TOP >>ログブック >>2007年9月のログブック

 ■ 今日も慶良間で(今川ログ & ナギ)     2007/09/30
今日で9月も終わり。今年も残す所、あと3ヵ月となってしまいました。月日の経つのは早いですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ!
 気 温 : 31度
 水 温 : 28度
 風 向 : 東
 波 高 : 2m
 透明度 : 20〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は3名。 昨日から引き続きのO山さんとS藤さん、そしてお久し振りのO田さんに参加して頂き、全員で慶良間に行ってきました。 天気が良くって朝から汗がダラダラ。裸足で歩くとボートの床が熱いー! まだまだ夏だ!


1本目は砂地の生物豊富なポイント。ボートの真下に「アカフチリュウグウウミウシ」が居ました。 このビビッドな蛍光色はどんなに離れていても目に飛び込んできますね。

photo

「デバスズメダイ」の群れる場所にも行ってきました。(Photo by ナギ)

photo

「シャープスノウト・スネークイール」は2個体が20cmくらいの距離を置いて出ていたのだけど、ツーショットを撮る事はできませんでした。 残念・・・。でも、全員にしっかり見てもらえたので良しとしましょう。

photo

「チンアナゴ」もじっくりと撮影してきました。

photo

ナギチームもマクロ三昧。「イソギンチャクモエビ」がいっぱい居ました。(Photo by ナギ)

photo

こちらは「ニセアカホシカクレエビ」。綺麗に撮れています。(Photo by O田さん)

photo

2本目は今川チーム、ナギチーム正反対のコースで潜りました。 ナギチームは「ミヤケテグリ」を観察。ピコピコした動きが愛らしいのだけど、写真は撮り難い・・・。(Photo by ナギ)

photo

眠ってない「ネムリブカ」も居ました。(Photo by ナギ)

photo

今川チームはカメを見に行きました。 幸先良く「アオウミガメ」が登場。ゆっくり泳いでくれたので、皆さん間近で見れました。

photo

お次は「タイマイ」の食事シーンに遭遇。サンゴって美味しい? お腹を壊さない事を祈ります。

photo

泳ぐカメとも記念撮影してきました。まずはO山さん。笑顔が素敵です。今日はいっぱいカメと遊べて良かったですね。

photo

S藤さんは昨日が初ファンでしたが、初日からいきなりオールドリフトだったので、今日のダイビングは楽勝だったでしょう。 経験本数5本目にしてカメとランデブーしながらピースサインをする余裕もありました。

photo

ボートの下には「ホソカマスの群れ」。画になります。

photo

そうそう、イソバナも綺麗でした。って事でペタリ。

photo

3本目は綺麗なサンゴ&魚影の濃いポイントでドリフトダイビング。水がクリアでどこまでも見えそうです。

photo

ナギとO田さんはこんな環境でもウミウシ捜し。「ミゾレウミウシ」を見つけてました。(Photo by ナギ)

photo

最後は全員で記念撮影。とっても楽しいダイビングでした。ありがとうございました!

photo

明日から5日間ノーゲスト。(涙) 台風14号で海もパシャパシャしてるので、今のうちに溜まった事務仕事をやっつけましょう。

 ■ オールドリフト(今川ログ & ナギ)     2007/09/29
最近、水温が下がり気味です。今日のポイントでは28度を表示。ちょっぴり寒く感じました。え?贅沢?(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 31度
 水 温 : 28度
 風 向 : 東
 波 高 : 2m
 透明度 : 25〜40m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は3名。常連様のゆうゆさんに、Ocean Blue初参加となるO山さんとS藤さん。 今日はO山さんのリクエストを優先してオールドリフトダイビングを行ってきました。


1本目は様子見で、静かな場所からのアンカードリフト。 壁には「キンギョハナダイ」(下の写真)や「ハナゴイ」の群れがびっしりと着いていました。 外洋では「カスミチョウチョウウオの群れ」や「ホソカマスの群れ」が見事。 「キビナゴの群れ」に「ニジョウサバ」がアタックするシーンも見れました。

photo

穴も抜けてきました。

photo

ワイドなポイントでもマクロを紹介。「イソバナカクレエビ」は何処に居るか分かりますか?

