TOP >>ログブック >>2007年12月のログブック

 ■ フォトダイブ(今川) & 宮古島報告(ナギ)     2007/12/20
昨日の雨から一転。今日はスカッと晴れました。気温は22度の予報でしたが、太陽が出ているのでポカポカ陽気で暖かかったです。 お昼休みは椅子を広げてお客様とウトウト・・・。幸せな一時を過ごしました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 22度
 水 温 : 23度
 風 向 : 北東
 波 高 : 2m
 透明度 : 7m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は常連様のゆうゆさん。今川とマンツーマンでゆっくりじっくりフォトダイブしてきました。 ポイントはリクエストのウミウシパラダイス。 昨日の雨で透明度を心配していたのだけど、全然落ちてませんでした。

photo

最近のウミウシパラダイスネタの中から、ゆうゆさんの見たいものをピックアップして片っ端から紹介。 効率の良いガイディングで、ゆうゆさんには休む間もなく写真を撮ってもらいました。 今日の「クダゴンベ」は「イソバナ」の上に乗ってくれませんでした。こんな場合は顔だけのアップを狙いましょう。

photo

メタボ体型の「イソコンペイトウガニ」。お腹がつかえて歩き難そうです。(笑) ゆうゆさん粘って撮ってましたね。

photo

昨日も貼ってしまったけど、今日も貼ってしまえ。 この「ヨコシマエビ」は右手のハサミが無くなっています。どうしたんでしょう?

photo

泳いでる「ニジギンポ」が、穴の中に居る「ニジギンポ」とケンカをしています。 どうやら巣穴を奪いたいみたいです。 ここ数週間ずっと目にする光景ですが、ちゃんと食事は摂っているのだろうか?  まぁ、当人達にとっては生きるか死ぬかの争いなんで、食事なんて二の次なんだろうけど、腹が減っては戦ができないよ・・・。

photo

ウミウシも何種類か紹介。 久し振りにクローズアップレンズを3枚重ねにしてみたので、「ヒブサミノウミウシ」は目を狙って撮ってみました。

photo

「コブシメ」の目はいつ見ても眠そうです。

photo

「イッポンテグリ」はいつもの2個体を確認。

photo

さて、ここからゆうゆさんの写真を使わせてもらいます。 さすがはゆうゆワールド。独特の世界観です。 このふわっとした感じはゆうゆさんならでは。 こういう独自のセンスを持っている人を『写真家』って言うんだろうなぁ。(Photo by ゆうゆさん)

photo

ゆうゆさんはウツボ好き。「サビウツボ」は粘って何枚も撮ってました。(Photo by ゆうゆさん)

photo

「アカククリ」の子供は赤い部分がだんだんと消えていってます。 なるほど、こういうふうに消えていくのですね。(Photo by ゆうゆさん)

photo

そして、ゆうゆワールド炸裂の写真をもう一枚。同じ被写体でも撮り方によって全然違う写真になるのですね。 今日は2ダイブで300枚以上の写真を撮ってました。(Photo by ゆうゆさん)

photo

さて、本日ナギが宮古島から帰ってきました。写真をたくさん貼っておきましょう。 色んな場所を潜ってきたそうですよ。 このDVDの発売が決まりましたら、改めてPRしますので皆さん買って下さいね。

photo photo photo photo

photo photo photo photo

photo photo photo photo

今日の夜は仲良しショップさんと忘年会でした。 明日はお休みします。

 ■ ポイント調査(今川) & 宮古島報告(ナギ)     2007/12/19
うーむ、久し振りの雨だ・・・。土砂降りではないもののこうしてまとまった雨が降ったのは10/2以来。 実に2ヶ月半以上雨が降ってなかった事になります。たまには降らないとね。 そして、水温は12月だというのにまだ24度。こちらはいつ下がるのだろうとドキドキものです。 できれば、このままの水温で冬を越したいのだけど、無理なんだろうなぁ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 雨ときどき曇り
 気 温 : 21度
 水 温 : 24度
 風 向 : 北のち北東
 波 高 : 2.5m
 透明度 : 7m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は一人でポイント調査に出かけてきました。 今日はノープランで出かけたのですが、気が付けばエビ・カニ系ばかり撮ってました。 まずは、浅い所に居る「イソギンチャクエビ」。久し振りにホストの「ハナブサイソギンチャク」が出てきていました。 ここ数週間、いつ見てもホストが出ておらず、砂礫の中にじっと身をひそめていましたが、 今日はイソギンチャクの上を嬉しそうに闊歩していました。良かったね。

