TOP >>ログブック >>2007年5月のログブック

 ■ 今日もウミウシダイブ(今川ログ & ナギ)     2007/05/31
朝から太陽サンサン! 文句なしにいい天気! こんな日は何をやっても楽しいですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ!
 気 温 : 27度
 水 温 : 24〜25度
 風 向 : 北
 波 高 : 1m
 透明度 : 5〜15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は「本州のウミウシ」の著者の中野理枝さん。 ウミウシ界のトップランナーと言っても過言がない方です。 予てから『潜りたい』とリクエストを頂いていたNEWポイントとウミウシパラダイスの2本立てで潜ってきました。


1本目。潜り始めてすぐに、このポイントで良く見られる「トウリンミノウミウシ」と「ヤマトウミコチョウ」をゲット。 その後に「クチナシイロウミウシ」(下の写真)が出てきました。必ずと言っていいほどペアで出てきます。このコもペアでした。

photo

「クロモドーリス・プレキオーサ」。背中にシミのない綺麗な個体でした。

photo

「ムロトミノウミウシ」でしょうか?(Photo by ナギ)  ちなみに、このコは今川と理枝さんが何か他のウミウシを夢中で見ている時に見つけたのですが、 後から紹介しようと思っていたらロストしたそうです。残念・・・。

photo

そして、今川の今日の大ヒットがこれ。「カンランウミウシ」です。 「沖縄のウミウシ」では普通種とされていますが、今まで見た事がなかったのです。 中央の海藻みたいの全部がウミウシなのですよ。皆さんはこの擬態を見破れますか?

photo

手のひらに乗せて撮ってみました。大きさは40mm前後というところでしょうか? これでも海藻に見えますよね。

photo

スレートに乗っけての撮影。これでウミウシに見えてきたかな?  右側が前なのですが、触角が分かりますか?

photo

ドロドロの環境でも「ゾウゲイロウミウシ」が居ました。ちょっと意外・・・。 周囲の環境が写り込まないように撮ってみました。

photo

そして、理枝さん大喜びの「ナギサノツユsp.」です。 ずーっと見せられなくて焦っていましたが、後半バタバタと10個体ほど出てきました。 ログ付けは中野さんのお宅にお邪魔させて頂いてやってきたのだけど、旦那さんにこの写真を見せたら、『ガンダムみたい』と言ってました。 確かに、普通の「ナギサノツユ」にモビルスーツ着せたみたいですね。(笑)

photo

「ハナビラミノウミウシ」も居ました。ちなみにこの1本目は2時間30分も潜ってました。 好きですねぇ。(笑)

photo

2本目は「ウミウシパラダイス」に移動しました。 今日は透明度が15m以上あって、水面から水底がはっきり見えてました。素晴らしー。  こっちは「ウミウシパラダイス」の「ハナビラミノウミウシ」ですが、 上の写真のものとはずいぶん見た目が違いますね。 ミノウミウシは食べるものによってミノの色模様が異なるという事ですが、 このコはミノが太かったり、細かったり、真っ直ぐに伸びていたり、クルクル巻いていたり、 見た目の幅がかなーり大きいウミウシです。

photo

昨日見つけた「シロタスキウミウシ」も紹介する事ができました。

photo

「コトヒメウミウシ」も発見。透明度が良いと見つけ易い。いい事だ。

photo

「トレニアウミウシ」と連続してレアなウミウシが続きます・・・。

photo

「トラパニアsp.」も実物をじっくり見て頂きました。

photo

「パスタチゴミノウミウシ」もしばらく同じ場所に着いていてくれてます。

photo

大きめの「リュウモンイロウミウシ」が伸び伸びと歩いていました。右下には「タスジミドリガイ」も写ってますね。

photo

逆に、ずんぐりむっくりしたメタボ体型の「カンムリハラックサウミウシ」が・・・居た。 そう、このコは居たという以外に表現のしようがありません。殆ど動きはしない。ただそこに居るだけ・・・。 キミは何を考えているんだい?(Photo by ナギ)

photo

今日は「トンプソンアワツブガイ」も何個体か見つかりました。 黄色の部分が大きくて、失敗した目玉焼きみたいになってますね。(Photo by ナギ)

photo

「シロハナガサウミウシ」も居ました。(Photo by ナギ)  理枝さんは、次々に小さいウミウシを捜し出すナギの目にびっくりしていましたね。 (あ、一応私の名誉の為に言っておきますが、今川も頑張ってるんですよ)

photo

今日は2ダイブで40種ちょいのウミウシが出てきました。 まだまだ別のエリアを潜れば別の種類のウミウシが見れるので、これからもいっぱい潜って下さいね〜。

 ■ ウミウシダイブ(今川ログ & ナギ)     2007/05/30
今日は雨のち晴れの予報でしたが、朝起きたら雨は既に止んでいました。 結果的に一日中晴れてました。ラッキー!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ!
 気 温 : 27度
 水 温 : 23〜24度
 風 向 : 北
 波 高 : 1m
 透明度 : 3〜7m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は2回目のご来店となるO田さん。 ウミウシが好きだけど、マクロなら何でもOKという事で、ウミウシパラダイスに出かけてきました。 今日から風が北に回り、ウミウシパラダイスはご覧のようにベタ凪の状態でしたよ。