photo

2本目は外洋のビッグポイント。今日はどのポイントでも「イソマグロ」が見れましたが、 2本目に出てきたこいつが一番のサイズでした。O山さんと同じくらいありましたね。

photo

このポイントで多く見られる「コクテンカタギ」。

photo

「ヒメゴンベ」(下の写真)もたくさん居ましたね。 「ウメイロモドキ」や「コガネスズメダイ」の群れに巻かれてきましたが、写真はNG・・・。 相変わらず群れ系を撮るのは苦手です・・・。これは是非ライブで見に来て欲しいです。

photo

お昼休みにはシュノーケリング。O山さんとS藤さんを下からパチリ。

photo

3本目もガンガンドリフトです。大きな「イシガキダイ」が何匹も岩の割れ目に居ました。 老成して口先が白くなっているヤツも居ました。「クチジロ」と呼ばれる理由が分かりますね。

photo

このポイントに大量発生しているホヤ。綺麗なので撮ってみました。

photo

ここでも「イソマグロ」やメーターオーバーの「ロウニンアジ」、泳ぎ回る「ネムリブカ」などを見てきました。 実は、S藤さんは今回が初ファンダイブだったのですが、ナギのマンツーのアシストで3本とも安全に楽しく潜る事ができました。 初っ端からすごい経験をしましたね。きっと、明日からのダイビングは楽勝でしょう。

photo

夜は、昨日、一昨日と一緒に潜ったヨシトとシンゴちゃんのライブを見に行きました。 オリジナル曲は心に染み入るものがありました。2人とも楽しかったよ! いい唄をありがとう!

photo

明日も慶良間で潜ってきます。

 ■ 慶良間でマンツー(今川ログ)     2007/09/28
今日もいい天気。気温も32度まで上がってコンディションは夏真っ盛りという感じです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ!
 気 温 : 32度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 東
 波 高 : 1のち2m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は昨日から連チャンのヨシト1人。(シンゴちゃんはお仕事です)今川とマンツーで慶良間に行ってきました。


1本目はカメ三昧コース。まずは「アオウミガメ」が登場。 ヨシトは経験本数10本程度だけど、Cカードを取る時からカメは見慣れているので、カメが出てきても余裕です。

photo

「タイマイ」も見てきました。餌を食べるシーンもじっくり見れました。

photo

今日は行く先々で「アオウミガメ」と「タイマイ」が交互に出てきてくれて、6枚のカメが見れました。青空をバックにパチリ。

photo

遺跡ちっくな「あの場所」にもご案内。いつ見ても不思議な光景です。

photo

「ナデシコカクレエビ」はお腹の卵の目が見えてます。

photo

今日は何処に行っても「ミジュンの群れ」に遭遇しました。

photo

面白い写真が撮れたので貼っておきましょう。泡の中に・・・。

photo

2本目は色々と小モノを見てきました。この時期には少ない「ウルトラマンホヤ」を見つけました。 そういえば、去年のこの頃、『奇跡体験!アンビリバボー』というTV番組で、 この「ウルトラマンホヤ」の撮影のお仕事があったのを思い出しました。 あの時はナギに担当させたのだけど、よく見つけたなぁと思います。(お陰で無事に全国放送できました)

photo

「ヒレグロベラ」は頭がいい。口に咥えた貝を岩にぶつけて割って食べようとしていました。 動画で撮っておけば良かった・・・。

photo

「コールマンズ・ピグミーシーホース」(下の写真)も見てきました。背中に産毛のようなものが生えていますね。 実は、このコが着いている根、先月「ピグミーシードラゴン」と「ゴルゴニアン・ピグミーシーホース」を連続して見つけた根なのです。 そんなに大きくない根なのに、こういう生物が着く「何か」があるのでしょうね。 お陰で、小さな根に多くのダイバーが集中して、ここだけ観光スポットみたいになってます。 水深も浅いので体験ダイバーもどんどんやってきます。(体験ダイバーにこんなん見せて分かるのかな?) お陰でゆっくり写真が撮れましぇん・・・。

