TOP >>ログブック >>2007年3月のログブック

 ■ ウミウシダイブ最終日(今川ログ & ナギ)     2007/03/31
今日もピーカン&ベタナギの沖縄地方。 休憩時間は上半身裸で甲羅干しをしていました。本当に本当に幸せですぅ・・・。

今日のお客様はウミウシダイブ最終日となるI川さん。 昨日までに107種を見ているので、今日の目標を120種に設定して臨みました。 ハンドシグナルで「120」ってしていますね。


ここ2日間、水深5mの浅場でのダイビングだったので、出てくるものが偏ってきました。 なので、今日は種類の違うウミウシを捜そうとサクッと深場に行ってきました。 ナギは一人でこんなものを撮ってきてる・・・。ちょっと深く行きすぎじゃなーい?

photo

でも、やはり深い所にはそれなりのウミウシが居ますね。まずは「コンペイトウウミウシ」。(Photo by I川さん)

photo

「キスジカンテンウミウシ」は2個体居ました。(Photo by I川さん)

photo

綺麗な「シンデレラウミウシ」も登場。(Photo by I川さん)

photo

「オトヒメウミウシ」も綺麗さでは負けていません。(Photo by ナギ)

photo

最終日になってようやく出てきた「ミゾレウミウシ」。(Photo by I川さん)  いずれも普通種ですが、この3日間出てなかったウミウシばかりです。

photo

これ以外では、「ボーランドウミウシ」や・・・。(Photo by I川さん)

photo

「キカモヨウウミウシ」も居ました。このコは黒っぽいバリエーションですね。(Photo by ナギ)

photo

「タテスジイボウミウシ」です。(Photo by I川さん)

photo

以前も出てきた事のある「アオミノウミウシ科の一種」でしょう。名前は分かりません。(Photo by ナギ)

photo

最後に出てきたのは獣神サンダーライガーのような「ヒオドシユビウミウシ」でした。(Photo by ナギ)

photo

今日は色々と新しいものを狙ってみたのだけど、結局記録は118種でストップ。残念・・・。 でも、I川さんはたくさん見れたと喜んでくれました。 次回は5月ですね。お待ちしています。

 ■ ウミウシダイブ3日目で100種オーバー(今川ログ & ナギ)     2007/03/30
今日はピーカン&ベタナギで気温は27度まで上昇。素晴らしー。 トップシーズンでさえ波の高さ1mなんて日はそうそうありませんよ。 今日潜れた人達は最高に幸せでしょうね。
今日のお客様はウミウシダイブ3日目のI川さん。 『西海岸でも東海岸でもどちらでも入れますが、どこがいいですか?』と聞くと『西海岸』と即答。 そりゃそうでしょう、昨日あんなに出しましたもんね。 そんな訳で今日も頑張って捜してきましたよ。


エントリーすると、ガラスのような水面から太陽光線が差し込んで水中は眩しいくらいにクリア。 どこまでも見えてしまいそうです。(ワイドレンズ持って入れば良かった・・・) 「ザトウクジラ」の鳴き声をBGMにしながらの贅沢なウミウシダイブでした。 まずは「ブチウミウシ」をじっくり撮影。でも、これは昨日見てるんですよね・・・。

photo

「センテンイロウミウシ」のブルーバージョン。このコも昨日たくさん見ています。(Photo by I川さん)

photo

「クチナシイロウミウシ」。これも昨日2個体見てる・・・。うーん、やはりダブリが多いなー。(Photo by I川さん)

photo

I川さん自ら見つけた「トウモンウミコチョウ」。よしよし新しいのが出てきましたね。(Photo by I川さん)

photo

昨日は飛ばなかった「ムラサキウミコチョウ」ですが、今日のはパタパタと元気良く飛んでいました。

photo

「シモフリカメサンウミウシ」も居ました。これも昨日見ているのでカウントされません。(Photo by I川さん)

photo

「キカモヨウウミウシ」は子供や黒っぽい個体など様々なバリエーションが見れました。(Photo by I川さん)

photo

「カノコウロコウミウシ」は3日で4個体をゲット。連日の登場ですが嬉しいので貼ってしまいます。

photo

これも一昨日、東海岸で出ています。「沖縄のウミウシ」で「アオミノウミウシ科の一種9」とされているヤツです。

photo

『おぉ!こんなん見た事ない!』と思ったのだけど、「沖縄のウミウシ」には「オショロミノウミウシ属の一種5」で出てますね。

photo

ここで、不明種を2種ほど貼っておきましょう。 全身がモコモコしてて「テディベアウミウシ」(2007/03/27のログ参照)に似ているのですが、触角の色が違うので別種でしょう。(Photo by I川さん)