まずは最近貼らなくなったここの普通種を貼ってみましょう。 「ホシゾラウミウシ」(下の写真)は「沖縄のウミウシ」では稀種とされていますが、ここにはたくさん居ます。 『いつでも撮れるから』という理由で、最近は全然撮らないけど、この色彩はフォトジェニックですよ。 他にも定番の「シラナミイロウミウシ」、「サラサウミウシ」、「マダライロウミウシ」、「ヒョウモンウミウシ」、 「ハナビラミノウミウシ」、「イボヤギミノウミウシ」、「クロモドーリス・プレキオーサ」なども居ました。

photo

「セトイロウミウシ」も定番と言えば定番ですが、個体数は少ないので、見つけると必ず撮っています。

photo

おっと、「サキシマミノウミウシsp.」もここの定番でした。 「セスジミノウミウシ」に似ていますが、触角に顆粒状の突起がないので、「サキシマミノウミウシsp.」という事にしています。

photo

「イチゴミルクウミウシ」は増えたり減ったりを繰り返しています。今はちょっと減ってる時期かな?  でも、しっかりゲッツ!

photo

「レンゲウミウシ」は久し振りの出会い。海藻にクルンって感じで丸まってました。

photo

白くて大きめな触角を持つ「ボンボリイロウミウシ」です。可愛いウミウシです。

photo

そして、今日はトラパニア系のウミウシがたくさん出てきました。ここから4連チャンで貼っていきます。 まずは、たくさん居る「トラパニアsp.」。背中に寄生虫の卵を背負っている個体が多いです。邪魔にならないのかな?

photo

「モウサンウミウシ」です。ユーモアのあるネーミングですね。

photo

「ツガルウミウシsp.」だと思います。このタイプのコは2個体居ました。

photo

これも「ツガルウミウシsp.」だと思いますが、上のコとは別種でしょう。 上のコとの違いが分かりますか?

photo

「ツノザヤウミウシ」は相変わらずたくさん居ます。

photo

「コソデウミウシ」も、もはや普通種。

photo

本日のナギのヒット商品、「トレニアウミウシ」です。 「沖縄のウミウシ」には載ってなくて、「本州のウミウシ」には稀種と書かれています。 つまり、これを沖縄で見るって『超』が付くくらい珍しいって事だろうか?

photo

そして、今川の本日のヒットがこれ、「シロタスキウミウシ」です。前回見たのが2003年だから実に4年ぶりの出会い。 綺麗ですねー、この色彩。しかも40mmくらいあって大きかったですよ。 今日はウミウシ以外に「ハダカコケギンポ」、「ハゴロモハゼsp.」、「タイワンマトイシモチ」などを見てきました。

photo

今日は2ダイブで39種類のウミウシが見れました。 明日もウミウシダイブです。たくさん見れるといいな。

 ■ ポイント調査(今川ログ & ナギ)     2007/05/29
今日は久し振りにまとまった雨が降りました。 とは言っても、潜り終わって帰る頃に降り始めたのでダイビングには影響はありませんでした。 まぁ、適度に雨も降らないと水不足になっても困るしね。この雨も恵みの雨と感謝しましょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち雨
 気 温 : 29度
 水 温 : 25度
 風 向 : 南西
 波 高 : 1〜1.5m
 透明度 : 5〜10m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日もノーゲスト。でも、明日から2連チャンでウミウシリクエストの予約が入っているので、ナギとポイント調査に出かけました。 ポイントはナギも初めてとなるこの場所↓(ポイント名はまだ決めていません)  南風でウミウシパラダイスは多少パシャパシャしていましたが、ここは見ての通り穏やか。 ここを開拓すれば、ウミウシパラダイスが入れない時にもウミウシダイブする事ができます。 頑張って地道に潜りこんで行きましょう。

photo

まずは、他のポイントではあまり見られない ここだけの定番生物から捜索。 「ヤマトウミコチョウsp.」です。奄美大島産のものとは多少 色模様が異なります。 あちらのものは、側足全体がオレンジ色で色使いがもっとシンプルって感じ。こんなマーブル状にはなってないのですよ。 奄美大島産に似たものを見てみたいなぁ、とは思うのですが、このコは小さいうえに砂に潜ってる事が多いので見つけにくいのだ。(Photo by ナギ)