photo

「ミナミハコフグの幼魚」。いつ見ても可愛いですね。

photo

お昼休みはボートの2階から飛び込み大会。カッコ良く飛び込んでいます。

photo

3本目はヨシトのリクエストでマンタチャレンジしてきました。 「マンタ」のお家を覗いてみると「チョウチョウコショウダイ」や「ロクセンヤッコ」がお留守番してました。

photo

しかし、待てど暮らせどお目当ての「マンタ」は現れず・・・。打率が松井よりも落ちてしまいました。当たればイチロー越えだったんだけどねー。 「マンタ」待ちをしている時に「ホンソメワケベラ」にクリーニングされたので、その写真を貼っておきましょう。

photo

あ、最後にでっかい「ネムリブカ」と「ナポレオン」を見てきましたよー。

 ■ 遊んだ、遊んだ(今川ログ & ナギ)     2007/09/27
今日も最高にいい天気です。久し振りに夏の陽気でした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ!
 気 温 : 31度
 水 温 : 29度
 風 向 : 東のち北東
 波 高 : 1.5のち1m
 透明度 : 30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は今川の大分時代のお友達のヨシトとシンゴちゃん。 Ocean BlueでCカードを取って、ナギとも仲良しになりました。 今日は全員で一緒に潜ってきました。


今日の真栄田は人が少なかったせいか透明度バツグンでした。良い所では30mはありました。

photo

ナギにガイドを任せて、今川はサクッと深場に行って、とある生物の調査をしてきました。(今はまだ何か言えません) ついでに、「ホタテツノハゼ」にも挨拶してきました。

photo

「アカククリ」は縦にビローンって伸びてます。幼魚と若魚の中間くらいですね。(Photo by ナギ)

photo

ヨシトとシンゴちゃんが釘付けになったのは変な形の「カミソリウオ」。 海草か!? いやいや枯葉だよ! って会話で盛り上がってました。(Photo by ナギ)

photo

その近くには「ホソフウライウオ」らしき個体も居ましたよ。

photo

「オドリハゼ」も引っ込まずに皆で観察できましたが、あまりにも激しく踊るので砂が舞い上がってます。

photo

ダイビングが終わった後はシュノーケリングをして楽しみました。 スキンでのバブルリングは難しいぞぉぉ。

photo

「青の洞窟」にも入ってきました。ここも透明度が良くて楽しめました。

photo

ヨシトもスキンで潜ります。

photo

シンゴちゃんも慣れたもの。

photo

ナギも遊んできました。

photo

スキンで見る「ツバメウオ」。スキンだと魚が近くまで寄ってきてくれます。光のシャワーが綺麗でした。

photo

皆で太陽を捕まえてきました。

photo

そして、ラストはヨシトのリクエストだったジンベエダイブ。 いきなり大きな「ジンベエザメ」が登場〜。(Photo by ナギ)

photo

あまりの大きさにビビるシンゴちゃん。(笑)

photo

とはいえ、後半は積極的に「ジンベエザメ」にタッチして遊んでいました。下から見ると改めてその大きさが分かりますね。

photo

夜は皆で打ち上げに行ってきました。ナギも久し振りにいっぱい飲みました・・・。

 ■ マンツーでじっくり(ナギガイドで今川ログ)     2007/09/26
今月の後半は暇なスケジュールだったのですが、あれよあれよと言う間にご予約を頂きまして、予定表が連日埋まりました。 ありがとうございます。 10月の前半も空いている日が多いのでどんどん予約を入れて下さいね。お待ちしています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ!
 気 温 : 31度
 水 温 : 29度
 風 向 : 北東のち東
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は連チャンのH本さん。今日はナギとマンツーで慶良間に行って来ました。 海況は更に良くなって、ゆっくり潜る事ができました。


1本目。「ヨスジフエダイ」が固まって居ました。

photo

砂地で「チンアナゴ」を撮影するH本さん。綺麗に撮れましたか?