photo

これも名前が分かりませんでした。 触角と背中の白い細点と、目の後ろの赤い斑紋、ひょうたんのようなミノの形が特徴です。 誰か名前が分かる方が居ましたら教えて下さい。(Photo by I川さん)
(追記:「ヒョウタンミノウミウシ」に似ますが、触角にあるとされる赤色の輪がありません。 とりあえず、「ホリミノウミウシ属の一種」という事にしておきます)

photo

「ネオンモウミウシ」なのですが、触角の途中がモッコリと膨らんでいますよね。 これは最近、座間味の小野にぃにぃのトコで出てちょっと話題になっています。 とりあえず貼っておきましょう。(Photo by I川さん)

photo

今日の今川のヒットがこれ「グロッソドーリス・トムスミスイ」です。 前回もこのポイントで見ているのだけど、前回はナギが見つけたので、是非自分で見つけたいと思ってたのですよ。 もちろん、I川さんも初見のウミウシという事でバシバシ写真を撮ってくれました。

photo

今日は2ダイブで52種を見ましたが、ダブリが36種もありました。おNEWは16種で、累計107種です。 3日間(6ダイブ)で100種を越えちゃいましたね。 明日は最終日です。何種類まで増えるかな?

 ■ ウミウシダイブ2日目で新記録(今川ログ & ナギ)     2007/03/29
昨日は風邪をひいていて最悪の状態でした。 熱があって冷や汗が出るし、筋肉は痛く、30分も潜らないうちに悪寒がしてくる状態でしたが、何とか2本を潜りました。 これじゃぁマズイと思って、昨晩はモリモリ食べ、ぐっすり眠ったら・・・あっさり完治!
普段、ハードな生活(どんな生活?)をしているので、たまに体を休めると効果てきめんですね。 これからは週に一回くらいは体を労わってやろうと思う今川です。でも、これからの時期は忙しくなるので無理かな・・・。

今日はウミウシマニアのI川さんと西海岸に出かけてきました。今川が第二のウミウシパラダイスと位置付けているポイントです。 今川とナギの黄金のツートップでガンガンにウミウシを出していきましょう。


まずは、ここの定番でもある「ミガキブドウガイ」を紹介。 夏のウミウシですが、数が減るだけで通年見られるようです。

photo

ここはミノウミウシの仲間が非常に多いポイントです。名前の分かるものから分からないものまで色々と出てきました。 いくつか貼っておきましょう。ミノの根元が赤いので「ネアカミノウミウシ」ですね。(Photo by I川さん)

photo

うーん、何でしょう? 「沖縄のウミウシ」と「本州のウミウシ」を斜め読みしましたが分かりません。(Photo by I川さん)

photo

「アオセンミノウミウシ」ですね。これはここでは普通種です。(Photo by I川さん)

photo

前回、ここでウミウシダイブした時にも出てきたウミウシです。 その時から未だに名前が分かりません。(Photo by I川さん)

photo

うーむ。あなたは誰? (Photo by I川さん)

photo

綺麗です・・・。が、このコも名前が分かりません。(Photo by I川さん)
(4/8追記:お客様からのメールで「ユビワミノウミウシ」ではないですか?とご指摘を頂きました。 確かに特徴は似ていますね。O島さん、メールありがとうございました)

photo

うーん、以前も見た事があるのだけど・・・。うーん・・・。(Photo by I川さん)
(追記:「沖縄のウミウシ」の「ミノウミウシ亜目の一種5」だと思います)

photo

そうこうしているうちに時間だけが過ぎてまた日を跨いでしまった・・・。こうしてログの更新が遅れるのですよ。 このコも不明種ですが貼っておきます。いつか名前が分かるかもしれないので・・・。(Photo by ナギ)

photo

まだまだたくさんあるのだけど、ミノウミウシは止めて普通のウミウシ行ってみましょう。 「シロハナガサウミウシ」ですね。名前の分かるウミウシが出てくるとほっとします。(Photo by I川さん)

photo

「アラリウミウシ」です。3個体居ました。

photo

「ムラサキウミコチョウ」もたくさん居ましたね。 小さめの個体が崖っぷちで側足をパタパタさせていたので『飛ぶのか?飛ぶのか?』と思ってたら、結局そのままでした。 小鳥が羽ばたく練習をしているみたいでしたよ。