photo

こちらも浅い所に居る「ニセアカホシカクレエビ」。大きくて見応えがあります。フィンで踏まないでね。

photo

こうして上と下に並べてみると、明らかに違うという事が分かる「ビイドロカクレエビ」。

photo

???キミは誰? どっかで見た事あるんだけどなぁ・・・。もしかして、「オランウータンクラブ」じゃないっスか?  確かに身に纏ってるのはフサフサの毛じゃないけど、その手足の長さ、その歩き方、 どこから見ても「オランウータンクラブ」じゃないっスか!  ホストと呼べるものが特にない場所で見つけました。

photo

今日はあちこちで似たような個体を見つけました。環境によって体に付けているものが違ってますね。

photo

おっと!近付きすぎました。「スカシモエビ」です。最近良く見ます。色んな場所に居るのですね。

photo

「ヒラツノモエビ」のメスです。額角が独特な形をしています。

photo

こちらは額角がカギ状になってますね。名前は分かりません・・・。

photo

おっと!近付きすぎました。その2。「ムチカラマツカクレカニダマシ」のホワイトバリエーション。

photo

「ヨコシマエビ」は相変わらずいっぱい。久し振りに撮ってみましょう。 フォーッフォッフォッフォッフォッ・・・。笑ってますね。

photo

やっと名前がスラスラ言えるようになりました。「ゲラストカリス・パロナエ」。 長いこと居てくれてます。これ以外にもたくさんのエビ・カニを見てきましたよ。

photo

他のものも行ってみましょう。「アカカマス」かな? 「ヤマトカマス」かな?  尾ビレが喰いちぎられていました。魚には痛覚がないって聞いた事があるけど、痛々しいです。 尾ビレがないせいで殆ど泳げません。フィンを履かずに海に入るのと同じですね。 このコの行く末が気になります。

photo

「トウアカクマノミ」の子供。このコは今、「クマノミ」と一緒に棲んでいます。このコもどうなるのか気になるなぁ。

photo

気になるといえば、「センネンダイ」も見に行ってきました。 『今日は遠出をしないぞー』って思ってたのですが、ついフラフラと近くまで来たので見に行ってしまいました。 今日は2匹のツーショットが撮れましたが、微妙な写真になったので、小さい方の写真を貼りましょう。 大きい方は口から釣り糸のようなものが出ていました。大丈夫か? 今日は気になるものが多いです。

photo

赤い「ハダカコケギンポ」も久し振りに真面目に撮ってみました。 すっかりバレバレの被写体になってしまったけど、元気にこの冬を乗り切って欲しい。

photo

これ以外では「サラサハタ」の成魚が居ましたよ。写真は×でしたが、定番になってくれると嬉しいな。

ナギは通り池などでの撮影を無事終了。本日宮古島に渡り、明日帰ってきます。

 ■ ウエットスーツ(今川) & 宮古島報告(ナギ)     2007/12/18
今日は海はお休みにして事務一筋です。午前中は業者と来年の広告の打ち合わせ。 午後は冬用のウエットスーツが続々と出来上がってきているので、梱包&発送です。 ご注文頂いたお客様はもうすぐ届きますので、楽しみに待ってて下さいね。
売れ筋はロクハンのワンピースにOcean Blueオリジナルのフードベスト。これ暖かいのでマジお勧めです。 2点セットで3万円前後とお求め安い価格になってます。 皆様も今年の冬は暖かいウエットを作って潜りに来て下さいませ。

