。 ポイントは多少チャプチャプしていましたが、理枝さんリクエストのウミウシパラダイスに行ってきました。

photo

1本目。入ってみると水温は27度。『おぉぉ、暖かい・・・』。 カパライツアー以降、フードベストは着ないで潜っているので、この水温は有難い。 しかし、場所によっては冷水塊があり、その中に入ると23度!  しかも、徐々に水温が変化するのではなく、ある所から急に冷たくなるのですよ。(サーもクラインは出てなかったなぁ) 頭がクラクラしそうでした。 でも、『水温の低い所の方がウミウシも多い筈!』って思い、冷たい塊に負けじと突っ込んできましたよ。頑張った甲斐はあったかな?

「コネコウミウシ」は小さかったニャー。(Photo by I川さん)

photo

ピンクの綺麗な「パスタチゴミノウミウシ」。小さいうえに移動スピードが速いので撮り難いウミウシです。(Photo by I川さん)

photo

「ミノウミウシ亜目の一種」は卵を産んでいました。(Photo by I川さん)

photo

そして、理枝さんリクエストの「ナギウミウシ」こと「トラパニア・ミルタブランカ」も無事発見。
え?何故、今頃になってこのウミウシが見たいのかって?  実は、見たいのは、ウミウシの方ではなくて、「ナギウミウシ」に産み付けられた卵が見たかったのですよ。 (Photo by I川さん)

photo

ね、二次鰓の部分にツブツブの卵が見えるでしょ? これが「コペポーダ」という寄生虫の卵です。 (この話を書き出すと長くなるので、ここでは省略します) もちろん、肉眼では殆ど見えません。 写真を撮って、その場でモニターで拡大して確認・・・。これを捜し出すのは大変ですぜー。旦那。

photo

結局、今川が撮ったのは上の写真だけ。 リクエストのウミウシも無事に発見したし、2本目からはカメラを持たずに潜りました。 ここから先の写真は全てI川さんに提供してもらいました。(感謝)
「テントウウミウシ」は相変わらずたくさん居ました。 着いていないミルには全く居ないけど、1個体でも着いているミルを良く捜すとグチャッって感じで着いています。 この2個体は終始 電車ごっこをしていました。(Photo by I川さん)

photo

そして、驚いた事に、この季節に「フリソデミドリガイ」が登場。しかも巨大。 最初は背面の突起が海草に見えて、『あー、これが「フリソデミドリガイ」だったらいいのになー』。とか思ってたら、動き出したのでビックリしました。 (Photo by I川さん)

photo

「イチゴミルクウミウシ」もまだまだ見られる。(Photo by I川さん)

photo

すっごく可愛かった「ミカドウミウシ」の幼体。嬉しくって何度も虫眼鏡で見てしまいました。 普段はモニター越しにしか見てないけど、ライブで動きを見るのも楽しいですね。(Photo by I川さん)

photo

「ボンボリイロウミウシ」は白い触角がチャーミングゥ〜!(Photo by I川さん)

photo

最後は「トルンナ・ダニエラエ」が出てきました。 東海岸で見るのは初めてだし、ちょっと色がピンクっぽかったので、別種かと思いましたが、ダニエラなのでしょうね。(Photo by I川さん)

photo

今日は2ダイブで29種のウミウシが見れました。I川さんは昨日とのだぶり(●印)を除いて、2日間トータルで50種見れました。 今回は100種類越えるかな〜? 潜るポイントにもよりますけどね・・・。台風と相談しながらポイントを選びましょう。

     26.コネコウミウシ-----1個体
     27.カンムリハラックサウミウシ-----1個体
     ●.コナユキツバメガイ-----多数
     ●.センテンイロウミウシ-----多数
     ●.セトイロウミウシ-----2個体
     28.クロモドーリス・プレキオーサ-----多数
     29.ヒブサミノウミウシ-----多数
     30.ハナビラミノウミウシ-----多数
     31.パスタチゴウミウシ-----1個体
     32.カメキオトメウミウシ-----2個体
     33.ミノウミウシ亜目の一種(赤)-----1個体
     34.イボヤギミノウミウシ-----3個体
     35.ナギウミウシ-----2個体
     36.ホソスジイロウミウシ-----多数
     37.トウヨウキセワタ-----2個体
     38.ゴクラクミドリガイ属の一種-----1個体
     39.テントウウミウシ-----多数
     ●.コノハミドリガイ-----1個体
     40.フリソデミドリガイ-----1個体
     41.ムカデミノウミウシ-----多数
     42.フジナミウミウシ-----3個体
     43.レンゲウミウシ-----1個体
     44.マダライロウミウシ-----2個体
     45.シロウサギウミウシ-----1個体
     46.タスジミドリガイ-----1個体
     47.イチゴミルクウミウシ-----1個体
     48.ミカドウミウシ-----1個体
     49.ボンボリイロウミウシ-----1個体
     50.トルンナ・ダニエラエ-----1個体