photo

目の後ろに「キスマーク」のようなピンクの斑紋があるので「キスマークミドリガイ」です。

photo

「カノコウロコウミウシ」は2個体をゲットしましたよ。I川さんは初見のウミウシという事で喜んでくれました。

photo

図鑑には載っていません。「ネコジタウミウシ属の一種」という事で・・・。

photo

「ユリヤガイ」も居ました。

photo

「タマミルウミウシ」まで出てきてしまいました。

photo

そして、「オンナソンウミウシ」も登場。ここ恩納村が模式産地となったウミウシです。
(追記:外套膜周縁部の白線を欠く事から「オンナソンウミウシ」とは別種とされています。とりあえず「ヒオドシウミウシ属の一種」としておきます)
photo

「メキシクロミス・マリーイ」。大きいのと小さいのが居ました。

photo

「クロヘリアメフラシ」は何かに向かって咆えているようでした。(Photo by I川さん)

photo

普通種の「シラナミイロウミウシ」も登場。(Photo by I川さん)

photo

最後はナギが見つけた「ウスフジイロウミウシ」と・・・。(Photo by ナギ)

photo

今川が見つけた「トルンナ・ダニエラエ」で締めましょう。(Photo by I川さん)  ちなみに今日のダイビングは水深5mより深く潜ってないシャローダイブで窒素は全然溜まってません。(笑)

photo

今日は62種類のウミウシが出ました。1日で62種は新記録ですね。しかも、3ダイブじゃなくて2ダイブですよ。 本当は3ダイブするつもりだったのですが、カメラのバッテリーがなくなって泣く泣く2ダイブで終了です。 これじゃ商売になりません。(苦笑) 出しすぎるのも問題ですね。でも、ついつい出してしまうのですよ。 昨日とのダブリが6種類だったので、累計91種です。

赤い「オオモンカエルアンコウ」が、『お前ら飽きもしないで良くやるよー』ってな感じで見てました。

photo

明日もバリバリ出してきます。3日で100種類は余裕でしょう。

 ■ 3ダイブ50種(ナギ) & 2ダイブ35種(今川ログ)     2007/03/28
目まぐるしく天気の変わる沖縄地方。今日は昨日と一転。すっかり晴れてピーカンになりました。 今日のお客様は2名。いずれもウミウシマニアのお客様です。 匿名希望さんはナギと一緒に朝から3ダイブ。 リピーターのI川さんは本日沖縄入りしたので今川と午後から2本を潜りました。 もちろん向かうはウミウシパラダイスです。集合写真はナギとI川さんです。


先日のログで『水温が上がり始めてウミウシが減った』なんて事を書いてしまったのですが、 今日はウミウシ大爆発でした。まずは「コトヒメウミウシ」。

photo

「ウツセミミノウミウシ」だと思います。(Photo by ナギ)

photo

「カノコウロコウミウシ」も居ました。(Photo by ナギ)

photo

「コンシボリガイ」も登場。これからの時期増えてくるウミウシです。(Photo by ナギ)

photo

「インディアンミノウミウシ」でしょう。(Photo by I川さん)

photo

「沖縄のウミウシ」で「アオミノウミウシ科の一種9」とされているヤツでしょう。以前も確認しています。(Photo by ナギ)

photo

「ソウゲンウミウシ」。ウミウシには見えません。見つけるのも一苦労です。(Photo by ナギ)

photo

知り合いのスーパーガイドに教えてもらった「コソデウミウシ」。頭でっかちですね。2個体居ましたよ。(Photo by I川さん)

photo

匿名希望さんのリクエストだった「トラパニアsp.」も無事紹介。

photo

最近出てきた「キイボキヌハダウミウシ」。 綺麗なウミウシで個人的には大好きなんだけど、他のウミウシを喰う困ったちゃんです。(Photo by I川さん)

photo

「ミナミニシキウミウシ」。Ocean Blue初見です。(Photo by I川さん)

photo

最後に普通種の「コモンウミウシ」を紹介したのだけど、 I川さんが上がってから『今川さん!すごいの紹介してくれましたね!』って・・・???  何の事か全然分からなかったんだけど、写真を良ーく見てみると・・・。(Photo by I川さん)

photo

何と!「コモンウミウシ」の背中にパックリと穴が開いているではないですか!  しかも、この穴、パフパフと閉じたり開いたりしていたそうです。何なのでしょうね?  それにしても何だか顔のように見えるのが笑えるのだ。(Photo by I川さん)

photo

匿名希望さんは3ダイブで50種。I川さんは2ダイブで35種のウミウシが見れました。 ホント潜れば潜っただけ出てきますね。I川さんは4連チャンなので100種は行けるでしょう。 明日もウミウシオンリーで頑張ります!

