TOP >>ログブック >>2007年10月のログブック

 ■ あれやこれや(今川 & ナギ)     2007/10/30
早いものでもう10月も終わろうとしています。 10月は初っ端から台風にやられて、ツアーも中止になったりと、残念なスタートになりましたが、 その後は多くのお客様に来て頂き、賑やかに過ごす事ができました。ありがとうございました。
11月は平日が空いているので、是非是非潜りに来て下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち雨
 気 温 : 25度
 水 温 : 分かりません
 風 向 : 北東
 波 高 : 2のち2.5m
 透明度 : 分かりません
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日はポイント調査に出かける予定でしたが、天気予報と海況を見ると、生憎のバッドコンディション。 まぁ、こんな日に無理して潜る事もないと、予定を変更して色んなビーチの下見に行ってきました。 下の写真は某ポイントのスーパービーチ。 ザブザブの西海岸でしたが、ここは穏やかで、多くの人が体験やシュノーケリングを楽しんでました。

photo

で、その後はショップの備品を買出しに行ったり、業者さんと打ち合わせたり、掃除をしたりと、結構精力的に動き回りました。

そうそう、そろそろステッカーや新しいTシャツを作ろうと思っています。 現在、デザイン検討中・・・。 一昔前は定規やコンパス使って描いていたデザインも、現在はパソコンでスイスイと作れちゃうんですよね。楽になったものです。 下のはお遊びで作ってみました。(どこかで見た事ありますが・・・) 皆さんはどんなステッカーが欲しいですか?

photo

明日はディープSP講習の予定でしたが、お客様が風邪をひいたという事でキャンセルになりました。 今日を含めて4日間お客様の居ない日が続きます。 Ocean Blueの夏も終わりました・・・。

 ■ アドバンス講習(ナギ)     2007/10/29
そろそろロクハンのウエットスーツを注文しようと思っています。誰か一緒に注文する人は居ませんか?
以上、宣伝でした!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 29度
 水 温 : 27度
 風 向 : 北東
 波 高 : 2m
 透明度 : 20〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は昨日から連チャンのU野さん。ナギとマンツーで慶良間に行ってきました。 記念写真では裕次郎ばりのポーズをキメてくれました。(笑)


今日は普段行かないポイントに行ってみました。 アドバンス講習も兼ねていたので、地形ポイントではディープな世界へ!

photo

「スミレナガハナダイ」のオスが輝いて見えました。綺麗ですね。

photo

浅場のサンゴの上では「メガネゴンベ」が休憩中。

photo

日本庭園のような場所にも行ってきました。

photo

「アオウミガメ」も登場。最近の慶良間は何処に行ってもカメが居ます。良い事です。

photo

「キンメモドキ」はまずまずの数が見れました。

photo

岩の下には2mオーバーの「ネムリブカ」が居ました。写真では大きさが伝わりませんね・・・。

photo

最後はフロートを打ち上げてもらいました。今日は3本潜ってディープ・ナビ・ボートの3種が終了です。 次回は1本潜れば認定です。11月のチケットが取れることを祈っています。

photo

明日はノーゲストなのでポイント調査に出かけてきます。

 ■ 女だらけ(ナギ & マユミ) & 男だらけ(今川)     2007/10/28
今日も一日いい天気で気持ちよく過ごせました。
最近は天気予報で「ビール指数」なるものが情報として提供されています。これを見ると今日の沖縄は80%でした。 なるほど、どうりでビールが美味い訳だ! と、言いつつビールをグビグビ・・・。まだまだ暑い沖縄です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 28度
 水 温 : 27度
 風 向 : 北
 波 高 : 2.5m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は5名。M岡さん、H田さん、M藤さんの体験ダイバー3名はナギとマユミと慶良間へ。(写真左)  リピーターのO崎さんと、Ocean Blue2回目の参加となるU野さんは今川と本島ボートで潜ってきました。(写真右)


慶良間チームは何処までも青い水中世界を楽しみながら体験ダイビング。 水中で全員が揃った所で記念撮影。 全員、落ち着いてるし、上手だったので、色んなものが見れたそうです。

photo

スノーケリングもしてきました。太陽が眩しいぃぃ! 溶けてしまいそうです!