photo

もう1個体を発見。撮ってる最中にも砂や岩の割れ目に逃げ込もうとするので指の上に乗せての撮影です。 大きさは指先の指紋10本分ってとこですね。(笑)

photo

そして、もう1種。「ナギサノツユsp.」です。 「ナギサノツユ」に鎧を着せたみたいな出で立ちです。 先日、ショップに「本州のウミウシ」の著者の中野理枝さんが遊びに来てくれた事があって、 その時にこのコの写真をお見せしたら、『おぉ!これは凄い!まだどこからも出ていない新種だと思います!』と興奮気味にお話ししてくれました。 今日は1個体のみの確認でしたが、前回は10個体くらい見ているので、数はたくさん居ると思います。

photo

そして、この後は「トウリンミノウミウシ」を見に行こうと思ってたのですが、 ここもウミウシパラダイスと同じように米軍施設に隣接しており、今日も米軍が使っていたので、 あまり先には行かず、同じ場所で別のウミウシを捜していました。 上の「ヤマトウミコチョウsp.」と同じ様な場所に「キマダラウミコチョウ」(下の写真)が居ました。

photo

「トウヨウキセワタ」も居ました。渋いウミウシです。

photo

触角の先端が赤いからと言って「アカボシウミウシ」と思ってはいけないそうな。 このコも今の所 未記載種だと、今本さんのサイトで話題になっていました。(多分、そのコと同じ種類だと思うけど) とりあえず、「キヌハダウミウシsp.」って事で・・・。
1本目90分も潜ってましたが、エアは100以上残ってました。ここはちと浅すぎです・・・。

photo

2本目は場所を移動してウミウシパラダイスへ。多少パシャパシャしていましたが、全然余裕です。 水中はかなりの濁りを予想していましたが、何と!10m近くあって拍子抜け。でもこんな誤算は大歓迎です。 今日も「トラパニアsp.」祭りが開催中〜。あちこちに「トラパニアsp.」が居ましたよ。 で、ナギが写真を撮ってると、近くに居た「トンプソンアワツブガイ」が寄って来て、「トラパニアsp.」によじ登ろうとしてました。(笑)  ヤラセではありません。ナチュラルな状態です。(Photo by ナギ)

photo

「ツガルウミウシsp.」だと思うのだけど・・・小さい。(Photo by ナギ)

photo

別個体の「トンプソンアワツブガイ」をパチリ。これも小さかった。

photo

「センヒメウミウシ」も登場。これも小さい個体なのですが、上の2つと比べると大きく見えました。

photo

白い卵を食べていたので白っぽくなっていた「パスタチゴミノウミウシ」。2個体居ましたよ。(Photo by ナギ)

photo

「カノコウロコウミウシ」も大きめの個体が登場。背面突起が邪魔そうです。

photo

シルト(泥と砂の中間くらい)な環境では「コソデウミウシ」が大量発生中。(Photo by ナギ)

photo

上のとは別個体。このようにコケムシの枝に登って、コケムシを食べている光景が良く見られます。

photo

同じ環境には「白ピカチュー」こと「ツノザヤウミウシ」もたくさん居ますよ。この祭りいつまで続くんでしょうね。

photo

さぁ、明日から4連チャンです。頑張ってきま〜す!

 ■ 幸せの黄色い生物たち(今川ログ & ナギ)     2007/05/28
今日も快晴。グッドコンディション! でも、ノーゲストなのですよ。トホホ・・・。 まぁ、こんな素敵な日にじっとしてても勿体無いので、いつもの様にナギと一緒に潜りに行きました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ〜!!!
 気 温 : 30度
 水 温 : 23〜25度
 風 向 : 南
 波 高 : 1m
 透明度 : 15〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先月、「ヒメウツボ」を見てからというもの、このポイントに来る度にそれとなく捜しています。 今日も『居ないなぁ〜』とウロウロしていたら、少し離れた場所でナギが見つけてくれました。(感謝!) 前回居たのは狭い穴の中で、ストロボも当たるか当たらないかという情けない写真でしたが、 今回は割と撮り易い位置に居てくれたのでキッチリ撮り直してきました。大きさは人差し指くらいで可愛いですよ。 お客様にも高い確率で見せられるようになりたいですね。

photo

今日は黄色い生物が続きます。「ピグミーシーホース」のイエローバージョン。 デジカメにクローズアップレンズ3枚重ねでここまで寄れます。もちろんノートリミング。

photo

正面からじゃ分かり難いので横顔の写真も貼っておきましょう。ね?黄色でしょ?