 ■ ニンガチカジマーイ(今川ログ)     2007/03/27
昨日はあんなに天気が良かったのに今日は嵐のような一日になりました。 毎年この時期は東シナ海で急成長する『台湾坊主』と呼ばれる低気圧の影響で天気や風が一瞬にして変わる事があります。 沖縄ではこれを『ニンガチカジマーイ』(二月風廻り)と呼んでいます。 今日も朝は穏やかだったのに、昼前から急に風が吹き海が荒れてきました。

今日のお客様はTV番組のディレクターのお仕事をしているK賀ねぇねぇです。 『ウミウシパラダイスに行った事がないので連れてって♪』というリクエストでした。 ちょっとチャプチャプしてるかもしれませんが、 とりあえず行って様子を見てみましょうという事で行ってみました。 K賀ねぇねぇはハイビジョンのビデオカメラを持ち込んでいます。


水面はチャプチャプ・・・というより大きなうねりが入っていましたが、潜ってしまえば穏やかでした。 いつものコース取りでいってみましょう。 まずは「オオモンカエルアンコウ」。もう一匹も近くに居ましたが、付かず離れず微妙な距離を保ってました。

photo

「ミナミハコフグ」の幼魚は一回り大きくなってました。『可愛い』って言えるギリギリのサイズかな?

photo

大きな「コガネシマアジ」がしばらくついて来てくれたので退屈しませんでした。

photo

ここの「トウアカクマノミ」は攻撃的です。K賀ねぇねぇ、アタックに負けず撮影してました。

photo

後半はK賀ねぇねぇのリクエストでウミウシ三昧してきました。 まずは「サキシマミノウミウシsp.」。ミノのフサフサしている大きな個体は久し振りです。

photo

「フジナミウミウシ」は大・中・小と3匹が揃い踏み。

photo

一日一個体は見るのだけど、相変わらず名前は分かりません。 『モコモコしてて「テディベア」みたいでしょ?』って、スレートに書いたら喜んでくれたので、 和名が分かるまで「テディベアウミウシ」と呼びたいと思います。

photo

「シロミノウミウシ」は大きく成長した個体が目に付くようになりました。 ヘコヘコとしたユーモラスな動きこそ是非ビデオで録ってもらいたいものです。

photo

「セトイロウミウシ」です・・・。いかん、いかん、明日からウミウシガイド4連チャンだというのに、 あまりたくさん写真を貼ると、ネタがなくなってしまうのだ。

photo

と、言いながらまだ貼ってしまう。「ボーランドウミウシ」はクローズアップレンズを付けたまま撮ったので触角だけです。

photo

そして、今日のヒットは久し振りに見た「トラパニアsp.」です。「オオモンカエルアンコウ」の近くで見つけました。 結構あちこちに居るみたいですね。ねぇねぇはこの体のデザインに驚いていました。

photo

ログ付けの時に『やっぱ、ウミウシいいわぁ〜♪』とK賀ねぇねぇ。 どうやらねぇねぇもウミウシにハマッたみたいです。

 ■ ラブラブ(ナギガイドで今川ログ)     2007/03/26
今日も最高のお天気になりました。毎日こんな感じだと嬉しいですね。 今日のお客様は昨日から引き続きのO本さんご夫婦。晴れて良かったですね。奥様は初慶良間です。思い切り楽しみましょー!


サンゴの隙間からはクレヨンしんちゃん風の眉毛を持った「ベニゴンベ」が覗いていました・・・。 って、覗いてるのは人間の方なんですけどね。あは。それにしても隠れすぎです。

photo

変な生物の「ヒラムシ」がクネクネしながら泳いでいました。元祖バサロ泳法!

photo

変な生物と言えば「ハナヒゲウツボ」も変ですね。何でいつも口を開けてるのー?