photo

ナギは宮古島から隣の伊良部島に渡り、魔王の宮殿などを潜ってきたそうです。 撮影も順調に進んでいるみたいです。

 ■ ポイント調査(今川 & ナギ)     2007/12/17
今日はノーゲスト。なのでポイント調査に出かけました。今月になって初めてのポイント調査です。 昨日まで殆ど休みなしで潜っていたというのに、ホントにダイビングが好きな二人です。(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇り
 気 温 : 24度
 水 温 : 24度
 風 向 : 南東のち南西
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は風が南向き。東海岸はパシャパシャなので、西海岸をサクッと潜っていきましょう。 今川は深場で「アカオビサンゴアマダイ」と格闘。たくさん居ましたよ。

photo

ナギは「アケボノハゼ」を撮ってました。(Photo by ナギ)

photo

浅場ではひたすら小物捜しに没頭。3本線の残る「ハマクマノミ」の赤ちゃん・・・。 赤ちゃんと言っても、このコ、今年の春からこんな感じです。 ある理由でホストの「タマイタダキイソギンチャク」が大きくなれないでいるのですが、 このままイソギンチャクが成長しなかったら、このコ、ずっと姿のままなんだろうな・・・。 今後の経過を見守りたいと思います。

photo

「ミドリアマモウミウシ」でしょうか? ヒジョーに浅い水深に居ました。 大きさは3mmくらい。それでもしっかり撮影すれば、ご覧のようにつぶらな瞳も写ります。 ウミウシ好きなお客様に限らず、マクロ好きなお客様って、こういう写真を撮ってる時が一番楽しいんだろうなぁ。(自分がそうだもんね)  お客様の好みの被写体を捜すのも大事ですが、お客様が撮影に没頭できるように配慮するのも大事。 これからもそういうガイディングができるように心掛けたいです。

photo

さて、今日は午前中の1本で終了。というのも、明日からナギが3日間の宮古島出張で午前便の飛行機に乗るのですよ。 今回はDVDの撮影だそうです。ナギもついにモデルデビューです。

 ■ バースディダイブ(今川 & ナギ)     2007/12/16
海況がグングンと良くなっています! 今週はダイビング日和になりそうです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 21度
 水 温 : 24度
 風 向 : 北東
 波 高 : 1m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は3名。全員地元のゲストさんです。リピーターのH瀬さんに匿名希望さん、 そしてOcean Blue初参加となるG謝さんが遊びに来てくれました。 G謝さんは本日が誕生日という事で背中にお祝いのメッセージを書いて集合写真を撮ってきました。 さすがにこの季節、寒くて水中では脱げません。

photo

3人は普段は本島のビーチで潜るセルフダイバー。 ならば、今日はビーチではなかなか見られないものを中心にお見せしましょう。 まずは、「ハナゴイ」の群れるポイントに行ってきました。

photo

「イロブダイの幼魚」もまだまだ小さいサイズのものが見られます。(Photo by ナギ)

photo

「ハナヒゲウツボの幼魚」も居ました。写真で撮ると真っ黒だけど、肉眼では少し青っぽくなってる気がしました。

photo

「朝青龍」・・・じゃなかった。「コクテンフグ」の子供が膨れていました。皆さんの格好の被写体になってました。

photo

「イソバナ」の燃えるような赤が綺麗です。この風景も慶良間ならでは。

photo

ワイドな中でもスーパーマクロの世界を堪能。「ナデシコカクレエビ」のアップをどぞ。

photo

ワイドとマクロ両方行けるのがコンデジのいい所。皆さんも色んな写真を撮りまくってましたね。

photo

「モンガラカワハギ」が、『あぁっ!もうどうにでもしてー!』ってな感じでクリーニングされてました。(笑)(Photo by ナギ)

photo

バースディダイブを盛り上げるように人懐っこい「タイマイ」が登場。G謝さんとツーショットです。(Photo by ナギ)

photo

カメもメッセージを添えてくれました。(笑)

photo

今日はずーっとカメと遊んでました。皆さんも『カメ三昧楽しかった〜!』って喜んでくれました。

photo

夜は皆で打ち上げに行ってきました。ここでもお誕生会をやってきましたよ。 G謝さん、おめでと〜!

photo

明日はお客様が居ません。やったー!久し振りの休みだー!って、喜んでていいのか?