photo

岩陰では「ベンテンコモンエビ」がフワフワ。

photo

頭上を見上げると「キホシスズメダイの群れ」が居ました。1本目は何処に行っても多くの魚影に囲まれていました。

photo

2本目。「ルリホシスズメダイの幼魚」は水玉模様が可愛いですね。でも、同じ場所にじっとしていないので撮り難いです。

photo

「ジョーフィッシュ」も見てきたジョー。

photo

「シャープスノウト・スネークイール」は4個体を確認。

photo

3本目は「イソバナ」の綺麗なポイントでドリフトダイビング。

photo

大きなタコが居ました。宇宙人みたい・・・。見たことないけど・・・。

photo

「セジロクマノミ」が卵を産んでいました。もう目がはっきり見えているので、今日か明日にはハッチアウトでしょう。

photo

穴の中では「アカマツカサ」がぐっちゃり。お互いぶつからないのかなー?

photo

カメももちろん見てきましたよ。「タイマイ」は食事に夢中で我々の事なんてお構いなしって感じでした。

photo

どんどん海況が良くなっています。潜るなら今ですよー。

 ■ スッコーン!(今川ログ) & 体験ダイビング(ナギ)     2007/09/25
台風13号は大陸へ抜けて行きました。 気になる熱低がもう一つ沖縄の下にあるのですが、このコは台風ならず消えていく予報です。 今週は久し振りに穏やかな週末が迎えられそうです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ!
 気 温 : 31度
 水 温 : 29度
 風 向 : 北
 波 高 : 2m
 透明度 : 30〜50m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は2名。常連様のH本さんと、Ocean Blue初参加のM浦さんです。 H本さんは今川とファンダイブ。M浦さんはナギと体験ダイビングを楽しんできました。


今日は何処へ行っても透明度バツグンでした。 1本目の砂地のポイントでは一番乗りだったという事もあり、スッコーン!と抜けて30mは見えてました。  自分の影と追いかけっこしながら潜ってきました。

photo

「イイジマウミヘビ」と「ヘラヤガラ」が仲良くランデブー。でも、ウミヘビは迷惑そうでしたね。

photo

「ニシキフウライウオ」は場所が変わってました。

photo

「ソデカラッパ」。笑うセールスマンみたいですね。

photo

「アカシマシラヒゲエビ」にクリーニングされてきました。

photo

「ソリハシコモンエビ」はお腹に抱えた卵が見えてました。

photo

体験のM浦さんはナギとのんびりペースでダイビング。

photo

休憩時間には今川と青い海を貸し切ってシュノーケリング。それぞれのペースで楽しんできました。(Photo by ナギ)

photo

2本目。テーブルサンゴには「デバスズメダイ」や「フタスジリュウキュウスズメダイ」がびっしりと群れていました。

photo

そして、自分では初めて見つけた「ヒョウモンツバメガイ」(下の写真)。 ナギから『この辺に居る』ってのを教えてもらったら、ドンピシャの場所に居ました。 たいして小さいわけでもないし(いや、小さいんですけどね)、何で今まで見つけられなかったんだろー?って感じ。 H本さんは「シャープスノウト・スネークイール」と格闘していました。 今日のシャープスノウトは大きかった!

photo

3本目はナギも合流して、地形とサンゴのポイントでドリフトダイビング。 まずは穴を抜けてきました。

photo

穴から出たところでは「ツムブリ」の群れが回っていました。 最初は20匹程度の群れだったのですが、ダイバーから逃げるどころか、 ダイバーの吐いた泡を小魚と勘違いしたのか、どんどん増えていき、最後は50匹くらいに囲まれました。

photo

ナギの周りをクルクル回る「ツムブリ」。目が回りそう〜。

photo

この時、ナギが撮った写真。近すぎて全身が入りません。(Photo by ナギ)

photo

あー、そうそう、あまりにも楽しくてこのコの存在を忘れるところでした。 「ハナヒゲウツボ」はまたまたお引越ししてました。 H本さんは初見という事で喜んでくれました。 今日は貸し切りで見れたので、浮上直前までこのコの写真を撮ってもらいました。

photo

(9/26追加)こちらはH本さんの撮った写真。たくさん撮った写真の中で何枚かこういう雰囲気の写真が撮れてました。 写真と言うより絵画を見ているようです。(Photo by H本さん)