photo

それにしてもお二人はとっても仲良しなのですよ。 奥様がCカードを取ったのは、旦那様が昨年Ocean Blueに潜りに来た後。 それからというもの奥様はダイビングにハマって、お二人であちこちに潜りに行かれているそうです。 夫婦で共通の趣味があるっていいですね。

photo

「ツノダシ」もペアで仲良く泳いでいました。春ですな。

photo

「ヒフキアイゴ」もラブラブ。よく見ると斑紋がハートの模様をしています。

photo

おしどり夫婦の「ウミテング」もペアでラブラブ。それを仲良く見守るO本さん達・・・。

photo

黒い「クマノミ」もペアでラブラブです。

photo

オスの「クマノミ」の様子が変なのでじっと見てみると、その下には愛の結晶の卵が産み付けられていました。 もう目が見えかけているのでハッチアウトは間近でしょう。もう少しすると海の中は幼魚の季節。賑やかになります。

photo

そんな訳で、今日はラブラブ特集でまとめてみました。 これ以外にもカメやたくさんの魚を見てきましたよ。 O本さん、いつまでも仲良くダイビングを続けて下さいねー。

photo

明日も予約が入ったので潜ってきまーす。

 ■ 慶良間でじっくりフォトダイブ(今川ログ) & サプライズ(ナギ)     2007/03/25
今日のお客様は4名。昨日から引き続きのゆうゆさんとフラプッチさんは今川と一緒に慶良間へ。 今日もフォトダイブを楽しんできました。(写真左)  今川の地元大分からお越しのO本さん夫婦はナギと一緒に本島ボートを潜ってきました。(写真右)  そうそう、慶良間チームはボート上からクジラのブリーチング7連チャンも見れましたよ。


最近、ビーチばかり潜っている今川なので、一ヶ月振りの慶良間にちょっとワクワク。 いきなり大きな「アオウミガメ」が寝ているシーンに遭遇。 ずっと小さなものばかりガイドしてたので、カメを見つけられるか不安でしたが、全然余裕でした。

photo

カメだぁー。

photo

カメだぁー。

photo

「コブシメ」だぁー。

photo

とまぁ、久し振りの慶良間を楽しんだ訳ですが、ゆうゆさんとフラプッチさんはマクロ派ダイバー。 カメにはあんまり興味もなくひたすら小さいものを撮ってました。 なので今川も出来るだけ小さい(でも、小さすぎない)ものを紹介。 「モザイクウミウシ」は肉眼で見ると地味ですが、写真を撮ると実に細かい模様が散りばめられていて美しい。

photo

皆さんが粘って撮っていた「ハマクマノミ」の幼魚。可愛いね。

photo

卵をたわわに抱えた「キンチャクガニ」も登場。目がゴルゴしてます。

photo

途中で出てくる「オオモンカエルアンコウ」や・・・。

photo

岩の下でピクリとも動かない「タイマイ」には目もくれず・・・。

photo

飽きる事なく小さいものばかりを撮ってました。まぁ、お二人ともデジイチを買ったばかりですもんね。 ファインダーを覗くのが楽しくて仕方ないようです。写真は「ユビウミウシ」です。 これ以外にも「ゾウゲイロウミウシ」や「カキシブオトメウミウシ」、「キスマークミドリガイ」、 「ムラサキウミコチョウ」、「ミナミハコフグの幼魚」などが居ましたよ。

photo

そして、ここからは本島ボートチームのログです。 到着時間が遅かったので最終便1本のみのご案内となりましたが、「クマノミ」6種類コースを回ってきました。 「トウアカクマノミ」は大人しいのでじっくり観察できたようです。

photo

今日はめでたい出来事がありました。今日はO本さんご夫婦の結婚24周年記念日なのです。 O本さんがCカードを取った地元のダイビングショップさんから事前に記念の寄せ書きを送ってもらい水中で披露。 これにはお二人もビックリされてましたね。

photo

これだけでは終わらないのがOcean Blue流。ログ付けの時には記念のケーキでお祝い。 お二人で仲良くロウソクの火を消してましたね。とっても仲が良くて羨ましいです。おめでとうございまーす!

photo

O本さん、明日は慶良間で楽しみましょうね。

 ■ 今日もヘルフで(ナギ) & フォト派大集合(今川ログ)     2007/03/24
今日のお客様は5名。 最終日のI藤さんは慶良間を予定していたのだけど、昨日の今川チームのログを見て触発されたのか、昨日と同じディープな世界を希望。 ナギとマンツーで潜ってきました。(写真左)  今川チームは4名中3名がデジイチというフォト派ダイバーが集まってくれました。 しかも皆さん自分のブログを持ってて、ブログ繋がりなのですよ。なので今日からは皆さんをブログネームで呼ばせて頂きます。 ゆぅゆさん、フラプッチさん、masayonextさん、1号さんです。誰が誰かは想像してみてね。 本日到着の方も居たので午後から本島ボートで潜ってきました。(写真右)