 ■ 潜り納め(ナギ) & じっくりフォトダイブ(今川)     2007/12/15
ふぅ、何だかんだ言って忙しい12月です。今月はまだ1日しか休んでないもんね。お陰で無事に年が越せそうです。 とは言いながら、来週一週間と1月は殆ど予約が入ってないので、どんどん潜りに来て下さいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち曇り
 気 温 : 22度
 水 温 : 24度
 風 向 : 北
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 7m〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は3名。昨日から連チャンのチャンさんとリンさんはナギと一緒に慶良間へ今年最後の潜り納めに行ってきました。(Photo by ナギ)(写真左)  今川は10月にも来て頂いたS藤さんとマンツーでじっくりフォトダイブしてきました。(写真右)


チャンさんとリンさん、今日も1本目は穴三昧でした。今日は生きた「カノコイセエビ」をゲ〜ット!(笑)(Photo by ナギ)

photo

全然動かない「アオウミガメ」が居ました。背中に2匹の「コバンザメ」を従えてました。(Photo by ナギ)

photo

「コナユキツバメガイ」も出てくる季節になりました。リンさんは『ナメクジみたい』って言ってました。 その通り、英語では「Sea Slug」=「海のナメクジ」というのですよ。(Photo by ナギ)

photo

チャンさんが『葉っぱだね!』と言っていた「ハダカハオコゼ」。これも「葉オコゼ」ですからね。 名は体を現すとはこの事。(Photo by ナギ)

photo

小さい「アカメハゼ」も見てきました。ちょっとピンボケ・・・。(Photo by ナギ)

photo

「コバンザメ」が単独で、あっちに行ったり、こっちに来たりしてました。(Photo by ナギ)

photo

ピンクの「ハダカハオコゼ」も見てきました。(Photo by ナギ)

photo

最後はドリフトでもう一回カメと戯れてきました〜。(Photo by ナギ)

photo

浮上前に記念撮影。『今年のラストダイブでカメと遊べて良かった』と喜んで頂けました。 チャンさん、リンさん、また遊びに来て下さいね〜。(Photo by ナギ)

photo

ここから今川チームのログ。今日は西海岸も入れたので、 1本目は西海岸に行って「ヤシャハゼ」や「ヒレナガネジリンボウ」(下の写真)をじっくり撮ってきました。 今日の「ホタテツノハゼ」はナーバスで、スレートに「ホタテ・・・」って書いた途端に穴に逃げ込まれて、 そのままジ・エンドでした。

photo

その後は「ホシゾラワラエビ」や「オランウータンクラブ」(下の写真)を見て・・・。

photo

浅場で人懐っこい「サザナミヤッコ」と戯れてきました。(撮った瞬間にウ○コされました・・・)

photo

2本目と3本目は東海岸に行ってきました。 S藤さんも前回来て頂いた時に、東海岸の事を気に入ってくれたようです。 まずは、本日の目玉の「ウシオニハゼ」のペアと、先日見た「クサハゼ」を紹介してきました。 ハゼは基本的にS藤さんに撮ってもらったので、写真はありません。 このイソギンチャクには「クマノミ」と「トウアカクマノミ」が一緒に棲んでます。

photo

リクエストだった「センネンダイ」。2個体とも居ました。旅立つ前に皆さんも見に来て下さいね。

photo

最近の「クダゴンベ」は寄れる・・・。S藤さんも粘って撮ってました。

photo

『ウミウシも見たい』という事だったので何種類か紹介。これは「イボヤギミノウミウシ」です。

photo

エビ・カニ系も行ってみましょう。親指の爪よりも大きい甲を持った「イソコンペイトウガニ」。 『こんなに大きいのは初めて見た』と言ってました。 そうでしょう、そうでしょう。今川も初めてです。

photo

「ゲラストカリス・パロナエ」。名前だけ聞いてもエビだとは思いません。フランス料理みたいです。(笑)

photo

「キミシグレカクレエビ」はどアップで。もちろんノートリミング。 これ以外にも載せられないほどのエビ・カニを撮ってきましたよ。

photo

「コブシメ」もほぼ定位置をキープ。

photo

「ハダカコケギンポ」もノーマルカラーのものがあちこちで見られるようになってきました。 赤い「ハダカコケギンポ」は最近、『浮上前の残ったエアーで』って感じで、「ついで」の被写体になりました。 こっちの方が寄れるし、断然撮り易い。この冬に向けてこういう被写体をたくさんキープしておきましょう。