photo

ピグミーつながりで「ロングノーズ・ピグミーシーホース」も見てきました。これも少し黄色っぽい。(Photo by ナギ)

photo

黄色というより山吹色と言った方がいいのかな? だって名前が「ヤマブキウミウシ」だもんね。

photo

ここのポイントでは「アカテンイロウミウシ」もコンスタントに見られます。いい事です。これも黄色が入ってますね。

photo

黄色い生物はまだまだ続く。「イボヤギミノウミウシ」は本当に「イボヤギ」の横に居ました。(Photo by ナギ)

photo

目がチカチカしてきたので、そろそろ違う色の写真も貼っていきましょう。 「ヘリシロイロウミウシ」に似てるけど、触角と二次鰓が白っぽいヤツ。たまーに見るけど、貴方は誰?(Photo by ナギ)
(追記:「シロタエイロウミウシ」の幼体と思われます)

photo

いつもナギがチェックしているカイメンの周囲には いつもトラパニア系のウミウシが居ます。(Photo by ナギ)
(追記:これは「トラパニア・トッドイ」だと思われます)
photo

「トウモンウミコチョウ」も居ましたよ。(Photo by ナギ)

photo

「モンコウミウシ」(下の写真)は正面からパチリ。 これ以外では「ミヤコウミウシ」、「ノウメア・ワリアンス」、「セトイロウミウシ」、「サキシマミノウミウシ」、「センテンイロウミウシ」、 「コナユキツバメガイ」、「チゴミドリガイ」、「トカラミドリガイ」、「ゴクラクミドリガイsp.」などなどが居ました。

photo

2本目は場所を変えて別のポイントへ。今日は何故か「ヤマブキハゼ」がいっぱい見れました。

photo

サンゴの隙間には「カサイダルマハゼ」(下の写真)が居ました。 隣のサンゴには「パンダダルマハゼ」も居ましたよ。

photo

定番の「ゴルゴニアン・ピグミーシーホース」も見てきました。 『今日は証拠写真程度でいいや』って思って、テキトーにシャッター切りましたが、意外と綺麗に撮れたので貼っておきましょう。 欲を言えば光の角度が・・・。

photo

擬態上手な「ムチカラマツエビ」の子供が居ました。(Photo by ナギ)

photo

そして、もっと擬態上手なカニを発見。軽石みたいで石ころの間に居ると全く見分けがつきません。 見つけたのは偶然。たまたま、小石を手にしたら、その石がモゾモゾと動いたからビックリしたの何のって・・・。 名前を調べたら、「オレオトロス・パラ」というらしい・・・。多分憶えられそうにありません。 稀種らしいですよ。又、どこかで出会えるといいな。

photo

ラストはまたまた黄色い魚を貼りましょう。 黄色の「ジョーフィッシュ」も見てきました。下手っぴダイバーのフィンキック攻撃に負ける事なく 今日も元気に愛嬌を振りまいていました。(Photo by ナギ)  今日は黄色の生物ばかりでしたが、これってどうなんでしょう? Dr・コパ先生! 教えて下さーい!

photo

明日もノーゲスト・・・。誰か潜りに来てー!!!

 ■ 初ファンダイブでカメ三昧(今川ログ)     2007/05/27
今日はまたまた日本晴れの一日になりました! 気温は30度で今年初めての真夏日を観測。 それだけではありません。今日はポイントによっては水温が28度を表示!  ダイコンが壊れてる!?と思って、お客様のと比べてみましたが、お客様のダイコンは28.8度! どんだけぇぇぇ〜!?  いやはや、夏モード全開の一日でした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ!晴れ!晴れっ!!
 気 温 : 30度
 水 温 : 25〜28度
 風 向 : 南
 波 高 : 1m
 透明度 : 20m〜50m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は連チャンのN塚さん親子。昨日ダイバーになったばかりのレイヤくんは今日が初ファンダイブです。 今日は『カメと一緒に記念撮影をする!』を目標に潜ってきましたよん。


レイヤくん、小さい体に重い器材を背負ってカッコ良くジャイアントストライドエントリー。 他のショップさんで体験で潜りに来ていた男の人たちも『すんげぇ〜』って見とれてました。

photo

まずは肩慣らしで「ネムリブカ」を見に行きました。 丁度、レイヤくん達と今川の間に挟まれたので、行き場を失ったサメは目の前を何度もグルグル回っていました。 後で『怖かった?』って聞いたら、『ううん、平気』だって。落ち着いてるね。 この後は回遊魚エリアで「イソマグロ」も見てきましたよ。

photo

そして、2本目はカメポイント。泳ぎ始めてすぐに2匹の「アオウミガメ」が居ました。 寝ている方のカメにそーっと近付いて、パチリ。早くも今日の目標は達成〜。 初ファンなのに、こんなに楽勝ペースでいいんんでしょうか?