明日はまたまた仲間が増えます。

 ■ ウミウシダイブ(今川)     2008/05/28
台風5号が発生しました。この台風、沖縄目がけて一直線で北上中。しかも、かなりのスローペース。 更に、今後は940hPa程度まで成長する見込み。 今日からしばらくは連チャンで予約が入っているというのに気が気ではない。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち晴れ
 気 温 : 30度
 水 温 : 23度
 風 向 : 南のち南西
 波 高 : 1のち1.5m
 透明度 : 15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はウミウシマニアのI川さん。本日到着なので、午後から西海岸で2ダイブしてきました。 しかし、何か様子が変ですね。レンタルウエットだし・・・。 何と、先に送った筈の器材が届いていないというアクシデントがあったのです。 Y運輸に問い合わせると、24日に出した荷物が、お昼の時点でまだ東京にあるというじゃあーりませんか!(どーゆー事?) 仕方が無いので、今日はレンタル器材で潜って頂きました。

photo

「センヒメウミウシ」は小さかったですね。

photo

逆にドーン!とメタボリックサイズだったのは「シンデレラウミウシ」。 左の個体も十分に大きいサイズなのですが、全然小さく見えます。 もう動くのも面倒って感じでゴロンと転がっています。

photo

コンペイトウ畑に行ってみると、今日も期待通り「コンペイトウウミウシ」が居ましたよ。 ここには、それ以外に「キスジカンテンウミウシ」(下の写真)なども居ます。ちょっと寄りすぎました・・・。

photo

「キイロイボウミウシ」が居ました。

photo

そして、こちらも「キイロイボウミウシ」。上のと同じには見えません。変異幅の大きい種ですね。

photo

「アミメイボウミウシ」は触角が特徴ですね。

photo

「モンコウミウシ」は2個体。今年は数が少ないなー。

photo

「セトイロウミウシ」も2個体居ましたよ。

photo

夕方、ショップでのログ付け中に、Y運輸がI川さんの器材を持ってきました。 昼間には東京にあった器材が夕方には沖縄に! やればできるじゃん!Y運輸!(しかし、この1個の荷物の為にハンドキャリーしてきたんだろうなぁ)
この話題とは一切関係ありませんが、「ヒナギンポ」が可愛かったので貼っておきましょう。

photo

今日は2ダイブで25種類のウミウシが見れました。うーん、ちょっと少なくなったなー?って感じ。

     1.アカボシウミウシ-----2個体
     2.トカラミドリガイ-----2個体
     3.コナユキツバメガイ-----多数
     4.サキシマミノウミウシ-----1個体
     5.センテンイロウミウシ-----多数
     6.センヒメウミウシ-----1個体
     7.ヒメコモンウミウシ-----2個体
     8.チゴミドリガイ-----2個体
     9.コイボウミウシ-----多数
     10.シンデレラウミウシ-----2個体
     11.サラサウミウシ-----1個体
     12.キスジカンテンウミウシ-----1個体
     13.コンペイトウウミウシ-----1個体
     14.アミメイボウミウシ-----1個体
     15.フリエリイボウミウシ-----1個体
     16.ゾウゲイロウミウシ-----多数
     17.ゴクラクミドリガイ属の一種-----1個体
     18.キイロイボウミウシ-----3個体
     19.モンコウミウシ-----2個体
     20.コールマンウミウシ-----3個体
     21.セトイロウミウシ-----2個体
     22.リュウグウウミウシ-----1個体
     23.コノハミドリガイ-----1個体
     24.イガグリウミウシ-----3個体
     25.ミゾレウミウシ-----多数