photo

「イッポンテグリ」(下の写真)は2個体居ました。オスとメスかな?  「ミミックオクトパス」は他のダイバーが先に見ていたので、チラッと見て移動。邪魔をしてはイケマセン。

photo

うーむ、名前の分からない「ウツボ」が居ました。毎年見てはいるのだけどね。うーむ・・・。

photo

「イソモンガラ」の子供が岩の隙間に隠れようとしてました。頭隠して尻隠さずの状態です。

photo

「アカククリ」の子供もほぼ定位置でした。

photo

ふと、上を見上げると「ギンガメアジ」が小さな群れを作って泳いでいました。 こんな光景を見ると東海岸とは思えないでしょ? 今日は気持ちよく潜れました。

photo

明日は慶良間です。海況もいいみたいです。

 ■ 午後からチービシ(今川) & テレビのお仕事(ナギ)     2007/12/14
昨日、今日と、急に海況が悪くなりました。しかし、明日からはまた穏やかな海が戻ってくるようです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 20度
 水 温 : 23度
 風 向 : 北のち北東
 波 高 : 2.5のち2m
 透明度 : 15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は2名。中国から長(チャン)さんと李(リン)さんです。 本日到着だったので午後からチービシに行ってきました。 ナギはテレビのお仕事のお手伝いでヘルプに出かけました。

photo

チービシと言えば穴!今日もたくさんの穴を抜けてきました。

photo

あんな穴やこんな穴。入れる穴は全部抜けてきました。迷宮に迷い込んだみたいです。

photo

穴の中には定番の「リュウキュウハタンポ」が群れてました。中国名って「琉球葉丹宝」でいいのかな?

photo

エビが居る、と思ってパチリ。名前が出てこなかったのだけど、帰って図鑑で調べりゃ分かるでしょうと思って、 あれこれ見てみたけど、このタイプのエビってあんまり図鑑に載ってないのね。 結局、時間切れ。誰か教えて下さい!
(追伸:この個体は「フシウデサンゴモエビ」のオスではないかというメールを何通か頂きました。 「フシウデサンゴモエビ」のオスは脚が極端に長くなり、生息環境も変わるそうです。)

photo

「カノコイセエビ」(鹿子伊勢海老)もたくさん・・・。って、これは動かないと思ったら抜け殻でした。(笑)

photo

「ゴマヒレキントキ」(胡麻鰭金時)が岩の隙間に挟まってました。意外と高級魚らしいですよ。

photo

穴ばっかり抜けていると、外の世界がやたらと明るく見えます。「オニハタタテダイ」(鬼旗立鯛)のペアが居ました。

photo

「オトメハゼ」(乙女鯊)のペア。12/1から某電機メーカーのTVコマーシャルで、この「オトメハゼ」が出ていますね。(見た?)  餌を摂るために砂を吸い込み、キレイにしてはき出すという習性を、新型の掃除機に繋げるというやたら強引なCMですが、 一般の人も多く見るCMで、こういう水中生物が紹介されるとちょっと嬉しい。 きっと、『この番組のプロデューサーはダイビングするんだろうなぁ』とか裏の部分を考えながら見てました。

photo

最後は「チョウチョウコショウダイの幼魚」(蝶々胡椒鯛)を見てきました。

photo

ナギはQAB(琉球朝日放送)の『楽園の海』の撮影で水中カメラマンの長田さんと東海岸を潜ってきました。 「センネンダイ」、「ハダカコケギンポ」、「ミミックオクトパス」などを撮影してきたらしいです。 あまり書くとネタバレになるので、この辺で止めておきます。 放送日が決まりましたらPRしますね。あ、この番組、沖縄以外では放送されません。悪しからず・・・。