photo

ここからは本島ボートチームのログ。1本目から悲しい事件がありました。 「トウアカクマノミ」を見に行ったら、他のチームがズカズカと割り込んできて、そのうちの1人のゲストがタンクからイソギンチャク目がけて落下。 イソギンチャクは引っ込んで、ご覧のような無残な姿に・・・。 どう見ても1人では泳げないゲストだったのだけど、ガイドは放ったらかしでした。 いつも言ってるけど、スキル不足のゲストを連れている時は、ぴったり傍に居て、砂を巻き上げたり、サンゴを折ったりしない様にケアをしながらガイドをするのが基本でしょ?  これから先、皆でずっと使っていくポイントなんだから、もっと大切にしようよ・・・。

photo

「サビウツボ」はペアでラブラブでした。

photo

「ウミウシカクレエビ」も久し振りに撮ってみました。

photo

「ニシキフウライウオ」(下の写真)のペアや、「チョウチョウコショウダイの幼魚」も居ましたよ。

photo

色んなクマノミが卵を守っていました。写真は「カクレクマノミ」の卵です。大潮のうちにハッチアウトするのかな?

photo

2本目は「ホソフウライウオ」(下の写真)や「ホシゾラワラエビ」、「オドリハゼ」の定番コースをドリフトダイビング。

photo

穴の中に「アカククリ」が居たので撮ろうとしたら、「サザナミヤッコ」(下の写真)が出てきて邪魔をされました。

photo

3本目は「ツバメウオ」の群れるポイントへ。ボートの下は「ツバメウオ」だらけでした。

photo

この「ツバメウオ」は今川のフィンにずーっとくっ付いてきてました。何故?

photo

優雅に泳ぐ「マダラトビエイ」も登場。2回出てきてくれて、ゆっくり見る事ができました。

photo

明日も潜ってきます!

 ■ 慶良間に行けました(ナギ & マユミ) & ビーチ3本勝負(今川)     2007/10/27
台風20号は足早に通り過ぎ、大きなうねりを残して行きました。 しかしながら、風は止んだので、慶良間行きのボートは無事に出港。 ビーチも東海岸は穏やかという事で、全メニュー問題なく開催する事ができました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 28度
 水 温 : 27度
 風 向 : 北
 波 高 : 3〜2.5m
 透明度 : 3〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は4名。昨日から引き続きのA蔵さんに、今年の7月にOcean BlueでCカードを取ってくれたO松さんとW松さんがご来店。 O松さんはアドバンス講習を希望。W松さんはSD講習のスキルをもう一度、納得のいくまでトレーニングしたいという事で、ナギとマユミが担当して慶良間に行ってきました。(写真左)  今川は常連様のチョクさんとウミウシパラダイスに行って、じっくり3本フォトダイブしてきましたよ。(写真右)


まずは、慶良間チームのログから。 1本目はW松さんのトレーニングでカメラを持ち込まなかったのですが、マユミチームは「アオウミガメ」を見てきたそうです。 で、写真は2本目からの分です。「キンメモドキ」はちょっと数が減ってきましたね。(Photo by ナギ)

photo

最近、ナギが毎日のように撮っている「ヨコシマクロダイ」の子供。大人になるとこの模様は殆ど消えてしまいます。(Photo by ナギ)

photo

赤が綺麗な「ユカタハタ」です。魚の名前も少しずつ覚えていきましょうね。(Photo by ナギ)

photo

「ハダカハオコゼ」はどアップで。(Photo by ナギ)

photo

「カクレクマノミ」にも会ってきました。(Photo by ナギ)

photo

O松さんのアドバンス講習は2本が終了。写真は『O松さんフロートを打ち上げるの巻』です。 W松さんもすっかり自信がついたみたいですね。良かったです。 次回の予定は寒い時期ですが、職場の同僚と一緒に遊びに来て下さいね。(Photo by ナギ)

photo

ここからはビーチチームのログ。いつもの「サザナミヤッコの幼魚」(下の写真)はいつもの場所に。 そして、今日は「ロクセンヤッコの幼魚」も登場。 撮影はチョクさんに譲って今川は撮っていません。ログ付けの時にコピーさせてもらおうと思ってたのですが、 今日はチョクさんのカメラがバッテリー切れになるまで写真を撮りまくったので、コピーができませんでした。 いい写真が撮れてたら送って下さいね。

photo

相変わらず人懐っこい「オキゴンベ」。カメラがここまで寄っても逃げません。 左下に見えるのは今川の人差し指ですが、こんな風に指を近づけても逃げないのですよ。(というか、興味津々で近付いてきます)  それにしても指がふやけてしわくちゃですね。1本目から2時間も潜ってると、こんなになってしまうのですよ。(笑)

photo

「ゴルゴニアンシュリンプ」は5個体を確認。写真は小さい個体。大きく見えますが3cmくらいなのですよ。

photo

遠くから見て、一瞬「アオウミウシ」かと見間違えた個体。 良く見ると「ホシゾラウミウシ」(下の写真)ですね。 沖縄には「アオウミウシ」は居ないとされていますが、一度見てみたいものです。