photo

今日は、カメ!カメ!カメ!って感じで連続してカメが出てきてくれました。 1匹を見ていると、次のカメが出てきて、新しい方のカメを見ていると、またまた次のカメが出てきて・・・。 視界には常に2匹のカメが居ました。

photo

泳いでいるカメとも記念撮影。 後半もバタバタとカメが出てきたので何枚見たか分からなくなりました。 このダイビングは45分のうち40分はカメを見てたって感じ。

photo

でも、『一番好きなものはなーに?』って聞いたら、「クマノミ」だって。(笑) そんな訳で「クマノミ」もいっぱい見てきましたよ。

photo

レイヤくんのウエイトは0kgで適正。つまり付けなくてもOK! 素晴らしー。 透明度の良い海をお魚さん達と一緒に中性浮力で泳ぐのはどんな気分だったかな?  今日は一度も浮く事もなく、安心して見ていられました。 お父さん、『次はアドバンスを取らせる!』ってノリノリでしたね。 まぁ、焦る事なくのんびり楽しく潜りましょう。(これ大事)

photo

たくさん泳いで、たくさん魚を見て、たくさん笑って・・・。帰りは快適ボートで熟睡でした。お疲れ様〜。

photo

今度は家族全員で遊びに来てね。お待ちしています。

 ■ オールドリフト(今川ログ) & メモリアルDay(ナギ)     2007/05/26
朝のうちは小雨が降ったり止んだりでしたが、午後は雨も上がり、時折晴れ間も見えました。 本日特筆するのは水温と透明度。今日はどのポイントでも25度以上を記録。2日で2度も上昇しました。 これからグングン上昇していく事でしょう。 透明度も良く、最低30m、最高50m(もっとあったかも?)というクリアな水の中で潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 雨のち曇り時々晴れ
 気 温 : 28度
 水 温 : 25度
 風 向 : 北西のち東
 波 高 : 1m
 透明度 : 30m〜50m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は昨日から引き続きのN塚さんとレイヤくん。 そして、Ocean Blue初参加になるK坂さんご夫婦。 N塚さんとK坂さんご夫婦はファンダイブ。(写真左) レイヤくんはSD講習です。(写真右)  そして、今日はレイヤくんの10歳の誕生日!  記念日になるよう皆で頑張ってきましたよ。


まずは、ファンチームのログから。今日は3本ともオールドリフトを敢行。 回遊魚狙いのポイントでは「カスミチョウチョウウオ」(下の写真)や「ヒメテングハギ」、「グルクン」などがたくさん群れていました。 そして、その中をプリップリの「イソマグロ」が『そこのけ、そこのけ』状態で大行進。 『まぁ、写真は後でも撮れるだろう』と思って、最初はお客様に紹介する事に専念してたら、この時一回のみの行進でした・・・。

photo

2本目はサンゴの綺麗なポイント。 しかし、皆さんサンゴに目をやる事も殆どなく、ずーっとこの「ハナヒゲウツボ」と格闘していました。 今日の「ハナヒゲウツボ」はお腹が空いていたのか?  目の前を魚が通るたびにビロ〜ンって全身が出るくらい出てきてくれましたよ。

photo

そして、次に粘っていたのが「ネムリブカ」。こうして見るとさすがサメ。たまに鋭い歯が見えたりして・・・。 迫力がありますね。

photo

しかしながら、その大きさはこんなもんです。手と比べると大きさが分かりますね。 あまりにも可愛いので皆で背中をスリスリ。 K坂さんの奥様は『本当にサメ肌だぁ〜』って言ってました。

photo

老成して大きくなった「サザナミフグ」かと思ったのですが、よく見ると「アラレフグ」でした。 今日はずーっとワイドビジョンだったので、マクロレンズの出番は一度もありませんでした。 まぁ、これはこれで楽しかったですけどね。K坂さん、次はビーチでじっくりマクロしましょうね。

photo

そして、ここからレイヤくんのログ。 今日はコンパスなどの基本スキルは早めに全部終わらせて、泳いで、泳いで、泳ぎまくってきました。 中性浮力もバッチリとれていますね。 お父さんもまだ見た事がないという「アオウミガメ」も先に見てきたもんね!

photo

泳いでいると上から何かが降ってきました。 それは、レイヤくんの手のひらより大きい「ミラーリュウグウウミウシ」でした。

photo

そのウミウシの二次鰓を見てみると・・・。小さくて綺麗な「ウミウシカクレエビ」が乗っていました。 色んな生物が居る事にレイヤくんビックリ!