明日から徐々にウミウシ仲間が増えて行きます。頑張ってたくさん見つけましょう。

 ■ マンツーマンで(今川)     2008/05/26
今日は久し振りに雨が降りました。 ただ、我々が潜ってる3本目に降り出して、エキジットした頃には上がったので、雨に濡れる事はありませんでした。 やっぱ、何だかんだ言っても梅雨ですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち曇り一時雨
 気 温 : 29度
 水 温 : 26度
 風 向 : 南西のち東
 波 高 : 1m
 透明度 : 25〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は昨日アドバンスダイバーになったばかりのT屋さんとマンツーマンで慶良間に行ってきましたよ。

photo

最初に紹介したのは「ミゾレウミウシ」。触角と二次鰓がミゾレ模様になっているのをじっくり見てもらいました。

photo

T屋さんが遊んでいるのは「イバラカンザシ」。どんなに頑張っても触る事はできません。(笑)

photo

「イバラカンザシ」の空家を利用して「カンザシヤドカリ」が棲んでいます。目がウルウルー。

photo

穴の中には「ネムリブカ」。昨日も見たのでもう慣れましたね。間近で見ていました。

photo

この時期、「キンギョハナダイ」はどこへ行ってもスゴイの一言。紙吹雪のように乱舞してました。

photo

沖に目をやると「イソマグロ」が編隊飛行中。

photo

「グルクン」も一列になって川のように流れていました。

photo

今日もリクエストのカメを見てきましたよ。「タイマイ」は3匹居ました。 カメとのランデブーも余裕でスイスイ。T屋さん、今回のアドバンス講習でだいぶ上達しましたね。

photo

食事中の「タイマイ」が居たので、じっくり観察する事ができました。

photo

プチ遺跡ポイントにも行ってみました。はいポーズ。

photo

「アオウミガメ」も5枚見てきましたよ。今日は3本中2本がドリフトで気持ちよく流せました。 T屋さん、次回は7月にお友達3人と予約を入れてくれました。お待ちしていま〜す!

photo

慶良間でサンゴが産卵したみたいですね。ただ一斉産卵ではなく、ポツポツと少しずつのようです。 そうすると、沖縄本島の産卵は予想通り・・・。という事になりそうなのですが、参加される方は居ませんかー?

 ■ ビューティフルサンデー(今川 & ナギ)     2008/05/25
沖縄は梅雨入り宣言した途端に梅雨明けしたような好天に恵まれています。 今日は昨日にも増して更に穏やかになり、どこへ行っても大丈夫というような海況。 こんな素敵な日に潜れるお客様は幸せですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 29度
 水 温 : 26度
 風 向 : 南西のち西
 波 高 : 1m
 透明度 : 30〜40m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は昨日から連チャンのU野さんとT屋さん。今川とナギのマンツーマン体制で慶良間に行ってきました。

photo

U野さんのジャイアントストライドエントリー。海に飛び込むのが気持ち良い天気になりました。

photo

T屋さんはアドバンス講習の続きで、ディープな世界に行ってきました。 今日は透明度が良すぎで水深30mでも明るく感じましたね。ちなみに、これ、ノーストロボで撮影。(Photo by ナギ)

photo

「カノコイセエビ」は何箇所かで見かけました。(Photo by ナギ)

photo

ウミウシもまだまだ出てきています。「キイロウミウシ」。

photo

「ゾウゲイロウミウシ」。ちなみに今週の後半から来週にかけてはウミウシダイブ。たくさん出るといいな。

photo

水面が穏やかだと、コンデジでもなんちゃって半水面の写真が撮れますね。

photo

カメとものほほんと遊んできました。

photo

T屋さんはコンパスナビゲーションの最中にカメが出てきて先導してくれました。 そのまま龍宮城へ〜。(笑)(Photo by ナギ)

photo

「マダラトビエイ」も目の前で見れました。(Photo by ナギ)

photo

3本目はドリフトダイビング。穴の中には「ネムリブカ」が固まって寝ていました。(Photo by ナギ)

photo

沖の離れ根はブン流れ〜。「グルクン」が一列になって行進していました。

photo

「キンギョハナダイ」は10,000匹見てきました。

photo

今日はどのポイントも透明度最高で気持ちが良かったです。 U野さんはチームバブルリングスの6番目のメンバーになったので、今日はバブルリングの猛特訓でした。 特訓の成果は!?