photo

水温低下と共にウミウシ達も徐々に増えてきた感があります。写真は「キカモヨウウミウシ」です。

photo

「イソバナ」に綺麗な貝が着いていたのでパチリ。名前は調べきれてません・・・。

photo

赤い「ハダカコケギンポ」(下の写真)もすっかり慣れて格好の被写体になりました。 ギンポ好きのチョクさんはこのコだけで30分くらい粘ってました。 これ以外に「ゴイシギンポ」、「テンクロスジギンポ」、「ニジギンポ」、「カモハラギンポ」、「ニセクロスジギンポ」など、 ギンポをたくさん紹介しました。

photo

「コクテンフグの幼魚」が居たので、写真を撮ってたら ぷっくり膨れてしまいました。ほんとフグちょうちんみたい。 膨れた時の大きさは5cmくらいで、とってもキュートでした。驚かしちゃってごめんなさい。

photo

明日も慶良間と本島に分かれて潜ってきまーす!

 ■ 台風20号発生!(ナギ)     2007/10/26
ついに発生しました、台風20号。またしてもお客様の多い週末を狙って来たという感じ。 今年の沖縄は呪われていますね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 29度
 水 温 : 27度
 風 向 : 北
 波 高 : 2.5〜3m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は常連様のA蔵さん。 朝からお天気で気分揚々と出かけてきたのですが、台風の影響でボートはチービシ止まり。 それでも3箇所ともポイントを変えて、元気に3ダイブしてきました。


まずは、チービシ名物、穴尽くしをご賞味あれ。 穴の中には「アカマツカサ」がいっぱい、その中に1匹だけ「ベニマツカサ」が混ざっていますね。 どれだか分かる?

photo

あんなにたくさん居た「ネムリブカ」はお引越し。最近はこの穴がお気に入りみたい。

photo

もう一つの名物と言えば「ミゾレウミウシ」でしょう。一年中コンスタントに見られます。

photo

「オランウータンクラブ」は右側の手足がちぎれていました。どうしたの?

photo

大人しい性格の「イイジマウミヘビ」ですが、こんなに真っ正面から来られると怖いですね。 (こっちから手を出さなければ噛まれる事はないので安心して下さいませ)

photo

大きな「ドクウツボ」がコンニチハ。

photo

ラストは「イシガキカエルウオ」。背景の模様が面白いです。

photo

北風がゴーゴーと音を立てて吹いています。明日は潜れるかな?

 ■ 10月なのに真夏日(今川ログ)     2007/10/25
昨日はキャンセルがありお休みを頂きました。 今日もお客様が居ないので、お休みしようかなぁ〜と思ったら、最高気温が30度を越える陽気! 最低気温も25度の真夏日となりました。 こんな日に海に出かけない手はないでしょう! という事でビーチで潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 30度
 水 温 : 27度
 風 向 : 北東
 波 高 : 2.5m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日の一番の目標は一昨日撮らなかった「ヘルフリッチ」を撮影する事。 これから水温が低くなると、ハゼ達は敏感になってなかなか寄らせてくれない事が多いので、今のうちに撮っておきたいのです。 ヒレ全開という写真は撮れませんでしたが、ピントがバッチリ合っているので良しとしましょう。

photo

お腹の大きい「ヒレナガネジリンボウ」(下の写真)をパチリ。 DECOまであと少し余裕があったので、「ニシキアナゴ」を撮ろうと行ってみたのですが、射程距離に入れてもらえずOUT・・・。 次回は「ニシキアナゴ」一本勝負で狙ってみます。

photo

浅場で「ハマクマノミの幼魚」にご挨拶。

photo

ヤドカリも撮ってみました。これは「セグロサンゴヤドカリ」ですね。光に敏感です。

photo

「ケフサゼブラヤドカリ」。綺麗なヤドカリです。

photo

見た事がないカニが居たので撮ってみました。白いモコモコとした毛で覆われたような体に水色の眼がポイントです。 図鑑で調べてみましたが、名前が分かりません。誰か分かる方は教えて下さい。

photo

「オドリハゼ」も相変わらず多い。 左右の胸ビレをフリフリする姿が何とも愛らしいです。 それとは対照的に、砂を巻き上げながらブルドーザーのように黙々と働く「ダンスゴビーシュリンプ」の存在も忘れてはイケマセン。 時間がある時は両者を絡めて撮ってあげましょう。 今ならリクエストされても簡単に見つける事もできるのですが、これから寒くなるとだんだん個体数が減っていきます。 楽に撮りたい方は今のうちですよ。

photo

水面付近では「コブシメ」や・・・。

photo

「ギンガメアジ」の子供達が50匹ほど群れていました。ワイドレンズ持っていなかったので写真はその一部です。

photo

「ミガキブドウガイ」も出てきたので、そろそろウミウシも多く見られるようになって来るのかなー?