photo

今日は3本を潜ってきました。3本目はドリフトダイビングもしてきましたよ。習うより慣れろ、これ大事。

photo

ショップに帰って学科講習・・・。 と、その前に、レイヤくんの10歳の誕生日をバースディケーキでお祝い。 突然のサプライズにレイヤくんとっても喜んでくれました。おめでと〜!!!

photo

大人達は隣の居酒屋へ・・・。そして残る学科は今川が担当。 難しい横文字やダイブテーブルに苦戦しながら、学科テストも終わらせました。 学科テストの結果ををナギお姉ちゃんから受け取るレイヤくん。その表情を見れば結果はお分かりですね。

photo

結果はモチロン合格で〜す! しかも高得点! ダイブテーブルの問題も全部正解でした!  本日2回目のおめでと〜!!! この後は皆でカンパイです。(あ、レイヤくんはもちろんジュースですよ)

photo

誕生日でダイバーになって、しかもカメまで見ちゃって、船長さんもやらせてもらって? 忘れられない一日になったね。 ラストは居酒屋の大将のサンシンのリズムに合わせ皆でカチャーシーを踊ってきましたよ。楽しかったなぁー。

photo photo photo photo

明日はファンダイブで楽しんできます。

 ■ 脱!フードベスト宣言(今川ログ) & 最年少のSD講習(ナギ)     2007/05/25
天気予報とはうらはらに毎日好天の続く沖縄地方。これじゃ気象予報士も形無しです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ!
 気 温 : 29度
 水 温 : 24〜25度(フードベスト解除)
 風 向 : 南のち南西
 波 高 : 1m
 透明度 : 10m〜40m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はOcean Blue初となる東京のN塚さん親子。 お父さんはファンダイブで今川とチービシへ。(写真左)  レイヤくんはSD講習という事でナギお姉ちゃんとCWトレーニングを行ってきました。(写真右)  レイヤくんは何と!9歳! この期間中に10歳になるということで、最年少のSD講習になりました。頑張れ〜。


まずはチービシログから。今日のチービシは透明度最高! 場所によって40mくらいありました。 水温も暖かく感じられ、今日からフードベストを脱いで潜りました。(まだ少し我慢が必要ですが)  まずは「カミソリウオ」のペアを紹介。

photo

チービシといえば穴・穴・穴。今日も色んな穴を抜けてきました。晴れていたので光が綺麗。

photo

穴の中には「リュウキュウハタンポ」や「アカマツカサ」(下の写真)がぐっちゃり群れていました。

photo

大きなアンカーが落ちていたので記念撮影。N塚さんと大きさが変わりませんね。

photo

最後はどこまでも続く青い世界を気持ちよく流されてきました。 N塚さんがカメラを持ち込んでなかったので、今川も殆ど写真を撮らずひたすら中層を流されてきました。 透明度が良かったので気持ち良かったですね。

photo

さて、レイヤくんの講習ですが、昨年体験ダイビングを経験済みという事で、水慣れしていてスムーズに進みました。 今日はCWトレーニングだけの予定でしたが、あまりにもサクサク進むので、OWトレーニングも1本してきました。 学科もお父さんと予習してきたというだけって、トントン拍子に進んでいます。 明日は慶良間での講習だよ。楽しみだね。

 ■ じっくり撮影ダイブ(今川ログ & ナギ)     2007/05/23
ついに入梅宣言後、初めて雨らしい雨が降りました。 でも、午後は雨も止み、青空も広がって沖縄らしい天気になりました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 雨のち晴れ!
 気 温 : 26度
 水 温 : 23〜24度(フードベスト忘れました)
 風 向 : 東のち南東
 波 高 : 2mのち1.5m
 透明度 : 3m〜15m(東海岸はニゴニゴ)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本日のお客様は先月来て頂いたばかりの東京のK田さん。 今回は新しく発売されたSP-550を持ち込んでの撮影ダイブの予定だったのですが・・・ ハウジングの発売が5/25に延期され、またしてもお預けになってしまいました。 でも、ファインピクスを持ってきてたので、こちらのカメラでじっくり撮影大会を行ってきましたよ。
ポイントは前回希望していたのだけど、海況が悪くて行けなかった「ウミウシパラダイス」。 今回は何とか入れそうですが、雨のお陰でニゴニゴは必至。 それでも『行ってみたい!』という事で出かけてきました。欲望は止められないのだ。


水中は過去最高の激濁り。中層はまずまずなのですが、水面と水底が3mくらいの透明度でした。 それでもマクロ撮影には問題ありません。 絞りとライティング次第で「オオモンカエルアンコウ」もこのくらいのクオリティで撮れます。 今日は1号と2号を確認。(どっちが1号なんだ!?)