photo

もう一枚貼らせて頂きましょう。こんなの狙って撮れないですよね。今川は好きです。 大きく引き伸ばして飾ったらカッコいいと思いますよ。 あ、H本さんの名誉の為に言っておきますが、他の写真は綺麗に撮れてましたよ。(Photo by H本さん)

photo

明日は更に海況が良くなります。楽しみですね。

 ■ ホーシュー→真栄田→砂辺→砂辺ナイト(今川ログ)     2007/09/24
今日は台風13号の影響で北風になり海がパシャパシャしてました。 午前中は干潮時間帯だったので、満潮時にダメになりそうなポイントから順に入って行きましょうって事で、 ホーシュー→真栄田→砂辺と徐々に南下して潜ってきました。 計算どおり、どのポイントも余裕でエントリーできましたよ。 ラストは今年初のナイトも潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ!
 気 温 : 31度
 水 温 : 29度
 風 向 : 北
 波 高 : 2m
 透明度 : 15〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はもうすぐ1800ダイブを迎えるフォト派ダイバーのチョクさん。今川とマンツーで潜ってきました。


1本目はディープな世界へGO!  『「ヘルフリッチ」と「アケボノハゼ」は一昨日しこたま撮影したので要らない!』(←贅沢)という事で、 チョクさんは「スジクロユリハゼ」と格闘。今川は「アカオビサンゴアマダイ」(下の写真)に一球入魂してきました。 的を絞ったのが良かったのか、今日はマクロモードで撮影できるほど寄れましたよ。

photo

浅い所ではウミウシ三昧でした。「ツノキイボウミウシ」は交接中でした。

photo

「タヌキイロウミウシ」は大きかった。

photo

この「レモンウミウシ」は触角が黒いですね。珍しいので撮ってみました。

photo

2本目は真栄田岬。ここでも『「ホタテツノハゼ」はパス!』という事で「ヤシャハゼ」(下の写真)ばかり撮っていました。

photo

15mmくらいの「ヒレナガネジリンボウ」の子供達が一箇所に固まってました。 今川のカメラでは無理だと思い、チョクさんに撮ってもらいました。可愛いですね。(Photo by チョクさん)

photo

「イロブダイの幼魚」は2個体を確認。昨日上手に撮れなかったので今日はリベンジしてきました。

photo

「カミソリウオ」も居ました。

photo

チョクさんが見つけてくれた「オドリハゼ」は、引っ込むどころかグイグイ出てきます。 エビも全身丸出しです。

photo

3本目は砂辺。水路には色んなギンポやカエルウオがたくさん。 ギンポ好きなチョクさんなので無視して通り過ぎる訳にはいきません。 まずは「ヤエヤマギンポ」。大きいです。

photo

それとは逆に、マッチ棒の先端くらいの大きさの「ヒナギンポ」。でも、度胸があって全然引っ込みません。

photo

「モンツキカエルウオ」(下の写真)は撮り難い場所に居たので、チョクさんに撮ってもらいました。 リングライトなので、穴の中に居る魚も綺麗に撮れますね。 これ以外では「エリグロギンポ」や「マツバギンポ」なども撮ってきました。 結局、この水路(水深1.7m)で30分も潜ってました。(Photo by チョクさん)

photo

沖では「ハダカハオコゼ」を撮影。

photo

「オニハゼ」はたくさん居ましたね。

photo

砂辺の定番、「アカクセニアウミウシ」も居ました。

photo

海のチアガールこと「キンチャクガニ」も激写。

photo

日没を待って4本目のナイトダイビングに突入〜。今日は夕焼けが綺麗でした。

photo

「グルクン」が真っ赤になって寝ていました。

photo

「ブダイ」も爆睡中〜。Zzz・・・。

photo

「イソギンチャク」でカモフラージュしている「ソメンヤドカリ」もたくさん出歩いてました。 (追記:「サメハダヤドカリ」の間違いです)

photo

「コブカラッパ」(下の写真)もパチリ。 これ以外にも色々と見てきたのですが、最後はバッテリー切れで終了〜。

photo

明日は慶良間に行ってきます。

 ■ 慶良間(ナギ) & 本島ボート(今川ログ)     2007/09/23
今週末は天気が良いのに風が強いなぁと思っていたら、南の方の低気圧が台風13号に変わってました。 でも、こいつは中国大陸の方へ抜けていくので、日本への影響は殆どありません。 来月は石垣ツアー。この時に台風が来ない事を祈ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ!
 気 温 : 31度
 水 温 : 29度
 風 向 : 東
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 15〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は4名。常連様の匿名希望さんはナギと慶良間へ、今日も「手」だけで記念撮影です。(写真左)  連チャンのチョクさんと、Ocean Blue初参加のK保田さんとF知さんは今川と本島ボートに出かけてきました。(写真左)