photo

明日からはお客様と潜ってきます。

 ■ フルコース(今川ログ)     2007/10/23
何日か振りに気温が28度に上がりました。お昼休みに上半身裸で日向ぼっこをすると気持ち良いです。 しかしながら、今日から水温が27度台を表示。 どんなに晴れた日が続いたとしても、ここから水温が上がることはまずありません。 これから確実に冬へと向かって行くのです。寒がりな人はフードベストがあると便利ですよ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 28度
 水 温 : 27度
 風 向 : 北東
 波 高 : 2.5m
 透明度 : 3〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は昨日から引き続きの匿名希望さん2名。集合写真では逆立ちのパフォーマンスをしてくれました。 ビーチで色々見てみたいというリクエストで、沖縄本島の有名所を転々と3箇所周ってきましたよ。 北東の風、波の高さ2.5mという予報でしたが、潮のタイミングが良かったので、どのポイントも穏やかな時に潜れました。


お二人ともカードランクはプロなので、ディ〜プな世界へGO! リクエストの「ヘルフリッチ」は今日も元気に出ていました。 今川が引っ込めると悪いので、写真は撮っていません。 写真はリクエストの「アカオビサンゴアマダイ」(下の写真)。10個体以上居て驚いていましたね。 これ以外では「スジクロユリハゼ」のペアや「ニシキアナゴ」なども居ましたよ。

photo

「コンペイトウウミウシ」が目立つ所に居ました。もうそろそろウミウシの季節ですね。

photo

3本線の残る「ハマクマノミの幼魚」が居ました。

photo

ハートの穴には「アカマツカサ」がぐっちゃりと群れていました。

photo

2本目は食事をとってから別のビーチに移動。しばらく見ていなかった「ホタテツノハゼ」と久し振りのご対面。 ちゃんと2個体居ましたが、1個体はスーパーナーバスでかなり早くから引っ込んでしまいます。

photo

渋めの「ダンダラダテハゼ」ですが、所々に散りばめられた金色の斑紋がお洒落です。

photo

寄っても引っ込まない度胸満点の「ヤシャハゼ」のペアを発見。こんなのはエビが出るまで待って撮るのが吉。 『全然引っ込みませんよー』ってスレートに書いてお二人を呼んだら、ギリギリまで粘って撮ってました。

photo

「オドリハゼ」。このコも相変わらず引っ込みません。

photo

浅場でのリクエストは「カミソリウオ」だったのだけど、見つけられなかったので、 『このコで我慢して下さいませ』と、「ホソフウライウオ」を紹介。

photo

これもリクエストだった「オランウータンクラブ」。見つける事ができて一安心。

photo

潮が満ちてきたので、西海岸はザブザブしてきました。なので、3本目は東海岸に移動。 水面は穏やかだったのですが、透明度は過去最悪。良くて3m、悪い所で1mくらいでした。(汗)  ならば、色々捜さず、ピンポイントで見られるものを紹介していきましょう。 まずは「クダゴンベ」。いつまで居てくれるだろうか? この冬を乗り切れるかなー?

photo

「ゴルゴニアンシュリンプ」の大きい方。引いて全身を撮ると、濁りが写り込むので、マクロで行きましょう。

photo

こっちは中ぐらいのコ。赤い個体だと思ってたんだけど、額角は青いのですね。 そして、今日はもう一回り小さい個体を発見。このコは透明でした。写真は撮れてません・・・。

photo

「サザナミヤッコの幼魚」もずっと同じ場所に居ます。今なら2cmサイズのコが見られますよー。

photo

「ヨコシマエビ」も大きめの個体がたくさん居て、『おおっ!』と歓喜の声をあげてましたね。

photo

赤い「ハダカコケギンポ」は少し寄らせてくれるようになりました。よしよし、もう少し慣らさないとね。

photo

今日はビーチをフルコースで周って、見せられるものは全てお見せしたという感じ。お客様も大満足して頂きました。

 ■ 今日も慶良間で(今川ログ & ナギ)     2007/10/22
今に始まった事ではありませんが、毎日のようにお客様と飲みに行ってるので、ログの更新が日をまたいでしまいます。 一時は禁酒宣言をしたこともあったのですが、今ではなし崩しです。 昔は割れてた腹筋も今ではポッコリ・・・。うむむ、何とかしなければ・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 27度
 水 温 : 28度
 風 向 : 北
 波 高 : 2のち2.5m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日も慶良間に行ってきました。お客様は4名。昨日から引き続きの田中さんに、Ocean Blue初参加の匿名希望さんが2名。 そして匿名希望さんの従兄弟のトシくんが体験ダイビングで遊びに来てくれました。 トシくんは中学生です。『あれ?今日は学校じゃないの?』と聞いたら、『昨日、発表会があって、それに出たので、今日は代休です』だって。 中学生にも代休とかあるんですね。知らなかった。