photo

ウミウシ第一希望のK田さんの為に、ウミウシ祭りの会場にも足を運んでみました。 一時期よりも数は減った感はあるものの、まだまだ居る所には居る。 まずは「イチゴミルクウミウシ」から。(Photo by ナギ)

photo

「センヒメウミウシ」も居ました。(Photo by ナギ)

photo

「トラパニアsp.」はオレンジ色の強い個体と黒色の強い個体が居ます。 2匹が並んでいたので写真を撮ってみましたが、この時、どちらかの個体が産卵中だったみたい。 黒い個体の下に見える白いツブツブが卵です。水中では分かりませんでした。 ちなみに今日は15個体の「トラパニアsp.」が居ましたよ。

photo

うーむ、だいぶ前にもこのウミウシを見て同じ事を書いている記憶があるのだけど、これって「サンカクウミウシ」だろうか?  「沖縄のウミウシ」には「触角は白色」と明記されているけど、このコの触角は下の方が白色で上の方は黒色なのですよ。 誰か分かる人が居たら教えて下さい。

photo

前回見つけたソフトコーラルを見てみたら、更に成長していました。先端の白い部分は傘が開いたようになってますね。 これからどうなるんだろ?  話は変わりますが、今日の今川はフードベストを忘れて無茶苦茶寒かったです。お陰でエアーの減りの早い事・・・。 水温は24度になったとはいえ、まだまだフードベストは必要ですぞ。ビーチは1本が長いですから・・・。

photo

で、濁りの厳しい東海岸は1本で終了〜。午後からは西海岸に移動して潜りました。 第二希望の「キンチャクガニ」を求めてガレ場へ・・・。 すると、「オトヒメエビの子供」(下の写真)を見つけました。 今月号の某ダイビング雑誌の別冊付録に珍しいっぽい事を書いていたので、とりあえず撮ってみました。

photo

お目当ての「キンチャクガニ」も2個体お見せする事ができました。ずーっと写真を撮ってましたね。

photo

紹介した順番とは違うけれど、甲殻類続きで「イソギンチャクモエビ」の写真も貼ってしまおう。

photo

毛むくじゃらの「オランウータンクラブ」も居ましたね。

photo

こちらでもウミウシを色々と見てきましたよ。「ムラサキウミコチョウ」は目があるって事にビックリしてました。 この目をじーっと見ていると、何かの横顔に見えてきますね。

photo

定番中の定番「ミゾレウミウシ」。綺麗に撮ってあげましょう。

photo

最近良く見つける「マイチョコウミウシ」です。可愛いウミウシですね。

photo

3本目はナギがリタイアしたので、ナギのフードベストを借りて潜りました。 おぉぉ・・・何と暖かい事よ。効果絶大。素晴らしー。ありがたや、ありがたや・・・。 数々の賛辞の言葉を誰に言うわけでもなく、一人呟きながらエントリー。
「ゴルゴニアン・ピグミーシーホース」は小さくてちょこちょこ動くので、難しい被写体ですが、 それが逆に撮影意欲をそそります。K田さん、夢中になって撮影していましたね。

photo

そして、今日一番時間をかけて撮影していたのが黄色い「ジョーフィッシュ」です。 このコだけで20分近く撮影していたんじゃないかな?  水深も浅いし、マンツーダイブなら何分でも粘ってもらっても構いませんよ。

photo

今日は何気に色々と見ましたねー。次回のSP-550デビューお待ちしています!

 ■ 今日はワイドで(今川ログ & ナギ)     2007/05/22
今日もピーカンの沖縄です。天気予報では午後から曇るなんて予報でしたが、結局一日中晴れていました。 波も予報ほど上がらず全然穏やかでしたよ。 今日もノーゲストだったので、知り合いのショップさんのボートに乗せてもらって慶良間まで行ってきました。 2本目のポイントは初めて入るポイントだったので、本当の意味でポイント調査になってしまったけど、透明度も良く癒されました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ!
 気 温 : 26度
 水 温 : 23度(フードベスト着ています)
 風 向 : 東
 波 高 : 2mのち2.5m
 透明度 : 20m〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1本目はカメポイント。 今日も何枚かのカメを見る事ができたけど、カメを見つけて誰にも紹介しないってのも案外手持ち無沙汰なのですね。 他にする事もないのでナギと一緒に撮ってみました。

photo

今川も撮ってもらいました。そういや自分の泳いでいる写真、まして、カメと写っているのなんてなかったなぁ。 1本目は他に何をするわけでもなく、30分以上カメと一緒にゆっくり泳いでいました。カメになった気分。(笑)