まずはナギチームから。今日もしっかり「ヘルフリッチ」をゲットしてきました。 「セナキルリスズメダイ」が友情出演です。(笑)  そう言えば、昨年「ヘルフリッチ」を一番最初に見たお客様ってI藤さんでしたよね。久し振りの再会でした。

photo

ウミウシでは「クロモドーリスヒントゥアネンシス」に・・・。

photo

「テヌウニシキウミウシ」もしっかりゲット。

photo

「オオモンカエルアンコウ」もちゃんと2匹を見てきたのだけど、今日はまたまた少し離れた場所に居ました。 微妙な関係なのですね。今日は黒いコの写真を貼っておきましょう。「ミル」をぎゅっと握り締めている手が可愛いのだ。

photo

今川チームも「ヘルフリッチ」が見たいというフラプッチさんを連れてサクッと深場に行ってきました。 他の皆さんは浅場で放置プレーです。(笑) 深場では「スジクロユリハゼ」や「アケボノハゼ」(下の写真)・・・。

photo

そして、「ズグロダテハゼ」などを紹介してきましたよ。(Photo by フラプッチさん)

photo

ハゼ繋がりで「ハタタテハゼ」の写真を貼っておきましょう。目にピンが来てないけど、まぁいっか。

photo

それにしても、皆さん、ダイビング経験が豊富?なだけに水中では自分で生物を見つけては自由に写真を撮ってました。 今川が呼んでも誰も集まってくれません。『今日は放置プレーです』なんて言ってたけど、良く考えると、これってガイドが放置されてるって事!?(爆)  ウミウシでは「ヒメコモンウミウシ」に・・・。

photo

「コールマンウミウシ」などを紹介。フォト派の皆様に負けないように撮ってみました。もちろんノートリミング。

photo

今日は天気も良く浅場はキラキラと輝いていました。 水面が鏡のように穏やかなのでダイバーが水面に映ってますね。

photo

今日は皆様からも写真を提供して頂きましょう。「イソギンチャクモエビ」です。(Photo by フラプッチさん)

photo

「ホシゾラウミウシ」と風景を絡めて遠近感を出してますね。(Photo by 1号さん)

photo

皆さん被写体と風景を絡めた写真を多く撮ってますね。しかも何故か縦位置が多い・・・。類は友を呼ぶ!?(Photo by masayonextさん)

photo

写真は陸上で遭遇した深海ザメの仲間「ケンザメ」です。光る目と口から滴る血がホラーっぽいですな。 もちろんブロガーの皆様の良い被写体になってましたよ。

photo

明日も休まず潜るのだ。

 ■ ダブルでゲット(ナギ) & こちらもダブル(今川ログ)     2007/03/23
今日もいい天気が続いています。この期間潜られているお客様はラッキーですね。 水温も徐々に暖かく感じられ、もう最寒の時期は脱したと言ってもいいでしょう。夏はもうそこまで来ています。

今日のお客様は2名。連チャンのI藤さんとS島さんです。I藤さんはナギガイドで慶良間に。(写真左)  S島さんは今川ガイドで本島を潜り倒してきましたよ。それにしても何にお祈りしてるんですかー?(写真右)


まずは慶良間チームのログから。「ドリー」こと「ナンヨウハギ」がお出迎え。うんうん、慶良間っぽいぞ。

photo

「キンギョハナダイ」は今日もたくさん泳いでいました。これも慶良間っぽい。

photo

そして「ハナヒゲウツボ」の幼魚をゲット。

photo

幼魚だけかと思いきや、今日は成魚もゲットしましたよ。ダブルでゲットです。 I藤さんの見たい生物だったので喜んでくれました。I藤さんは来る度にリクエストの生物が見れてますね。 次は何が見たいですか?

photo

ここからは本島ビーチチームのログです。ビーチチームの1本目はディープな世界へ行ってきました。 S島さんの前回からのリクエストだった「ヘルフリッチ」こと「シコンハタタテハゼ」を見てきました。 S島さん願いが叶って良かったですね。

photo

それ以外にも「スジクロユリハゼ」や「オキナワサンゴアマダイ」、「アカオビサンゴアマダイ」(下の写真)なども見てきました。 今日は透明度が良かったので、ダストが映り込まず綺麗な写真が撮れました。 これらの魚を見たい方はディープSPを取得しましょ。基本的にマンツーマンでお連れしますよ。

photo

2本目と3本目は西海岸から東海岸へバビューンと移動してもう一つのリクエストだったウミウシパラダイスで潜りました。 今日はどこでも潜れるしマンツーマンなのでリクエストし放題の贅沢三昧ですね。 まずは「サビウツボ」にご挨拶。