まずは慶良間チームのログ。いきなり「コブシメ」が登場。 威嚇して色を変えたりするシーンをじっくり見る事ができました。(Photo by ナギ)

photo

カメは3枚。「アオウミガメ」(下の写真)と「タイマイ」の両方が見れました。(Photo by ナギ)

photo

天気が良かったので、サンゴ越しの太陽をパチリ。(Photo by ナギ)

photo

「ハナビラウツボ」は正面から口を開けた瞬間を撮ってみました。前歯が縦に生えているのが分かりますね。(Photo by ナギ)

photo

ラストはダイナミックな地形ポイントでドリフトダイビング。「カスミチョウチョウウオ」の乱舞が見事でした。(Photo by ナギ)

photo

本島ボートチームも色々と見てきましたよ。 「チョウチョウコショウダイの幼魚」は2匹が並んでました。可愛いですね。

photo

色んな生物を紹介してたのに、K保田さんとF知さんは「ヒレナガスズメダイの幼魚」に釘付け。 お二人は阪神タイガースのファンなのですよ。納得です。

photo

「ホタテツノハゼ」は今日もじっくり見れました。 「コシジロテッポウエビ」が出てきたところをパチリ。ね、腰の部分が白いでしょ。

photo

F知さんの見たかった「ヒレナガネジリンボウ」もたくさん見れました。 写真は「ヤノダテハゼ」との禁断のツーショットです。

photo

それにしても「アカククリ」の成長スピードってすごい! もうすっかり体の色が変わっています。ざ、残念・・・。

photo

オレンジ色の「オオモンカエルアンコウ」は昨日と同じ場所に居ました。よしよし。

photo

ラストは「イロブダイの幼魚」の写真を貼っておきましょう。

photo

これ以外も色々見てきて楽しい一日でした。K保田さん、F知さん、次回はジンベエザメツアーに行きましょうね!

 ■ じっくりフォトダイブ(今川ログ)     2007/09/22
何だかんだ言いながらずーっと忙しい日々が続いています。 最近、疲労と洗濯物は比例関係で増えていく事に気付きました。 で、今日は溜まった洗濯物を一気に片付けたのですが、疲れは取れません。当たり前か・・・。でも、気分はスッキリしました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れー!
 気 温 : 31度
 水 温 : 29度
 風 向 : 東
 波 高 : 2m
 透明度 : 15〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はフォト派ダイバーのチョクさん。今川とビーチ3本勝負してきました。 ナギはヘルプで出稼ぎしてました。


まずはリクエストの「ヘルフリッチ」を見てきました。(Photo by チョクさん)

photo

さすがはデジイチ。綺麗に撮れますね!って事で「アケボノハゼ」の写真も使わせて頂きます。(Photo by チョクさん)

photo

今川も別個体の「アケボノハゼ」にマクロモードで迫ってみました。ここのアケボノ達は度胸満点です。

photo

それとは反対に、今日の「スジクロユリハゼ」は寄れなかった・・・。情けない写真です。

photo

「ニシキアナゴ」(下の写真)も見てきました。もう少し寄らせてくれればいいんだけどねー。 「アカオビサンゴアマダイ」は10個体以上居ましたが、1回もシャッターを押せず・・・。 あれこれ欲張りすぎてはいけないという事ですね。