photo

2本目。岩の下に「ネムリブカ」が居ました。

photo

泳いでいる「ネムリブカ」はカッコいい。 ウミウシやエビカニもたくさん居たけど、今日はガツガツ撮るのを辞めてまったり2ダイブで終了。 最後は皆でスキンダイブなんかして遊んできました。天気が良かったので楽しかったです。

photo

明日はお客様と潜ってきます。

 ■ マクロでござる(今川ログ & ナギ)     2007/05/21
まさに日本晴れの沖縄地方。朝からサンサンとお天道様が照り付けて気持ちいいです。 『本当に梅雨に入っているのかい?』と、気象庁に問い合わせたくなるほどの陽気。 まぁ、梅雨って言っても、ずーっと雨が降る訳でもなく、 『五月晴れ』とか、『梅雨の晴れ間』とか言う文言があるくらい、梅雨でも晴れる事は多いのですよ。 皆様も『5月、6月は雨が多いから』なんて敬遠せずにどんどん遊びに来て下さいね。
さて、そんな事で、天気がいいにも関わらず本日はノーゲスト。(涙)  いやいや嘆いていても仕方ない。こんな時こそ積極的にポイント調査に出かけましょう。 この時期、どんな海況で、どんなものが見れるのかを皆様にPRする事も大事。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ!
 気 温 : 25度
 水 温 : 23度(フードベスト着ています)
 風 向 : 東
 波 高 : 2mうねりを伴う
 透明度 : 10m(最近ちょっと濁ってます)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まずは深場で「ホタテツノハゼ」とご対面。 今日もビンビンに背ビレを広げてくれたのだけど、よく見ると背ビレの真ん中にに穴が開いていますね。どーしたの?  ちゃんと再生するのかな?

photo

で、このホタテくん、全然引っ込みません。「ホタテツノハゼ」は他のハゼに比べると比較的寄り易い被写体なのですよ。 上の写真はマクロモードで撮ったのだけど、更に寄っていくと、マクロモードではピントが合わなくなり、 クローズアップレンズを1枚付けての撮影になりました。つまり、レンズとの距離は20cm。(近っ!)  最後まで引っ込ませる事もなく、無限圧潜水時間も6分残して余裕で浮上。今年も多くの人に見てもらいたい被写体です。

photo

浅場に戻る途中で「タツウミヤッコ」を発見。口の周りに生えている皮弁は邪魔にならないのであろーか?

photo

「ゴルゴニアン・ピグミーシーホース」もすっかり定番になりましたね。大きく見えるけど1cm程度の大きさなのですよ。

photo

「ガラスハゼ」が「ムチカラマツ」の上に産んだ卵を守っていました。白い真珠のようなツブツブが卵です。 それにしても、これ全部お前が産んだのかい? ちょっと多過ぎのような気もするのだが・・・。(Photo by ナギ)

photo

「アオギハゼ」の群れの間に「オヨギベニハゼ」(下の写真)が一緒に泳いでいました。(Photo by ナギ)

photo

この時期、ウミウシもまだまだたくさん見れます。写真は「キシマオトメウミウシ」です。 5月、6月と何組かのウミウシマニアのお客様から予約を頂いているので、できるだけたくさん見せられるように頑張りたい。(Photo by ナギ)

photo

今年は多く見られるような気がする「ハナイロウミウシ」。いい事だ。(Photo by ナギ)

photo

「ウスフジイロウミウシ」も居ました。大きさは7mmってとこでしょうか?  何年か前ならスルーして通り過ぎるような大きさなのだけど、 最近はお客様のリクエストも高度だし、小さなものでもしっかり撮れるカメラが普及した事もあり、 こういうウミウシも紹介しなければならないのですよ。

photo

更に小さなこのウミウシ。お尻に小さな突起が何個か確認できる事から 「沖縄のウミウシ」の「ブドウガイ科の1種1」とされているコに似ていると思うのだけど・・・。 ちなみに大きさは2mm程度。もちろん見つけたのはナギです。よく見つけるなぁ。(Photo by ナギ)

photo

そして、またまた名前の分からないミノウミウシが居ました。 「インディアンミノウミウシ」に似ているのだけど、触角が違うのだ。うーむ。

photo

「サラサウミウシ」ですね。名前の分かるウミウシが出てくるとホッとするのだ。水中での赤い色は目立ちます。

photo

これ以外では「ゾウゲイロウミウシ」(下の写真)や「コンペイトウウミウシ」、「ミゾレウミウシ」など、たくさんのウミウシが見れました。 天気が良かったのに今日もマクロ三昧してしまいました。

photo

明日も潜ろうかな。