photo

「ハナミノカサゴ」が「スカシテンジクダイ」をパクパクと捕食しているシーンに遭遇。 「ハナミノカサゴ」の眼線でパチリ。

photo

「アカスジカクレエビ」でしょう。最近色んな所で発生しています。お腹に卵を抱えていますね。

photo

はて? 透明なエビが居る・・・。何でしょうね? 目玉以外は完全な透明でした。しかもたくさん居ましたよ。

photo

色々な生物の写真を撮りながらウミウシも捜してきました。 今日は水温がいつもより1度高くなっていて、ウミウシも一時期のお祭り状態ではなくなったみたい・・・。 今川的にはウミウシのピークは4月〜5月と思ってるのですが、今年は水温が高いので早めに居なくなっちゃうのでしょうか?  「キッカミノウミウシ」は先月お客様が見つけているけど、今川は一年振りの出会い。

photo

「レンゲウミウシ」は定番。いつでも見られます。

photo

「ニシキツバメガイ」は顔の前にヒゲが生えてるんですよ。知ってました?  それにしても、今日はガツガツとウミウシダイブをした訳ではないけど、それでも30種類近くのウミウシが見れましたよ。 もう少しは行けるかな? せめて4月までもって欲しい・・・。

photo

「イッポンテグリ」のオスの背ビレの美しさ、雄雄しさは格別。S島さん、予想外の出会いに写真を撮りまくりでした。

photo

そして、S島さんのもう一つのリクエストだった「オオモンカエルアンコウ」を見に行きました。 今日は2匹が寄り添ってていい雰囲気でした。(黒いコの隣に汚いコが居ます) S島さんは20分近くここで写真を撮っていましたね。 先月、メモリー切れになった経験から大容量のメモリーを持ってきていたのだけど、今日もメモリーオーバーになってしまいましたね。(笑)

photo

この「オオモンカエルアンコウ」。まだ「オオモンイザリウオ」と呼ばれていた時期はこんな色をしてたんですよ。 またこんな鮮やかで綺麗な色に戻って欲しいなぁ。(2006/12/20の写真)

photo

明日もフォトダイブでじっくり潜ってきます。

 ■ ピーカン&ベタナギ!(ナギガイドで今川ログ)     2007/03/22
今日もいい天気が続いています。ピーカン&ベタナギで気温も23度とポカポカ。日中は半袖で過ごしましたよ。 こんな幸せな日にダイビングが出来るお客様はこちら↓  常連様の京都のI藤さんと、つい先月も遊びに来てくれた兵庫県のS島さんです。ナギガイドで慶良間に行ってきました。 こんな日に限って今川は泣く泣くお留守番・・・。オーマイガ!!(涙)


まずは穴の中を探検・・・。すると、狭い穴の中に「ネムリブカ」がワンサカ。全部で5匹居たそうです。 逃げる場所がないのでドキドキですね。(Photo by S島さん)

photo

穴といえば、このコの存在を忘れてはいけません。「カノコイセエビ」も登場。ジュル・・・。(←これ久し振り)

photo

「ハナゴンベ」も優雅に泳いでいました。(Photo by S島さん)

photo

「キンギョハナダイ」(下の写真)や「ハナゴイ」も夏が来たかのように乱舞!乱舞!乱舞!

photo

黒いスーツをシックに纏った「ウミウサギガイ」も居ました。地味だ・・・。

photo

一転して砂地のポイントでは「デバスズメダイ」も負けじと乱舞。 水泳世界選手権のシンクロを見ているようです。

photo

定番中の定番。「ハダカハオコゼ」。うーむ、何だか今日は縦位置の写真が多いぞ。何故?(Photo by S島さん)

photo

今日も「アユ」こと、「アユカワウミコチョウ」が大漁。 ナギは写真のウデもメキメキと上達中。素晴らしー。

photo

綺麗な「ヒラムシ」(下の写真)も居ました。「キイッポンウミウシ」に似てますね。

photo

最後はエビで締めましょう。「イソギンチャクエビ」に・・・。

photo

「イソギンチャクモエビ」、「アカシマシラヒゲエビ」(下の写真)などが居ましたよ。

photo

特に珍しいものは居ませんでしたが、まったりじっくりとフォトダイブを楽しんできた一日でした。

 ■ デジイチデビュー(今川ログ) & じっくりフォト(ナギ)     2007/03/21
久し振りに晴れマークのついた沖縄本島。朝から空がスコーン!と抜けてて気持ちよい。こんな日に潜れるなんて幸せ・・・。