photo

明日も慶良間でーす。

 ■ ジンベエザメツアー(ナギ) & 今シーズン初粟国ツアー(今川)     2008/05/24
沖縄は梅雨入り宣言した途端にお天気になりました〜。(笑) 毎年続くジンクスですね。 気温は29度まで上がり、寝苦しくて仕方ありません。早くもクーラー&扇風機のお世話になっています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 29度
 水 温 : 25〜27度
 風 向 : 南
 波 高 : 1m
 透明度 : 20〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日の海況は波の高さ1m! こんな素敵な日に遊びに来てくれたのはOcean Blue 2回目のT屋さん。 ナギと一緒にジンベエザメツアーに行ってきました。(写真左)  そして、今日は今年初の粟国島ツアーも行ってきましたよ!  参加してくれたのは、昨日から連チャンのI田さんとA蔵さん、そして常連様のU野さんです。 狙っているものが見れるといいですね。(写真右)

photo photo

まずは、ジンベエツアーの様子から。T屋さんは先月ウチに来てくれた時が初ファンダイブだったんですよね。 で、今回は『どこでもいいので連れてって!』というリクエストだったので、ジンベエダイブをチョイスしました。
あぁっ! 憧れのジンベエ様が目の前に!!(Photo by ナギ)

photo

あぁっ! ち、近付きたいけど、怖いっっ!!(Photo by ナギ)

photo

あ、ああぁぁっ! も、もう少し・・・!(Photo by ナギ)

photo

あ、ああぁぁっ!(Photo by ナギ)

photo

なんて、変なコメントばかりでゴメンナサイ。 ちゃんと「ジンベエザメ」とスキンシップしてきましたよ。(ただ、その瞬間の写真がないのです・・・。) 次回もチャレンジしてくれるそうなので、その時はバッチリの写真を撮りますね。
と、ここでT屋さん、急遽『アドバンスが取りたい!』という事で、真栄田岬に行って講習を行ってきましたよ。 講習が終わった後は水中遊泳。お気に入りの「オランウータンクラブ」です。明日は慶良間で楽しみましょう。(Photo by ナギ)

photo

そして、ここからは粟国島チームのログ。筆ん崎が流れてるかもしれないという事で、1本目はサクラで肩慣らし。 でも、サクラは全然流れてなかったので、練習になりませんでしたね。 のほほんと「キンチャクガニ」なんか捜してしまいました。7匹も居ましたよ。 ちなみに、今日の粟国の水温は27度! 皆さん途中からフードベストを脱ぎ捨ててました。

photo

そして、2本目、3本目は筆ん崎。大きな「カンムリブダイ」が、ずーっと同じ場所に居ました。

photo

でも、見たいのはそんなんじゃありませんよね。出ました〜♪ 粟国名物「ギンガメアジ」の群れ〜♪  流れも緩やかでじっくり見れました。

photo

最初は小さな群れだったのですが、その後、すぐに別の集団が合体して中ぐらいの群れになりました。

photo

そして、中盤には更に別グループが合体して、気付けば、いつの間にか大きなギンガメ玉の出来上がり〜♪

photo

皆さん、初粟国で初ギンガメを見る事ができて良かったですね。1人ずつ記念撮影を行ってきましたよ。 A蔵さんは、Ocean Blueで45分間「マンタ」三昧も当てたし、今回も45分間ギンガメまみれでしたね。強運の持ち主です。

photo photo photo

一瞬、群れがパッ!と弾けたかと思うと、その中から現れたのは1m50cmはあろうかという大きな「ロウニンアジ」。 お腹に「コバンザメ」を従えて登場です。あ、目が合っちゃった。

photo

見よ! この大きさ! この迫力! まさに浪人と呼ぶに相応しい形相。

photo

5月、6月の週末は粟国島遠征デーです。海況が良ければどんどん出かけて行きますので、奮ってご参加下さいね。

photo

梅雨入り宣言はしたものの、天気と海況は穏やかな日が続きそうです。どんどん遊びに来て下さいね。

 ■ 慶良間ボート(ナギ) & 本島ビーチ(今川)     2008/05/23
カパライツアーのログのアクセス数が2日で600を越えました。 たくさんの方が興味を持って見てくれているのですね。ありがとうございます。 ツアーから帰ってきて、1日で書き殴ったログなので、表現のおかしな箇所が多々あると思います。 何度も読み直してチェックしたつもりなのに、ショップにあるもう1台のパソコンで見てみると、あっさりと誤字や脱字に気が付きます。(何故?) その都度、訂正していっておりますので、皆様も何回も見て楽しんで下さい。 このログを見て、『カパライに行きたい!』という方が増えれば、今年の後半にもう1回行きたいと思います。お問い合わせ下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき晴れ
 気 温 : 28度
 水 温 : 23〜25度
 風 向 : 南東のち南
 波 高 : 1m
 透明度 : 20〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は2名。昨日から連チャンのI田さんはナギと一緒に慶良間へ。 本日到着のA蔵さんは今川とビーチに出かけてきました。 曇りの予報でしたが、午後は晴れ間も覗き、日焼けするほどでしたよ。