 ■ ウミウシダイブ最終日(今川 & ナギ)     2007/12/13
今まで着ていた5mmのウエットがペラペラになって寒さに耐えられなくなりました。 背中や脇の下に穴が開いてるし、場所によっては擦り切れて厚さが1mmくらいになってるところも・・・。 これじゃ寒い訳だ。納得。
そんな訳で、今日からロクハン(6.5mm)のウエットを着てみました。これが快適♪ 何時間でも潜ってられそうです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 雨のち曇り
 気 温 : 22度
 水 温 : 24度
 風 向 : 北西のち北
 波 高 : 1.5のち3m
 透明度 : 5〜10m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は4連チャンのI川さんの最終日です。 残念ながら天気と海況が悪くなって、予定していたポイントへは行けず、連日のウミウシパラダイスになってしまいました。 しかしながら、今日もダブルガイドでガッツリと潜って来ましたよ。

photo

本日最初のウミウシは「コモンウミウシ」。『ここに行けば絶対見られる』という場所でピンポイントで見つけました。 こういう場所があるというのは有り難い。(Photo by I川さん)

photo

4日目にしてようやく出てきた「キカモヨウウミウシ」。外套膜の縁をばっさばっさと翻して歩いていました。 外套膜の内側って紫色なのですね。(Photo by I川さん)

photo

透明度はいい所もあれば悪い所もあります。いい所では色んな生物が見つかります。 「クサハゼ」が出ていたので、思わず、I川さんに『撮って下さーい!』ってお願いしました。 さすがはデジイチ。綺麗ですね。(Photo by I川さん)

photo

「スカシモエビ」も居ました。このコは卵を抱えてました。(Photo by ナギ)

photo

「イソコンペイトウガニ」は2個体見つかりました。(Photo by I川さん)

photo

「センネンダイ」もちゃんと2個体居ました。こちらは大きい方です。(Photo by ナギ)

photo

「パロンシュリンプ」こと「ゲラストカリス・パロナエ」もパチリ。(Photo by ナギ)

photo

フィンを履くくらいの水深に「オオウミウマ」が『へなっ』って感じで横たわってました。 いつもここに居るけど、踏まれちゃうよー。

photo

いかん! 気が付けば、今日もウミウシ以外の生物に目を奪われているじゃないかー!(I川さんごめんなさい!)  と、言う事で、2本目はコースを変えてエントリー。 大きな「タツナミガイ」が砂地をのっしのっしと歩いていました。今川の手のひらより大きかったです。 これも一応、ウミウシなのですよ。

photo

ようやく「レンゲウミウシ」が出てきました。人気のあるウミウシです。(Photo by ナギ)

photo

「ミノウミウシ亜目の一種」も確認。今シーズンもドカンと増えるのだろうか?(Photo by ナギ)

photo

「ホンクロシタナシウミウシ」の赤色のバリエーション。 同じような色形のカイメン?に騙され続けましたが、触角の先端の白い点で擬態を見破りました。(Photo by I川さん)

photo

「キホシウロコウミウシ」を発見。それほど珍しいウミウシではないと思うのですが、Ocean Blueでは数えるほどの出会い。 肉眼ではこの黄色と黒の細点は見えません。海藻のように見えます。 今思えば、海藻だと思ってずいぶんたくさんの個体を見逃していたのだと思います。次からは見逃さないようにしなければ!

photo

ラストにナギが「コンシボリガイ」をゲット!(Photo by I川さん)

photo

浮上前の余った時間で、赤い「ハダカコケギンポ」を撮ってもらいました。(Photo by I川さん)

photo

今日は2ダイブで22種類のウミウシが出ました。4日間トータルで54種という結果になりました。

     45.コモンウミウシ-----1個体
     ●.ムカデミノウミウシ-----多数個体
     ●.ホシゾラウミウシ-----3個体
     ●.マダライロウミウシ-----4個体
     ●.クロモドーリス・プレキオーサ-----6個体
     ●.コイボウミウシ-----1個体
     ●.センテンイロウミウシ-----2個体
     ●.イボヤギミノウミウシ-----1個体
     46.キカモヨウウミウシ-----4個体
     ●.ヒョウモンウミウシ-----3個体
     47.タツナミガイ-----1個体
     48.トウアカミドリガイ-----1個体
     49.レンゲウミウシ-----1個体
     50.ヒラミルミドリガイ-----1個体
     ●.ヨゾラミドリガイ-----1個体
     ●.フジナミウミウシ-----2個体
     ●.タスジミドリガイ-----1個体
     51.ミノウミウシ亜目の一種-----1個体
     52.ホンクロシタナシウミウシ-----1個体
     53.キホシウロコウミウシ-----1個体
     ●.アカボシウミウシ-----1個体
     54.コンシボリガイ-----1個体

ピーク時に比べるとまだまだですが、着実に増えてきている実感はありますね。 まぁ、ウミウシ以外の生物も色々と楽しみながらの数字なので、これだけ出れば上出来かな?