砂地ではハゼ中心に周りました。 最初に紹介したのは「オトメハゼ」のペア。「乙女」という割にはタラコ唇ですね。 これ以外にも「ヒメダテハゼ」や「クロユリハゼsp」、「ヤシャハゼ」などが居ましたが、 撮ってもらう事に専念したので、写真はありません。

photo

代わりに「チンアナゴ」の写真を撮ったので、こっちを貼っておきましょう。

photo

「ハナゴイ」の群れはいつ見ても綺麗。今日もたくさん群れていました。

photo

アップでも撮ってみましょう。ピノキオみたいにツンと尖った鼻がチャームポイントですね。(Photo by ナギ)

photo

「ハナヒゲウツボの幼魚」も居ました。(Photo by ナギ)

photo

相変わらず小さい「コールマンズ・ピグミーシーホース」も健在。なかなかこっちを向きません。(Photo by ナギ)

photo

今日の「ウコンハネガイ」は終始 貝を閉じたままでした。何故・・・?(Photo by ナギ)

photo

トシくんの体験ダイビングも順調に進んでいます。 「カクレクマノミ」や「デバスズメダイ」、「チンアナゴ」などを見てきました。 後半は手をつながなくて殆ど自分で泳いでいました。泳ぐ姿勢も綺麗だし、中性浮力もしっかり取れてました。 ダイブタイムも普通のファンダイブと同じくらい潜って楽しんでいた様子。ダイバーになる日も近いですね。

photo

「ハナビラクマノミ」と「ハダカハオコゼ」のツーショット。

photo

「オニハゼ」も居ました。ちと暗い・・・。

photo

ラストは魚影の濃いポイントでドリフトダイビング。「イソバナ」の赤い色がバックのブルーに栄えます。(Photo by ナギ)

photo

「ハナヒゲウツボの成魚」もゲッツ! 今日は幼魚と成魚のダブルゲットでした。

photo

明日も潜ってきます。

 ■ 慶良間に行けた(ナギガイドで今川ログ)     2007/10/21
最近、朝晩がグッと冷え込んできました。 最近まで扇風機を使わないと寝苦しかったのに、ここ2〜3日は扇風機を使っていません。 ナギも今日からトレーナーを着て出勤です。皆様も寒くない格好で来沖されて下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 27度
 水 温 : 28度
 風 向 : 北のち北東
 波 高 : 3のち2.5m
 透明度 : 20〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は北海道から常連様の田中さん。ナギとマンツーマンで慶良間に行ってきました。


やっぱり慶良間の青い海っていいですよね。ジャイアントストライドエントリーが気持ち良いです。 田中さんは身長が190cmあるのでダイナミックですね。ちなみに後ろに写ってるのは船長のカメちゃんです。(笑)

photo

1本目からいきなり「ネムリブカ」とご対面。近すぎて全身が入りませんでした。

photo

「キンメモドキ」は皆、ビシッ!と同じ方向を向いています。

photo

超小さい「ハナゴンベ」の幼魚。 前回、今川が見つけた時には写真すら撮らせてくれなかったのだけど、今回は証拠写真程度のものが撮れました。 大きくなる前に綺麗な写真が撮りたいですね。

photo

穴の中に「ドクウツボ」が隠れていました。

photo

2本目。黄色の「ハダカハオコゼ」が見易い場所に居ました。正面からパチリ。

photo

「ニセアカホシカクレエビ」も正面から・・・。

photo

「ワモンダコ」です。沖縄で見かけるタコの殆どはこの「ワモンダコ」なのですよ。 名前の由来でもある目の下の「輪紋」がはっきりと写っていますね。 しばらくこのタコと遊んできたそうです。

photo

3本目は砂地でまったりしてきました。「ヒトスジギンポ」が口をポカーンと開けていました。

photo

田中さんが発見してくれた「ウミテング」のペア。

photo

「ツチホゼリ」の子供をじっくり観察したり・・・。

photo

粉雪のような「スカシテンジクダイ」を眺めてまったりと遊んできました。

photo

明日も慶良間です。