photo photo

今日の慶良間チームは地形三昧でした。まずは階段に腰かけてはいチーズ。(Photo by ナギ)

photo

壮観な地形でしたね。ずっと眺めていました。(Photo by ナギ)

photo

2本目は洞窟コースでした。「アカマツカサ」がたくさん群れていました。(Photo by ナギ)

photo

3本目はサンゴの綺麗なポイントでダイビングゥ〜。「アオウミガメ」も優雅に流していました。(Photo by ナギ)

photo

もちろん、I田さんの好きなマクロ生物も色々と見てきましたよ。これは「シロタエイロウミウシ」のおチビちゃんです。(Photo by ナギ)

photo

ここからは本島ビーチチーム。A蔵さんのリクエストはホーシュー。 今日は海況も良かったので行ってきました。 深場では「スジクロユリハゼ」をパチリ。盛んにヒレを広げてくれてたのだけど、タイミング合わず・・・。

photo

「アカオビサンゴアマダイ」は相変わらず観察し易いですね。

photo

ハートの穴も抜けてきましたよん。男二人でしたが・・・。(笑)

photo

「チギレフシエラガイ」はその名の通り外套膜が千切れていました。

photo

最後は「イシガキカエルウオ」のアップをどぞ。

photo

明日も海況が良さそうです!

 ■ ビーチでゆっくり(今川)     2008/05/22
カパライから帰っての初めての海。 向こうは水温が30度に届こうかというくらいあったので、5ミリのワンピース一丁でも快適に潜れました。 こっちに戻って、『さて、何ミリのウエットを持っていきましょうか?』と考えたのですが、やっぱりロクハンをチョイス。 潜ってみたら、深い所は21度だったので、正しい選択でした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇り
 気 温 : 26度
 水 温 : 21〜25度
 風 向 : 南東
 波 高 : 1のち1.5m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はOcean Blue初参加となるI田さん。400本を超えるベテランダイバーです。 初日の今日は到着ダイブで午後から真栄田岬に行ってきましたよ。

photo

I田さんはハゼやウミウシなどのマクロ系が好きという事で、まずは深場へGO。 「ヤノダテハゼ」や「ヤシャハゼ」、「ホタテツノハゼ」(下の写真)などを紹介。 久し振りに見た「ホタテツノハゼ」はなかなか引っ込まなかったので、1枚撮らせて頂きましたが、 終始ヒレを広げなかったので、かりんとうみたいでした。

photo

と、ここで今川のカメラに違和感が・・・。おぉぉ、なんと言う事・・・。カメラにメディアを入れるのを忘れていました。 カパライに行った時に、メディアを抜いて、ケースで持ち運んでいたのを、カメラに戻すのを忘れてしまったのですよ。 しかし、写真は撮れていますよね? これがSP-350の良い所、カメラ本体に少量の内臓メモリが搭載されているので、10枚程度は撮る事ができるのです。 少ないシャッターチャンスで撮ってきたのは「タツノハトコ」や・・・。

photo

ちょっと稀な「コモンウミウシ属の一種」。

photo

お茶目な「ヒナギンポ」も撮ってみました。他にも色々と居たのですが、多くを語るのは止めましょう。トホホ・・・。

photo

沖縄は梅雨入り宣言したそうですねー。明日は慶良間で楽しみましょうね。

 ■ ツアーログをアップしました(今川)     2008/05/21
お待たせしました! カパライツアーのログをアップしましたよ。 興味のある方は、2008カパライツアー報告をご覧下さい。 写真はツアー前日に行なった、東京での飲み会のひとコマです。ナギの衣装に注目〜。(笑) この飲み会の様子もツアーログと一緒に更新していますので見て下さいね。

photo

沖縄はこれから梅雨の季節ですが、明日からしばらく予約が続いているので、連チャンで海に潜りま〜す。