 ■ ウミウシダイブ3日目(今川 & ナギ)     2007/12/12
今日の気温も26度。半袖シャツ1枚で過ごす事ができました。冬が毎日こんな天気だったらいいんですけどね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇り
 気 温 : 26度
 水 温 : 24度
 風 向 : 南のち西
 波 高 : 1のち1.5m
 透明度 : 10〜15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はI川さんお一人。今川とナギのダブルガイドというVIP対応で潜ってきました。 初日にデジイチ(S5Pro)の部品を忘れてきた事に気付き、急遽 東京のショップから取り寄せたりとバタバタでしたが、 何とか部品も調達でき、今日から愛機での撮影です。(東京の武志くんありがとう!)

photo

ウミウシファンには欠かせないポイントの「ウミウシパラダイス」に行ってきました。 今日はスッコーン!と抜けていて、こんな感じでした↓。先月ぐらいにココを潜った人はこんな光景信じられないでしょ?  もちろん、コンパスなんて要りません。

photo

まずは、定番のウミウシからどんどん紹介して行きましょう。「フジナミウミウシ」。

photo

「イガグリウミウシ」もココに来ればほぼ見られます。透明度が良いのでついつい青抜きにしたくなります。

photo

「イボヤギミノウミウシ」は大きくなってきました。

photo

I川さんがウミウシを撮ってる間に、「クダゴンベ」に挨拶。

photo

「オキゴンベ」(下の写真)や「アカククリの幼魚」、赤い「ハダカコケギンポ」、 「イッポンテグリ」、「ビードロカクレエビ」などの常連達も元気にしてました。あ、新しい「トウアカクマノミ」も見つけました。

photo

ナギが『「センネンダイ」を見たい』って言うので、いつものヤツの所に行って、『ほら、あそこに居るよ〜』ってな感じで指差して、 別の場所に行こうとしたら、『おぉ!?おおぉぉぉぉぉぉ・・・!!』  何と、10cmサイズの「センネンダイの幼魚」をもう一匹発見! 目がクリッとしてて、とっても可愛かったです。

photo

いかん、いかん、今日はウミウシダイブでした。頑張ってウミウシを捜さねば!  以前も何回か出ているのですが、未だ名前の分からないウミウシ。 Ocean Blueではモコモコとした感じから「テディベアウミウシ」と呼んでいます。

photo

「マダライロウミウシ」がしきりにお尻を気にしています。(本当は偶然こんなポーズになっただけですが・・・)

photo

で、お尻を良ーく見てみると、何だかラッパのようなものが生えていました。何でしょうね?

photo

今日のヒットは「カッパウミウシ」でした。Ocean Blueでは2回目の出会いかな?  沖縄のウミウシには稀種とも何とも書いていませんが、めったに見ないので、きっと珍しいウミウシなんでしょう。 I川さんが初見だったので良かったです。

photo

その後も、ウミウシを捜しましたが、なかなか思うように見つからず、「コブシ目」や・・・。

photo

比較的深い場所に居て撮り易かった「ハダカコケギンポ」や・・・。

photo

「タツノハトコ」などを撮ってきました。

photo

今日は2ダイブで16種類のウミウシが出ました。だぶり4種を除いて 3日間トータルで44種になりました。

     33.ヒョウモンウミウシ-----3個体
     34.フジナミウミウシ-----2個体
     ●.イガグリウミウシ-----2個体
     35.マダライロウミウシ-----4個体
     36.ホシゾラウミウシ-----2個体
     37.ヒブサミノウミウシ-----4個体
     38.クロモドーリス・プレキオーサ-----2個体
     39.テディベアウミウシ-----1個体
     40.イボヤギミノウミウシ-----1個体
     ●.センテンイロウミウシ-----1個体
     ●.コイボウミウシ-----1個体
     ●.キャロットシードミノウミウシ-----1個体
     41.タスジミドリガイ-----1個体
     42.チドリミドリガイ-----1個体
     43.カッパウミウシ-----1個体
     44.ムカデミノウミウシ-----3個体

うーむ、東海岸にしては少なめですね。ウミウシ以外にも色んな被写体が居るので気が散るのだ・・・。 明日はカメラを置いてウミウシ捜しに専念しましょう!