今日のお客様は2名。午前中からスタートは常連様のM邊さん。今日は先日購入して頂いたばかりのデジタル一眼レフカメラ(略してデジイチ)の進水式なのです。 ポイントはウミウシパラダイス。『記念すべきデビューなのにこんなニゴニゴの海でいいんですか』と気を遣ってしまうのだけど、 M邊さんはウミウシパラダイスが大好き。SP-350デビューの時もここでしたもんね。 ドロドロマスターを目指しましょ。(笑) まずは愛機を持って記念撮影。(写真左)  もう一人のお客様も常連様のI藤さん。本日到着だったので空港にお迎えに行き、午後から本島ボートで潜ってきました。(写真右)


まずはウミウシパラダイスのログから。M邊さんのリクエストは「オオモンカエルアンコウ」。(下の写真) M邊さんに「ニジギンポ」を撮ってもらっている間、サクッと捜しに行ってみたのだけど、いつもの場所に居ず・・・。 スレートに『行方不明です・・・』と書いて、もう一回行ってみると、あれれ?さっき居なかった場所にちゃんと居るではないですか。 どこからやって来たんでしょう? しかもいつも見ているコではなく全身ボロボロの汚いコでした。久し振りに見たぞ。

photo

で、いつもの「オオモンカエルアンコウ」はというと、このコの1m横に居ました。 自分より小さな岩に着いていました。 それにしても、ここにはもっと大きな岩がゴロゴロしているのに何で2匹ともこんな小さな岩に着くんでしょうね?

photo

と、その1m先で「テヌウニシキウミウシ」をゲット。このコも久し振りの出会いです。

photo

M邊さんから『ウミウシは綺麗なのがいい』と言われていたので、綺麗系のウミウシを捜しました。 まずは定番の「レンゲウミウシ」。綺麗でしょ?

photo

このコも綺麗だと思います、って事で、「リュウモンイロウミウシ」。パステル画みたいですね。

photo

「コンシボリガイ」もいつもの場所から動いていませんでした。うーん、綺麗だ。

photo

そして、今川の今日のヒットが「ミチヨミノウミウシ」です。 ここウミウシパラダイスでは定番のウミウシなのだけど、今まで何故かお目にかかった事がなかったのですよ。 で、いつも『見たい、見たい』と言っていたら、ここで一緒に潜っているショップさんから教えて頂きました。 1回見ると目が慣れるのか、今日は3個体見つける事ができましたよ。世古さん、ありがとうございました。

photo

ウミウシ以外では「フトウデイソギンチャク」に棲む「トウアカクマノミ」や・・・。

photo

「クマノミ」などを見に行きました。 余談ですが、この「クマノミ」、日本で7種類目に登録されるかもしれないという事です。 今まで、ホストのイソギンチャクが小さいと、「クマノミ」は体が成長しきれずヒレだけが長くなる事が知られていましたが、 明らかに大きなホストに棲んでいるのに、腹ビレの長い「クマノミ」が居る事が分かり、現在、研究されているそうです。 まぁ、この写真のコが、その腹ビレの長い「クマノミ」に該当するかどうか分からないのですが、ちょっと長いんじゃないかなぁという事で撮ってみました。 もしそうなると、「ヒレナガクマノミ」なんて名前になるんでしょうか?

photo

いつもの「ニシキフウライウオ」もじっくり撮影・・・。 『おぉぉ!「ニシキフウライウオ」ってヒゲがあるんだぁ』と思って撮ってたのだけど、 ショップのTVで見てみると、小さなエビを食べている最中でした。口の中にエビが居るのが分かる?  つまり、このヒゲはエビさんのものですね。

photo

「ハダカコケギンポ」にも久し振りのご挨拶。M邊さんはデジイチデビューでバシバシ撮ってましたね。次回は土曜日です。

photo

本島ボートチームもじっくり撮影ダイブを楽しんできたようです。 こちらも「テヌウニシキウミウシ」をゲットしたかと思いきや、良く見ると「ニシキウミウシ」(下の写真)でした。 それにしてもテヌウもニシキも同じ色模様なのですね。ややこしいぞ。

photo

「オランウータンクラブ」がじっと上を見つめていました。

photo

最近、(ナギが)良く見つけるウミコチョウ。今日は「キマダラウミコチョウ」をゲットしてきましたよ。

photo

「タツノハトコ」もちらほら出てきました。今日は2個体を見てきました。

photo

明日は慶良間です。