photo

ウミウシもちらりほらりと出ています。「サラサウミウシの幼体」ですね。

photo

「キヌハダウミウシsp」。赤い点々でさりげなくお洒落してます。

photo

「夜光貝」と書いて「ヤコウガイ」。でも、光る訳ではありません。

photo

で、岩の上に置いていたら、中身がビロロ〜ンって出てきました。見た目はグロテスクですが、食べると美味しいのですよ。

photo

ギンポ好きなチョクさんなので、久し振りに「セダカギンポ」を見に行きました。(Photo by チョクさん)

photo

「ホタテツノハゼ」は2個体を確認。 1個体はすぐに引っ込みましたが、いつものコは この距離でも引っ込まないばかりか、背ビレも広げず、警戒心ゼロ。 50カットほど撮りましたが、結局、最後まで引っ込みませんでした。

photo

チョクさんが「ホタテツノハゼ」に刺さっている間、 今川は「ヒレナガネジリンボウ」(下の写真)や「ヤシャハゼ」を見てました。

photo

定番の「ホシゾラワラエビ」にも会ってきました。

photo

「アカククリの幼魚」もすっかり固定ネタになりました。これ以上大人にはならないで欲しい・・・。(Photo by チョクさん)

photo

そして、ニューフェイスが登場。オレンジ色の綺麗な「オオモンカエルアンコウ」です。 このコも定番になってくれるといいな。

photo

今日はじっくり写真が撮れてチョクさんも大満足でしたね。

 ■ 色々見てきました(今川ログ & ナギ)     2007/09/21
海況がどんどん良くなっています。潜れるポイントも色々と選べるのが嬉しいですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどきスコール
 気 温 : 31度
 水 温 : 28度
 風 向 : 東
 波 高 : 3m
 透明度 : 20〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は2名。連日ダイブのO俣さんと匿名希望さんです。ナギがメインガイドで慶良間に行ってきました。 今川もカメラマン役で同行しました。O俣さんが『「マンタ」を見たい』という事で、お祈りのポーズで記念撮影です。今日は見れるかな?


1本目。エントリー早々「アオウミガメ」が登場。ここでカメを見るのは珍しいです。幸先の良いスタートですね。

photo

匿名希望さんのリクエストだった「チンアナゴ」はニョキニョキいっぱい出ていました。

photo

黄色の「ハダカハオコゼ」。今日は別のポイントでも2枚の「ハダカハオコゼ」を見つけましたよ。(Photo by ナギ)

photo

「カクレクマノミ」。 匿名希望さんはここ連日のダイビングでやっとクマノミの区別ができるようになってきたらしいです。 いっぱい見て、色々覚えて下さいね。(Photo by ナギ)

photo

ここの「ホソカマス」はまとまってて素敵です。

photo

ウミウシもいっぱい出てきました。4連チャンで貼りましょう。 まずは「オオコノハミノウミウシ」。大きかったですね。

photo

真冬のウミウシだと思ってた「シロウサギウミウシ」も登場。

photo

「ヒョウモンツバメガイ」。ナギは『一年中見つけられる』と言っていますが、今川はまだ自分で見つけた事はありません。(Photo by ナギ)

photo

「ムカデミノウミウシの幼体」。小さかったです。(Photo by ナギ)

photo

2本目は「デバスズメダイの群れ」に囲まれてきました。(Photo by ナギ)

photo

こんな浅い所に、しかも、こんな人の多く通る所に巣穴を作ってしまった「ジョーフィッシュ」。 体験ダイバーでも見れるジョー。(Photo by ナギ)

photo

今川は「シャープスノウト・スネークイール」に突き刺さっていました。 いつ撮っても同じ様な写真になってしまうので、今日は動画でも撮ってみましたが、殆ど動かないので見応えがありませんでした。(笑)

photo

涙を流したようなラインが目印の「オニハゼ」。結構寄れますよ。

photo

「ミカヅキコモンエビ」のコロニーでパチリ。今日はバッチリ撮れました。

photo

3本目はリクエストのマンタチャレンジしてきましたが・・・。結果は・・・。 海況も潮のタイミングも悪くはなかったのですが、残念です。 また今度チャレンジしましょうねー。『僕も見たいよー』と、「ハリセンボン」も言ってます。(Photo by ナギ)

photo

あ、そうそう、「ハナゴンベの幼魚」も見つけました。写真は×です・・・。(涙)