 ■ オールドリフトで200本記念(ナギ) & ウミウシダイブ2日目(今川)     2007/12/11
今日は昨日よりも更に気温が上がって26度。12月なのに夏日になってしまいました。 しかも、今日は潮あたりの良いポイントばかりに行ったので、水温も25度ありました。 陸上も水中もとっても暖かく感じました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 26度
 水 温 : 24〜25度
 風 向 : 南東のち南
 波 高 : 1m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は昨日から引き続きのM下さんとI川さん。今日はガイドを入れ替えて潜って来ました。 そして、今日は嬉しい事にM下さんの200本記念もありました。

photo

水中でも記念撮影。M下さん!200本おめでとうございま〜す!

photo

そして、今日は海況が良いついでに3ダイブともオールドリフトでした。 「グルクン」や「キンギョハナダイ」(下の写真)が信じられないくらいたくさん居ましたよ。(Photo by ナギ)

photo

オールドリフト。しかも、3本中2本は初めてのポイントで、ウミウシダイブにとっては辛い環境でしたが、頑張って捜してきました。 1本目のポイントで目立っていたのは「ハクテンミノウミウシ」。ポンポンと連続して出てきました。

photo

上のとは色が違うけど、これも「ハクテンミノウミウシ」としました。 触角と口触手の細点が気になるところではありますが・・・。(Photo by I川さん)

photo

2本目はナギチームも合流してのウミウシダイブ。「トウモンウミコチョウ」がたくさん居ました。(Photo by ナギ)

photo

「トウモンウミコチョウ」が居ればこいつが居る筈!って事で狙ってたら、やっぱり出てきました。 「グロッソドーリス・トムスミスイ」(下の写真)です。自分のイメージした通りにウミウシが見つかると嬉しい。 思わずガッツポーズでした。(Photo by ナギ)

photo

お昼休みは港に入ってランチを食べました。島に上陸して写真も撮ってきました。ポーズもばっちり決まってます。(笑)

photo

そして、3本目もバビューン!とドリフト。魚影がむっちゃ濃かったです。(Photo by ナギ)

photo

イソバナなど、地形も楽しめました。(Photo by ナギ)

photo

サンゴの隙間を覗くと「ダンゴオコゼ」が居ました。コンニャクみたいですね。(笑)(Photo by ナギ)

photo

ウミウシでは「アオセンミノウミウシ」が出てきました。I川さんも自分で見つけてましたね。(Photo by I川さん)

photo

ウミウシが少ないながらも、初見のウミウシも出てきました。今日のヒットは「クロモドーリス・ミカエルイ」。 沖縄のウミウシでは「稀種」と書かれています。オールドリフトにしては頑張ったと思います。

photo

今日は3ダイブで15種類のウミウシが見れました。昨日とのだぶりを除くと9種類追加で32種です。

     ●.ユビワミノウミウシ-----1個体
     24.ハクテンミノウミウシ-----4個体
     ●.チゴミドリガイ-----2個体
     25.シロウサギウミウシ-----1個体
     ●.サキシマミノウミウシ-----3個体
     26.トウモンウミコチョウ-----8個体
     27.コイボウミウシ-----2個体
     28.アカボシウミウシ-----1個体
     ●.アオセンミノウミウシ-----2個体
     29.グロッソドーリス・トムスミスイ-----1個体
     30.シロアミミドリガイ-----1個体
     31.クロモドーリス・ミカエルイ-----1個体
     ●.センテンイロウミウシ-----1個体
     ●.タテヒダイボウミウシ-----1個体
     32.ツノクロミドリガイ-----1個体

明日は待ちに待った東海岸です。ウミウシたくさん出るといいな。